Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-05-17

ご近所めんライフ

GWはほぼほぼ仕事詰めでしたが、世の中は連休。

そうなると、もともと飲食店の少ない会社周辺でお昼ご飯にありつけるのは

ラーメン屋しかない。

ということで、GWに食べたご近所ラーメン屋さんを。


まず1軒目は言わずと知れた「塩元帥」。

いまや一大グループに成長し、色々なところで見かけるようになりましたが、

この本店と、天六の醤大将はやはり別格なのです。

といいつつ、塩ではなく濃厚醤油を注文しちゃいました。

このお店、どの駅からも遠いのにいつでも人でにぎわってます。

お店の人も気合入っているのは分かるんだけど、

仕切りを任されている人の声が馬鹿でかすぎて、

こちらが起こられているような錯覚をおぼえるほどなのは勘弁してほしい。


↓塩元帥にて濃厚醤油

f:id:arkibito:20160506123057j:image:w360


2軒目は、食べログでの評価急上昇中の「ラーメン鱗」。

上品な塩味のスープに、鶏節が見事にマッチ。

麺もアルデンテで噛み応えが心地よい。

この界隈で一番好きなラーメンかも。


↓鱗

f:id:arkibito:20160407124343j:image:w360


↓塩

f:id:arkibito:20160407123217j:image:w360


続いてはちょっと足を延ばして、新大阪駅の東側へ。

まずは、「手打ち麺やす田」さんに久々の来店。

ここは本当に丁寧なお仕事をされていて、

澄み切ったスープは滋味よく、後味にふんわりとイリコが香る絶品もの。

麺のプリプリ感との相性もばっちり。


↓手打ち麺 やす田

f:id:arkibito:20160507131353j:image:w360


↓塩+焼豚丼(小)

f:id:arkibito:20160507130218j:image:w360


つづいては、その「やす田」さんの2軒隣に新しくできた「五山ラーメン」さん。

東京の有名店「五厘舎」の流れをくむお店らしい。

店は南国風のカフェをそのまま居ぬきしていて、

一見して本当にラーメン屋?と不思議な感じ。

定員さんも、妙に派手なお姉さんとインド系のおじさん、

それからロッカーな店長さんの組み合わせで、ますます怪しい。

ラーメンは、鶏白系とトマトラーメンの2枚看板という、これまた不思議なアピール。

初回はデフォルトを注文することにしているので、

五山ラーメン「極」を注文。

うーん、普通においしいけど、

この新大阪・南方のラーメン激戦区で

あまりここに来なきゃという個性は感じられず。

むしろトッピングのねぎが、大きさバラバラで刻んであったり、

色々雑さを感じるところが多かった。


↓麺や五山

f:id:arkibito:20160504135302j:image:w360


↓五山ラーメン「極」

f:id:arkibito:20160504134250j:image:w360


続いては、おなじみ西中島の一大勢力「すなおや」グループから

「すなお軒」。

これまでは海鮮丼ラーメンの2枚看板で勝負されていましたが、

本業とより明確に違いを打ち出すことにしたのか、

はたまた快晴ん丼のほうが人気がありあすぎて、

本来のラーメンの伸び悩みにいよいよ本気を出したのか、

海鮮丼をメニューから外して、ラーメン一本で勝負するように

業態が変わってました。

元々個々の中華そばは素朴な味で好きだったのだけど、

どうしても海鮮丼に目移りしてそちらを頼んでしまうことが多かったので、

海鮮丼食べられないのは残念だけど、

まあ本来の店のコンセプトに原点開始するのはよい選択だと思います。

で、新メニューに加わっていた本枯れ節ラーメンを注文。

いつもの中華そばよりも、渋みと味わいの深さがプラスされて

ちょっと大人なビターな味わいで、自分は結構好き。


↓すなお軒 本枯れ節醤油

f:id:arkibito:20160510123012j:image:w360


ラストは、ちょっと番外編。

ご近所を離れて、ミナミは木津市場へ。

ここには有名なうどん屋さん「大和」がございます。

昼時を避けて遅めに来たのだけど、かなりの行列で、30分ほど待ちます。

なにせ市場の一角にお店を構えているので、

10人も入ればいっぱいいっぱいの小さなお店なのです。

でもそのお店の沖さとは裏腹に、料理は実に太っ腹なのです。


大和

f:id:arkibito:20160408130825j:image:w360


色々メニューも豊富なのですが、ここは名物のカレーうどんを注文。

しばらくして出されたのがこれ!

写真では一見わかりづらいですが、

まるで生け花をする花瓶のようなサイズでどど〜んと。

なんでカイワレが1パック丸々入ってんの?

コレマジ食えんのかよと、さすがの大盛りフリークでもびびります。


↓海老天カレーうどん

f:id:arkibito:20160408131233j:image:w640


まずは上に乗っている大量のカイワレとネギを

カレーに沈めていこうとするのだが、全然沈んでくれない。

それもそのはず、その下には、牛肉やら何やら他の具材がぎっしり。

見事に聳え立っている超大海老ですが、

実はこのスープの中にもう一体潜んでおります。

この海老を食すだけでもかなりお腹いっっぱいになります。

もうね、うどんは何処いったん?

迷子なってしもとるよ。

どれもこれも揚げたて茹でたてで、ハフハフ汗をかきながら食べ進めます。

もううどんを食べに来ている感覚ではなく、

がっつり大鍋を一人で食べる感じ。

それでもお出しが効いて味はしっかり本格でおいしゅうございました。

ゲフッ。

2016-05-10

田植え体験 

日曜日。

あってないようなGWの最終日は、毎年恒例となってきた田植え体験

奥さんと次女はお留守番で、長女と二人で行ってきました。

秋の稲刈りから半年ぶりに、長浜ヤンマーミュージアム体験農園まで。

いつもいつもスタッフの皆さんの

はつらつとした笑顔に元気が湧きます。


ヤンマーミュージアム体験農園

f:id:arkibito:20160508095351j:image:w360


まずはビニールハウスにて、種稲の飼育についてや、

お米のあれこれをレクチャー。

毎度の組合長さんの名調子が今日も拝聴できました。


↓まずはビニールハウスでレクチャー

f:id:arkibito:20160508101127j:image:w360


着替えをしてサンダルに履き替えたら、田んぼへと参ります。

骨は折れても心は折れずの精神でしたが、

さすがに泥沼に足を取られて、転倒してギプスを汚してしまうと

あと数日が恐ろしい地獄となってしまうので、

自分は田んぼに入るのは断念して、畦道から娘のサポートに回ります。

種稲を適度に千切ってあげて、娘にパスしながら、写真を撮る係りなのですが

娘が思った以上にぬかるみにはまって、足を抜いてやったり、なかなか大変。

それでも娘はキャーキャー言いながら楽しそうに田植えをしておりました。

しょっぱなに、説明しているスタッフのお姉さんが大尻もちをついてドボン。

撮影用のカメラも水没して大変なことになっておりました。


↓田植え

f:id:arkibito:20160508110540j:image:w640


田植え体験を無事に済ませたら、今度はトラクターでの田植えの実演。

さすが文明の利器はあっちゅう間でした。

でもトラクター一台650万円となかなかのお値段です。

そのあと、オマケでサツマ芋の植え付け体験

芋ほりは結構やったことはあるけど、植える体験は珍しいかも?

まあ茎を土に植えるだけですが。


↓イモの植え付け

f:id:arkibito:20160508114535j:image:w360


もろもろ体験を終わって、ビニールハウスに戻ったら、

今度は品種の違うお米の食味会です。

なかなかコメの味わいを比較するのは難しいですが、

娘もフムフムといいながら、比べておりました。

そのあとはお待ちかねのカレー

毎回ちゃんと福神漬けとラッキョのトッピングまで

用意してくれているところがさすがです。

がっつりお替わりもしてお腹いっぱい♪


↓お米の食味コンテスト

f:id:arkibito:20160508120711j:image:w360


↓お待ちかねのカレー

f:id:arkibito:20160508122452j:image:w360


一応、今回の田植え体験プログラムとしては以上なのだが

毎回この後のゲーム大会がメインディッシュだったりする。

豪華景品をかけて毎回色々なゲームが催されていて、

前回は娘がストラックアウトで優勝をしてお米をいただきました。

今回はシンプルにじゃんけん大会

じゃんけんの猛者3人と対決したうえで、ラストに女王と対決という仕組み。

まずは子供たちが優先的にトライ。娘は残念ながら2回戦敗退。

次は大人の勝負。

で、まさかまさか女王戦に勝利♪

で、一等賞の景品はというと、なんとも立派な朝採れの筍!

でかっ!

他にも新玉ねぎやら何やらいろいろとお土産盛りだくさんで楽しい一日でした。

秋の実りの稲刈り体験が早くも待ち遠しいですなあ。


じゃんけん大会

f:id:arkibito:20160508131425j:image:w360


↓豪華景品たち

f:id:arkibito:20160508125234j:image:w360


帰宅して筍を奥さんに見せると仰天しておりました。

一升瓶と比べてみましたが、びっくりするくらいでかいです。

うまく調理して酒の肴にしませう。


↓馬鹿でかい筍です

f:id:arkibito:20160508155013j:image:w640


当社比

f:id:arkibito:20160508154526j:image:w360

2016-02-09

子連れハイク 黒岩尾根〜最高峰〜有馬

この週末も慌ただしく、かつ体調不良。

土曜日は、毎度の音楽教室。

発表会のアンサンブルは、先週しっかり自宅で練習した甲斐があり、

ほぼほぼ大丈夫。

午後からの水泳はこの時期は寒さのせいかほとんど人がいないので

ストレスフリーで調子に乗って泳ぎまくってしまった。

帰宅後はバタンQ。


日曜日は朝からチャリかお山の予定だったが、

やはり起きれず昼前に起床。

ただお天気もよさそうだし、娘が退屈そうだったので、

自転車で遠出かお山でも行くかと聞くと、迷った挙句お山をチョイス。

バタバタと準備をして、12時に自宅を出発。

お昼からの出発なので、お山は六甲で決まり。

あとはルートだけど、今まで何度か娘も六甲登っているけど、

最高峰はまだだったのでぜひそちらへエスコート。

ただ、この時間から麓から登るとタイムアップしてしまうので、

東おたふく登山口まではバスでアプローチし、

それからちょっと難易度が高いけど黒岩尾根にチャレンジしてみることにする。

次女の誕生で今年は奥さんはそちらにかかりっきりになるので、

長女が暇を持て余さないように相手をするのが今年の最大ミッション。

そのプランの中で、近夏は長女と二人で初アルプスを検討しているので、

そのトレーニングなのだ!


12:40の特急に乗り、芦屋川駅に到着したのが13:04。

ちょうどいいタイミングでバスが来て、東おたふく登山口へ。

下車する時に、運転手から今から山登り?大丈夫?と心配されましたが

無問題。

バスを降りると、風が予想外に吹いていないので、

日差しのおかげで意外と寒さは厳しくない。

すぐに枝道から登山口を目指す。

何人かの下山客にあいさつをしながら、荒れた舗装道路を進んでいくと、

日陰にはちらほらと雪が残っている。

色々とおしゃべりをしながら、土樋割峠まで30分ほど。

体が温まってきました。


↓東おたふく山登山口

f:id:arkibito:20160207132415j:image:w360


↓うっすら雪

f:id:arkibito:20160207133350j:image:w360


さて土樋割峠までやってきました。

ノーマルルートならここから一軒茶屋までは七曲りルートだが

それでは面白くないので、アドベンチャールートである黒岩尾根に突入します。

自分にとってはおなじみの野趣あふれる大好きなルートなのだが

当然小学生の娘にとってはかなりチャレンジしがいのあるコースとなります。

自分がしっかりついているので問題はないけれど、

お互い油断のないように気を引き締めて参ります。

住吉川の上流を渡って目の前のブッシュへと突撃です!


↓土樋割峠

f:id:arkibito:20160207135532j:image:w360


娘を先行させて、後ろを固めながら、急なけもの道を上がっていきます。

踏み跡をしっかりと確認するように注意しながら、

全身を使って娘も懸命に上がります。

そうして尾根に出ると斜度も安定し、

そこからは、とにかく谷側に重心を置かないように気を付けて歩かせます。

最初は恐る恐るだったのだが、

徐々にコツをつかんでテンポよく歩いていきます。


↓黒岩尾根ルート

f:id:arkibito:20160207140007j:image:w360


どんどん先へ進んでいくと、日差しが届かない斜面などに、

うっすらと雪が残っていて、それがへばりついて凍結して氷となり

非常に滑りやすい。

自分もこの日はペラペラのトレランシューズでグリップがなく、

娘も普通の運動靴なので、油断するといきなりグラッ!

何度かこういう個所が登場し、

安全のためここで先行を替わって、

手取り足取りサポートをしながら抜けていきます。

ちょこちょこ岩場を抜けたり登ったりする個所もあり、

そこでは背後をしっかり固めながら、基本の三点確保を教えつつ、

手の置く場所、足を置く場所を自分で選ばせて通過していきます。

大人に取っては大した難所ではないけれど、

体格の小さな娘にとっては、結構な難所です。

それでもしっかり目の前の岩に集中しながら、泣き言を言わずに進みます。

えらい!


↓凍結個所も

f:id:arkibito:20160207141332j:image:w360


↓難所も頑張る

f:id:arkibito:20160207142330j:image:w360


↓岩場は慎重に

f:id:arkibito:20160207142536j:image:w360


いくつかの岩場を越え、中間の小ピークからふりかえると、

大阪平野の絶景が見渡せました。

空は澄み渡って生駒山系もくっきり。

娘も感動して、キレイ!キレイ!と大喜び。

少しだけここで休憩を入れて、水分補給とおやつのハイチュウ支給。


↓振り返ると大阪平野

f:id:arkibito:20160207142630j:image:w360


リスタートしてさらに先へ進んでいくと、最大の難所が姿を現します。

10mほどにわたって、ゴツゴツとした岩が転がった急な斜面があります。

傾斜はかなりあり、足元はガレて滑りやすいうえに、

ガケ上部は手掛かりが少なく、

一応ロープが設置されているのだがこれが結構頼りない。

出発前から唯一の懸念がこの個所だったのだが、

ここを抜けざるを得ないので万全のサポートで挑みます。

最初は足場の悪い岩場を一歩ずつ確認しながらあがる。

仕方ないけど、娘が結構岩を転がしてきて体にバンバン当たります(笑)

そこから少しえぐれた格好になっている崖の上部にたどり着く。

設置ロープを持たせるのだが、

怖がって両手でがっしり掴んでしまうと身動きが取れなくなるので

あくまで補助として片手で持つ程度で。

しっかり手と足の置場を指示しながら、体を支えてやってウンショと乗り越える。

怖がらずに集中して無事に難所を乗り越えました。

ヤッター!


↓まだまだ頑張る

f:id:arkibito:20160207144227j:image:w360


↓最大の難所突入

f:id:arkibito:20160207144713j:image:w360


↓慎重にガレの急場を詰める

f:id:arkibito:20160207144719j:image:w360


↓無事に突破!頑張った!

f:id:arkibito:20160207145402j:image:w360


難所を切り抜けるとそこからは、

斜度も緩やかにクマササの間を抜けて30分ほどで

一軒茶屋にとうちゃこ〜。お疲れ〜!

時刻は15:20。あまり日没まで猶予はないのだが、

二人ともお腹ペコペコで足もジンジン。

まだ小屋が開いていたので、中でお昼ご飯タイムとします。

二人ともカレーライスを注文。

娘さん、相当お腹が減っていたようで、

「運動の後のご飯は最高やな!」と満面の笑みでカレーをガツガツ。

お山の楽しさをしっかりわかってくれてお父ちゃん嬉しおす。

せっかく最高峰を踏破するので、記念に山バッヂを買ってあげました。


↓一軒茶屋

f:id:arkibito:20160207151901j:image:w360


↓お昼休憩。カレーうま♪

f:id:arkibito:20160207153140j:image:w360


20分ほど休憩したら、いざ出発。

まずは最高峰を踏んで、それから下山です。

凍結具合がちょっと心配だけど、

ルートとしては難易度がないので魚屋道で有馬に降りる最短ルートを選びます。

小屋の人にお礼を言って小屋を出て、道をまたいだら、

トイレの脇から伸びるコンクリの激坂を詰めます。

ここも完全に路面が凍結していて、登りでもツルツル滑る〜@@@@@。

十分注意しながら登っていくと、大阪湾を一望するポイントに出ます。

いやああ〜今日はよく見えます。

娘も歓喜の声を上げながら、自分のカメラでバシバシと撮影タイム。


↓絶景かな〜

f:id:arkibito:20160207154312j:image:w360


山上は冷たい風が強めに吹いていて、

撮影を終えたら大急ぎで最高峰の碑の立っているポイントへ移動。

そうして15:45に標高931mにとうちゃこ〜。

やりましたね。お疲れ様です。

ちょうど近くに行ったカップルの人が

シャッター押しましょうと言ってくれたので仲良く2人で記念撮影。

達成感に包まれて満面の笑みです。


↓いざ最高峰!

f:id:arkibito:20160207154904j:image:w360


しかし、下山するまでが山登り。

登頂はまだ半分に過ぎないから、引き続き油断せずに下るよと言って帰路に着きます。

で、さっきツルッツルだったコンクリ坂に差し掛かり、

油断するなよと言っていた自分の方が足元を滑らせて、

そのまま2mほどコントロール不能でスケートのように滑ってしまいました(笑)

尻もちはつかなかったのでよかったけど、あまりに見事な滑りに爆笑の娘。

で、案の定油断して、今度は娘がズッコケて尻もち。

どうにか茶屋まで下って、そこから魚屋道に入ります。

この道はメインルートで整備も行き届き、道幅も広いので危険はないのだけど

所々でやはり凍結箇所があって、何度も足を取られます。


↓魚屋道で有馬へ

f:id:arkibito:20160207160745j:image:w360


夕暮れが迫る中、黙々と下山を続けていると、

娘がいよいよ足が痛い足が痛いと連発。

難所も含めて8km近く歩いているのでさすがに足に来ます。

心配をして声を変えるが、自分で歩き通すから大丈夫と真剣な顔で歩き続けます。

ほとんど休憩も取ることなく、有馬まで歩き続け17:15には有馬の町中に到着しました。

一応ヘッデンはもってきていたし、知っている道なので問題ないけど

真っ暗になる前に無事下山できたので大成功でした。

温泉街を抜けて、金の湯の足湯にてしばし休憩。

「生き返る〜!足湯最高!」と言いながら、疲れた足をいやす娘に爆笑。


↓無事下山

f:id:arkibito:20160207173036j:image:w360


娘には今しばし足湯に使ってもらっている間に、

自分はバス停にすっ飛んで帰りのバスの時刻をチェック。

17:50に急行梅田行きのバスがあるのだが、

娘は乗り物酔いしやすいのでそれだけ長時間は難しそう。

なので、次の18:00発のJR名塩駅行きの路線バスに乗ることにする。

足湯に戻り、娘をピックアップ。

さらに20分ほど時間があったのでお土産タイム。

奥さんには土産物屋で炭酸せんべいを、

それから長女が赤ちゃんにもお土産をというので

有馬玩具博物館で木製のニギニギを買いました。

定刻通り18時にバスが出発し、30分ほどでJR名塩駅。

そこから電車を乗り継いで帰宅は19:30でした。

帰宅してすぐにお風呂で温まり、晩御飯はお鍋で温まる。

「お風呂もご飯も最高や!またお山に行こうなあ」と言ってもらい

心も温ったかなお父ちゃんでございました。


<山行スケジュール>

12:40阪急梅田駅⇒13:04阪急芦屋川駅13:08⇒

13:25東おたふく山登山口バス停⇒13:45東おたふく土樋割峠分岐⇒13:55土樋割峠⇒

14:25黒岩尾根(中間ピーク)⇒14:50黒岩尾根(ロープ場)⇒15:20一軒茶屋15:40⇒

15:45六甲山15:55⇒16:00一軒茶屋⇒17:25金の湯足湯17:35⇒18:00有馬BS⇒

18:30JR西宮名塩駅18:36⇒19:20JR大阪駅

2016-01-27

カレーなる日々

ひさびさ黄レンジャーの話でも。

まず1軒目は、中崎町?東通り商店街のはずれ?という微妙な場所にできた

サッチェーズ・カリーさん。

確か去年にできたお店で気になっていたのだが、ようやく来店できました。

お店は小さくて、10人ほど入ればいっぱい。

そこでお姉さんが一人で切り盛りされています。

合い掛け可能だったので、

デフォルトのキーマカレーと週替わりのサバ&青唐辛子の2種盛り。

ライス大盛りで、付け合せも多めでお願いします。

1人で切り盛りされているので、少し時間がかかります。

そうしてワンプレートでカレーが供されます。

まずライスが日本米ではなく、パラパラとしていてスパイスカレーに合います。

カレーはどちらもそれほど辛みはなく、

ただスパイスの風味はよく効いていてよろし。

付け合せのピクルスなども、ええ塩梅。

食事後に出されたチャイが、なかなかスパイシーで温まりました。


↓サッチェーズ・カリー

f:id:arkibito:20160125130454j:image:w360


↓キーマ&日替わり(サバと青唐辛子)の合掛け

f:id:arkibito:20160125121540j:image:w360


壱番屋自体は間違ったことをしていないのですが、

最近、例のニュースでココイチが出てますね。

ということで久々、3年ぶり?くらいにココイチへ。

正直、ココイチのカレーは味が薄いし、風味もないのであまり好みません。

ココイチ好きの人とはたぶん食については分かり合えません。

今回はスープカレーを注文してみました。

ラーメンとつけ麺の違いのような感じでしょうか?

スープをライスにかけたり浸けたりして食べます。

そこそこスパイシーで具材もごろごろで食べごたえがありました。


↓ココイチ・スープカレー

f:id:arkibito:20160117044440j:image:w360


ラストは、おなじみの大玉。

すでに正月から食ってます。

何度食べても飽きない。最後はここにいつも帰ってくる感じ。


↓大玉

f:id:arkibito:20160113210317j:image:w360

2016-01-20

大忙しの週末

先週からの締切地獄の大爆業でブログ停滞ちう。

ということで、週末をプレイバック。


土曜日。

午前中娘は学校で、自分は疲労困憊で午前中はZZZ…

昼からプール。

人が少なくコースが空いていることもあって、

ついついがっつり泳ぎまくってしまった。

翌日にコンクールが控えているのに、

午前の音楽教室に出れなかったので、

夕方先生の空き時間に最終チェックを見てもらうことに。

年末の発表会の時は、事前にドラムパターンを入れる試みが失敗したのだが

その後、電子メトロノームで一定リズムに合わせて弾く練習をコツコツしていた。

ただ、先生がプログラムしてくれたリズムパターンに実際に合わせるのは

これが初めて。

リズムのテンポを決めたり、タイミングを確認し、最後通しで何度か弾く。

どうやらなんとかなりそうで一安心。


レッスン後、ちょうど奥さんが仕事から帰ってくるタイミングだったので

梅田で軽食をとることに。

お昼ご飯を食べたのが遅かったこともあり、全然空腹でないので、

HEPにある「ぐでたまカフェ」なるものへ行ってみる。

まあ、AKBカフェとか、ガンダムカフェのぐでたま版である。

娘は当然大喜び。

ナゾなメニューを注文すると、妙なものが出てきました。

極端に言えば、これってもうキャラ弁の延長ということでよろしいですね?

軽食のつもりが、しっかり食べるより高いお値段になってしまいましたが

まあ娘が喜んでくれたし、翌日のコンクールの前祝いということで。


↓ぐでたまカフェ

f:id:arkibito:20160116180941j:image:w640


↓ホワイトカレー

f:id:arkibito:20160116183907j:image:w640


↓マンゴープリンパフェ

f:id:arkibito:20160116184022j:image:w640


↓パンケーキ

f:id:arkibito:20160116185126j:image:w640