Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-02-01

グロッキーな週末

土曜日。

朝は音楽教室へ。

3月の発表会のアンサンブルの練習がなかなかはかどらず、

娘もイライラ、メソメソ。

気を取り直して、千草でお昼ご飯をして、

水泳教室

前日から体調があまりよくなかったのに、

寒さのせいで人が少ないのでガンガン飛ばしてたら、

久々に心肺が跳ねてしまって、中断。

娘との延長も早々に切り上げて、昼からはピアノの練習。

弾くこと自体は難しいものじゃないのだが、

アンサンブルなのでパートに分かれていて、

弾くところと休むところ、そのタイミングが取りづらいところがあって

どうしてもズレてしまい、そこをしっかり直す練習。


f:id:arkibito:20160130114758j:image:w360


日曜日。

どこかへ行く予定だったが、

先週からの激務などで体調絶不調のためお休みする。

昼間に起きて、引き続きピアノの練習に付き合う。

アンサンブルだけじゃなく、歌の方も練習。

娘ははっきり言って音痴だったのだが、それをマンツーマンで直しました。

歌がうまくなるには3つのポイントがあって、


ーがいいこと=正しく歌・音を聞き分けることができる

脳がいこと=耳で聞いた音を判断し、それを声に正しく変換することができる

9△いいこと=発声がしっかりできること


の3条件がそろっていることが大事。

そのうち娘は´△鰐簑蠅覆い里世、が問題だとわかった。

原因は恥ずかしがって、口を開けずにもごもごすること。

これが音痴には一番よくないのだ。

そうすることで歌詞の一文字一文字ずつきちんと音が乗らないので、

ぼや〜っとした、不安定なメロディーになってしまうし、

高音でブレスを強く出さないといけないところが

息が続かずに尻切れになってしまうので音程が維持できない。

そして何より歌うということ自体に慣れていないために、

喉が鍛えられないから、ますます歌うことが苦手になってしまうという悪循環になる。

まるで池澤夏子のネタのごとく、指導をしたら、

あっという間に音痴解消。

そんなこんなで、昼間にみっちりやって疲れてしまって、転寝したら、

気づいたら20時過ぎ…

最近寒さのせいなのか、筋肉が硬直して、疲労が取れないし、

苦しい夢ばかり見て寝るのすら疲れる日々。

春が待ち遠し。

夜はダイワさんで食い呑みしてお休みはあっという間におしまい。


f:id:arkibito:20160131210907j:image:w360

2016-01-26

がっつり泳ぐ

土曜日。

朝帰ってきて完全グロッキー

奥さんが産休に入ったので、音楽教室はお任せして

昼飯から合流。

いつもの店でがっつり食べる。


↓一人鍋最高

f:id:arkibito:20160123125536j:image:w360


昼からの水泳教室は娘と一緒に。

さすがに冷え込みが厳しい週末になるという予報からか

ほとんど人がおらず、ノーストレスで泳ぎまくった結果、

前日のダメージと相まって、ヘロヘロ。

前日しこたま飲んだ分をしっかりカロリーオフしておかなきゃね。

この日、相当泳ぎの早くてうまい人がいて、

その人を観察して動作をチェックしながらクロール泳いだら

格段に速くなりレベルアップ。

2014-10-27

ちょいと葛城さん…のつもりが

日曜日。

体調絶不調で午前中はグロッキーだったのだが、

天気も良いしちょっと近場のお山を、と、軽い気持ちで昼前からおでかけ。

そういう展開だと毎度六甲になってしまうので、

今回は初めて本格的に葛城山系を歩いてみようとそちらへ。

奇岩の風景が広がる屯鶴峯からスタートして

関西屈指のロングトレイルの1つ、ダイヤモンドトレイルを歩いて

二上山、それから和泉葛城山まで歩きました。

気付けばいつのまにやら20km以上の歩きで、

葛城山からの下山はヘッデン点灯の完全ナイトハイクになってしまいました。

体調が絶不調で、ここ最近では珍しく暑さが厳しいコンディションだったのもあるが、

六甲全縦よりもダイトレの方がはるかに厳しい!

なんだ!?あの容赦ないアップダウンの応酬、

そしてえげつない丸太階段!

今回の行程の半分は階段だったんじゃないかと思うほど…

なんだかんだ成り行きで全長52km(ダイトレ公称45km+最寄アクセスまでの7km)のうち、

約半分弱を歩き通したが、めちゃくちゃ手ごわい…

六甲と違って補給ポイントもほとんどなく、エスケープも限られるし。

とにかくルート自体が過酷。

もう今日は脚が自分ではない。この間の針ノ木の猛アタックよりもはるかに疲れた…

やはり低山なれどあなどってはいかぬ。

しかし!これはいずれ全歩破せねば…


↓屯鶴峯

f:id:arkibito:20141026125917j:image:left


↓二上山(雌岳474m)

f:id:arkibito:20141026141309j:image:left


↓恐〜怖〜の〜階〜段〜話〜

f:id:arkibito:20141026171831j:image:left


↓大和葛城山(300名山、標高959.2m)にて

f:id:arkibito:20141026174356j:image:left


↓大阪平野を一望

f:id:arkibito:20141026183722j:image:left


<山行スケジュール>

12:30二上山駅⇒12:56屯鶴峯⇒13:06ダイトレ北入口⇒

13:28鉄塔⇒13:48緑の鉄塔⇒14:12二上山(雌岳)⇒

14:21岩屋峠⇒14:36竹内峠14:50⇒15:24平石峠⇒

16:04岩橋山⇒16:12岩橋峠⇒16:39持尾辻⇒16:56山麓公園分岐⇒

17:43大和葛城山17:55⇒18:02葛城山ロープウェイ⇒18:21北尾根ルート⇒

18:56登山口⇒19:35近鉄御所駅


距離:23.4km

獲得標高:1203m

所要タイム:7時間5分(ダイトレ北入口〜大和葛城山までは4時間37分)



<PS>

陽希さん!100名山数珠つなぎ完全走破おめでとう!

2014-08-15

BON

いやあ、お盆も当然のごとく仕事です。

仕事って楽しいな♪


水曜日。怒涛の9連休(ええなあ…)をひっさげて帰省している

あっちょ軍曹を迎え撃つべく、仕事終わりで天満に集合。

天満はお盆の影響ほとんどなく、今宵も大賑わい。

トメ中尉もわざわざ京丹波の仕事先から駆けつけるのだが時間がかかるので、

まずは奥田さんで軽く始めておきます。

奥田さん久々やねえ。お母さんもみな元気そうでなによりじゃわ。

大瓶をシバきながら、近況報告をば。


↓久々の奥田さん

f:id:arkibito:20140813200018j:image:left


30〜40分ほどして、トメ到着で、店を出て、

今宵の宴は「大旦那」さんでお世話になります。

ここは一度寄せてもらいましたが、

スタッフさんも活気があって、アテもうまいし、

何より日本酒のラインアップも豊富で、1杯(120ml)380円とリーズナブル。

すぐに大好きなお店となりました。

酔いませう。酔いませう。


↓そろい踏み

f:id:arkibito:20140813205327j:image:left


わたくしは早速お酒から。

まずは山に思いを馳せながら、富山のお酒「羽根屋」を所望。

ウマウマのアテをいただきながら、話に花が咲きます。


↓羽根屋

f:id:arkibito:20140813202129j:image:left


つづいて、カウンターから目ざとく鋭く冷蔵庫をウォッチしていたあっちょ軍曹が、

その奥の方で見え隠れしている

メニューに載っていない、イカついラベルの酒瓶を発見。

さすが軍曹。お手柄!

お店の人にお願いすると、まだ冷えてないんでというのを承知で卸してもらいました。

和歌山は紀の川市の酒「ZOKU」。ゾックじゃないよ〜。

本数限定の特別純米酒のようです。

クゥ〜、たまらんねえ。


↓ZOKU(九重雑賀)

f:id:arkibito:20140813204116j:image:left


お次は、お店の方が、随一のくせ者とアピールしていた

愛知の酒「義侠えにし」いっときます。

注がれた酒の色はまるで検尿?かと思うほどに、真っ黄っき。

こりゃあ間違いなく再検査だ!

さっそくいただくと、何とも独特な風味が無遠慮に口の中を駆け巡ります。

おおう、この風味は一体何?

山田錦でこの独特すぎる味わいをどうやって引き出しているのか?

水?酵母?とにかく他にはない味わい。

どっぷり濃厚ボディーパンチを食らってすっかりメロメロメロンちゃん♪


↓義侠えにし(特別純米)

f:id:arkibito:20140813211422j:image:left


↓見るからに濃い!

f:id:arkibito:20140813211859j:image:left


2時間半ほど、大いに盛り上がって、とりあえず第1ラウンド終了。

このままおとなしく帰るはずもなく当然のごとく第2ラウンドへと向かいます。

大旦那のみなさん、ええ酒アリガトネ〜。


↓第1ラウンド終了

f:id:arkibito:20140813220534j:image:left


ということで、お決まりの店に流れ着いて、早速あるこほおうるを飛ばすべく、

マイク握っちゃうよ〜。

と、ここ最近の定番の入りであるトメの「愛の十字架」からスタート。

「特捜最前線」最高だぜっ!

そっからもう、相変わらず濃ゆい濃ゆすぎるラインナップでクローズまで。

最後は、これまた定番のママセンターによるフォーチュンで〆。

いやあ、喉ガラガラだよ。


↓「愛の十字架(by F・チリアーノ)」熱唱ちう

f:id:arkibito:20140814001634j:image:left


おトメさんは、翌朝始発では就業に間に合わん!ということで

タクで京都へ帰っていく。また土曜日に弾けませう。

あっちょは、始発を待つというので我が家へと案内。

嫁はんを叩き起こして、返り討ちにあいフルボッコされつつ、

3人で朝まで生テレビ状態でお話し。主にマダムのことについて。

人生難しいやねえ。

5時にあっちょさん帰宅されて、私はもうそこで意識なく…ZZZ


翌日はお盆で唯一の休み。

というか娘の保育園が3日間休園なので

交代で休みを取って面倒を見なきゃいけないのだ。

午前中は寝不足と重度の二日酔いで完全グロッキー状態。

ちょっと楽しみすぎたな〜。

でもせっかくの休みで何もなしはさすがにかわいそうなので、

どっか連れて行ってあげたいと、ムチ打っておでかけ。

ということで、この日は2人でスパワールドへ。

さすがにシーズンど真ん中で、入館するまでに40分以上並ばされました。

娘は極度の怖がりなので、グルグルと館内にはりめぐらされたウォータースライダーを見て

最初は行きたくない行きたくないと怖気づいていましたが、

そこへはいかないとわかり、水にも慣れてきて楽しんでおりました。

3時間ほどプール入りっ放しで、もうお腹ペコペコ、疲労困憊。

で、帰りに仕事終わりの奥さんと合流して、焼肉パーリー♪


↓肉!

f:id:arkibito:20140814192950j:image:left


で、週末また雨かよ!

2011-12-17

ROAD TO 竹松うどん (復路編)

さてさて無事に目的を済ましたので帰ります。

予定では11:30にはリスタートするはずが、すでに12:30。

ここからは太陽との勝負だが、せっかくこちらまで足を伸ばしたので

ただ単純に帰るのはもったいない。

R176は使わないとすると、2パターン考えられる。

1つはR173で南下して多紀連山ヒルクライムやって、県道12号というルート。

もう1つはR27で由良川を遡上して、亀岡から嵐山へ抜けるルート。

どっちも面白そうだけど、途中のスポットが魅力的な後者を選択。

うどんだけでは終わらずグルメライドします。


リスタートすると手にはどんよりとしていて日が差さず一層寒い。

里山の道をダラダラと走る。

志賀郷からショートカットで県道485号に入る。

なんかこの道はアップダウンの具合といい、発電所があるとこなんかが

杉生から栗栖へ抜ける道そっくり。しばらく東に進んで、県道494で右折。

短いが急坂を越え、しゃーっと下って白瀬橋で由良川を渡って綾部市街に入る。

グンゼの街ということで小洒落た洋館の街並みがあって、意外と風情がある。

JRの踏み切りでやたら長いこと待たされる。

そこから集落を由良川の右岸沿いに旧道を行く。

途中でR173をくぐると、のどかな川沿いの道が続く。

車もほぼ皆無でサイクリングにはすばらしいロード。

景色を楽しみながら心地よく走る。

何度かアップダウンをこなすと、山家の駅の付近に到達。

ここはそういえば「こころ旅」の第2回で火野さんが訪れていた場所だった。

ナイスロケーションですなあ。

ところで、この辺からどうも足の裏が痛くなってくる。

脚の下に靴下カイロを入れて防寒していたのだが、

冷えてくると段々カイロが硬くなり、しかも動くたびに少しずつずれて

いつの間にやら土踏まずのところまで下がってきてる。

硬いのがずっとそこをつっつくのでとても痛い・・・

シューズカバーもしていて億劫なのでそのままだましだまし来ていたが、

そろそろ我慢ならず、一度停車して、足の甲に貼りなおす。

はじめからそうしてればよかった。

そんなこんなで停止していると、地元のおばちゃんに声をかけられる。

どっから来たんと聞かれて、大阪から綾部まで来てまた大阪に帰るんですと言うと

こんな寒いのに意味わからんわぁとあきれられてしまう。


↓こころ旅の2回目の目的地 山家の大橋

f:id:arkibito:20111211131801j:image:left


さて足の具合もよくなったのでリスタート。

この県道450号は、道幅も広いしほどよくアップダウンもあって最高。

由良川の対岸にR27が併走していてほとんどの車がそっちを行くので交通量もない。

今後京都縦貫道が完成すればますます静かになるだろうなあ。

かなりオススメな道です。

と対岸に京丹波わちICを確認しさらにJRと併走しながら田舎道をのんびり走る。

安栖里の手前で一旦道が途切れてしまったのでR27へエスケープ。

ここも大して交通量は多くないが、多くない分車のスピードが速くて煽られる。

和知トンネルの手前にある道の駅和でトイレ休憩。

トンネルへは行かず、旧道で一旦迂回し、反対側で再びR27に合流。

ここから下山までは裏道がないのでおとなしくR27をぶっ飛ばす。

途中バイパスが完成しているようで、そちらへは行かず交通量のない旧道へ。

そのまま行っちゃうとR9と合流して園部に出てしまうので、

JRをくぐってすぐのところから小さいニュータウンに入る急坂を上る。

下山バイパスを横断して、両サイドで牛がモーモー言っているような農道を東へ進む。

ひたすらのどか。空が広い。

しばらく進んで、そろそろこの道がちゃんと続いているのか心配になりそうな頃に、

胡麻の集落が見えてくる。

しばらくしてゾンネ到着。言わずと知れた北摂ローディー御用達のパン屋さんです。


↓のどかな由良川遡上ライドを満喫

f:id:arkibito:20111211135220j:image:left


綾部のうどん以来、補給をしていなかったのでそこそこお腹が減っていし、

魅力的なパンがずらっと並んでいて、がっつり頼みたい所だが、

故あってここはパン2個と珈琲だけに抑えておく。

スモークチキンのパンチェッタと、珍しいパイナップルのデニッシュ。

室内では撮影禁止ということで、寒いけど屋外で食べようかと思ったら、

奥さんが、写真撮ってからでいいから、暖炉で暖まっていきなさいと声をかけてくれる。

テラスでぱちっと写真を撮ってすぐに室内へ移動。

パチパチと暖かい火が燃えている暖炉の目の前の一等席でしばし放心。

やっぱ暖かいのは幸せだ。

パンはどちらも評判にたがわぬおいしさ。ご馳走様でした。

お持ち帰りしたかったけどリュックを持っていないのでまたの機会に。


↓ローディー御用達の胡麻のゾンネ

f:id:arkibito:20111211144134j:image:left


↓スモークチキンのパンチェッタとパイナップルのデニッシュ

f:id:arkibito:20111211144145j:image:left


気がつけばすでに15:00。そろそろ日没が気になる時間。

ヌクヌクの暖炉の前にいつまでもいたいのは山々だが、

どうにも眠くなって寒い外に出るのがおっくうになるので

誘惑を断ち切って帰路に着く。

お店の人にお礼を言って外へ。暖炉のおかげで体がポカポカ。

県道50号をずんずん進む。

日吉の駅を通過し、トンネルを抜ければ分岐点。

通過はすれど今まで立ち寄ったことがなかったので、

左折して日吉スプリングに到着。

1人ローディーさんが入り口にいたのでご挨拶。

で、奥の施設について早々、ゆるキャラのゆっぴーが連行されていきました。

ドナドナ〜。

なぜここに来たかというと、ダムカレーを食べるためです。

はい、ゾンネで自重したのはすぐにこのカレーにありつくためなのでした。

さすがに8kmそこいらでは腹が減らないし。

でもニッポン人としてはパンじゃなくてごはんで締めたいんですわ。

で施設内のレストランでさっそく注文。それにしてもここの接客は素晴らしい。

しばらくして出てきましたダムカレー。

しかもダムカードが付いていてわざわざ管理事務所に取りに行かなくてすみます。

早速大決壊ショーで楽しんでから食べる。

味はまあ普通のカレーです。

さっきのパンの分だけ胃のキャパがせまく、ラストは無理やりかき込む感じ。

ぐへっ、もうお腹一杯。


↓連行されるゆっぴぃー。万引きでもしたんでしょうか?

f:id:arkibito:20111211152102j:image:left


↓ダムカレー(ダムカード付き)800円

f:id:arkibito:20111211152758j:image:left


↓お約束の大決壊ショー

f:id:arkibito:20111211153059j:image:left


さてさていつの間にやら16:00です。お腹まで決壊寸前なくらいいっぱいいっぱい。

日没サスペンデッドまで長く見積もってもあと1時間30分しかない。

それまでにとにかく山越え・下山は済ませておかなければドエライことになる。

帰りのルートは3択。

1案目は園部に出て新世紀トンネルからR377⇒R477のルート。

ただし堀越峠か野間峠で日が暮れる可能性がある。

堀越峠は夏に野犬に追われたし、野間峠は気味が悪るそう。

2案は、亀岡まで出て県道6号⇒県道46号で清阪峠・忍頂寺経由の一番イージーなルート。

ただこれも途中で日没は間違いなし。清阪峠なんて外灯一つないので怖すぎるし、

日没過ぎてから長い長い下りは絶対に寒い・・・

この2案はダイレクトに北摂に出るルートでトータルの距離は短くなるが、

下山までに時間を要する。

そこで考えたのが第3案。このまま日吉ダムの上へ上がり、

県道50号をひたすら走って、とりあえず嵐山に出て下山を済ませておくというもの。

北摂に抜けるよりは山間部の区間が短くすむが、走った経験がない。

難儀な保津峡の上りを含めて一番ハードな道のりではあるが、

今からがんばってうまくいけば嵐山日没でいけるかもしれない。

嵐山で日が暮れても、あとはR171なりR1なりで帰れるわけだし。

それにせっかくこの辺まで来たし、未知の道を実走しておきたいというよくも働く。

だって次は多分来れても春先になるだろうから。

うん、そうしよう。

無謀なチャレンジというより計算の上はじき出した最適ルートのつもりだったが

思った以上に日暮れが早く、計算が思いっきり外れて

難易度の高いライドに突入するのであった。


↓日吉ダムを下から

f:id:arkibito:20111211155151j:image:left


↓続いて上から

f:id:arkibito:20111211155844j:image:left


↓巨大なダム湖

f:id:arkibito:20111211160957j:image:left


まずは日吉ダムの上部へ急坂をえっちら上がる。

食べすぎでオウェっとなるのを抑えながら、ダンシングでこなす。

写真と撮ってすぐにスタートし、交通量の少ない幅広の道を進む。

やたらめったらでっかいダム湖で走れども走れども左手にはダム湖。

天若トンネルを抜けて、多少アップダウンをこなし、しばらく行くと分岐。

一方は宇津渓へ、もう一方は標識なし。

あまり早くに右折すると八木町の山奥のダートに迷い込む危険があるというのだけ頭にあって、

しかも手元には25万分の1の地図しかなく、どっちへ行くべきか少し迷う。

トラックが標識なしの方へ進んでいったので県道50号はこちらで間違いないと直進。

(もし左折してたら京北までロストの可能性があった・・・それはヤヴァすぎ)

ダムとおさらばして山越えスタート。ここがやたらめったら急坂で。

延々10%以上キープで足休めの区間がなく、ヒーヒー。

大人しく園部までは平坦でいけばよかったかと後悔しつつも、

すでに退路は立たれているので進むしかない。必死のパッチで上り

神吉の集落で上り終えるときにはもう汗びっしょり。

しばらくは平坦の広域道。どっぷり疲れてダラダラ走行になる。

西の空はまだ明るいが、山野夜は駆け足でやってくる。

日吉ダムを発って30分でまだこの位置。うかうかしていられない。

左手から合流してきたR477に入りしばらく行くと廻り田池。

バイカーが故障で立ち往生しているのを横目に先を急ぐ。

池をぐるっと左から回り込むと、ここで最後の分岐。

R477は八木駅に向かって山を下っていく。

逆に県道50号はさらに山へと分け入っていく。

山を下りるならもうここしかないのだが、山を下りたとて、

亀岡からはどのみち再び山を越えなければならない。

かなり難儀そうで、かつ杉林が深くかなり暗く危険な道ではあるが、

もう自分に残された選択肢は一刻も早く嵐山へ下山する道しかない。

意を決して死地に分け入る。

分岐後すぐに急カーブを繰り返しながらの上り。

あとどのくらいペースの上がらない上りがあるのかは知らないが先が思いやられる。

しかも鬱蒼とした木々の中なのでまだ日が暮れていないのに真っ暗闇。

これはますます日没が恐ろしくなってくる。

しんどしんどと嵯峨越畑の集落に突入し一旦緩む。

原神社を過ぎると完全な山道で緑のトンネルをか細いライトで進む。

路面もかなり枝や石があってヒヤヒヤ。そして寒い。

意外と交通量があって車が来るたびに立ち止まって行き違う。

ひたすら暗く、何度も同じようなカーブを繰り返すうち、

もう自分が今どの辺を走っていて、

保津峡まであとどのくらいなのかさっぱりわからない。

しばらくいくと少し南側に展望が開けるところに出た。

まだかろうじて日は暮れていないが、もっても後30分くらいか。

はるか眼下には池が見える。

あれは確か「こころ旅」の栄えある第1回の目的地である「愛宕林道」の池ではないか?

あの池があんだけ下に見えるということは・・・

保津峡までの道のりは思っていた以上に長いということ。

ちょっと見通しが甘かったか。

といっても進むしかない。とりあえず保津峡を目指す。

ここからはただ慎重に目の前に向かってひたすら集中して下っていく。

そしてようやく17:30に愛宕林道のゲート(つまり神明峠?)に到着。

昼間ならちょっと林道の池に寄りたい所だったが、

こんな状況ではリスクが増すだけで何の意味もないのですぐにリスタート。


↓愛宕林道の入り口(=神明峠?)

f:id:arkibito:20111211170220j:image:left


途中で水尾の集落に入る。

ここで学生らと民宿のおっちゃん?みたいな集団に遭遇し挨拶。

みな、こんな時間にどこへ行くのかといった不思議顔。

集落を抜けると再び奈落へと続いていくような暗闇ダウンヒル。

日はもうすでに暮れて、闇が一層増してきた。

行けども行けども保津峡は遠い。焦る、とにかく焦る。

いや駄目だ駄目だ、ここは焦っちゃだめだ!落ち着け。

焦って事故ったり、パンクなんてしようものならそれこそ一巻の終わりだ。

とにかく嵐山までは気を抜くな!と自問しながら、

恐怖心を押し殺してペースを抑えて闇を下っていく。

前方に対面信号が現れて一旦停止。止まると途端に寒さがまとわり付いてくる。

そして集中力が散って、周辺の暗闇が目に入ってきて恐怖感倍増。

早く、早く!一刻も早く走り出したい。

1時間くらいにも感じられた2分間を我慢してリスタート。

しばらくするとようやくJR保津峡駅へと向かう鉄橋のところに出た。

外灯もなく真っ暗…完全に日が落ちて、一人取り残された…

ここから一転上りが始まる。ぐいっと上って小さいトンネルをくぐって。

しばらく行くとトロッコ乗り場のつり橋に到着。

駅がライトアップされている。

わずかながらに人工の明かりが光があるとかなり安心する。

ここで少しの間だけ気を緩めて休憩。


↓トロッコ駅へのつり橋

f:id:arkibito:20111211172243j:image:left


さあまだ安全圏に脱出したわけではない。

はっきりとはわからないが残り5〜8kmは山間部のはずだ。

ぐずぐずしているとヤバいのですぐにリスタート。

不気味なトンネルをくぐって、しばらくするとまさに漆黒の闇。

大抵小さな山道でも何メートルかおきに外灯があるものだが

この道には一切それがない…自分のライトだけが頼りというシビアな状況。

しかし文句を言っている余裕はない。

邪念を振り払ってとにかく数メートル先に視線を集中させてペダルを回す。

川を越えると急に激坂になる。全く先が見えないのでどのくらいの坂か判別がつかないがツライ。

ここにきてまるでトドメを刺されているようだ。

とにかく必死で上る。もう一刻も早く逃げ出したい。終わりが分からずにどんどん焦る。

いったん気が折れるとどんどん恐怖感が増してきて、

大声を出しながら自分を鼓舞して上る。

前方がよくわからず、ヘアピンになっているのがわからず

危うく直進して突っ込みそうになったりしながら、何度も何度もくねった道をこなし

ようやく六丁峠のトップに到達。

写真を撮る余裕は全くなく、慎重に下りに入る。

ようやく民家が見えてきて、無事に下山が済んだことを知り心底安心する。

本当にもう泣きベソかく寸前まで追い込まれました。

そうして命からがら下山を済まし嵐山に到着したのが18:00。

もう気持ちが完全に消耗しきってしまいもぬけの殻。

どこかで一服したかったが、さっきの無人地帯が嘘のように嵐山は人、人、人。

自転車に乗るのもままならない状態で、人の流れに飲み込まれて進むしかなく、

成り行きでたどり着いたのが、よりにもよってライトアップ中の竹林の道…

一体どうなっているのか、わけわからんほどの人混み。

京都ブランドってすごいねえ。でも本当の京都らしさの微塵もない。

この季節に京都、特に嵐山には来ちゃいかんわ。

こちとら疲れきっているのに、ビンディングシューズで歩かされて、

渡月橋を渡りきるまでに30分もかかる。辟易。

ようやく人混みがひと息済んだと思ったら、今度は車の渋滞抜け。

とにかく落ち着くまでは休めないのでとりあえず南下して

桂のコンビニでようやく一息入れる。はあどっぷり疲れた…


↓地獄の竹林の道

f:id:arkibito:20111211174935j:image:left


ここで帰り道を考える。

桂川CRは暗過ぎてすでに使えない。

R1で帰るかR171か。西国街道でとりあえず高槻までという手もある。

ただ、体力的にも寒さで相当消耗しているのと、

下山後は完全に気が抜けてペースを上げれない状態なので、

バンバン車が通る横を走らないといけない幹線道路の消耗戦はぜひとも避けたい。

多少遠回りしても、アップダウンは増えても、第2京阪のサイクリングロードで帰るのも手だ。

そう思うくらい神経が消耗してた。とりあえずダラダラ帰るのを選択。

コンビニで地図を立ち読みして帰り道を検索して出発。

桂川街道を南下し上久世の交差点でR171に合流。

R171は案の定交通量が多い。そのうえに、路肩の工事後の処理が悪く、

路肩との境にスレッドが入って段ができていて冷や冷やする。

とりあえずここはさっと通過するため、踏ん張って高速巡航。

名神高速とぶつかって、菱川の交差点で外環状に入って東進。

羽束師橋で桂川を渡り、京阪国道をスルーして第2京阪に入る。

この時点で19:00、本当ならもうとっくに帰宅している時間にまだ八幡。

それでもようやく帰ってきたなあという実感に安堵する。

宇治川を渡るときに東の空を見ると立派なお月さまが見えた。

あとはもうダラダラとアップダウンを繰り返し帰宅は21:00。

あれだけ食べたはずなのにお腹ぺこぺこ。

たまらず十八番に寄ったら衝撃のメニュー変更でびびった。


↓桂川をなぜか東へ渡る

f:id:arkibito:20111211185602j:image:left


↓宇治川から観月橋方面を眺めると見事なお月様

f:id:arkibito:20111211190546j:image:left


今年は色々なところへ走りに行ったけど、これがほんとのラストラン。

やはり寒いのと日照時間の短さで冬場の方が数段難易度高いなあ。

ただ、3週連続のロングライドの割に身体的な疲労がでてない。

夏場にロングライドにシフトした頃は1週間ぐらいグロッキー状態だったので

多少は体力がついたのかもしれない。

来年は今年行けなかったエリアに行くつもり。