Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-12-06

クラフトマン精神の極意 ヤイリギター 工場見学

誕生日プレゼントとして、十数年ぶりにギターを新調したいと思い、

先月からいろいろ調べたり、楽器屋に通っていたりしていたのだが、

なかなか限られた予算内でしっくりくるものが見つけられず。

そんななかで、80年前からメイド・イン・ジャパンを貫き、

30人ほどの職人により1日20本ずつの少量生産で、

こだわりの詰まったハイクオリティのギターを生産しているという

ヤイリギターの存在を知る。

多くのミュージシャンにも愛されていて、

特にBIGINさんとは一緒に

日本人にフィットした製品を開発したりしているようです。

サイトを見ていると毎週土曜日に工場見学を受け付けているようで、

ダメ元で直前にアポを入れたら予約できました。

ちょうど誕生日直前というタイミングでまさに巡り会わせ。

ということで、現地まで飛んで行ってしまいました。


10時の回の見学ツアーに間に合うように

岐阜可児の工場まで自転車で、10分前には到着。

たくさんの試供品が飾られた2階のショールームには、

ほかの参加者が集まっていて時間通りにスタート。


↓工場見学スタート

f:id:arkibito:20161203100154j:image:w360


現代の名工にも認定された先代社長、矢入さん。残念ながら2年前に急逝

f:id:arkibito:20161203124847j:image:w640


まずは敷地の一番奥の倉庫へ。

ここには様々な種類の原料となる木材が保管されています。

世界的にも木材は不足していて、良質の木材は価格が高騰。

10年20年先にはどんどん希少度は高くなり

価格が上がっていくことを見越して、

今のうちから世界各地から木材を仕入れて確保しているとのこと。

仕入れた木材はすぐにギター造りに使えるというわけでもなく、

最低でも3〜5年自然乾燥させなければならないらしく、

長いものでは20年以上寝かせると言います。

酒造りにも共通するように、

”時”というものも重要な工程なのだなと感じました。


↓倉庫では木材を自然乾燥させる

f:id:arkibito:20161203101157j:image:w360


↓貴重な木材が眠っています

f:id:arkibito:20161203101201j:image:w360


↓世界中で原材料不足だそうで、お値段も高騰中

f:id:arkibito:20161203102715j:image:w360


↓トップ材を一枚で取るとすると樹齢200年は必要

f:id:arkibito:20161203101720j:image:w360


倉庫の奥は、写真用の食堂兼ステージのホールがあり、

有名なアーティストさんが来られた時や、

イベント時にはここで演奏が行われるそうです。

このホールがまた本当に居心地のいい空間で、

アットホーム、ハンドメイドな社風がにじみ出ていました。

また木材を自然乾燥させるのに適した風通しのよい高台に工場があるので

大きな窓からは美濃加茂市が一望できるロケーションも素晴らしかった。


↓ステージ兼食堂のホール

f:id:arkibito:20161203101515j:image:w640


↓風通しのいい高台にある

f:id:arkibito:20161203101318j:image:w360


ホールでは木材についてのレクチャーを受けます。

マホガニー、メープル、ローズウッド、エボニィ、コアなど

たくさん種類があり、

硬さや加工のしやすさ、耐久性・変形性、

音の反射・吸収具合が全然違ってきます。

もちろん、ハードなアタックに適したもの、

繊細に爪弾くのに適したものがあり、

各パーツで木材を組み合わせると

様々な音色の違いが生まれることになります。

このあたりは、まさに、長年木と会話をしてきた職人でなければ

狙った音の出せるギターは造れません。

一つとして同じ節や年輪のものがない中で、

仕入れた木をどの部位で使うのが適しているのか、

木の持つ個性を見極めていくところからギター造りが始まっていくのです。


↓いろいろな木材

f:id:arkibito:20161203101902j:image:w360


歴代の名器たち

f:id:arkibito:20161203102030j:image:w640


ホールを後にし、いよいよ核心部である工場の方へ移動します。

2Fの作業場に上がると、そこは通常のルーティン作業の場ではなく、

特別なギターを扱うスペース。

ギター造りの神様と称される、

超級のクラフトマンである小池さんと道前さんがいらっしゃって、

オーダーメイドのギターに取り掛かっているところでした。

ちょうど、東海エリアで人気番組を持っている

ドンドコドンのぐっさんがその番組でオーダーしたという

ギターを見せていただきました。

ネックのポジションマークに、GOOD*SUN(ぐっさん)と入ってますね。


↓工場へ

f:id:arkibito:20161203102823j:image:w360


↓ギター造りの神様、小池さん

f:id:arkibito:20161203102954j:image:w360


↓名クラフトマンの道前さん

f:id:arkibito:20161203103028j:image:w360


↓ドンドコドンのぐっさん特注品

f:id:arkibito:20161203103315j:image:w640


同じフロアには全国各地から

リペア注文で届けられたギターが並んでいて修理の順番を待っていました。

ヤイリギターでは生涯修理サポートがついているので

いつでもメンテナンスやリペアに応じてくれます。

ギターは消耗品ではなく、バイオリンなどがそうであるように、

長い時間をかけて演奏されることで育っていくものという考え方があり、

単に製品を作って売ったらあとはおしまいではなく、

末永く自分たちの製品や、

その製品を使う人たちと関わりたいという思いがあるからです。

スバラシイ!


↓リペア中

f:id:arkibito:20161203102853j:image:w360


お隣の部屋は、合板の作成と

バック板のブレイシングを取り付ける作業場でした。

「単板」はそのまま1枚板で造られた木板で、

柔軟に振動するため音色は合板に比べて優れますが、

当然1枚板で材料を取るとすると価格がグーンと上がります。

また1枚板だとどうしても環境によって

変形したり割れやすかったり、管理が難しくなります。

「合板」は薄い板を3枚張り合わせることで、

コストを抑えるとともに、

強度を上げることで使いまわしの良さを実現するのです。


ブレイシングとはバック板に取り付けられた骨組みのこと。

薄い木の板は、音の振動や、弦の張りによって

常に高いテンションがかかっているので、

変形したり割れてしまうのを防ぐために

こうやって裏側に補強のための力木が組まれています。

この骨組み自体も音を伝える重要なパーツで、

組み方や、力木の太さ、材質、精度で

音の響き方が全く変わってしまうそうです。

現在アコースティックギターで最も一般的に組まれているのが

バッテンに木を組むXブレイシングだそうです。

ここでは、この力木を振動を抑えるゴムの入ったボンドなどではなく、

天然由来のニカワを煮詰めた接着剤で止めていて、

ニカワは天候などで大きく性質を変えるため管理が大変難しいのだそう。

また、貼り付けた力木をミリ単位で削っていくことで、

音の鳴りを極限まで追求していて、

実際に彫刻刀で削っている作業を目の当たりにしましたが、

ちょっとでも手元が狂って削りすぎてしまえばおしまいという

なかなかプレッシャーのかかる作業を、黙々とこなしておられて、

これぞ職人という場面でした。


↓バック板のブレイシング。わずかな削りの違いで音が変わってしまう

f:id:arkibito:20161203103537j:image:w640


↓右がカット前、左がカット後(ともにXブレイシング)

f:id:arkibito:20161203103806j:image:w360


↓さまざまなブリッジ

f:id:arkibito:20161203104117j:image:w360


1Fへ降りると広い作業場にたくさんの機械が並んでいます。

サイド部分はしなやかな曲線を出すために、

材料の木をまず湯煎して柔らかくして

それをプレスして曲げていくという作業でした。

ネック部分は持ち手に合わせて、いくつかのパターンがあって、

特にヤイリでは日本人の体形にフィットした形状を追及されていて、

色々持たせてもらいましたが、本当によく設計されています。

ネックとボディーを繋ぐ部分は、

釘など、音の振動を妨げたり、影響を与えるような部品を一切使わず、

木と木を継ぎ目でうまくはめ込んでいるのですが、

そこの調整も手作業

ほんのわずかでも削りすぎてしまって、

ネックがぐらぐらになれば台無しになってしまう非常にデリケートな作業


↓工場

f:id:arkibito:20161203104128j:image:w360


↓サイドの木はゆでて柔らかくした木をプレスする

f:id:arkibito:20161203104356j:image:w360


↓釘などは一切使用せずにネックを取り付ける

f:id:arkibito:20161203104759j:image:w360


↓すべて慎重で高度な技術が要される手作業

f:id:arkibito:20161203104833j:image:w360


↓ネック調整中

f:id:arkibito:20161203105836j:image:w360


1本のギターが完成するのに、

色々な工程を経て約3か月擁するそうなのですが、

その工程と工程の間では、黄を落ち着かせるために何度も寝かせます。

その間、倉庫では徹底した温度・湿度管理がなされるとともに、

大音量で音楽を聴かせて、ボディに音の振動を覚えさせるのだとか。

これを発案した先代社長さんは

この時間を「天使が宿る時間」と呼んで大切にしてきたそうです。


↓倉庫でさらに寝かせる

f:id:arkibito:20161203104938j:image:w360


↓音楽をかけて木たちに聴かせる

f:id:arkibito:20161203105019j:image:w360


工場の一角には、ゆるキャラ(?)のヤイリくんが鎮座し、

職人さんたちを見守っておりました。(笑)


↓ヤイリくん

f:id:arkibito:20161203105759j:image:w640


さて、徐々に、ギターの形になってきましたね。

ここからもヤイリさんのこだわりの製法はまだまだ続きます。

音の響きや、使いやすいフィット感といった、

楽器としてプレイヤーのこだわりを徹底的に追及するのはもちろんのこと、

工芸品としての見た目の美しさや洗練さもまた追及されていて

細かいパーツや塗装まですべて吟味された素材を使って

すべて手作業

見た目的にもとても美しく愛らしいフォルムに一目ぼれをしてしまいますね。


↓ラッカー塗装中

f:id:arkibito:20161203110238j:image:w360


↓フレット打ち

f:id:arkibito:20161203110328j:image:w360


↓出荷まち

f:id:arkibito:20161203110638j:image:w360


↓ラストに研磨して艶出し

f:id:arkibito:20161203110955j:image:w360


ということで、駆け足ながら1時間程度で工場見学ツアーは終了。

もうずっと、スゲースゲーと感嘆の声を上げるばかりで、

色々な工場見学やモノ作りの場に参加をしていますが、

これほどワクワク、ドキドキが止まらないものはありませんでした。

なにより卓越した技術と、

それに裏打ちされたクラフトマン精神に圧倒されました。

職人のみなさんが、自社製品に誇りを感じ、

モノを作り出しているという気概がにじみ出ていて

本当に素晴らしい現場だなあと感じました。


ツアー終了後は、社員さんによる演奏会。

やはり、なんといってもギターは楽器ですから、

その音色をまずは聴いてもらわないといけないということだそうです。

戦場のメリークリスマス」をはじめ数曲披露していただきましたが、

スバラシイ音の響き!

そしてめちゃくちゃギターがウマイ!かっちょええ!


↓社員さんによる演奏

f:id:arkibito:20161203112016j:image:w640


見学ツアーと演奏会が終了すると工場見学は終了。

そこからはショールームで気になったギターで好きなだけ試奏です!

やっぱり実際に弾いてみないとわかりませんもんね♪

ということで、片っ端から弾かせていただきます。

んんん〜なんという音色♪

素晴らしすぎます。


ヤイリさんでは「一期一会」というオリジナルのギターを

BIGINさんと制作していて、せっかくなのでこちらも弾かせてもらいます。

ウクレレより一回り大きいくらいの

ちょっと変わったフォルムの4弦ギターですが、

これ、なんと世界一簡単な夢の新楽器なのです。

というのはこれ、複雑なコードを一切覚えなくても、

フレットを人差し指で全抑えするだけで、

あらゆる曲が弾けちゃうという驚きの設計なのです。

フレットには、「一」「二」「三」と漢数字が振ってあって、

楽譜に書かれた番号の高さをフレットで抑えていくことで曲が弾けるのです。

なので、子供や全くの初心者でもジャララ〜ンとするだけ!

これはすごい!


↓ヤイリギターオリジナルの楽器、一期一会

f:id:arkibito:20161203100844j:image:w360


それから結局お昼ご飯も食べずに、試奏しつづけて、

気づけばすでに13:30を回ってる!

色々悩んだ末に、アウトレットで30%も安くなっているLO-K-OVAに決める。

奥さんにさっそく電話してOKをもらい、お店の人にオーダー。

ボディに一部傷があるようなのだけど、すでにリペア済みで、

音質には全く影響しないとのこと。

もともと雑な人間なので、そういう傷とかあまり気にしない人なので

格安なのがうれしすぎる。

何といっても見た目で惚れました。

おニューだけど、すでにヴィンテージ風貌の木の色合いがお気に入りです。

色々試し弾きした中でも、とても取り回しがよく、すぐになじみました。

もうこれしかないです。


↓買っちゃった♪

f:id:arkibito:20161203134417j:image:w360


1Fのロビーで、購入の手続きをしていると、

現社長さんが声をかけてきて、

自分のフィブラ君のことがとても気になるらしく色々とお話し。

自転車もまた鉄・カーボンの世界ですが、

立派なクラフトなので、職人としてはとても気になるのだと思います。

昔、大阪豊中に住んでいらしたらしく、

大阪から来ましたというと大変懐かしがっておられました。

翌日がちょうど誕生日だというと色々オマケもしていただいちゃいました。

他にもいろいろとお話しさせていただき、

またぜひ遊びに来たいと思います。


↓グッズもオマケしてもらいました

f:id:arkibito:20161204205004j:image:w360


ということで、なんだかトントン拍子で、

数十年ぶりのニューギターをゲットできました。

何より、そのギターが生まれた場所で直接購入できたというのは、

とても印象に残る思い出になり、すでにかなり愛着が湧いています。

じゃんじゃん鳴らすど〜!

2016-08-19

子連れハイク はじめての北ア 蝶ヶ岳 詳細編

さて、充実の前穂〜奥穂の山行を終えたわずか2日後に

再び北アルプスへと舞い戻ります。

今回は単独行ではなく、

今年に入って勢いづいている長女を連れての子連れハイク

娘はもちろん、本格的な高所登山は初めてだし、

2泊3日で母親と離れるのも初めて。

山歩きに関しては彼女の能力はもう実証積みなのだが、

色々な不安を解消するために、万全を期すことからスタート。


まずは日程です。

1人なら蝶ヶ岳へは一泊でも十分ですが、

そんな過酷な行程は無理なので、

1日目は横尾もしくは徳沢泊、2日目は蝶ヶ岳泊、

3日目は下山・帰阪というプラン。

お盆時期が意外と登山客数が減るので

元々そこを狙っていたのですが、今年は特殊事情があり、

8/11(木)が初めての「山の日」を迎えるということで、

その前後3日間は記念式典開催の影響で、宿泊は一杯だし、

交通規制がかかったり、色々と読めない状態だった。

できれば、帰ってきたばっかりで疲労もあるので、

1週間ほどインタバールを開けたかったのだが、

1日目の横尾or徳沢の宿泊予約状況がこの週末は一杯で、

空室がある中で検討した結果、

ベストだったのが8/10(水)だった。

山上の蝶が岳ヒュッテの混雑具合だけが読めなかったが、

宿泊する11日は下の上高地に人が集中して、

山上まで上がってこないと予測できた。

(実際快適だった♪)


荷物も、基本的には自分の荷物は自分で持たせるのだが

何かあった場合のエクストラの着替えだったりなどは

こちらのザックに詰め込むので思ったよりボリューミー。

あとせっかくならあの広い穏やかな山上で夜間撮影をしようと

重い三脚をむりやり突っ込んだので、結構な重量となりました。


出発当日。6時には起床し、

7:03の新大阪駅発ののぞみに乗り込む

久々の新幹線に娘もワクワクドキドキ。

あっという間に名古屋に到着したら、今度は特急しなのに乗り換え。

早起きしたせいもあって、娘はほとんど眠りこけておりました。

松本駅に着くと、「ま〜つもと〜、ま〜つもと〜」というアナウンスに、

娘は反応して、ずっと真似をしておりました。

一旦下車をしてアルピコ交通のチケットを購入。

新島々までは電車でそこからバスに乗り換え。

バスは臨時の2台体制になったため、

後続車を定期便として、

我々が乗る先行車は途中バス停をすっ飛ばしての特急に。

臨機応変の対応はありがたいです。

運転手によるとつい2日前にはR158で事後が発生して

3時間も交通がストップして、乗り継ぎができなかったらしいです。

そういうリスクもあるのねん…

バスでは娘は、徐々に深くなっていく山の様子や、

3つあるダムを自分のカメラでバシバシと撮り続けておりました。

予定よりも10分ほど早く12:40に上高地BSに到着。

大阪から約5時間30分。やっぱりなんだかんだ遠いねえ。


↓3日ぶりの上高地

f:id:arkibito:20160810123832j:image:w360


3日ぶりの上高地です。特に感慨はありませんが、

翌日の式典にむけて、BSの駐車場一帯にテント会場が設置されていて

そのために若干バスの出入りが大変そうでした。

ちょうどお昼時ということもあり、出発前にお昼ご飯。

車内で寝てしまって食べそびれた駅弁をベンチでしっかり食べます。


山の日制定の記念式典会場

f:id:arkibito:20160810125240j:image:w360


30分ほどでお昼を済ませたらいざウォーキング

河童橋はものすごい人だかりです。

娘がかわいがっているカッパのぬいぐるみたちが売店にあり、それに喜ぶ娘。

河童橋からは先日登ったばかりの前穂〜奥穂の吊尾根が見事に見えていて

本当にいいお天気。

娘も高原リゾートの雰囲気を楽しんでいる様子でした。


河童橋わたし

f:id:arkibito:20160810131611j:image:w360


さて、時刻は13:30。

17時までには横尾山荘に到着しないといけません。

横尾までは約10kmの道のり。

普通に行けば3時間あれば行けますが、娘のペースもあるので、

ほとんどちょうどくらいのタイミングなのでそろそろ歩き始めます。

小梨平からは木立の中を進むので、直射日光がなく、

この日はそよ風が吹き抜けてとても心地よし。

川の対岸の明神岳が見えるポイントでは娘は、

文春の記者バリにカメラをバシバシ。

観る者すべてのスケールが今まで体験したことのないものなので

純粋に驚き、楽しんでいる様子に目を細めます。


↓カメラ小僧

f:id:arkibito:20160810144502j:image:w360


それほどアップダウンもなく、娘の足取りも快調で、

15時前には徳沢園に到着。

これで約束の17時までに横尾に間違いなくつくメドがつきました。

ここでちょっとブレイクということで、

徳澤名物のソフトクリームを。

どこから来てもずっと歩いてこなければ味わえないからか、

ここのソフトクリームは美味しい。

娘も口の周りをベチャベチャにして味わっておりました。


↓徳沢でソフトクリーム♪

f:id:arkibito:20160810150034j:image:w360


15分ほど休憩をしたら、残りの道をやっつけます。

さすがにこの時間、人通りがぐっと減ります。

娘もさすがに少し足にきたようで、疲れた〜と言いながらも、

ペースを落とすことなく、他愛もないおしゃべりをしながら歩きます。

横尾には16:12に無事到着。


↓横尾着

f:id:arkibito:20160810161224j:image:w360


すぐに寝床の受付をします。二段ベットの上下を確保しました。

同じ部屋ですぐ真上とはいえ、

実質一人で寝るのがはじめてな娘が気がかりですが、他に手立てはありません。

寝床に着いて、まずは荷物の整理をしていたら、

娘は二段ベッドがいたくお気に入りなようで、

用もないのに梯子を上ったり下りたり、超機嫌よく元気。

そんなに元気ならちょっとお散歩ということで、

暮れなずむ横の谷にかかる名物の吊橋の下に出て、少しばかり川遊び。

水が冷たい!


↓本日の寝床

f:id:arkibito:20160810170839j:image:w360


しばらく外遊びをしましたが、夕食まではまだ時間があったので、

先にお風呂を済ませます。

当然ながら男女別々で、娘一人で心配でしたが、

まあそれらにりちゃんとやったようです。

風呂あがりにお父ちゃんはおビ〜ル、娘はジュースで乾杯♪

ぷはあ。

晩御飯となり、食堂へ。

周りのおっちゃんおばちゃんに色々質問攻めにされてご満悦の娘。


↓お風呂あるよん♪

f:id:arkibito:20160810164144j:image:w360


↓夕食

f:id:arkibito:20160810173136j:image:w360


夕食後はすることもなく、

寝床で消灯時間までお話をして、21時には就寝。

何時だったか、娘が上へあがってきて、足が痛いというので

よくマッサージをしてあげると、もう大丈夫と言って戻っていった。

そんなこともあったので夜中なんどか様子を見に降りるが、

心配をよそにぐっすり寝ておりました。


2日目。

5時ごろになると槍や涸沢へ向かう人たちがごそごそと起き始め、

さわがしくなって、自分たちも目を覚ます。

朝食までの間に荷造りを済ませておく。

朝ごはんはしっかり食べましょう!


↓朝食

f:id:arkibito:20160811054635j:image:w360


6:25。

いよいよ蝶ヶ岳へアタックを開始します。

トイレも済ませ、荷物の整理も終わり、小屋を出ると、

見事は晴れ模様で、向かいに見える前穂もばっちりです。

早立ちの人はもうほとんど出払い、閑散とする横尾を出発。

槍方面への道の入り口の分岐点から山登りがスタートします。


↓快晴ナリ!

f:id:arkibito:20160811062628j:image:w360


↓ここから蝶ヶ岳へ向かいます

f:id:arkibito:20160811062956j:image:w360


深い緑の中を進むと、すぐに登りがスタートします。

今日は稜線まではずっと眺望のない森の中を登りっぱなしになります。

のっけからまずまずの急登が続きます。

昨日の晩に足が痛いと言っていたので心配をしていたのですが、

寝たからもう治ったと、ケロっとしていて、

お父ちゃんの心配をよそに、ぐんぐんペースを上げて行きます。

むしろ、数日前の山行の疲労や、

いつもと勝手の違う山行で

もろもろ気苦労で寝れてないこちらのペースがあらず、

待ってくれい〜。

いやああ、若いって素晴らしい。


↓今日はずっと登りっぱなしになります

f:id:arkibito:20160811063852j:image:w360


40分ほど登りを詰めていくと、

道の脇に小さなベンチがあり、そこで女性が2人休憩されています。

槍見台と呼ばれるポイントで、振り返ると、

緑の間から槍がエッヘンと胸を張って姿を見せています。

我々も5分ほど休憩。


↓槍見台から見事な槍

f:id:arkibito:20160811070408j:image:w360


リスタート後も、道の様子は変わらず、

木の枝やゴロゴロの岩の道をひたすら詰めます。

森は一層深く、緑一色の世界。

木々のおかげで直射日光からは逃れられるのですが、

風が入ってこないので、空気が淀んで蒸し暑い。

えっほえっほと登っていくと、標高2000mの標識を発見。

娘にとっては初めての大台突破です。

オメデトウゴザイマス。


標高2000m超え

f:id:arkibito:20160811073319j:image:w360


そこからも一定のペースで登りつづけ、

7:54に、本家よりも立派な「なんちゃって槍見台」に到着。

誰かが眺望をよくするために木々を伐採したのか、

以前来た時よりも、眺望が開けていて、槍がくっきり。

眺望も大事だけど、木の伐採はあかんと思うけど…

8:00までしばし休憩。


↓なんちゃって槍見台

f:id:arkibito:20160811075407j:image:w360


↓槍はどこから見てもかっちょええどす

f:id:arkibito:20160811075520j:image:w360


休憩ののち、再び登ります。

道は相変わらずで、徐々に斜度も上がってきたように思います。

娘を先頭にえっちらおっちら登ります。

眺望もなく単調なのですが、娘は楽しいと言ってくれてちょっと安心。

9:35には標高2500m地点と書かれた標識を通過します。

あともう少し!


↓ひたすら登り

f:id:arkibito:20160811075722j:image:w360


↓軽い身のこなし

f:id:arkibito:20160811080500j:image:w360


↓ガンガン進みます

f:id:arkibito:20160811093517j:image:w360


標高2500m超え

f:id:arkibito:20160811093711j:image:w360


歩きながら少し娘に森林限界について解説をします。

大きな木はある高さ以上だと、

風が強かったり寒かったりして育つことができないから、

もう少ししたらその高さになって、木がなくなるよ。

そうしたらもうすぐ山の上に出るよと教えてあげます。

しばらく歩くと娘が前を指さして、

「もうすぐ木がなくなるから、なんとか限界やな」とつぶやきます。

その通り、その先からは高い木々がなくなり、ハイマツ帯へと様子を変えて、

青空が広がるようになっています。

ようやく森林限界を抜け、ザレ場を詰めると、常念主稜線の分岐点に出ました。

時刻は10:13なので、約4時間の登りでした。

乙!


↓森を抜けました!もうちょい!

f:id:arkibito:20160811095944j:image:w360


そうしてお待ちかね。お待ちかね。

振り返ってみると、槍・穂高の山の連なりが、

オールウェルカムでお出迎え♪

娘は思わず、「うぉおおお〜!」と絶叫を上げておりました。

自分も初めてこの光景を見た時には、

日常ではありえない、大パノラマのスケール感に度肝を抜いたものです。

小学生の娘からしたら、その驚きはさらにものすごかったことでしょう。

この景色は自分の足で歩いたものだけしか見ることのできないものなので、

彼女が自分の足で得た経験ということではほんとうにえらいと思います。

この景色をぜひとも見てほしかったので、

天気も味方して本当にうれしかった。


↓槍・穂高の絶景!

f:id:arkibito:20160811100305j:image:w640


↓見事な槍

f:id:arkibito:20160811101037j:image:w640


↓再びカメラ小僧

f:id:arkibito:20160811101049j:image:w360


稜線まで来ましたが、目的地まではあともう少しあります。

山頂と、山頂直下にある本日の宿泊地・蝶ヶ岳ヒュッテまでは

なだらかに二重稜線を30分ほど歩きます。

一見なだらかに見えますが、そこそこアップダウンがあります。

ハイマツ帯の間に細く切られたトレイルを進んでいきます。


蝶ヶ岳まではなだらかな稜線

f:id:arkibito:20160811102058j:image:w360


自分も娘も、すかっと開けた眺望に

すっかり足の疲労も忘れて快調に歩いていると、

前方でハイカーが数人ハイマツを覗き込むようなしぐさをしていたので

何かなと見てみると、なんと雷鳥の親子でした。

どうもやんちゃなヒナたちがが

あっちこっちにハイマツのつぼみを食べに散ってしまって迷子になってしまい、

お母さん鳥がハイマツの繁みから大きく頭を出しながら、

鳴き声でヒナたちを呼び寄せているようでした。

お母さんの心配をよそに、

ヒナたちはひょっこりむき出しのトレイルに飛び出しては

自由に歩き回って、ちょうど娘の足元を平気で横切りました。

こんなすっきり晴れた日に、

しかも蝶ヶ岳の稜線でばったり出会えるなんて

本当にラッキー。

雷鳥の生息の南限は乗鞍岳なので、

ほぼほぼ南限に近いエリアで見れるのは珍しいことです。


雷鳥さんだぞ

f:id:arkibito:20160811104114j:image:w360


↓ヒナが走る!

f:id:arkibito:20160811104149j:image:w360


そんな思いがけない出会いもありつつ、

再びトレイル歩きに戻り、11:00に蝶ヶ岳ヒュッテに到着しました。

かなり早い時間ですが、早速宿泊の受付を済ませます。

12時からしか寝床への案内がないので、

その間休息と、ちょっと早めのお昼ご飯。

なんだかんだで5時間歩き通したのでお腹ペコペコ@@@

自分も娘もカレーを注文してガツガツ食べます。

フライドガーリックチップをかけて食べるとうまいのねん。

のんびりとお昼を食べていたら、もうじき12時という頃合いだったので

ロビーで少し待って、12時に一番乗りで寝床へ。

ちょうど角のカイコ部屋の1ブロックというベスポジをゲット。

混み具合によってはもう1人入ってくる可能性があり、

この日は初の山の日ということもあって

小屋の人も混雑が読めないと困っておられましたが、

結果的に2人で1ブロックを丸々使えて快適でした。


蝶ヶ岳ヒュッテにとうちゃこ

f:id:arkibito:20160811105903j:image:w360


↓お昼ご飯はカレーです

f:id:arkibito:20160811111707j:image:w360


さて、無事寝床を確保しましたが、

肝心なことを忘れております。

まだ蝶ヶ岳のトップに登頂していません!

ということで、荷造りと寝床作成を終えて、

お昼からはおさんぽタイム。

まずは小屋から歩いてすぐの山頂へ。

標高2677mの蝶ヶ岳に無事登頂しました!

オメデトウゴジアマス!

ここから振り返れば、先ほどからずっと見えている槍・穂高はもちろん、

ヒュッテ越しに大きな器のような常念岳がどっしりと構えているのが見え、

本当に素晴らしい眺望です。


蝶ヶ岳登頂♪

f:id:arkibito:20160811122627j:image:w360


↓おさんぽ

f:id:arkibito:20160811124850j:image:w360


登頂を済ませた後は、

今度は小屋とは逆側に蝶槍まで足を延ばすことにします。

横尾の分岐点までは上がってきた道を戻ります。

再び探してみましたが、残念ながら雷鳥さんはもうすでにおらず。

そうこうしているうちに、安曇野側からモクモクと雲が上がってきました。

勢いよく山を上がってくる雲の塊に娘も興奮気味。

いつものように梓川から吹き上げてくる風が強いために、

この雲は稜線の半分から向こうへは乗越すことはできないため、

半分が晴れで半分が曇りときれいに割れています。

まだ小2だと理科の授業がないので、娘に説明するのが難しいですが

できるだけわかりやすくこの水と空気のマジックについて説明したり。

「へーへー」といいながら面白がっておりました。


安曇野側から雲がモクモク

f:id:arkibito:20160811124920j:image:w360


分岐点を過ぎ、なだらかな稜線のアップダウンをこなしていくと、

前方に鋭い岩礁が見えてきました。

近づくにつれて、ガレた岩場となり、

梓川の方は結構な高度感。

娘も慎重に前進して、無事に蝶槍に達しました。


常念岳と蝶槍

f:id:arkibito:20160811132747j:image:w360


↓蝶槍に登頂♪

f:id:arkibito:20160811133747j:image:w640


ここからの眺めもまた最高で、

本家の槍が槍沢ロッジの辺りから一気に伸びる様は圧巻。

槍はどこから見ても素晴らしいのですが、

ふもとから山頂までタテのラインで見えるのは

この一帯だけだと思います。

槍が鋭く天へと突き刺さるさまとは対照的に、

向かいにどっしりと地に足をつけて構える常念岳の堂々たる様もまた見事。

ああ見えて、意外と山頂は狭く、山頂までの登りは急登です。


↓蝶槍からの槍

f:id:arkibito:20160811133946j:image:w640


↓どっしりとした常念さん

f:id:arkibito:20160811134602j:image:w640


蝶槍では結構長い時間まったりしていて、

その間にも、常念から縦走してきた人たちが

ヒーヒーと大汗をかきながら到達してくるのを迎えます。

みな、娘の姿を見つけてすごいねえ、すごいねえと声をかけてくれ、

娘もまんざらではなさそうな感じ。

びっくりしたのは、娘が山歩き用の帽子がない代わりに、

スワローズの帽子を被っていたら、

スワローズファンに発見されたことです。

相手はお父さんと小学校高学年のペアの人でしたが、

まさかレアなスワローズファンに出くわすなんてびっくりで、

それは向こうも同じだったようで、

思わず盛り上がってしまいました。

この後、続々と縦走路からやってくる人たちと

みなさんで写真の撮り合いっこをしたり、楽しい時間を過ごせました。

「この景色、何時間でも見れるし、何枚同じ写真撮ってもええなあ」と

娘もつぶやくほど、お気に入りの場所になったようです。


↓躍動するカメラ小僧

f:id:arkibito:20160811143456j:image:w360


時刻は14時を過ぎ、雲も続々と上がってきたので

ぼちぼち小屋へと戻ります。

空身で来たので絶景を横目に軽快に歩く。

途中、ケルンを見つけると、

娘はわざわざ馬鹿でかい石を見つけ出してはおいていきます。

赤茶けた石を見て、

「鮭に似てる」「鮭に似てる」と何度も謎の言葉を発しておりました。

15時過ぎには小屋に戻る。


戻ってきてまずはおトイレなのだが、娘は小屋のトイレは初めて。

水洗ではないので、用を足したら拭いた紙は

必ず目の前のゴミ箱へ入れることと教える。

蝶ヶ岳ヒュッテは、昼間は屋外のトイレしか使えないルールになっていて

そこがまた結構な悪臭がただようトイレで、

娘はトイレから出てきたときには鼻をつまんで「強烈!」と叫んでおりました。

まあこれも山の洗礼の一つですね。


寝床へ戻りお菓子タイムにしようと、

娘のお菓子の巾着を探っていると、

ポテチの小袋がパンパンに膨らんでいたので、

ここでまたまた理科のプチ授業で、気圧の話をしました。

袋がパンパンなのに大笑いの娘。そらおもろいわなあ。


そこから娘と二人で1時間ほどお昼寝タイム。

起き出すと、結構人が込み合ってきました。

幸いにして、寝床は2人だけを確保できましたが、

それなりに混んできました。

17時になって第1弾として夕食。

娘は食べるのが遅いので最後まで残されてしまいますが、

小屋の人に2弾目のテーブルは十分あるので、

ゆっくり食べてくださいと声かけしていただきありがたや〜。


↓夕食

f:id:arkibito:20160811173741j:image:w360


夕食後は、夕焼けを見に、瞑想の丘までおさんぽ。

最初は大キレットの間に太陽が落ちていく様がよく見れたのですが、

時期に梓川の谷間にみるみるうちに雲が発達して、

その雲が尾根を乗越して安曇野側へとこぼれていくようになり、

はっきりとは夕焼けは見えませんでした。


↓夕焼け その1

f:id:arkibito:20160811182050j:image:w360


↓夕焼け その2

f:id:arkibito:20160811182127j:image:w360


少し肌寒くなってきたし、雲がどんどん厚くなって

これ以上眺望も望めないだろうということで小屋へバック。

乾燥室に行って衣類を干したり、

ロビーのテレビでオリンピックを観たりして時間をつぶす。

19時過ぎになって、

テント場が騒がしいので様子を見たら

雲が晴れたようなので、夜景を見に外へ。

この日は半月が煌々と明るくて、

小さな星のきらめきまでは見えませんでしたが

時折星が流れるのが確認できました。

せっかく思い三脚を担いできたので、用意して夜間撮影をしましたが、

やはり満天の星空は捉えることはできませんでした。

そのかわり、眼下に広がる安曇野の夜景や、

眠る穂高岳の黒い山容に、

小屋の所だけ明かりが灯ってる様などはどうにか撮れました。

ちょっとカメラ自体の調子も、前回の山行で悪かったので、

ぼちぼち買い替えを検討せねば。


安曇野の灯

f:id:arkibito:20160811195824j:image:w360


↓眠る穂高

f:id:arkibito:20160811200519j:image:w640


↓月が明るすぎて星が撮れないよう

f:id:arkibito:20160811201201j:image:w360


↓星空

f:id:arkibito:20160811202218j:image:w640


消灯時間までには寝床へ戻り、おやすみ。

スペース的には十分なのだが、

娘の寝相の悪さに、何度も起こされました(笑)

懸念していた高山病も問題なく。


↓おやすみなさい

f:id:arkibito:20160811203427j:image:w360


4時ごろ、

早立ちの人たちが起き出してごそごそとしだすのに気付いて起きる。

窓をのぞくと、すでに東の空がうっすらと明かりが刺し始めている。

娘に声をかけて起こし、朝は冷えるので、

下は2枚、上は3枚と厚着させ、小屋の外へ出る。

瞑想の丘の少し先まで行って、そこに陣取って日の出を待ちます。


↓DAWN

f:id:arkibito:20160812042832j:image:w360


この日はほとんど風もなく不思議なくらいおだやかな朝。

眼下にはふわふわと心地よさそうな雲海が敷き詰められていて、

地平と空の間から朝が少しずつ少しずつ始まろうとしています。

娘も神妙な面持ちで空を見つめ、時折思い出したようにカメラをバシバシ。

そうして、いよいよ朝日が昇り始めると、

そこからはもうあっという間で一気に空が明るくなりました。

娘もこんなのは見たことがないと心底感動しているようで、

連れてくることができて本当によかったなあと思います。


雲海から光がこぼれる

f:id:arkibito:20160812050143j:image:w640


↓おはようございます

f:id:arkibito:20160812050412j:image:w360


感動は東の空ばかりではなく、翻ってみれば、

今日も見事な姿を見せる槍・穂高の面々が朝焼けに燃えて素晴らしい。

一つ北にそびえる常念岳も相変わらず魅力的なフォルム。

小屋の向こう側には、うっすらと独立した円錐が見え、

それが富士山だと娘に教えてあげました。

約1時間、それほど冷えることもなく絶好のコンディションで

朝焼けを楽しむことができました。


↓燃える穂高

f:id:arkibito:20160812050519j:image:w640


↓燃える槍

f:id:arkibito:20160812051302j:image:w360


↓今日もいい天気!

f:id:arkibito:20160812051341j:image:w360


小屋へ戻り、5:30に朝食。

小さな娘にとってはお漬物とかはあまり好物ではないものなので

お米と味噌汁ばかりを食べる。

残してはいけないので、代わりに自分がパクパク。

朝ごはんをいただき、長蛇のトイレをすませます。

荷造りを終えたら、公衆電話でふもとの登山口までのタクシーを予約します。

標準タイムで4時間ほどなのだが、

こちら側のルートは初めてなのと、娘のペースが読めないので

少し余裕をもって11:30に来てもらうことにしました。


↓朝食

f:id:arkibito:20160812053601j:image:w360


小屋の人にお礼を言って、いよいよ6:25に下山開始。

その前にすぐそこなので、お別れとしてもう一度だけ山頂に立ち、

見納めとなる槍と穂高にさようなら。

そこからテン場を抜けて、大滝山方面へのトレイルに入ります。

これから降りていく方面はびっしりと雲海が広がっていて、

あの雲の中へと降下していくことになります。

常念山を左手に臨みながら、お花が咲き乱れる斜面を下っていくと、

トレイルは分岐に差し掛かり、三股登山口方面へと折れます。


↓あの雲の下まで降りていきます

f:id:arkibito:20160812064419j:image:w640


↓常念さん

f:id:arkibito:20160812064422j:image:w360


↓三股へレッツゴー

f:id:arkibito:20160812065305j:image:w360


大滝山との分岐

f:id:arkibito:20160812070131j:image:w360


これまで蝶ヶ岳は3,4回訪れているのだが、

三股登山道を利用するのは実は初めて。

大体しんどい長壁尾根を詰めるか、横尾へ降りるかなので

自分にとっても新しい道でワクワク。

常に左手に常念のスケール感のある山肌を感じながら、

意外と急峻で歩きづらい道が続きます。

ガイドブックなどでは、ビギナーな山である蝶ヶ岳に登るルートの中でも

最もポピュラーで優しい道という紹介が多いですが、

道は狭く、岩が転がり、斜度もあって、なかなかの道です。

ずんずんと下っているとどんどん足にダメージがたまっていくようです。

最終ベンチ、第1ベンチと書かれた目印をパスしていきますが、

だんだんと道はハードとなり、木の根っこやら岩場を渡るようなところも出てきます。

ひょっとしたら前日の横尾からの登りよりも、

こちらの下りの方がハードかもと感じるくらいでした。

娘も難所は慎重に慎重に足場を選びながら進んでいきます。


↓最終ベンチ

f:id:arkibito:20160812072035j:image:w360


↓意外と険しい道

f:id:arkibito:20160812073236j:image:w360


↓第1ベンチ?

f:id:arkibito:20160812080619j:image:w360


2時間30分ほど延々と降り続けて、蝶沢とよばれる沢の頭に到着。

ここまでの区間はなかなかハードで、思った以上に時間がかかりました。

あまりモタモタせずに、それなりのペースで降りてきたはずですが、

標準タイムより1時間もオーバーしてしまいましたので、

あまり甘く見れない区間だったのかもしれません。

娘も、「疲れた〜」と叫んでおりましたが、

この場所もあまり広いスペースではないので、

もう少し進んで落ち着けるところでしっかり休むことにし、

一呼吸おいてリスタート。


↓蝶沢

f:id:arkibito:20160812085733j:image:w360


この先もしばらくはゴツゴツとした岩の部分があったり、

痩せた道が山肌に取り付けられただけの部分が多く、慎重に進みます。

そろそろ、朝早くに出発した人たちが上がってきて、

行き違いが頻発しますが、一様に登ってくる人は汗だくで辛そうでした。

眺望を見る余裕もあまりないのですが、

時々木々が開けたところから常念がよく見えます。

あのスケールのある裾野はまだまだ下の方まで伸びていて、

一体この山はどれだけ大きいのかとため息をつきます。

結構な時間、頑張って下ってきたつもりですが、

まだ2000mを切るところまでしか到達していません。

登山口は1300m台なので、まだ半分も来ていないのか!?

4時間程度で降りれると何処の案内にもあったけど、

これは5時間以上かかりそう…


↓常念さんをパチリ

f:id:arkibito:20160812090157j:image:w360


↓2000mを切ります

f:id:arkibito:20160812092144j:image:w360


細い道へっこうな行き違いが続き、

その度にお互いに頑張ってと声をかけあって別れます。

小さな娘のエールに勇気づけられる人もいたみたいで、

自分も結構バテバテになりながら、

しっかり声を出して挨拶をしていた娘が誇らしくあります。

長らく続いた急登も2000mを切ると落ち着きだし、

中腹の広い場所に出ます。

そこでいったん休憩をして、娘の靴と靴下を脱がせてマッサージ。

「楽〜♪」と大喜び。

そこからぬかるみに木道をはわした区間などをずんずん進み、

まめうち平に到着したのが9:35。

ここから登山口まではまだ2kmちょいあります。


↓ようやくなだらかな道に

f:id:arkibito:20160812093329j:image:w360


↓まめうち平

f:id:arkibito:20160812093636j:image:w360


まめうち平から下は、よく整備された階段状の道が続く。

結構一気に高度を下げるような形だが、

上部の道よりも断然整備されているので安全で歩きやすい。

ただ、下りの衝撃で足が結構ダメージが大きい。

途中、おそらく見納めになるであろう常念にさよならをつげて

さらにどんどん下ります。


↓さらば常念

f:id:arkibito:20160812094112j:image:w360


がっつりと階段で高度を下げたのちは歩きやすいフラットな森の道となります。

直角に道を右手身曲がったところに面白いスポットを発見。

少し前から、その姿がゴジラに煮ていると話題になった木で、

面白がって木の割れ目に石を敷き詰めて牙のようにしたりして

ますますゴジラのようになっています。

今では「ガオさん」という愛称もつけられて、

蝶ヶ岳の新マスコットとして密かな人気となっているようです。

娘もこの木がお気に入りになったようです。


↓ガオさん

f:id:arkibito:20160812102236j:image:w640


さて、ガオさんに別れを告げて先へ進むと、

徐々に沢を流れる水の音が大きくなってきました。

少し岩場を下っていくと右手から大きな沢が現れ、

一帯から流れが集まってきました。

そこを抜けていくと、小さな吊橋がありそこを渡ります。

そうしてしばらく進んでいくと、三股の登山口に無事たどり着きました。

そこにある小さな小屋には係員のオッチャンがいて、しばらくお話。


↓吊橋

f:id:arkibito:20160812104046j:image:w360


↓三股登山口

f:id:arkibito:20160812105147j:image:w360


しかしゴールはここではなく、さらに800m進んだ駐車場まで行かないと、

タクシーは来ないので、トイレだけ済ませてすぐにそちらへ向かいます。

そうして11:08に無事に駐車場にてゴール!

おつかれさま!

駐車場へ着くと既に1台のタクシーが停まっていて、

名前を告げると予約したタクシーでした。

念のために早い目に待機してくれていたようで、

熱くて何もない駐車場を待ち時間なしで、すぐに出発です。

タクシーのオッチャンによると、ここまで上がってくるときに、

この道のところに熊が出たらしく、まだこの辺をうろついているらしい@@@

きょろきょろ周囲を見回してみると確かに、

猿やら鹿やらを目撃したので、熊もいるのでしょう。



↓三股駐車場。すでにお迎えが来てくれてる!

f:id:arkibito:20160812110803j:image:w360


快適なタクシーで30〜40分ほどでJR豊科駅に到着。

6000円ほどでした。

次の松本行の電車までは30分ほどありますが、

駅前には何もなく、

空調の効いた待合所でジュース飲みながら待機。

すると、電車遅延のアナウンス。

中央西線特急が鹿をはねたとかで、

10分ほどタイヤが乱れているとのことでした。

予定より少し遅れて入線してきた電車に乗り松本駅まで戻ってきたのが12:40。

下界はびっくりするぐらいに暑くて、ヘロヘロ@@@


JR豊科

f:id:arkibito:20160812114722j:image:w360


まずは帰りの電車の手配をし、1時間後の電車を手配。

その間に昼ごはんとおみやげ。

娘は久々にマクドがいいというので、駅前のマクドへ。

そのあと土産物を物色。

信州北陸ターミナル駅はそこそこ駅までみやげが充実しているのだが

松本駅はちょっと物足りない。地酒ももっと置いてほしいんだけどなあ。

13:52に予定通り特急しなのに乗り込み、

最初は娘はぐっすり熟睡していたのに、途中で起き出して

そんな短時間で回復したのかよというくらい元気はつらつ。

撮りためた写真などを見ながら、また山に行こうねと約束しました。

名古屋まで来るともう現実世界で、17:03には帰阪。


本格的な登山という大冒険を終えて、娘はまた一回り成長したように思います。

単独で、厳しい日程のなか、難しいコースを制圧するというのも

とてもやりがいがあって楽しいのだけど、

こういう山行もとても充実感・達成感があってよかった。

娘と忘れ難い思い出を共有できて大満足のおとうちゃんでした。

2016-08-13

はじめての山の日、はじめてのアルプス 子連れハイク 蝶ヶ岳

今年から制定された国民の休日である「山の日」に

長女と北アルプスに2泊3日で行ってきました。

今年に入ってすっかり山行の相棒となった長女と、

夏休みには一度アルプスに連れていくという約束をしていて

入門編である蝶ヶ岳に無事登頂しました♪


蝶ヶ岳登頂♪

f:id:arkibito:20160811122731j:image:w360


↓絶景かな〜

f:id:arkibito:20160811123113j:image:w640


8/11の当日は上高地に皇太子さまをはじめ

海外からの要人なども押し寄せて、

交通規制や宿泊施設の大混雑などがあるため、

それを避けて前日の8/10に上高地入りをして

1日目はいつもの上高地ハイウェイを10km歩いて横尾泊。

2日目は横尾から蝶ヶ岳まで4時間の登りで、

娘は初めて標高2600m越えでヒュッテ泊。

3日目は三股登山道をずんずん下りましたが、

思ったよりしんどい道でした。

初めての高所登山で、

高山病が出るか出ないかとか心配もありましたが、

3日とも超元気、ノリノリで、

山を楽しんでいたようです。

むしろお父ちゃんの方が、

わずか3日前の山行からの間隔が短すぎてバテバテでした。


蝶ヶ岳ヒュッテ

f:id:arkibito:20160812064122j:image:w640


↓蝶槍にて

f:id:arkibito:20160811134347j:image:w640


↓槍つまみます

f:id:arkibito:20160811134252j:image:w640


蝶ヶ岳をチョイスしたのは、

せっかく山に興味をもってついてくるようになって、

初めての本格登山で、

記憶に残る満足を味わってもらいたかったから。

これで悲惨で苦しい山行になって

トラウマになってしまったら、山嫌いになってしまうので、

難易度や満足度をいろいろ考えた結果、

やっぱり彼女にはあの大感動の槍・穂高の山並みを

まずは一番最初に見てほしかったのだ。

そしてもうひとつは、

朝が生まれる瞬間のあの感動を一緒に味わいたかったこと。

夜から朝になるにつれて変わっていく空の色合いや、

雲の織りなす不思議な景色に、

娘も固唾を飲んで見入っておりました。

この3日間は本当にお天気もよくて、

夜も星空を見せてあげることができてとてもよかった。


↓初めてのご来光

f:id:arkibito:20160812050605j:image:w640


↓モルゲンロート

f:id:arkibito:20160812051012j:image:w640


↓夜景

f:id:arkibito:20160811201347j:image:w640


あとはオマケとして、

ひょっこり顔を出した雷鳥の親子や、

三股の新マスコットとして最近人気が出ている

ゴジラのような木を見たり、

色々な見どころもあって楽しめました。


雷鳥さんもお出迎え

f:id:arkibito:20160811104150j:image:w360


蝶ヶ岳の新マスコット、ゴジラみたいな通称「ガオさん」

f:id:arkibito:20160812102016j:image:w640


緊張感や非日常を味わうような

スリリングな山行も楽しいですが

娘と一緒に山の醍醐味を共有できたのが

本当に素晴らしく嬉しい経験で、

非常に思い出深い山行になりました。


↓山行ルート

f:id:arkibito:20160812214558j:image:left


<参考記録>

●1日目:3時間32分

06:30出発⇒07:03JR新大阪駅⇒7:52JR名古屋駅8:00⇒

10:05JR松本駅10:45⇒11:15新島々バスターミナル11:35⇒

12:40上高地バスターミナル13:10⇒⇒13:15河童橋13:20⇒

13:50明神館13:55⇒14:56徳澤園15:15⇒16:12横尾山荘泊


●2日目:8時間50分

06:25横尾山荘⇒07:05槍見台07:10⇒07:54なんちゃって槍見台08:00⇒

09:35標高2500m地点⇒09:37⇒10:13稜線(常念岳分岐)10:15⇒

11:00蝶ヶ岳ヒュッテ12:20⇒12:30蝶ヶ岳12:40⇒13:35蝶槍14:10⇒

15:15蝶ヶ岳ヒュッテ泊


●3日目:4時間43分

06:25蝶ヶ岳ヒュッテ⇒06:35蝶ヶ岳06:45⇒07:00大滝山分岐⇒

07:20最終ベンチ⇒08:05第1ベンチ(2350m)⇒08:55蝶沢09:00⇒

09:35まめうち平09:40⇒10:15ゴジラの木10:30⇒

10:45三股登山口10:55⇒11:08三股駐車場11:10⇒11:45JR豊科駅12:14⇒

12:40JR松本駅13:52⇒16:01JR名古屋駅16:11⇒17:03JR新大阪駅

2016-08-01

伊吹山ナイトハイク

この週末は金曜日に仕事の締め切りがあって夏休みを絡められないのと

日曜日にはPTAのふれあいプールが入っているので、

実質土曜日しか自由がない。

1日では遠征は無理だし、

かといってもはやこの酷暑では近場の低山は地獄でしかない。

でもお山にはいきたいしなあということで、

いろいろ検討した結果、

伊吹山ナイトハイクを決行!


金曜日の仕事終わりに速攻家に帰って支度をし、

せっかくなら日の出に間に合うようにしたいので

念のため終電の1本前の米原行き新快速に乗る。

なかなか混雑していたが京都駅から座れて仮眠をとる。

22:30に米原に到着し乗り換え。

予定通り22:47に近江長岡駅に到着。


JR近江長岡駅

f:id:arkibito:20160729224839j:image:w360


同じ駅で降りた人たちは、みなお迎えが来ていて、

散り散りに車が発進していくと、

周囲は人っ子一人いなくなり、真っ暗闇と静寂。

駅前の通りに出て、右手に進んでいく。

歩道をとぼとぼ歩いていくと、

いきなり前方から轟音が鳴り、

新幹線の鋭い閃光が右から左へ刺す。

高架下をくぐった先の村木の交差点で左折し、

県道551号で集落の間を抜ける。

高番の交差点でR365をまたいで、さらに先へ。

前方に大きな伊吹山の山影が黒く浮き上がっているのが迫ってくる。

お天気は良さそうだ。

セメント工場から延びている坑道の連なりをくぐり、

上野の交差点で左折し、

ファミマでドリンクと朝ご飯を調達。

支度を済ませて23:55に登山口に到着。


↓ここを左折

f:id:arkibito:20160729230622j:image:w360


↓高番

f:id:arkibito:20160729231958j:image:w360


日付変わったタイミングでさっそく山歩きスタート。

1合目までは深い森の中を進む区間なので、特に暗い。

ヘッデンのほかに、チャリのビッグライトを手持ちように抜いてきたので

2灯構えで行きます。

あと熊鈴もしっかり装着。

最近ここらでも出没するとかしないとか言うし、

夜間の方が確立が上がるので万全を期す。

歩き始め、足元はつるつるですべりやすい石に、なぜか笹の葉が散乱している。

グリップが悪い路面なのか、それともそろそろ靴底が限界なのか

最近は足元がおぼつかないなあ。

真っ暗闇の中をえっほえっほと進んでいると、

対向からトレイルランナーが1人、足早に降りてきてご挨拶。

あちらも夜間の涼しいうちにトレーニングかな?

あまり時間の感覚もなく、黙々と前進

しばらくして道が滑らかになったなあと思ったら

周囲が開けて1合目に到着。


↓0時ジャストに登山口

f:id:arkibito:20160729235917j:image:w360


↓1合目

f:id:arkibito:20160730001730j:image:w360


1合目からは周囲が開けた旧スキー場のゲレンデを進む。

前回はもっと草が伸びていない時期だったのでほぼ直登して

あまりの急登にヘロヘロになってしまいましたが、

今回は程よいジグザグに草を刈ったトレイルが設けられているので

それほどしんどい思いをせずに2合目へ。

夜中だと直射日光もなく、気温も低くて快適。

この夜はそよそよと心地よい風が山頂から吹いていて、

ほとんど汗もかかずに来れました。

これが昼間だったら完全に地獄でしょう。

振り返ると長浜や湖東の町の夜景が少しずつ見えてきました。

こんなに深夜で、みな寝静まっていても

人間世界はこれほどに光にあふれている。

文明っていろんな意味ですごいなあ。


↓じわり夜景

f:id:arkibito:20160730002004j:image:w360


↓2合目

f:id:arkibito:20160730003103j:image:w360


2合目から少し進むと、その先再び森の中へ。

途中でラジオをつけた年配の単独者をパスします。

さらに先にもいくつかライトが見えるので、

同じようにナイトハイクしている人が結構いるようです。

3合目でトイレ休憩。

時刻は1時少し前。

早く登頂しても日の出まで時間が余るだけなので

できるだけゆっくり歩いてきたつもりなのですが

暑さもなくむしろ昼間よりも順調に登ってきてしまって

これでは3時には着いてしまうゾ…

やはり最終電車で十分だったか。


↓じょじょに高度を上げる

f:id:arkibito:20160730002342j:image:w360


↓3合目

f:id:arkibito:20160730005457j:image:w360


時間調整で少しベンチで滞在して再び歩き出す。

ゲレンデの上部の轍を進み、ブロックのある所が4合目。

そこから再び森の中へ。

岩がゴロゴロしているところもあるので

躓かないように進む。

途中で年配のご夫婦がいらしてご挨拶をしてパス。

そうして中間地点である5合目に到着。


↓4合目

f:id:arkibito:20160730010516j:image:w360


↓5合目

f:id:arkibito:20160730011337j:image:w360


5合目の小屋前のベンチで再び時間調整。

ここまでくると結構風が強く、

じっとしていると寒いのでウェアをもう1枚羽織る。

これは山頂で長居したら結構寒そうだ…

かといってこんな吹きさらしでずっと待機するにも限界があるし

1:30になって、

トレイルランナーが下から上がってきたタイミングでリスタート。


昼間ならここから山頂まで大原っぱをジグザグに行く

登山道が見えるのだが、さすがに夜中には目の前に

でーんと黒い塊があるだけ。

よーく見るといくつか灯りが動いているのが見えます。

同志の存在は暗闇ではとても安心しますね。

歩き始めはそれほど斜度もなく、サクサクと進む。

6合目にある避難小屋にたどり着くと、

中がかなり盛り上がっているようで

ここで時間調整をして朝日を見ようという人が結構いるようでした。


↓6合目避難小屋

f:id:arkibito:20160730013125j:image:w360


避難小屋を通過した先から

徐々にジグザグは細かくなり、斜度も上がります。

昼間であればほとんど問題がないが、

暗い中ではなかなか前方確認も大変。

時間的には全く余裕なので、

じっくり立ち止まって前方確認しながら登る。

一段ずつステージを上がっていくにつれて

眼下の夜景の豪華さが増していきます。

右手の光の集まっているところが長浜、

左の光が集まっているのが彦根、

灯りに縁どられて右上に広がる黒い塊は琵琶湖です。


↓6合目

f:id:arkibito:20160730013433j:image:w360


↓7合目

f:id:arkibito:20160730014630j:image:w360


↓絶景

f:id:arkibito:20160730015012j:image:w640


伊吹山は大半が眺望のよい区間を上がっていくので

うっそうとした森の闇の中を心細く歩くこともなく、

開放感のある夜景を背負いながらなので、

それほど闇にびくびくすることもなく、ナイトハイクにうってつけ。

闇にも慣れ、小気味良くジグザグを上がっていくと、

どうも向かって左手の斜面にちらちらと発光するものがみえる。

明らかに登山道から大きく外れた部分なので、登山者のヘデンではなく、

ひょっとして姫ボタルが舞っているのかなあとワクワクして

そちらの方へライトを当ててみると…

なんと!

おびただしい数の鹿の目が、ライトに反射しているのでした。

少なく見積もっても30頭はいたでしょうか。

こちらの動きに合わせて、一斉に光る眼がこちらを警戒して動き、

さすがに相手は臆病者なので、こちらに向かってくることはないのですが

一斉包囲網を敷かれたようでさすがに不気味でした。

昼間にはほとんど見かけることはないけど、

伊吹山でもこんなにもシカがいるのかと驚愕。


↓おびただしい数の鹿の目が光る

f:id:arkibito:20160730015255j:image:w360


そうこうしているうちに8合目に到着。

時刻は2時を少し回ったところ。

8合目を過ぎると、道は少し急な岩場の連続となる。

滑落とかそういう危険のあるところでは全然ないけど、

なんといっても夜間なので慎重に、

シカのことはシカトして登りに集中する。

途中、9合目なのかな?ベンチの置かれてあるところで

若者3人組が休憩をしていて、挨拶をしてパスしていきます。


↓8合目

f:id:arkibito:20160730020314j:image:w360


引き続き、岩場を細かくジグザグに登っていくと、

ようやく斜度が落ち着き始め、周囲は穏やかな植生となってきました。

そろそろ山頂というときに、

5合目でパスして行ったトレイルランナーさんが早くも下山ですれ違う。

そうして2:22に山頂にとうちゃこ。

相当早くつきすぎてしまいました…

この日の日の出は5:01だから、約2.5hも山頂で待機しないといけません。

せっかく来たのに日の出を見ずにすぐに下山というわけにもいかない。

とりあえず、山頂の日本武尊像のところで記念撮影。

そこから山上を軽く散歩しましたが、

東側の草地にはこれまたおびただしい数の鹿の影が

わんさか動いていて行く気になれず。

山頂は結構風が強く、

ずっと動かずに待機しているとみるみるうちに冷えてきます。

そのうち、さっき9合目でパスした3人組がわいわい登頂してきました。

寒さをしのぐために伊吹山寺の祠が

緊急避難場所としても24時間開放されているのでそちらに入り、

靴を脱いで、地べたに座ってひたすら待機します。

外と比べて、風が当たらないのと、ほのかにお香のぬくもりがあるのだが、

それでもやはり徐々に冷えてくるので、

持っているウェアをすべて着込む。

そして念のために持ってきた貼るカイロで暖を取ります。


↓山頂の日本武尊像とうちゃこ

f:id:arkibito:20160730022255j:image:w360


↓琵琶湖の影がくっきり

f:id:arkibito:20160730023138j:image:w360


なかなか時計の針が進まない中、

うつらうつらと、座り姿勢で仮眠を取り、ひたすら朝を待ちます。

4時前くらいにお一人上がってきたハイカーさんが入ってこられて待機されます。

さらに30分ほど経つと、外がにわかに騒がしくなります。

日の出に合わせてみな登頂してきたようで、

こちらもぼちぼち準備をして祠を出ます。

なかには子供たちもいて、こんな夜中に登ってきたのかと感心したのですが、

よく考えるとドライブウェイまで来るまで上がってきて、

そこで一泊した人たちも結構いたようです。


↓すごい人出

f:id:arkibito:20160730042922j:image:w360


さて、東の空が空は少しずつ明るさを帯び始め、

深い紺色と鈍いオレンジが妖しく混ざり合います。

その下では、気ままに張り出した白い雲海

気持ちよさそうに山並みを乗越してゆきます。

予想以上に賑わう山上では、みな寒い寒いと言いながらも、

朝日が昇ってくるのを待ちわびる。

空はオレンジから薄いピンク色に微妙に変化ていくのだが、

肝心の朝日は、さらに東の空に厚くかかっている雲にさえぎられて見えない。

この日は残念ながら半熟卵は見れなかったが、

代わりに見事な雲海と、朝焼けを楽しむことができました。

標高1400m弱の伊吹山でこれほどダイナミックな朝が見られるとは

ちょっとうれしい誤算でした。


朝焼け雲海

f:id:arkibito:20160730042547j:image:w640


雲海がすごい

f:id:arkibito:20160730043026j:image:w640


↓雲が山肌を乗越してゆく

f:id:arkibito:20160730043530j:image:w360


↓薄ピンクとオレンジのグラデーション

f:id:arkibito:20160730044848j:image:w360


予定時刻の5:01を過ぎても、本丸は全く気配を見せず、

東の空に架かった分厚すぎる雲の壁は居座ったまま。

さらに10分ほど待ちましたが、

これはもう相当上がってこないと無理だろうということで断念しました。

もうすっかり夜は過ぎて、周囲は一気に明るくなりました。

日本武尊像のところで、もう一度明るい状態で撮影。


↓結局日の出は見えず

f:id:arkibito:20160730050545j:image:w360


↓記念撮影

f:id:arkibito:20160730050711j:image:w360


さらに少しだけ寄り道をして、

西登山道から三ツ頭の方へ回って、眼下に広がる琵琶湖を撮る。

眼下の長浜はもちろん、対岸の高島・安曇川の集落、

その後ろにそびえる比良山系と比叡山もばっちり。

大津のビル群まで、まるごと滋賀を切り取ったような絶景でした。

伊吹山には何度も訪れていますが、

これほどクリアに見渡せたのは初めてかも。


↓まるごと滋賀

f:id:arkibito:20160730051303j:image:w640


↓再び記念撮影

f:id:arkibito:20160730051345j:image:w360


山上の人が一世に下山を初めて混む前に、下山を開始します。

枝道を伝って本線に復帰すると、そこからえっほえっほと下ります。

上から何人かトレイルランナーが小走りで降りてくるので

道を譲りながら下っていくと、

逆に下からも続々と登ってくる人もたくさんすれ違うようになってきました。

まだ朝とはいえ、これから一気に気温が上がるだろうから

これから登る人は大変だと思います。

名残惜しく何度も振り返りながら、5合目まで降りてきました。


登山道全景

f:id:arkibito:20160730051450j:image:w640


↓シカだらけ

f:id:arkibito:20160730052749j:image:w360


↓7合目付近から振り返って

f:id:arkibito:20160730054532j:image:w360


↓5合目から振り返って

f:id:arkibito:20160730055234j:image:w360


5合目からはひたすらに下り。

続々と登ってくる人にエールを送りながらずんずんと下る。

下れば下るほど登ってくる人の数は増えて、

行き違いも大変になってきます。

そうして6:40に無事上野登山口に下山しました。


↓3合目手前より振り返って

f:id:arkibito:20160730060640j:image:w640


↓無事下山

f:id:arkibito:20160730063954j:image:w360


残念ながらタッチの差で7:36の近江長岡行のバスを逃してしまいましたが

47分に長浜行のバスが出るということだったのでそちらに乗り込みます。

長浜には7:21に到着。

次の新快速まで20分ほどあったのだが、

さすがにこの時間どこも開いておらず、ホームで電車を待つのみ。

すでにこの時間でも下界は暑い!


JR長浜駅

f:id:arkibito:20160730072114j:image:w360


7:47発の新快速赤穂行きに乗り込むと、

待ってましたとばかりに眠気が襲ってきて、ZZZ…

気づいたらすでに京都を出ていて、車内はすし詰め状態でした。

9:30には大阪に到着。そろそろ嫁子は音楽教室に向けて移動しているはずなので、

先回りして見事ドッキリ成功♪


思い立って最終に乗れば、翌朝イチには帰宅できるし、

夜間とはいえ危険個所もなく、闇にびくびくするコースでもない。

何より想像以上に素晴らしい朝焼けショーが見れるとあって

夏場の伊吹山のナイトハイクはなかなかいい選択肢になりそうです。


↓山行ルート

f:id:arkibito:20160730213926j:image


<山行スケジュール>

21:05新大阪⇒22:30米原22:38⇒22:47近江長岡駅22:50⇒

23:55伊吹登山口(三之宮神社前)0:00⇒00:17伊吹山一合目(伊吹高原荘)⇒

00:31伊吹山二合目⇒00:50伊吹山三合目⇒01:05伊吹山四合目⇒

01:13伊吹山五合目01:25⇒01:31伊吹山六合目避難小屋⇒

01:46伊吹山七合目⇒02:03伊吹山八合目⇒

02:22日本武尊像(伊吹山)⇒02:25伊吹山05:10⇒

05:50伊吹山五合目⇒06:40伊吹山上野登山口04:47⇒

07:21JR長浜駅07:47⇒9:30JR大阪

2016-07-06

子連れハイク 中山連山 詳細編

日曜日。

2週連続のお山歩きを約束していて、

この日は早朝出発で遠征を企画していたが、

前日の夏祭りで2人ともヘトヘトで大寝坊。

予定を変更して近場で済ますことにします。

毎度毎度、六甲ばかりも芸がないので、

比較的近く、そこそこの難易度(と思ってた)の中山連山を縦走することに。

ブランチを済ませて12時前に出発し、阪急宝塚線で山本駅。

12:50に山行スタート。


↓阪急山本駅をスタート

f:id:arkibito:20160703124740j:image:w360


出発前のテレビで高温注意報と熱中症注意がやっていたが、

その通りうだるような暑さの中、まずは駅前の道を標識通りに進む。

住宅街をしばしなぞって山の方へ進んでいき、川にぶち当たって直角に右折。

緑豊かなプチ渓谷の道となり、一気に涼しくなる。

その先、宝教寺との分岐の先から本格的な山道になります。

しばらく道なりに進んでいくと、辰巳橋という橋の手前に石積みの立派な門。

そこで分岐があり、本来縦走は左に曲がるのだけど、

ちょっと寄り道をして右折。


↓宝教寺から山道スタート

f:id:arkibito:20160703130131j:image:w360


↓駅から10分でいきなりの秘境

f:id:arkibito:20160703130256j:image:w360


↓辰巳橋

f:id:arkibito:20160703130451j:image:w360


引き続き沢沿いに進んでいきます。

川は結構クリアで魚が泳いでいるのも見え、娘もうれしそう。

その先ずんずん進んでいくと、前方に大きな空間が広がっており、

大きな岩がぐるりと鎮座しています。

その岩の先へ回り込むと、何とも見事な滝が現れました。

最明寺滝という滝で、

鎌倉時代に北条時頼(最明寺入道)がここで出家をした場所だそう。

滝の落差はそれほど大きくはありませんが、

巨岩の間から枝垂れるように落ちる流れは見事。

深い岩の間にいくつも祠が設けられ、今でも信仰されていて、

なかなかに特別な空間でした。


↓岩殿に到着

f:id:arkibito:20160703130817j:image:w360


↓最明寺滝

f:id:arkibito:20160703130925j:image:w640


しばし滝で休息したのち、分岐まで戻り、縦走路を目指します。

すぐに急な石の階段となり、

さらにその先で堰堤を越える木の階段が続きます。

その先さらに分岐があり、左へ。


↓分岐を左へ

f:id:arkibito:20160703132128j:image:w360


ここからは穏やかな森の中をトレイルは続いていきます。

直射日光がなく、時折心地よい風が吹くのでなかなか快適。

緑が勢いよく道へはみ出てくるのをかき分けながら進んでいくと、

広い分岐点に到着。

この先、危険マークの付いた岩場区間へと突入するため、

ここでちょいとブレイク。


↓一本橋も越えます

f:id:arkibito:20160703132423j:image:w360


いよいよこの日最大の難所に取り掛かります。

分岐のすぐ先の、とりつきからむき出しの岩が待ち構えていて、

ロープが一本。

右手から回り込むようにして、ロープを頼りに巨岩を乗り越えていきます。

意外とサクサクと登っていくのだが、

途中で詰まったり、迷ったりしている時は後ろからアドバイスを送りつつ

慎重に進む。

3点確保の原則はしっかりと覚えているようで、

しっかりと自分の手足の動きや置き場を確認しながら見事に登っていきます。

ただボロボロと細かい石や砂をお父ちゃんに落としてくるのはご愛嬌(笑)

ロープ場を過ぎても、ザレ場・岩場の連続。

それらをこなしつつ、一気に高度を上げていくと、

途中から緑を抜けていよいよ核心部の基底に到着します。

ふぃ〜ここでちょっと一呼吸。


↓ここからいよいよ難所の岩場に突入

f:id:arkibito:20160703133519j:image:w360


↓最初のロープ場

f:id:arkibito:20160703133738j:image:w360


↓まだまだ序の口

f:id:arkibito:20160703134131j:image:w360


↓少しずつ眺望も良好に

f:id:arkibito:20160703134643j:image:w360


↓核心部の底に到着。

f:id:arkibito:20160703134801j:image:w360


緑が開け、核心部の岩場が見渡せるようになり、

前方(というより上方)を確認すると、

荒々しい岩がほとんど壁のようにそそり立っている。

うわあ〜、こりゃ想像していた以上にハードだぞ…

自分一人なら行けても、娘にとってはこれはもうダイハードなわけで、

その娘の安全を第一にサポートしつつ、自分も上がれるのか

大丈夫かとちょっとドキドキ。

しかし意を決して突撃!


↓激坂!

f:id:arkibito:20160703134837j:image:w640


↓いざ参る!

f:id:arkibito:20160703134856j:image:w360


まずはじっくりと上部を確認して、

できるだけイージーなルートを見極め、

真下から娘をバックアップしつつ、ゆっくりと登っていきます。

岩の表面はザレていて滑りやすく、

慎重に慎重にたっぷり時間をかけて上がっていきます。


↓激坂の向こうに甲山

f:id:arkibito:20160703135512j:image:w360


↓さらに高度が上がります

f:id:arkibito:20160703135749j:image:w640


一旦、少しスペースのある安全な棚に到着し、

ひとまず一息休憩を入れます。

岩場は陰がないので日光を浴びて二人とも汗だく。

顔も真っ赤ですが、休憩を入れるまで暑さに気づかないほど

集中して登っていました。

休憩をしていると上からおじさんが下りてきて、

この先ロープあるよと教えてくれます。

ドリンクをあおっていざ出発。

ロープは結構しっかりしていますが、

それでも所々岩に擦れてボゾボソになっているところもあり、

あくまで補助として使うようにして、進みます。

背後をがっちり固めながら進むので、娘も徐々に安心感を得て、

ぐんぐん上がっていきます。

そうして中断のさらに広い棚まで到着し再び小休止。

眺望はどんどんよくなってきました。


↓ロープさばきもお手の物

f:id:arkibito:20160703135845j:image:w360


↓ぐんぐん上昇

f:id:arkibito:20160703135937j:image:w360


↓ようやく半分クリア

f:id:arkibito:20160703140059j:image:w360


その先も長い長いロープが上から続いています。

右手側が少し歩きやすい巻き道のようになっているので

無理に難しいロープの直線状を行かずにそちらへエスケープ。

それでも岩の急斜面であることには変わりなく、慎重に進みます。

歩きやすいルートを求めて、いったん、

岩場を右手から左手へと大きくトラバースをして、

そこから溝を伝って上部へ。

上からトレランの男女ペアがやってきてごあいさつ。

「すごいねえ」「大変だねえ」と娘は声をかけられ、さらに気合が入ります。

核心部の中でも最も難しい区間はすでに終わり、

後はひたすら続く岩の登りをやっつけて、ようやく岩場上部の鉄塔に到着!

難所を見事にクリア!

距離的にはそれほど長くありませんが30分弱ほどの激闘でした。


↓まだまだ壁は続く

f:id:arkibito:20160703140605j:image:w360


↓難所クリア!鉄塔の下で休憩

f:id:arkibito:20160703144935j:image:w360


少し難しい岩場があるというのは知っていたが、

これだけ脆く斜度があり、しかも距離が続くと思っておらず、

かなり疲労しました。

それでも娘さんは泣き言ひとつ言わず、スイスイと岩場をクリアして、

本当にすごいです。

お父ちゃんはもうぐったりよ〜。

ということで、ここで休憩を入れます。

眼下に広がる大阪空港からがある飛行機を眺めながら、

凍らせた麦茶とおにぎりとお菓子でまったり。


大阪空港から飛行機が上がる

f:id:arkibito:20160703143726j:image:w360


しばしの休憩ののち、リスタートして先へ進みます。

難所をクリアした後は比較的平坦で歩きやすく整備されたトレイルが

鉄塔に沿って続いています。

娘さんを先頭にずんずん進んでいくと、じきに細かなアップダウンが続きます。

稜線まで来ると、左に大阪平野、右に多田や猪名川町方面の景色が見え、なかなか快適。

すぐ右手の眼下にはゴルフ場の緑の芝が見えます。

ところが、せっかく難しい岩場を登って高度を稼いだのに、

道はずんずんと下り、ついには左手の中山五月台の住宅地が

もう間近というところまでというところまで迫ります。


↓難所の先は歩きやすい縦走路

f:id:arkibito:20160703145007j:image:w360


↓赤白鉄塔通過

f:id:arkibito:20160703150238j:image:w360


↓右手にはゴルフ場が広がる

f:id:arkibito:20160703151436j:image:w360


↓中山五月台と桜台

f:id:arkibito:20160703151843j:image:w640


最低部まで下り切ると、そこから再び鈍いのぼりが始まります。

周囲にシダが生い茂る緑の中につけられたトレイルは、

岩が自然の階段となってごつごつ。

へーこらひーこら登り詰めると、ちょっとした広場に到着。

すぐ近くに車の往来が聞こえるので、

おそらくこの真下がトンネルだと思われます。


↓小ピーク

f:id:arkibito:20160703154702j:image:w360


ここから先も引き続いてアップダウンが続いていきます。

鬱蒼とした緑の中で、地図にない枝道がいくつも分かれていて、

そちらへと迷い込まないように主稜線を選んで進んでいきます。

途中、再びしっかりとした登りが登場し、えっちらおっちら登っていくと、

ザレザレの露地に出ました。

そこからは東側の眺望が見事に広がります。

眼下のゴルフ場の先には多田周辺の街並み、

その奥に連なるのが五月山〜箕面と続く北摂の山並み。

しばしここで休憩を取ります。

暑さが体力を奪うのと、思っていた以上にロングな道で、

2人ともそろそろへばり気味…


↓アップダウンが続く

f:id:arkibito:20160703154915j:image:w360


↓東の景色。向こうが五月山・箕面

f:id:arkibito:20160703155457j:image:w640


リスタートして、その先の広いザレ場の分岐点を西へと向かって行きます。

道の脇にフェンスが張り巡らされるようになり、

それに沿って穏やかなトレイルが続きます。

黙々と歩いていると疲れるので、

冗談や日常のことなんかをしゃべりながら進みます。

学校生活のこと、お友達のこと等々、日々のことがわかるので、

子連れハイクは貴重な親子のコミュニケーションの時間となってます。

まだかまだかと、延々歩いていくと、分岐を発見。

それらしい標識も何もないが、

おそらくここだろうと、分け入っていくと三角点を発見。

中山連山の最高峰・標高487mの中山に到着です。


↓中山最高峰

f:id:arkibito:20160703163236j:image:w360


時刻はすでに16:30となり、夕暮れが気になる時間帯ですが、

ここから下山に向けて少し長めの休憩を入れます。

娘がそろそろ足に来ているようなので、

靴と靴下を脱がせて足を開放してやりマッサージ。

その間にお菓子とジュースで補給してひと段落。

山頂は結構広々とした場所なのだが、

木々が生い茂っていてあまり眺望は十分とは言えない。

北側の斜面の方が少し開けていて、

丹波篠山方面の山並みが何とも淡いグラーデションを纏って幻想的でした。

この間購入した銀海酒造さんの「稜線」ラベルを思い出すような感じ。


↓小休止

f:id:arkibito:20160703163414j:image:w360


↓北の景色(稜線の酒瓶にそっくり)

f:id:arkibito:20160703164734j:image:w640


17時前には出発をして下山開始。

まずは主稜線のルートに戻るのだが、

そこから地図にない枝道が四方八方に伸びていて迷う。

間違って、中山桜台や十万辻へ降りてしまったら、あとが面倒なので

慎重にメインルートを選んでいくのだが、

標識にも騙されて何度か間違う。

間違ったことをわからずに進んでいると、

聖徳太子が修業した場という天宮塚というところに出る。

これは地図に載っていて、やっと曲がりどころを間違えたことがわかり、

奥の院参道へバック。


↓道を間違って、天宮塚に

f:id:arkibito:20160703170728j:image:w360


↓奥院参道道へ

f:id:arkibito:20160703171808j:image:w360


道をロスとしたせいで少し時間を失ったため、

途中で主稜線を折れて、奥の院をショートカットする参道に入るが、

この道がまたごつごつとした岩が散乱する道で、

しかも結構ぬかるみがひどく難儀する。

そこを辛抱強く進んでいくと、メインの参道に合流し、

一気に歩きやすくなる。

そろそろ西の空がオレンジ色を帯び始めます。

暗くなる前には下山できるのは分かっているが、

やはりどうも急かされます。


↓なかなか難儀な道

f:id:arkibito:20160703173718j:image:w360


↓宝塚の街並みが暮れ始め

f:id:arkibito:20160703175356j:image:w360


しばらく歩きやすいトレイルを進んでいくと、

前方に大きな岩が鎮座していて、それが夫婦岩というところでした。

ここからは長い長い石段の道が続いていきます。

途中途中に、丁石が置かれていて、距離感がつかめます。

これはこちらからの登りは面倒だろうなあ。


↓夫婦岩

f:id:arkibito:20160703175851j:image:w360


↓残り八丁

f:id:arkibito:20160703180840j:image:w360


ここまで酷暑の中ひたすら歩いてきて2人ともバテバテで、

娘も足が痛いなあとつぶやくようになるが、

決してめげるような感じではなく、気合を入れなおしている感じ。

ここは無理をせず1丁、2丁ごとにこまめに休憩を取りながら進んでいく。

はっきりと数が減っていくので娘も目安がつけやすく、

あと4つ、あと3つと数えている。

そうしてようやく民家のあるところに出て、山道は終了。

民家裏のコンクリ坂をつたっていくと、天王寺川の上流にでます。

その沢を渡って盛りの向こう側に抜けると大きな墓地に出る。

そこにあった井戸水のポンプで水を汲んで火照った顔を流し爽快!

娘も生き返る〜と大喜びでした。

そうして無事に中山寺に到着しました。


↓中山寺とうちゃこ

f:id:arkibito:20160703184000j:image:w360


↓思わず行水

f:id:arkibito:20160703183002j:image:w360


境内に自販機を見つけ、早速冷たいジュースを買って乾杯!

ああ、沁み渡る@@@@@@

おそらく今回は、娘史上最も難易度の高い岩場もあり、

意外と距離もあったし、何よりこのうだるような暑さの中、

最もハードな山行でしたが、しっかりと歩ききった娘はアッパレでした。


↓小休止

f:id:arkibito:20160703183241j:image:w360


↓おつかれ〜

f:id:arkibito:20160703184448j:image:w360


電車に乗る前にコンビニでアイスを購入して、一息つき、

阪急中山観音駅から電車に乗って帰宅。

おつかれさまでした〜