Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2017-05-12

ご近所めんライフ GW西中島総ざらい

GW、西中島界隈はラーメン以外ほぼ閉まってて、

唯一のお楽しみの昼飯もラーメン一択。

西中島は大阪でも屈指のラーメン激戦区だが、

そろそろ群雄割拠もひと段落し、

実力のあるところ、没落の激しいところ、

格差が明確になってきました。

ということで麺ローディング。

(ちなみに”人類”はGWも大行列で近づけず…)


まず1軒目は、「ラーメン鱗」さん。

絶品の塩ラーメンがメインだが、

今回は大好きなまぜ麺。

ここのはジャンク系じゃなくて、

非常に味わい深い上品さがあり、

まぜ麺によくある食後のやっちゃった感がない。

旨し。


ラーメン鱗のまぜ麺

f:id:arkibito:20170327122354j:image:w360


続いては、「えびす丸」。

一時は行列がすごかったが、だいぶ落ち着いて、

というか逆にガラガラな日も多くてちょっと心配してしまう感じ。

今回は吹田時代からのいちおしメニューの醤油。

ほんのり生姜の効いたさっぱり味でおいしいが、

レアチャーシューはくちゃくちゃとするのであまり好みではない。


↓えびす丸の醤油ラーメン

f:id:arkibito:20170323122558j:image:w360


続いて、いつもの三ツ星さん。

ついついつけ大を注文してしまうが、

今回は珍しく和風ラーメン

優しい味わいのスープで旨し。

ここにユズこしょうを投入で一気に味変できる。

うまし。


三ツ星製麺所の和風ラーメン

f:id:arkibito:20170509123136j:image:w360


続いては、この界隈で意外と人気を持続させている

ダークホース的な存在の「ありがたいが」さん。

限定の新メニューを常に出して着たり研究熱心だし、

幅広いラインナップのどれもがクオリティが高い。

今回は、新登場の担担麺

いわゆるスパイス香るシビレ系じゃなく、

胡麻のうま味、風味を前面に押し出した

濃厚なスープは旨いの一言。

そこにアクセントとしての山椒が引き締めてくれて、

これはなかなか素晴らしい!


↓ありがたいがの担担麺

f:id:arkibito:20170420123227j:image:w360


ラストは少し足を延ばして新大阪

GW中もこの界隈はごった返して難儀だけど、

GWでも店は確実に開いている。

少し前にできた「新なにわ大食堂」は、

主要な導線から外れているので、観光客も少なく穴場。

そこにある麺やマルショウさんで、自慢の台湾まぜ麺をいただきます。

今回はカレー味。

ザ・ジャンキーな味わいですね。

うまし!

がつんと元気出る。


ここだけに限った話じゃないけど、

個人的にまぜ麺の追い飯システムは邪魔。

それがあるせいで、ライスが頼みづらい。

散々濃い味で食べてきたのに、タレの残りに飯を入れて、

また同じ味で食べるより、

箸休めとして白飯は白飯で食べた方が、

ごはんも麺も両方美味しく食べられる気がする。


↓マルショウ

f:id:arkibito:20170429132110j:image:w360


台湾まぜ麺カレー

f:id:arkibito:20170429131234j:image:w360


ちなみにもう一軒、「●杉製麺所」も行きましたが、

クオリティダダ下がりでショック。麺もスープも。

本町の方は閉店したと聞くし。なんかあったんかな。

店員も変わってしまって、なんかイケ好かん態度やし、

わざわざ遠くから歩いていくことはもうないなあ。

好きだったんだけど。

2017-04-10

Premium Marché OSAKA

土曜日のランチ。

梅田は茶屋町の超一等地、

若者を中心にごった返すユニクロの旗艦店に隣接する

ヤンマー本社ビル。

その12階にある社員食堂が

今年から土日限定で一般の人に解放されています。

ずっと気にはなっていて何度かトライしていたのだが

大人気なようで1階のエレベーターフロアでもらえる

整理券が売り切れ続出。

ようやくお邪魔することができました。

知ってる人じゃないとなかなか

このビルに入っていこうとは思わないと思うんだけど

みなさんよく情報をお持ちで。


↓ヤンマー本社ビル

f:id:arkibito:20170408113038j:image:w360


↓週末限定

f:id:arkibito:20170408111837j:image:w360


↓今週の献立

f:id:arkibito:20170408112037j:image:w360


↓朝イチですでにこの順番

f:id:arkibito:20170408111950j:image:w360


吹田の青黒サポとしては、

なんとも気まずい桜チーム一色の

エレベーターに乗って12階へびゅん。

入るとまず正面に吹き抜けの緑が目に飛び込み、

そこから広々とした食堂ブースが左右にあります。

大人数で広々使えるテーブル席や、

お一人様でも安心してす座れるブースや、

間仕切りで半個室的に設けられたブースなど、

おそらく社員さんの用途やシチュエーションに応じて

使い勝手のよい食堂になっています。

さすが12階フロアで、大きくとられた窓からは

梅田のスカイクレイパー。

この日は雨模様だったので、

高層ビルの上の方がガスにけぶっていましたが、

なかなかの眺望でした。

都心のタワーマンションに住むセレブさんは

毎日こんな景色見てんのな〜。

あくまでベースは社員食堂なので、

テーブルやいすなどもゆったりと設けられていて広々しているので

我が家のようなベビーカーの子連れでも

ゆったりのんびり食事ができます。


↓12階フロア

f:id:arkibito:20170408113239j:image:w360


↓エントランス

f:id:arkibito:20170408113308j:image:w360


↓エントランス

f:id:arkibito:20170408115925j:image:w360


↓キレイな食堂です

f:id:arkibito:20170408113720j:image:w360


↓流石都心の高層階

f:id:arkibito:20170408115841j:image:w360


↓広々ゆったり

f:id:arkibito:20170408120331j:image:w360


↓内観

f:id:arkibito:20170408113759j:image:w360


さてさて、肝心のお食事ですが、

お肉と魚の一汁三菜のプレートとカレーの3つから選べます。

ランチプレートはフリードリンクがついて1000円。カレーは900円。

こんな一等地ですからお値打ち。

しかも、どれもヤンマーにかかわりのある

安心で安全の食材が使われている上に、

とにかく新鮮なお野菜がふんだんに使われていて

野菜好きとしては本当にありがたい。

どれも新鮮な食材が使われていて、

しかも食にずっと携わっているヤンマーさんですから

安心で安全は間違いありません。

しかもなかなかボリューミーで大満足。

ああ、こんな社食があれば、午後の仕事も元気出せるんだろうなあ〜。

ラーメン以外のお昼をきちんと食べたい私。


↓Meat or Fish & Curry

f:id:arkibito:20170408113844j:image:w360


↓Meat:牛肉のコートレット 爽やか香草風味

f:id:arkibito:20170408114106j:image:w360


↓Fish:静岡県産かつおのロティ いろどり野菜アラモード

f:id:arkibito:20170408114156j:image:w360


↓Curry:プレミアムマルシェカレー

f:id:arkibito:20170408114119j:image:w360


特にカレーについていたサラダボール。

どっちがメインかわからないくらいのボリューム。

ここにドレッシングとは別にハチミツをかけるという

ちょっと変わった食べ方なのだけど、

このハチミツ、実はこのフロアの中央にある吹き抜け部分で生まれたもの。

「BEE GARDEN」と名付けられたそのブースには

数万匹のミツバチが飼育されていて、

彼らは大阪城や淀川、中之島辺りから、

季節によって様々な花の蜜を採取して、

帰巣本能に従ってここに帰ってくるそうです。

こんなふうに都市養蜂で採取された、

まさしく梅田産の生ハチミツというレアなものまでいただけちゃうのです。


↓梅田ミツバチプロジェクト茶屋町養蜂場

f:id:arkibito:20170408114439j:image:w360


↓梅田産のハチミツ

f:id:arkibito:20170408121448j:image:w360


↓フリードリンク

f:id:arkibito:20170408113744j:image:w360


11時すぐくらいに訪れたのにすでに人がたくさんで、

食べている間も続々と人が。すごい人気です。

梅田のお店でお昼というと、

狭い席で荷物やらなんやらギッシリの状態で

急いで食べなきゃいけないような気になって、

ゆっくり食事を楽しむということがなかなかできないんだけど

ここはスペースも広々として落ち着けて、ええ感じでした。

2017-03-23

渥美半島 菜の花まつり

せっかく愛知に来たので、

なにか見れるものはないかなあと思案の2日目。

元々は違う目的地があったのだけど、

それは別に今回じゃなくてもいつでもよくて、

春らしいところはないかなあと思っていたら、

topcymさんのブログで、

渥美半島で菜の花が満開という記事を見つけて、

これだ!と思って行ってみることにします。


ただこの時点ですでに三重苦を背負ってます。

まず所持金。

前日のテーマパークでせっかくなのでと

娘2人にお土産を買ったらええ値段で汗。

しかもこの後乗るバスの運賃が結構かさむうえに現金払いのみ。

次に時間。

今回も公共交通機関を使うわけだが、

渥美半島の先はバスしかなく便数も少ない。

菜の花まつりだけではもったいないので、

そのあと近くの山を登るのだが、下山時刻がぎりぎりで

15:09のバスに乗る予定だが、それを逃すと次の便は17:09。

何もない場所で待機だけは避けたいので、グズグズできない。

そして、運賃と時刻を入念にスマホでリサーチしていると、

電池残量がみるみる減って、朝の時点で30%台。

いろいろヤバイが、所持金はなんとか全部はたいても1000円は残るし、

時間もいつものペースで行けば大丈夫でしょう。

行くっきゃないよなと、朝6:00に起床。


↓笠寺駅出発

f:id:arkibito:20170318062420j:image:w360


笠寺駅7:13発の普通に乗り込む。

大府で快速にに乗り換えて8:07豊橋に到着。

個々のホームは不思議で、端から新幹線⇒在来線⇒名鉄線⇒飯田線と、

なぜかJRと私鉄と混合した状態でホームが利用されている。

ん〜ナゾだ。


↓ナゾのJR&名鉄混合の豊橋駅

f:id:arkibito:20170318073752j:image:w360


豊橋駅から少し離れたところにある豊鉄の新豊橋へ。

豊鉄に乗るのは初めてです。

8:15に渥美線の菜の花号に乗り込み、

8:50には終点の三河田原駅に到着。

前日の台湾ラーメンの逆襲にあい、トイレ駆け込み。


↓はじめての豊鉄

f:id:arkibito:20170318074757j:image:w360


↓菜の花号

f:id:arkibito:20170318074944j:image:w360


9:00田原駅発のバスに乗り、渥美半島の先っちょを目指します。

以前flecheの際に走って以来の渥美半島はなんとも空が広く、

海を間近に感じられる、のどかでいい場所でした。

駅の待合所でもらったイベントのチラシでは、

臨時のバス停で止まってくれるはずなのだがよくわからないうちに

通り過ぎていたみたいで、結局恋路ヶ浜のバス停で気づいて

慌てて下車。時刻はすでに10時。

運転手さんに聞いても要領を得ないので、

自力で会場を探すことにします。


↓三河田原駅

f:id:arkibito:20170318083957j:image:w360


このバス停からは2ルート分かれていて、

今バスが来たR259を戻るか、あるいは南側のR42を進むか。

チラシの会場は堀切海岸の方だったのでR42を進むことにする。

しかし結構な断崖の道なので、

こう配8%の上り坂をえっちらおっちら…

11:30頃の戻りのバスには乗らないとあとの予定が狂うのですが、

予想以上に歩かされることになり、ちょっと焦ります。


↓あの上まで歩かないといけない

f:id:arkibito:20170318095445j:image:w640


ずんずん伊良湖ビューホテルの建つ高台へと登り、

振り返ると、恋路浦とその先の伊良湖岬の絶景。

そして海の向こう側には答志島と三重県は鳥羽・伊勢が見えます。

予定外でしたが、回り道をするといいこともありますね。


↓絶景です

f:id:arkibito:20170318095832j:image:w640


↓伊良湖岬。海の向こうは鳥羽

f:id:arkibito:20170318100239j:image:w640


この道は渥美サイクリングロードとなっていて、

絶景を見ながらロードを走らせることができるので、爽快だろうなあ。

でも歩きだと、なかなかの距離です。

ビューホテルの先へぐるっと回り込むと、

標識が立っていて断崖をそのまま向こうの

堀切海岸へ下ることができるようです。


↓堀切海岸

f:id:arkibito:20170318100430j:image:w640


途中、椰子の実記念碑がありました。

島崎藤村の詩『椰子の実』のモチーフは、

実は柳田國男からこの地に流れ着いた椰子の実の話を

聞いたことが元になっているのです。

ブルースのアニキ、濱口さんがライブで必ず歌ってくれるのですが、

叙情豊かなすばらしい曲ですね。


↓椰子の実記念碑

f:id:arkibito:20170318100710j:image:w360


↓こんな事業もあるのですな

f:id:arkibito:20170318100737j:image:w360


↓オマケ


さて、さらに階段を下って浜辺に降りると

日出の石門というところに到着。

眼前に、ドーナツのように穴の開いた大岩があり、

きっと季節によってその中に朝日がぽっかりはさまるのでしょう。


↓日出の石門

f:id:arkibito:20170318100641j:image:w640


↓日出の石門

f:id:arkibito:20170318100925j:image:w640


↓のどかな海

f:id:arkibito:20170318101539j:image:w640


そのまま東へと続く長い長い海岸線を進んでいきます。

けれど行けども行けども、まつり会場のようなものが見えず、

かなり焦ります。

たまたま歩いていた地元のおじいちゃんに道を尋ねると

もっともっと向こうだよと教えていただき、

そこからペースアップしてようやく会場に到着できました。


↓太平洋!

f:id:arkibito:20170318100909j:image:w640


↓菜の花まつり会場

f:id:arkibito:20170318103845j:image:w360


浜側から会場に入ると、防風林の先に一面の菜の花畑!

思っていた以上に広くてびっくり。

まばゆい黄色一面で、まさに春爛漫、心がうきうきします。

菜の花畑の間に作られた小径を歩いて、

色々とカメラを構えてバシバシ。

先に小高い丘が設けられてあって、そこからもバシバシ。


↓満開

f:id:arkibito:20170318104007j:image:w640


↓春ですねえ

f:id:arkibito:20170318104226j:image:w640


↓小さな丘

f:id:arkibito:20170318104414j:image:w360


↓スゴイ!

f:id:arkibito:20170318104325j:image:w640


↓春!

f:id:arkibito:20170318104351j:image:w640


↓行ったり来たり

f:id:arkibito:20170318104438j:image:w360


↓アップで

f:id:arkibito:20170318104740j:image:w640


↓思ったよりすごかった

f:id:arkibito:20170318104708j:image:w640



↓会場を後にします

f:id:arkibito:20170318104742j:image:w360


あまり十分な時間が取れなかったのが残念だけど、

しっかりと春を感じられて大満足で会場を後にします。

といっても、バス停がわからないのだが、

とりあえずR259へ出るために、黙々と田畑の間を歩きます。

R259に出ましたが、やはり臨時のバス停を見つけることができず、

仕方なくシーパーク方面へと歩きます。

結構歩いて伊良湖神社の信号の所に明神前バス停を発見。

バスが来るまで15分ほどあったので、ベンチで小休止。

朝が早かったのに、ここまで結構な距離歩いたので

すでにお疲れモードですが、

なかなかここまで足を延ばすことがないし、

もういっちょ気合を入れていきます。

2017-03-22

名古屋の夜は更けて

名古屋に戻ってきて、あとは呑み!


名古屋駅を出て北側に少し歩いて、

向かったのは「のんき屋」さん。

名古屋の老舗中の老舗です。

常連さんは外の立ち飲みで、

大鍋を目の前にサクサクっと切り上げていきますが、

せっかくなので中でゆっくり座って飲みます。

中も大繁盛でごった返していますが、

手慣れたスタッフがきびきびと回していていい感じ。

それにしてもさすが老舗だけあって、

佇まいに味があって、それだけもウマイとわかる。


↓のんき屋

f:id:arkibito:20170317202238j:image:w360


↓すでにうまそう

f:id:arkibito:20170317202230j:image:w640


↓味な店

f:id:arkibito:20170317202222j:image:w640


しょっぱなはやっぱり生!

と、お母さんにお願い。

メニューは串ものとおでんがメインで、

1本90円〜110円くらいの相場。

1品1本ずつ頼むというより、

みんな3本とか5本とかまとめてドカドカと注文する感じ。

まずはあんまり大鍋の煮え具合がよかったのでどて焼。

さすが味噌王国ですからね、旨いに決まってます。

心臓はお母さんのお勧めで塩。


↓まずは生とどて焼(1本90円)

f:id:arkibito:20170317195203j:image:w360


↓心臓は塩で

f:id:arkibito:20170317195502j:image:w360


串カツも頼みます。

大阪を習ってかここも二度づけ禁止とありました。

ちなみに、今でこそ大阪が串カツの本場みたいになっていますが

自分が今の仕事を始めたほんの10年前までは

大阪名物でもなんでもなかった。

マーケティングの妙。

ここもそうだし、おちょぼさんの玉家さんとか、

個人的にはこっちの地域の人の方が串カツのイメージ。

そして追加のトン辛焼、うめ〜〜〜〜。たまらん!

大阪ではこういう感じのホルモン串出すところほとんどないので

ほんと羨ましい。


↓串カツ

f:id:arkibito:20170317195728j:image:w360


↓トン辛焼

f:id:arkibito:20170317200029j:image:w360


そうそう、せっかくのおでんも忘れずに。

こちらも人気で、タネ切れが多かったけど、

大根のシミシミ具合、味噌の甘辛い感じ、たまらん〜!!

いやはや、最高でした。ごちそうさん!!


↓おでんも忘れずに

f:id:arkibito:20170317201406j:image:w360


↓常連さんは外の立飲みで直接ナベにドボン

f:id:arkibito:20170317202226j:image:w360


1軒目を後にして、次に向かったのは円頓寺商店街。

この東側のエリアがどうも最近賑わっているらしく、

若い人たちがシャッター商店街に入り込んで色々やっていて、

大阪でいう、裏ナンバや天満市場界隈のようなところらしいので行ってみる。

本当はここにあるバックパッカーの宿「西アサヒ」さんに

泊まろうと思っていたのだけど、

連休ということもあってか一杯で残念。

確かにこの商店街、深く掘れば面白そうでしたが、

お目当ての店が別にあったので軽く流してスルー。


↓円頓寺商店街

f:id:arkibito:20170317203758j:image:w640


大阪の商店街でもここまではみ出さないぞ?

f:id:arkibito:20170317203307j:image:w360


↓と、殿!

f:id:arkibito:20170317203419j:image:w360


↓西アサヒ

f:id:arkibito:20170317203633j:image:w360


で、商店街の東の端のアーケードを抜けた先にある

「五條」さんにやってきました。

個々の佇まいがすでに味。

中に入ると奥に細長いコの字カウンターで、

物静かなご夫婦で切り盛りされています。

店内は音楽もなく、常連客の世間話がBGMという、

まことに普段使いの地元に根差した感じ。

やはりここでもメニューは同じ。名古屋は徹底されている感じで、

串カツとどて焼、そしてホルモンの串。

いやあ、ここも最高でした。

抜群のテリと、甘辛い味噌ダレ。

名古屋の夜のゴールデンコースで決まりですな。

ごちそうさん!


↓五條

f:id:arkibito:20170317203824j:image:w640


↓生とどて焼

f:id:arkibito:20170317204028j:image:w360


↓味な七味

f:id:arkibito:20170317204108j:image:w360


↓味な店内と味なお母さん

f:id:arkibito:20170317204230j:image:w360


↓この照り!きも焼きととん焼

f:id:arkibito:20170317204634j:image:w360


↓皮焼とつくね

f:id:arkibito:20170317210008j:image:w360


結構がっつり飲んで食べたのでおなかの具合もそろそろ。

でも〆はしっかりということで、名古屋駅に戻りつつ、

やってきたのは名古屋の中華といえば、

ここしかないということで、

夜中なのに超行列ができて賑わっている「味仙」へ。

すごい人出、店内は熱気ムンムン。

あちこちから飛びかう注文をスタッフが迅速でさばき、

それをゴッドマザーのようなお母さんが

目を光らせ、地獄耳を立ててコントロール。

戦場のようですがこのワイガヤ感はアジアの屋台のような感じで楽しい。

お目当ては当然、台湾ラーメン

もうね、辛いのなんの。でも、レンゲの進む手が止まらないんです。

あああ、辛い!ヒーハー!!でも旨い!!


↓味仙

f:id:arkibito:20170317220029j:image:w360


台湾ラーメン600円

f:id:arkibito:20170317214222j:image:w640


大満足で名古屋の夜を楽しんで、

今宵は定宿にしている「宝温泉」に。

大浴場で疲れを癒し、休憩所でゆったり就寝。

翌日も愛知を楽しみますよん。


↓湯〜とぴあ宝にて一泊

f:id:arkibito:20170318061901j:image:w360