Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2018-05-15

カレーなる日々

ブログ、書けるものから随時!随時!

ということでまずはカレー


1軒目は職場の近所の新しいヤドカリ店舗。

夜は居酒屋の神無月さんが、

昼のランチをやめてスパイスカレーONLYに。

チキンキーマ&トマトひよこ豆カレーのあいがけ。

スパイスカレーのあいがけ大盛りで700円は

かなりリーズナブルかと。

味は普通のよくある感じ。


このお店に限ったことではないが、

最近のスパイスカレーはおもしろくない。驚きがない。

カレーなんてそれこそ無限大の組み合わせがあって、

もっとあんなこと、こんなことと広がりがあっていいはずなのに、

もはやスパイスカレーはこれです的な味ばかりの店になってきた。

もちろん、店舗によって個体差はありますよ。

でもそれ以上の個性がある店がない。

みんな同じ方向へ向いている。

わざわざ生活圏から離れた、

営業時間などの条件の厳しいお店に行くくらいなら、

近所のなじみの店でもええやんと。

スパイスカレーの世界ってそんな範囲狭いのかなあ?

そんな狭いとこの違いをちゃんと分かってる舌を持っている人が

果たしてどれだけいるんだろうか。

ある意味、スパイスカレーがそれだけ裾野が広がって

身近に市民権を得てきたということなのだろうけど、

かつてラーメンがたどってきたような普遍化の道を歩み始めてるなあと。


神無月

f:id:arkibito:20180416123453j:image:w360


↓チキンキーマ&トマトひよこ豆カレー700円

f:id:arkibito:20180416122333j:image:w640


続いては、おなじみ塩屋のワンダさん。

今回は18時以降の夜メニューのオムレツカレー

玉子ふぁっふぁっ。

卓上の謎のスパイスを少しかけ過ぎました。


↓ワンダカレーオムレツカレー

f:id:arkibito:20180421181812j:image:w640


続いて、梅湯さんの帰りに発見したasipaiさん。

フライヤーがレトロ印刷だ!

珈琲屋と兼務している路地裏の小さなお店。

鳥取の豚キーマカレー&エビカレーのあいがけをいただきました。

梅湯の周辺でセットで寄れるお店が増えてありがたし。


↓asipaiさん

f:id:arkibito:20180505125456j:image:w360


↓路地裏にひっそりと

f:id:arkibito:20180505132138j:image:w360


↓メニュー

f:id:arkibito:20180505125623j:image:w360


鳥取の豚キーマカレー&エビカレーのあいがけ大

f:id:arkibito:20180505130513j:image:w640


続いては木屋町の2Fにあるイグレック

名物野菜カレーをいただきました(キノコ抜きのオーダー)。

サラッサラのルーの甘みと、どっさり満点のお野菜、ええですねえ。

お話し好きのお父さんお母さんもいいスパイス。


↓イグレック

f:id:arkibito:20180513174354j:image:w360


野菜カレー

f:id:arkibito:20180513175325j:image:w640

サウナの梅湯 祝3周年

もう2週間も前の話ですが、

5/5にサウナの梅湯が祝3周年という事で、

仕事を中抜けしてお祝いに行ってまいりました。

ちょうど翌日でいったん営業をお休みして、

改装工事のため一か月休業というタイミングでした。


f:id:arkibito:20180505125022j:image:w640


湊くんの情熱とハードワークが今の銭湯ブームを間違いなく牽引していて

単なる一過性のブームから

若い世代の1つの文化へと定着しつつあり、

これはもう努力の賜物です。


f:id:arkibito:20180505124939j:image:w360


周年のタオルと、それから弟さんが営む埼玉西川口の喜楽湯と

両方行ったことのある人のみもらえるレアステッカーいただきました。


f:id:arkibito:20180505130128j:image:w640


休業明けはまた、寄させてもらいます!

2018-04-16

TRAVELING COFFEEにて

木屋町の元・立誠小学校の校舎内で営業されていたTRAVELING COFFEEさん。

2020年にホテルに生まれ変わる工事のため、

運動場の仮設店舗に一時的にお引越し。

ここのオーナーのドンマキーノさんは、

いつも類さんが上洛される際にアテンドされている、

京都屈指の食通さん。

先日のお礼もかねがね、新店舗に初めてお邪魔しました。

中には、コーヒー屋に加えて、インフォーメーション、

そして厳選された本が並ぶ立誠図書館がオープンしたばかり。

歓楽街のど真ん中で、ここだけゆったりとした時間が流れ、

こだわりの豆を挽いた絶品のコーヒーをいただけます。


f:id:arkibito:20180412192108j:image:w360


f:id:arkibito:20180412191501j:image:w360

2018-04-02

カレーなる日々 「京都カレー製作所 カリル」

京都で今一番おいしいカレー屋さんと言われている

「カリル」さんにお邪魔してきました。

なんと、かの松本隆先生もご贔屓にしているとか。

実は最近京都に来るたびにチャレンジしてたのですが

時間が遅く売り切れだったり、行列で断念して3度目の正直。

営業のオープン狙いで一番乗りでしたが、

すぐに満席でした。


↓今出川のカリル

f:id:arkibito:20180329172535j:image:w360


夜限定であいがけ可能なので、

月替わりのココナッツチキン&根菜キーマと、

ポークカレーのあいがけ大盛りを注文。


↓メニュー

f:id:arkibito:20180329170315j:image:w360


特徴的なライスの盛り付けでサーブされた一皿を早速。

個人的な感想としては、

どれも、バリバリのスパイスカレーというよりも、

例えばハッシュドビーフやハヤシライスのようなしっかりとした

欧風のソースに、絶妙にスパイスを効かせるような

上品でコクのある味わいが印象的。

特に、トマトの酸味がよく出ていて、

酸味好きとしてはまさにドンピシャのおいしさでした。

ごちそうさま!


↓月替わり(ココナッツチキンと根菜キーマ)&ポークのあいがけ

f:id:arkibito:20180329171547j:image:w640

2018-03-27

すまホリデー

日曜日。

娘の音楽教室の発表会を翌週に控えての合同練習ののち、

お昼から家族とおでかけ。

直前までどこ行くか〜と相談しつつ、

阪神電車に乗って神戸方面へ。

長女が、遊園地もいいなあというので、

須磨山上遊園へ行くことにしました。


須磨浦公園駅を下りて、ロープウェイに乗り換え。

すぐ目の前が海ということで、なかなかの迫力。

天気はいいのだけど、ガスがすごくて、

直下の須磨海岸や神戸の町並みはよく見えましたが、

対岸の大阪〜和歌山方面はもちろん、

関空すら霞んで見えませんでした。


↓ロープウェイ

f:id:arkibito:20180325151755j:image:w360


↓うぃ〜ん

f:id:arkibito:20180325152205j:image:w640


ロープウェイが到着し、

そこで日本で唯一ここにしか設置されていない乗り物、

カーレーターに乗り換え。

「ごぶごぶ」や「ブラタモリ」で脚光を浴びましたね。

急斜面をローラーで行き来させるBOX型の乗り物は、

かなりの年季もので、がたつきがスゴイ!

そして思っていた以上の急斜面にびっくりで、

娘もはしゃいでおりました。


↓カーレーター

f:id:arkibito:20180325152717j:image:w360


↓すんごい斜度

f:id:arkibito:20180325153049j:image:w360


↓ブラタモ号とすれ違い

f:id:arkibito:20180325153130j:image:w640


山上について、旗振小屋までハイキング。

そのあと、遊具などで遊びながらのんびり。

帰りは観光リフトで。

1人乗りなので、長女はだいぶドキドキ、ビビっていました。


↓観光リフトで帰る

f:id:arkibito:20180325162443j:image:w360


最終のロープウェイまで、

回転展望台でのんびり。

姫路の手柄山のは営業が終わってしまったので、

その分、こちらは長続きしてほしいですね。


f:id:arkibito:20180325165336j:image:w640


夕方のわずかの時間でしたが、

家族でのんびりできました。

2018-03-22

さよなら情熱うどん讃州

最終営業日の前日、カウンターなら何とかと席を空けていただき、

最後のうどん頂いてきました。

上の娘はもちろん、下の娘も、

ここのうどんで育ってきたので、

正直言えばわが家の死活問題なのだけど(涙)、

大将の新たなステップを応援したいですね。

ラストは王道のちく玉天ぶっかけで締めました。

17年間お疲れさま!そしてごちそうさまでした!


f:id:arkibito:20180319191945j:image:w360


f:id:arkibito:20180319183916j:image:w360


f:id:arkibito:20180319184845j:image:w640