Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-12-05

発表会

日曜日は長女の音楽教室の発表会。

オリジナルで曲を作曲して披露するという趣旨のもので

長女と先生と自分でいろいろアイデアを出しながら作ったのが、

今回は生まれた妹と色々なものを一緒に食べようね♪という曲。

3部構成の組曲になっていて、途中にセリフもあり、

歌いながら弾くので大変でしたが、

しっかりと練習した甲斐もあってしっかり演奏できていました。

がんばったね♪


演奏会後、担任の先生が別のクラスの発表会を終えたのちに

打ち上げ会を開くことになっていて、

スタートまでの間の時間つぶしでスタンダードブックカフェでまったり。


f:id:arkibito:20161204153344j:image:w360


17時から東心斎橋で打ち上げ会スタート。

他のクラスの親御さんの様子とかを教室で見聞きしていると

結構、競争を煽るようなギスギスした人や、

緊張感のあるクラスもあるようだけど

打ちのクラスは本当に皆いい塩梅の人ばかりで、

子供たちもノビノビ健やかで仲良しグループでよかった。

今の担任の先生と、今のクラスの人たちじゃなかったら、

長女も自分たちもこれだけ長く続けれなかっただろうと思う。

プレゼント交換の大ビンゴ大会などしながら、

子どもたちも大はしゃぎで楽しい一日でした。


f:id:arkibito:20161204174716j:image:w360

2016-11-28

発表会

土曜日は長女の小学校の学芸発表会。

演目は「オズの魔法使い」で、

娘の役は主人公のドロシーのお供となる憶病ライオンでした。

みな恥ずかしながらも一生懸命演じていて微笑ましい。

日曜日は、来週に今度は音楽教室の発表会があるので

その時に着る服を買いに梅田へ。

雨で、年の瀬ということもあって人でごった返し、

ひどく疲れました…

2016-11-21

濱口祐自LIVE at 小川ハウス(和歌山)

日曜日。

2014年から毎年、どこかでお会いしている

勝浦のブルースマン・濱口祐自さんのライブに行ってきました。

今年は、和歌山の花山温泉の近くに新しくオープンする

パブリックスペース「小川ハウス」のオープニングイベントとして開催。

ちょうどいい機会ということでチャリンコで行ってまいりました。


ライブのスタートは18時なので、朝はゆっくりして、

13:30に出動。

南方へのルートはもうお決まりで、福島からあみだ池筋を芦原橋まで。

そこから阪神高速堺線のアンダーを大和川まで。

交通量の多いR26で大浜まで進み、そこから直進して県道204号に入れば

あとはほぼ一直線。

どんよりしたお天気で寒いかなあと、少し多めに荷物を持ってきていたが

結構気温が高くて暑い。

なかなか向かい風がきつかったが、泉大津までで1時間と悪くないペース。

岸和田、貝塚、泉佐野と続く。りんくうタウンまで2時間。

長らくおつきあいした県道204号も双子池北交差点でさよならして左折。

思ったよりペースもよく時間もあったので幡代のマクドにイン。

遅めのランチを30分ほど。

ここから大阪・和歌山の県境の山越え。

おなじみの御ノ山峠までえっちらおっちら。

メンテしてないので、ギアが噛み噛み、中域の5,6速に入らなかったり。

ピークを過ぎるとテクニカルなダウンヒル。

京奈和道のメビウスが出来上がっており、年月を感じます。

和歌山に入り、ブルべで走りなれた裏道を伝って川辺橋で紀ノ川を渡る。

さらに裏道から県道9号に入り、和歌山ICのところでR9にはいる。

花山の交差点から裏道を少し行ったところに、

今回の会場の小川ハウスがありました。

片道82kmを4時間。まずまずかな。


↓久しぶりの御ノ山峠越え

f:id:arkibito:20161120165047j:image:w360


小川ハウスは、広い中庭のある古民家を改造して

パブリックスペースとして

これから色々なイベントや教室が催されるそうです。

県越えの手間で余裕かましすぎたせいもあり、

到着が17:30。すでに多くのお客さんが奥の大広間に集まっています。

一角で息を整え、荷物整理をしていると、

少し早めですがライブスタート!


↓小川ハウスにて

f:id:arkibito:20161120192216j:image:w360


いつものように、軽快なトークで会場を和ませながら、

さらりと名曲たちを弾きこなしていきます。

原曲の良さを最大限に引き出しながら、

極めてユニークなアレンジをからめていく、

カツウラスタイルは何度見てもかっちょええです。

テンポのいい曲は、あえて荒削りにエッジを利かせ、

ゆったりとした曲は極めて繊細なタッチでなでるように奏でる。

12弦スライドギターはゴージャスに!

曲終わりにはちょっとはにかみながら、

「ええのお」といううのが何とも親しみが持てます。

曲が終わるごとに、細かく細かくチューニングを繰り返すのは相変わらずで

それもまたこだわりぬいた匠の技。

途中、ギター1本がプラグの接触不良を起こして、

曲の途中でアンプから音が出ずに生演奏になったりトラブルもありましたが、

生音もまた会場の雰囲気に合っていました。

味わいのある歌声を聞かせてくれる

『椰子の実』『なにもない』『しあわせ』も本当に心地よかった。

どれもこれも贅沢すぎる素晴らしい内容でしたが、

個人的には『黒いオルフェ』とオリジナルの『遠足』がとても響きました。


↓何度観ても、何度聴いてもスバラシイ!

f:id:arkibito:20161120190028j:image:w360


演奏会終わりには即席の握手会。

お久しぶりですとお声をかけると、「おおお!来てくれたんか!」と、

去年すさみまでチャリンコで観に行ったことを覚えてくれていて、感激。

いつでも勝浦に遊びに来てよ、あちこち案内したるわと、

連絡先まで教えていただいちゃいました。


2014年の秋に、メジャー初アルバムの発売記念のライブで

初めて濱口さんの生演奏を目の当たりにして、魂が震えたのがきっかけで、

再び音楽、ギターを15年ぶりに再開し、

人生の真ん中に再び音楽が帰ってきました。

ある意味で、濱口さんは自分にとって心の恩人です。

今回はチャリンコ復帰までおぜん立てしてくれて、なんとお礼を言っていいやら。

これはもう南紀勝浦までのロングライド行かねばなりません!


↓今年もお会いできました

f:id:arkibito:20161120195937j:image:w360f:id:arkibito:20161120195941j:image:w360


名残惜しいですが、時刻はすでに20:30。

再び80kmを走って帰らねばなりませんので、

祐自さんにご挨拶をしてリスタートします。

時間も時間なので、往路と同じ道を帰ります。

御ノ山峠の和歌山側は短いながらも斜度が強い区間があって

少し心配でしたが足つきもせずに登りきれました。

昼間に比べて交通量も少なくて走りやすいのだが、

往路よりもアゲインストの風が強く堪えました。

でも夜間の方が集中力が増すのか、帰りは3.5hで家にたどり着くことができました。

相変わらずサイコンは不能で、自分が時速何kmかわからず、

目標スポットの通過の時刻だけで走っているので厳密にはわかりませんが

ブランクが長かった割に、いいペースで走れました。

結果的に超久々に、センチュリーライド並みの160km走でしたが、

ぐったりゲロゲロではなく程よい疲労感だけで済みました。

まあ、色々理由づけしてでもいいので走れるときは走ろう。


走行距離:164.7km

TOTAL:572.15km

2016-11-07

初テスト

今週末は調子がよくなく、

お腹の具合も最悪で完全休養。


土曜日は通常ルーティンで、

午前中は音楽教室、午後は水泳教室

自分は大事を取って泳がず。


このところ3,4曲同時で、弾き語り練習をしていて、

今までより少し難易度が高く、何度も何度も繰り返し。

でもそれが面白い今日この頃。

ギターは奥が深いなあ。


日曜日。

長女が以前に自分から受けてみたいということでがんばっていた

漢検の当日。

試験会場の京橋まで送り。

娘は漢字が好きでよく書き取りも自分からやっているのだが

本格的な試験を受けるのはこれが初めて。

持ち物や試験会場の様子、試験用紙の扱い方など、

初めてのことばかりなので、心配だったが、

幸い、教室の中まで付き添いも入れたので、

しっかり教えてあげることができたので、

不安なく試験に挑めたようです。

40分間の試験の間、京橋をブラブラ。

昼間なのに呑屋さんぎゅうぎゅう一杯です。

誰にも妙に縁がある場所や相性のいい街があったり、

逆に全く合わない街があるが、

京橋は自分にとっては鬼門の町で、全くいい思い出がない…

テキトーに街歩きをして時刻に会場へ戻る。

すると、音楽教室で一緒のお母さんがいて少し歓談。

試験終了となり、娘が出てくると、

全部でできた!とご満悦の顔でした。


f:id:arkibito:20161106113947j:image:w360


帰宅して、お昼を食べたらいつの間にか眠ってしまい、

20時ごろまで長い長い昼寝。

ちょっと疲れているのか、弱っているのか。

まだこの寒空に体がフィットしきれていない感じ。

まあ、ぼちぼち

2016-11-04

ちょいとエスケールまで

ひさびさに自転車を引っ張り出す。

年明けに京都まで走って以来だから10か月ぶりのロード。

なかなか用事がないと自転車に目がいかなくなってしまっているのだが

今日は用事があったので。

チャリは全くメンテナンス出来ていない状態だけど、

まあ走れるようなので空気入れて13:45に出動。


まずは長柄橋で淀川を渡り新大阪を抜けて、天竺川沿い。

そこから裏道を伝い、大阪空港の南側をかすめて猪名川CRへ。

神津大橋で対岸へ渡り、県道334号でJR伊丹駅をかすめる。

そこから昆陽池の西を通過する。

ここまでで1時間ほど。

そういえば、年始の時からサイコンが全く反応せず、

今自分がどのくらいのスピードを出しているかさえ分からないが、

別にもうタイムを計測する必要もないので、

体感と、時間さえ把握していればええかと、そのままにしている。


昆陽をかすめ鴻池南、西野と折れてバス通りに出て、

武庫川新橋の手前で、武庫川左岸の裏道へ。

自分が子供のころは、週末ともなると

ものすごく混んで動かない尼宝線の裏道といえば、この道しかなかった。

かつてあったチボリカラカラテルメは当に閉鎖され、

今ではマンションが立ち並ぶ。

小浜公園に出て、そこから市役所側へ渡る。

そこから住宅街を抜けて宝塚南口。

宝来橋に着いた時のが15時ごろ。


もう本格的に走っていた頃から3年も経過しているが、

道は忘れることがない。東京までなら地図なしで行ける。

しかも覚えている道は大体古くからある道なので、

この間、周囲の様子が変わったり、新しい道ができたりしても、

なくなったり見失ったりしない。


右岸の県道337号をずんずん進み、

生瀬でいったん交通量の多いR176に出るので、

信号二つ分全速力で抜けて大多田橋に到着。

ここからはTTコースにも登録されている本格的な蓬莱峡の登り。

TTをするわけでもないし、途中の船坂で折れるので

マイペースでえっちらほっちら。

途中降りてくるローディーさんや、

足つきしているローディーさんにあいさつしながら登る。

途中座頭谷のバス停はバス待ちのハイカーさんでいっぱいだった。

ひさびさのガチ登りで疲れたが、足つきもなく、淡々と。

20分ほどで船坂の小学校前まで上がってきました。


するとちょうど船坂ビエンナーレがはじまったところみたいで、

せっかくだしと少し寄り道。

16時までOPENということで、20分ほどしかなかったので、

ざっと一通り。

この小学校は2010年の3月に閉校し、

その後は地域交流の場として地元の方々が今での大切にしている場所。

そこで2009年のプロローグに始まり、

2010年から隔年で開催されているのが船坂ビエンナーレというアートイベント。

阪神間の市街地から、ほんのわずか山間に入ったところにある

小さくてかわいらしいこの船坂という里山で、

地元の人たちの長くて深い想いの詰まった小学校校舎に、

様々な想いを表現した作品たちが教室に並んでいて

それはとても愛らしいものでした。


↓旧船坂小学校

f:id:arkibito:20161103155913j:image:w360


↓船坂ビエンナーレ2016

f:id:arkibito:20161103154614j:image:w360


f:id:arkibito:20161103154354j:image:w360


f:id:arkibito:20161103154540j:image:w360


作品とともに、この廃校となって間もないこの小学校にはまだ、

子どもたちが学んでいたころの息遣いがまだかすかに感じられ、

それぞれの教室や、黒板に刻まれたメッセージ、

校長室の様子や、ギシギシとなる板張りの階段を踏みしめるのが、

とても味わい深い体験でした。

ほんのちょっとだけの滞在でしたが、

また期間中近くに寄ることがあればまた覗いてみよう。


↓船坂の歴史

f:id:arkibito:20161103155102j:image:w360


↓校長室

f:id:arkibito:20161103154830j:image:w360


↓閉校の日の黒板

f:id:arkibito:20161103155250j:image:w360


小学校を出て、船坂の交差点を右折し、

そこから一気に金仙寺湖までのダウンヒル。

交通量も多く、路肩の凸凹もそこそこあるので慎重に下る。

どうもマシンがフレているのか、バランスが悪く、

バタつくマシンをどうにか両手でねじ伏せながら下るのだが、

長いブランクで、このダウンヒルの感覚が一番鈍っているなと感じた。

でも、ここで無理してクラッシュしても仕方がないので、

自分の行ける感覚の範囲内でペースを抑えつつ下る。

そこから山口町の住宅街を下って、

今日の目的地であるエスケールさんに到着したのが16:15くらい。

寄り道も含めて2.5hほどで来れました。


早速マシンを止めて2Fのカフェへ。

時間的にすんなり席へ通されます。

ちょうどテラスに、オーナーのM沢さんがいらしたのでお声かけ。

先日のバーガー宴の審査員としてご一緒させていただいた方で

関西のパン業界の重鎮さん。

また今月ご一緒する機会があるのでご挨拶がてら、

美味しいハンバーガを食べに来たわけです。

バーガー宴でどっぷりバーガー漬けになって以来、

初めてのバーガーはここでと思っておりましたので、

ベーシックなベーコンチーズ。

お値段も1200円と決して安いわけじゃないし、

わざわざ遠方まで足を運ばないといけないけど

その価値のある逸品。

実際、休みの日は大行列になってしまうほどです。

大変おいしくいただきました!

お忙しいのに、M沢さんがわざわざ席までお話に来ていただいて、

あれこれと楽しく40分ほどお相手いただきました。

ありがとうございます!


↓エスケール

f:id:arkibito:20161103170935j:image:w360


↓ベーコンチーズバーガー

f:id:arkibito:20161103163211j:image:w640


17時を少し過ぎて、帰路に付きます。

暗くなる前に山を抜けて宝塚にはたどり着きたい。

山口町から船坂まで渋滞する登りを折り返す。

船坂からはほとんどの車は西宮北有料道路へ直進。

すでに薄暗くなった蓬莱峡の長い長いダウンヒルは、

暗くて見通しが悪いうえに、

結構路面が荒れているのでビクビクしながら下る。

ブレーキングと、前傾姿勢キープで、

山歩きではほとんど使わない、上半身の筋肉が一気に疲労します。

R176まで下ってくるとそこも渋滞しているので、

脇道に入るまでの短い区間をスプリントで駆け抜ける。

宝塚南口からはバス通りを行くが、

自転車専用のブルーラインが仁川の競馬場まで敷かれていて安心。

ただ自転車が走行することを前提としてたら、

あんな走りにくい工事の縦溝ラインがずっと続くのはいただけないけど。

新幹線の高架下で折れ、甲武橋で武庫川を渡る。

交通公園経由で故郷の武庫之荘をかすめ、

塚口・園田・神崎川とおなじみのルートを通って19:30までには帰宅。


ひさびさに山越えありきのコースだったが

無事にこなすことができました。

整備が非常に億劫なので、いまだ腰は重いが、

何かの用事にかこつけてちょいちょい出動してみよう。


走行距離:76.7km

獲得標高:573m

TOTAL:407.45km