Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-06-28

マインスイーパー

ネタがないので、珍しくゲームの話。


電車に乗っても店に入ってもスマホでカチャカチャ、

みんな何をやっているのかと思えば、

ツムツムやモンストなどを必死でやっている。

通信や課金を要するようになってからすっかりゲームはしなくなった。

昔はパワプロとかかなりやり込んだりしていたんだけど、

今となっては自転車や山や音楽、酒といった、

もっと現実世界で楽しいことがたくさんあるのに

電子ディスプレイの中の世界に閉じこもる理由もない。


そんな自分のスマホに唯一入っているゲームがある。

それがマインスイーパー。

初期のPCにはこれとソリティアが必ず入っていたので、

やったことのある人は多いと思います。

レベルに合わせて決められた数の地雷(mine)がマスの中に潜んでいて、

地雷の入っていないマスをすべて明ければクリア。

地雷があるかどうかは、ヒントとして、

自分のマスの周辺にいくつ地雷が埋められているか数が表示されていて、

その情報を元にどのマスが危険でどのマスが安全かを推理して、

マスを開けていきます。

1クリック目の開き具合など、運が必要な要素ももちろんあるのですが、

大体は法則を見破り、確率性を上げれば比較的スムーズにクリアできます。


ちょっとの暇つぶしに時々やるのだが、

いっちょ本気出してみたらどうなるだろうと、

ここしばらくやり込んでみた。

初級は3秒、中級は32秒、上級は151秒、

合計タイムは186秒が自己ベスト。


↓EASY(9×9マスに10個の地雷) 2.55秒

f:id:arkibito:20160628113530p:image:w360


↓NORMAL(16×16のマスに40個の地雷) 31.47秒

f:id:arkibito:20160628113533p:image:w360


↓HARD(30×16のマスに99個の地雷) 2:30:33秒

f:id:arkibito:20160628113536p:image:w360


まずまず早いタイムが出たなと思ったのだが、

それはそれ。世界には上には上がいる。いすぎる。

世界記録は何と初級が0.49秒、中級が 7.27秒、上級が31.13秒という

全くあり得ないタイム。

もう完全に無の境地でクリックしているとしか思えないなあ。

初級・中級・上級の合計タイムがどのくらいかが

プレイヤーのレベルを測る目安になっているらしく、

世界トップクラスで合計100秒を切るのが最低ラインなのだそうだが、

あと80秒も短縮するのはおそらく至難の業と思われる。

2016-06-06

プール再開

土曜日。

久々に通常の週末。

朝は音楽教室へ行き、終わりに不二家でランチ。

そのあと少しだけ島村楽器を除く。

お昼からは、骨折と業務多忙により約2か月ぶりのプールを再開。

正直まだ完治しておらず、加重すると痛みが生じるのだが、

そろそろ体もなまってきているので、軽めに泳ぐことに。

やはり山より自転車より、スイムが一番体力の消耗がスゴい。

あまり一所懸命に泳がずに、流す感じで泳いだけど、

痩せ細った左手はやはり疲労がたまってジンジン痺れる。

水泳教室後は長女と少し遊んで、2時間。

プール後の脱力感に負けて帰宅後はバタンQ。

晩飯後に、久々にギターの弦の張り替え。

こちらもぼちぼち。

2016-05-16

子連れサイクリング めざせ初氷

土曜日は夜中まで仕事で、日曜日は午前はバタン。

午後からで、長女を連れ出すのに、山はちょっと出発が遅いので、

今週末は自転車

ちょうど枚方凍氷さんが

今シーズンの営業をはじめられた情報をゲットしていたので、

淀川CRでそちらを目指すことに。


このところは奥さんとお出かけする際は、ベビーカーなので

自転車に乗る回数が少ないので、久々に乗り回せるとあって、

娘も気合十分。

毛馬閘門から入って、そこからCRへ。

「キ〜〜〜〜〜ン!!」となぜかアラレちゃんよろしくかっ飛ばしていく。

日差しもそれほどえぐいほどでもなく、後ろから吹く風が心地よく、

絶好のサイクリング日和。

多くのローディーさんが前から後ろから。

草野球やサッカー、BBQなど河川敷はたくさんの人であふれているので、

娘がぶつかったりしないように注意しながら、ぐんぐん進む。

面倒くさいのが各ゲートごとにある鉄柵。

細身のロードでも対外面倒くさいけど、

子供用の台座をつけたママチャリが間を抜けるのは相当大変。

娘も抜けへん抜けへんと苦戦しながらも自力で通過。


↓淀川CR滑走

f:id:arkibito:20160515141144j:image:w360


やはりずっとぺダリングをしていると暑くなってきて、

気づいたら娘さんはトマトのように顔が真っ赤っか。

途中で何度かクールダウンの休憩を入れつつ、

2時間ほどで枚方とうちゃこ。


↓枚方とうちゃこ

f:id:arkibito:20160515162058j:image:w360


河川敷を離れて、旧街道を伝って、

お目当ての枚方凍氷さんにとうちゃこ。

時刻は16時だったが、結構お店は満席で、少しだけ待ちました。

娘はピーチミルク、自分は定番のイチゴミルク。

これで1つ450円は安いねえ。

最近は氷スイーツブームだけど、

大阪市内だったら800円とか下手したら1000円超えるくらいのものもあるし。

しばらくして、器から大きくはみ出たかき氷が出てきて、

娘の目もランラン。

頭キンキンさせながら、おいしく完食♪

ごちそうさまでした!


↓枚方凍氷

f:id:arkibito:20160515161050j:image:w360


↓定番のイチゴと娘はピーチ

f:id:arkibito:20160515154614j:image:w360


16:15に帰路に着きます。

行きと違って向かい風がすさまじく、

前について風よけしてやろうとするのに、

自分が前に出ると意地になって抜いてくる。

しんどいで〜というのに、ニヤニヤしながらパス。

帰宅したのが18:15で、

サザエさんには間に合った。(←ここ重要)


↓向かい風〜

f:id:arkibito:20160515171437j:image:w360


しかし、あんな車重が重くて、

回しても進まない子供用自転車

小さい子が往復40kmかけて枚方に行くのは相当タフです。

自分も、ママチャリという鉄下駄で往復4時間ぺダリングをして、

まるでLSDトレーニングのように、結構足にきました。

軽量ロードバイクがどれだけ性能がいいかがわかりますね。

ギプスは取れて、サポーターになったはいいけど、

その分、守られていた手首に負荷がダイレクトにかかるようになったので

さすがにちょっと痺れて痛い。

ロードも早く復帰して、行きたいところや

行かないといけないところもあるんだけど、

ちょっと時間かかるかもなあ…


走行距離:37.2km

TOTAL:299.05km

2016-05-03

子連れサイクリング 千里川堤防

腕は折れても心は折れず。

ここ最近のキャッチフレーズになってまいりましたが、

手首が折れてはいるけれど、

ほかの部分はいたって元気なので

天気が良ければ、やはり体を動かしたいわけです。

休日は長女が暇を持て余してつまらなそうにしているので、

ここはちょっと自転車転がすかと聞くと、

「行く!」と即決して大急ぎで準備。

娘のmyマップを持ち出してきて、どこへ行くかをまずは考える。

距離的なものと、ルート的な安全性、

アトラクション的なものを考慮して大阪空港に決定。

大阪空港の滑走路32Lエンドに面する千里川堤防は、

離陸してくる飛行機が大迫力で見られるスポットで、

自分も小学生のころ、

初めて自転車を漕いで遠出した場所でもあります。

そろそろ長女も大きくなって、あの轟音でも大丈夫だろうから

あの迫力を味わってもらいましょう。

今回のルートは若干今までと違って

川をいくつか渡らないといけないので、

アップダウンが少し発生するのだけど、

きっと自称・坂道ねえちゃんは頑張ってくれるでしょう。


ということでいざ出発。

まずは長柄橋で淀川を渡らないといけません。

ここは緩やかにダラダラとした登り基調。

ここを登れないと先へ進むことはできません。

ゆっくりゆっくり前を曳きながら、娘の様子を見守っていると、

しっかり漕ぎながら余裕で登りきることができました。

そこから柴島の浄水場をかすめて、新大阪へ。

神崎川にぶち当たり、すこしだけCRを進んで榎木橋を渡る。


↓神崎川沿いに進む

f:id:arkibito:20160424133752j:image:w360


裏道を伝って天竺川沿いの定番コースに合流し、そこからしばしランデブー。

名神高速の下をくぐるところの登りも余裕綽々でした。

服部天神駅前を通り抜けて、ローズ球場の裏道を西進して、

途中コンビニで調達をしてから、

1時間ほどで千里川堤防にとうちゃこ。

意外とすんなりと来てしまいました。

わが娘ながら恐るべし根性だ。


↓絶景スポットとうちゃこ

f:id:arkibito:20160424144207j:image:w360


現場はたくさんの航空機ファンや近所の家族連れで結構な賑わい。

数分おきに、大きいの小さいの様々な飛行機が襲来し、

その度に轟音と迫りくる迫力に湧きます。

娘も心配していた大きな音にも臆することなく、

大興奮で、大声を上げながら、

自分のカメラでバシバシとスクープを狙っておりました。

自分が子供のころはまだ国際線のジャンボが離着陸していたので

もっともっと迫力があったので、

ボンバルディア機とかばかりはちょっとさみしさも感じますが

B-787はさすがに迫力があります。

1時間ほど次々来る飛行機を楽しみました。


↓どーん!!!

f:id:arkibito:20160424150328j:image:w640


↓離陸も次々

f:id:arkibito:20160424151722j:image:w360


↓ジェイエア エンブラエル190(E190)型機?

f:id:arkibito:20160424150627j:image:w360


↓来た来た〜

f:id:arkibito:20160424153600j:image:w360


↓どーん!!!

f:id:arkibito:20160424153602j:image:w640


↓坂道ねえちゃん

f:id:arkibito:20160424164948j:image:w360


帰りも基本同じルートで帰宅。

登りも全部足つきすることなく30kmほどを完走。

うーん、そろそろ子供用のチャリで行ける範囲でネタがないなあ。

これ以上長距離となると娘用のロード検討しないといかんかなあ。


走行距離:30.5km

TOTAL:261.85km

2016-04-12

意外と不便

一人でシャツに袖を通せない。

ボタンも留められない。

財布から小銭を出すのが大変。

丼を持って食べられないし、

買ったばかりのペットボトルは固すぎて一人で開けられないし。

自転車は当然無理だし(よくあの状態で40kmロード走らせたなあ)

ギターも無理。

こうやってPCのキーボード叩くのも右手一本では一苦労。

利き手じゃない方だったのが不幸中の幸い。