Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2017-03-27

ほろ酔い京都 「レボリューションブックス」「サウナの梅湯」「天空の立ち呑み屋とさか」

日曜日。

夕方から京都に用事があり、

今週もまたいろいろパッケージでと思っていたが雨。

なので、お昼過ぎまではのんびり。

予定時間より少し早めに出動して、

腹ごしらえということで、レボリューションブックスさんへ。


↓レボリューションブックス

f:id:arkibito:20170326181814j:image:w360


酔っぱらってしまった困るので、レモンサワー2杯と、

みょうがチーズ、あと韓国産の唐辛子の乗った辛奴を。

奴が一丁ほどのサイズで食べごたえありました。


生搾りレモンサワーとみょうがチーズ

f:id:arkibito:20170326175529j:image:w360


↓辛奴

f:id:arkibito:20170326175858j:image:w360


さて、少し時計を早送りして、

用事が終わったのが20:30くらい。

まだ帰るには早いし、せっかくの京都なので、

前回に引き続いて五条にあるサウナの梅湯さんへ。

前回はいらなかったサウナもいただきましたが、

なかなか高温設定だねえ。

こんな時間でも、お年寄りから若者集団、

外国の方まで、たくさんの人が混ざって一緒の風呂に。

ええですなあ。

帰りがけ、番頭のお兄さんとお姉さんと銭湯談義。

若い人は勉強熱心だなあ。

応援します。


↓サウナの梅湯

f:id:arkibito:20170326205147j:image:w360


ポッカポカの体を涼ませながら、京都駅方面へテクテク。

酔いも覚めてしまったし、まだ時間もあるので、

気になっていた立ち飲み屋さんへ寄ってみます。

ヨドバシの裏手の雑居ビルの4Fにある

天空の立ち呑み屋 とさか」さんへ。

立ち呑み屋といえば、入りやすさからいっても

大通りに面していたり、

地上階の平というのが定石だが、

ここはあえて立地の難を逆手にとって、

天空の”と名付けられています。

お一人様はカウンターたちなので、窓側ではなく、

あまり天空感はありませんでしたが、

それでも大きくとった窓から街の明かりが見え、開放感があります。


天空の立ち呑み屋 とさか

f:id:arkibito:20170326222721j:image:w360


↓雑居ビルの4Fにあり、窓も大きくとってあり開放的

f:id:arkibito:20170326215124j:image:w360


さて、料理の方ですが、

定番の立ち飲みメニュー200〜500円程度である他に

ここは洋食系のお勧めがそろっているようです。

また地酒もそこそこ品ぞろえがあるようなので

いただくことにします。


↓定番以外にも洋食系が多い

f:id:arkibito:20170326214520j:image:w360


まずは伏見の酒で個人的に1,2の好みである「トミオー」さんを。

フルーティーで甘口の酒に合わせるのは、ハモンセラーノ500円。

ベストマッチング。ええ塩梅です。

メニューも盛り付けなどもこ洒落た感じで工夫されていて、

ちょっとリッチな気分。


↓富翁とハモンセラーノ500円

f:id:arkibito:20170326215200j:image:w360


続きましても、せっかくの京都なので、

京都の酒をということで「英勲」をいただきます。

スルッとスッキリとした飲み口。

ここで、デミグラスの牛スジ煮込みを。

デミグラソースこそその店の基本ですからね。

熱々にトーストされたバケットと一緒にサーブされます。

んん〜おいしいねえ。

コクのあるブラウンソースをスッキリと酒で流します。

ごちそうさん

伏見という大酒処を抱え、都気質のある土地柄ですが、

立ち飲み屋さんの世界では、むしろ、

京都の方が、自由で幅広い発想の店が多くなってきた気がします。


↓英勲とデミグラス牛スジ煮込み(400円)

f:id:arkibito:20170326220759j:image:w360


時刻はもうすぐ11時。

電車の出発まで15分もあったので、

急ぎ駅そばで〆。

おなかいっぱい。


駅そばで〆

f:id:arkibito:20170326223752j:image:w360

2017-03-15

地下に眠るパルテノン神殿 「首都圏外郭放水路」

大急ぎで荻窪を出発し、新宿から埼京線で北上。

浦和、越谷辺りで何度か乗り換えをし、

車窓から見える大平野に方向感覚を失いながら、

たどり着いたのは南桜井駅。どこここ?


で、そこからバスはなく、

予定集合時間の14:40まで1時間弱あったので

目的地までの3kmの道のりを歩いていくことにします。

速足で、大型スーパーの横に延びる道を北へ進み、

住宅街を抜けて、R16の春日部野田バイパスをまたぐ。

さらに直進して県道321号へでて、雑木林を抜け、

庄和高校のところで、ようやく標識を発見。

そこからさらに10分歩いて、集合時間の10分前に無事到着。


↓駅から15分歩いてようやく標識

f:id:arkibito:20170309141940j:image:w360


今回の遠征の最大の目的の一つが、

関東の地下に眠る巨大パルテノン神殿と称される、

首都圏外郭放水路」の見学。

ドボク愛好家だけでなく、

様々なメディアに取り上げられたことで

見学の予約が殺到するスポットになっています。

この施設は、さきほどまたいだ国道16号の真下50mの地下に

全長6.3kmのトンネルを掘り、

周辺の河川が大雨や台風時に氾濫した際に、

その余剰の水を巨大立坑から取り込んで、

安全に江戸川へと放水する世界最大級の地下放水路。

これにより河川の氾濫を防ぎ、浸水被害を軽減する役割を果たしています。


施設は主に3つの機能から成り立っていて、

1つ目が、地上の溢れた水をトンネルへと取り込む立坑が5本。

その穴の大きさは、内径が30m、深さ70mの立筒で、

スペースシャトル自由の女神がすっぽり入る大きさなんだとか。

2つ目は、取り込んだ水を地下空間に貯めておくための機能で、

サンシャイン60と同じ大きさのバケツの水を一度に貯めることのできる

調圧水槽がある。これがいわゆる地下神殿と称されるところで、

見学会のメインになります。

そして3つ目は、貯まった水を安全に吐き出す機能で、

この役割を果たしているのが、

目の前に見えてきた庄和排水機場になります。


↓到着。実はこのグラウンドの真下が調圧水槽になっている

f:id:arkibito:20170309142444j:image:w360


江戸川

f:id:arkibito:20170309142846j:image:w360


庄和排水機場

f:id:arkibito:20170309142903j:image:w360


↓操作室

f:id:arkibito:20170309144651j:image:w360


まずは建物の2階へ行き、予約の確認とサインをして、

入坑証をもらいます。

15時になり、いよいよ見学会スタート。

まずは江戸川の歴史や施設の概要をレクチャーいただきます。

この春日部市一帯は、荒川利根川江戸川

大河川に囲まれた低い平地になっており、

元々水害に対して弱い地形だそうです。

また、それらの支流である中川・綾瀬川

何度も氾濫を起こしてきた歴史があり、

慢性的浸水を解消することが地域の課題の1つだったそうです。


↓入坑証

f:id:arkibito:20170309145109j:image:w360


江戸川の概要

f:id:arkibito:20170309145241j:image:w360


概要説明が終わると、一行は建物を出て、グラウンドの方へ移動。

その先にポツンとある小さな建物から、

いよいよ調圧水槽へと潜入します。

実はこのグラウンドの真下が調圧水槽で、

水槽上部の空間を有効利用するために整備されたそう。

ちなみに、内部の施設は国の管轄、

上部のグラウンドは春日部市の管轄だそうです。


↓いざ潜入!

f:id:arkibito:20170309151510j:image:w360


中に入ると、100段、およそ6階建てに相当する

階段を降りていきます。

通路がせまく、安全上の理由から、

階段部分での撮影や立ち止まることは禁止。

スタッフさんに続いて狭く暗い階段を下っていくと、

広大な地下空間に出ました。


↓おおおっ!!

f:id:arkibito:20170309151734j:image:w640


↓あそこから降りてきました

f:id:arkibito:20170309153244j:image:w360


地下空間はあまりに広大で、しかもひんやりとしていました。

温度としてはこの日は9度で、地上よりも5度ほど低い。

さて、まずは、この調圧水槽説明を10分ほどあります。

大きさとしては幅78m、長さ177m、高さは18mの巨大な水槽です。

これだけの規模が必要な理由としては、

緊急停止時に発生する逆流の水圧を調整するためだそう。

水の勢いというのはそれほど大きなものということですね。

そして、その水圧で、天井部分が膨張して

浮き上がってしまうのを防ぐための重しとして

奥行7m、幅2m、高さ18m、重さにして500tにもなる

コンクリート製の柱を59本設置する必要があるそうで、

その重厚な柱が並ぶ様が、

パルテノン神殿として呼ばれるようになったそうです。


↓見学ちう

f:id:arkibito:20170309152332j:image:w360


ちなみに、この設備は年に5〜8回程度稼働するらしいのですが、

その度に水だけではなく大量の土砂やゴミなども

同時に入ってくることになります。

それらは水を抜いた後に、なんと天井を開けて、

そこから清掃用の重機を吊り下げて搬入して、

清掃するらしいです。スゴイですねえ。


↓あの上に見えているところをあけて清掃用ブルドーザーを入れるらしい

f:id:arkibito:20170309152519j:image:w360


解説の後は10〜15分程度、自由行動で撮影もOK。

ただし見学範囲は決められていて、

虎ロープで囲われた部分のみになります。

では、さっそく!


↓見学はあのロープのところまで

f:id:arkibito:20170309152258j:image:w360


とにかく、あまりに大きすぎるスケール感と、

コンクリートの塊の重厚感に圧倒されます。

素のまま撮っても十分なのですが、

こういう場合は対比物として、

あえて人が映り込んでいる方が、

よりその大きさがはっきりわかってよいです。


↓なるほどのパルテノン

f:id:arkibito:20170309153010j:image:w640


↓人の大きさと比べてください

f:id:arkibito:20170309152541j:image:w640


翻って、反対側には第1立坑と呼ばれる大きな立穴がぽっかりと空いています。

ここは直接河川と繋がって水を取り入れるのではなく、

地下トンネルを通じてやってきた水を

調圧水槽に流すためのパイプのような存在。

ここから天井まで水がどんどんたまっていくときの

水圧や水勢を想像すると、ちょっと震えてしまいます。


↓第1立坑

f:id:arkibito:20170309152456j:image:w640


↓ズームアップ

f:id:arkibito:20170309152712j:image:w360


とにかくめったに見られる光景でないので、

手当たり次第に撮影です。

本当にすごいものを人間というものは造り出しますね。

でも、これだけのものを造らないと対応できない

自然災害というのもまた恐ろしい力です。

あっという間ですが、この圧倒的な空間に浸ることができました。


土木丸出し!

f:id:arkibito:20170309153538j:image:w360


↓ただただスゴイ

f:id:arkibito:20170309153927j:image:w640


↓水の勢いを殺すための分厚い石柱

f:id:arkibito:20170309154116j:image:w360


見学タイムが終了し、再び地上まで階段を上って、

先ほどの排水機場まで戻ってきたら見学会は終了で解散

そこから再び駅まで徒歩で戻るのだが、

どうせなら他の立坑も見られないかなと思って、

隣の駅まで足を延ばして帰ることにします。

県道321号に出て、あとはひたすら平坦で変わり映えのしない道を西へ。

本当に何もないところで、果てしなかった…

で、途中の電信柱に、昔の水害の後を発見。

こんな平地で、ここまでの水が溢れるということは、

相当な水量だったはずで、あれだけの貯水槽の必要性が実感できます。


↓水害の歴史を発見

f:id:arkibito:20170309160734j:image:w360


道は越谷春日部バイパスとの交差の先でR16に合流し、

大きな橋を渡りますが、ここが中川。

川の横に引き込みが設けられて第二立坑がありました。

近くまでは行けなそうだったので、橋から遠景のみ。


↓第2立坑

f:id:arkibito:20170309162421j:image:w360


そのままR16を西進すると次の橋があり、

横付けするようにして、第3立坑がありました。

こちらは倉松川からの水を取り込むための立坑で、

ちょうど川の対岸の土手から撮影できそうだったのでそちらへ。

普段は、そちらへの水路は盛り土がされてあり、

それが堤防の役割をはたして水が浸入しないようになっているようですが

増水時には自然と水がその盛り土を越えて、

立坑へ流れ込み、余剰分の水がここから立坑へと逃がされ、

地下トンネルを伝って、先ほどの調圧水槽へと向かい、

そこからポンプによって安全に江戸川へと逃がされるのです。

先ほどの施設から5km近くは離れていて、

徒歩ではなかなかしんどい距離なのですが、

両方の現場を見ることで、全体的な仕組みが実感できました。


↓第3立坑

f:id:arkibito:20170309162858j:image:w360


↓普段は川の水は入らず、氾濫時に立坑へ流れ込む仕組み

f:id:arkibito:20170309163141j:image:w360


そこから南下に転じて、さらに20分ほど歩いて、

藤の牛島駅に無事到着。

17:30の大宮行に無事乗り込みました。


藤の牛島駅

f:id:arkibito:20170309165145j:image:w360

2017-03-06

Music Life 『ないものねだり』 by 橋本奈々未(乃木坂46)

ひさびさに乃木坂ネタ。

このところの勢いがすさまじいですが、

超ライトユーザーな自分にとってはすごいねえと傍観してる感じ。

でもやっぱり橋本奈々未さんの引退は衝撃でした。

”御三家”として初期からグループをリードしてきましたが、

印象として、どころなく哀愁漂う感じとか、

独特な感性や視点があって、

いい意味でも悪い意味でもアイドルらしくない存在と感じていました。

あの年で、人生の中の1つのピークで、

スパっと引退を決められるというのは、すごいなあと思います。




この引退卒業に向けてつくられたソロ曲が素晴らしくてコピーしてみました。

声質は違うけど、なんだか原田知世的なはかない雰囲気というか、

まさしく細野さんたち超一流の音楽家が楽曲を提供していた

古き良き昔のアイドルの曲のようで、とてもムードのある歌。

歌詞の内容を見るにつけ、

10、20代の若者が、見知らぬ東京の地で、

アイドルとなって生きていくというのは、

たくさんのものを背負って、激しい競争を勝ち抜いて

それでも常に笑顔でいなきゃいけない、

とても覚悟のいることなんだろうなと思います。

フツーの日常に戻って幸せになってもらいたいものです。


D


【ないものねだり】

作詞: 秋元康、作曲:丸谷マナブ


カーテンの裾のあたり

木目の床 底冷えする

真冬の夜 ベッドの中

好きな小説を読んでいたい


ゆっくりと過ぎる時が

心を癒してくれるの

慌しい日常の中

1人でいるのが好きになった


なぜ人は誰も

目の前にあるこの幸せだけで

今日を生きられないの

もう十分でしょう

私ないものねだりしたくない


このまま眠くなれば

いつの間にか部屋の明かり

つけっぱなしで夢の中へ

まどろめる自由があればいい


なぜ人は誰も

目の前にあるこの幸せだけで

今日を生きられないの

もう十分でしょう

私ないものねだりしたくない


何かを失うなら

そこまでして欲しいものは1つもない

いま持っているすべてが

私のすべてでいい


そう

目が覚めてもこのままでいい

2017-02-16

特技その1

閑話休題。

耳が動かせます。

小学生くらいからできるようになったので自然なことと思っていたが、

意外とできる人がいないのにびっくり。

両耳同時、右だけ、左だけ、自由自在。

2017-02-06

JASRACという名の悪害

JASRACがまた暴走している。

先日、音楽教室での演奏についても

今後は著作権料を徴収すると一方的に発表したのだ。

アホかと。

教育目的で使用し、また音楽の普及に貢献しているものに対してまで

それを適応する、しかもこれまで何の問題もなかったのに、

勝手に解釈を変更しておいて、それを何の議論や話し合いもなく

一方的に通告して無礼極まりない。

(しかも楽譜にはすでに著作料が徴収されているので二重の徴収になる)

そのうち、鼻歌を歌っただけでも、子供に子守唄を歌っただけでも、

家でCDをかけただけでも著作料をぶん取られる世の中になるんでしょうか。


この件について、宇多田ひかるさんは、

自分の曲は著作料など気にせず、

教材として使ってほしいというコメントを出しているが、

本人がOKをだしたとしても、著作業務を委託している以上、

それを判断するのはJASRAC側らしい。

それもまったくおかしな話だ。

宇多田さんの楽曲は宇多田さんのものであって、

代行者が本人を出し抜いて何様なんだろう。

他にも、自分が作った楽曲なのに、それをライブで演奏するだけで

著作料を本人から徴収したり、

神戸のコミュニティラジオが、FMからネットラジオへ移行した際も、

自分たちの番組で自分たちで作った番組テーマソングを

流せなくなったり、まったく本末転倒。

一体誰を守り、何を守ろうというのか。

本来の目的を忘れて、どれだけ儲けるか、

自分たちが得た既得権益をどれだけ行使するかしか考えてない。

他人の権利を巧みに利用して

不当に儲けようとしている人間を取り締まり、管理する立場なのに、

奴らがやっていることはまさにそれ。

ミイラ取りがミイラになったとはこのことだ。

百害あって一利なし。

こういうやりたい放題のツケは必ず来ると思います。


自分たちが何か新しいものをクリエイトしたり生み出したりするのではなく、

誰かの発明や、かつての偉人が生み出したものの権益に群がって

甘い汁だけを吸い続けるハイエナは本当に多い。

例えば、自分が発明したわけでもないのに、

世間でヒットしたような言葉を、全く関係のない第三者が、

儲けるためだけに商標登録したり、

本名でもあるのにもかかわらず”能年”を名乗れないように

圧力をかける某事務所だったり、

あるいは天才、冨野さんを廃人に追いやったサ○ライズとか、

腐った発想はみな根っこは同じ。


もちろん、情報がネットやSNSで瞬く間に拡散する世の中、

著作権を守るということは大事だし、

お隣の国々のお粗末なパクリや、乗っ取りは目に余るものがあり、

それらから権利者を守るということは大事だ。

でも、だからと言って利用者の自由を奪うのは言語道断だし、

守る主体が、権利者ではなく、

自らの組織であるという致命的な誤りは糾弾されるべき。