Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2017-01-17

22年目の1.17

f:id:arkibito:20170117060138j:image:w640


f:id:arkibito:20170117055825j:image:w640


f:id:arkibito:20170117055601j:image:w640


22年目の1.17を迎えました。

この日ばかりは身が引き締まる思いがします。

毎年、前の晩から東遊園地へ歩いて向かうのですが、

週末からの体調不良が深刻で残念ながら今年は見送りました。

でも、追悼のつどいにはどうにか参加したいと、

始発電車に乗り込んで三ノ宮まで。

午前5時46分黙とう

何とか今年も追悼することができました。


f:id:arkibito:20170117055031j:image:w360


f:id:arkibito:20170117055842j:image:w360


今年は平日にあたりましたが、たくさんの方々が集まっていて、

中でも学生など若い人たちが多かったような印象があります。

きっと、22年前の震災を知らないであろう世代だとは思いますが、

興味本位でもいいので、こういう現場に足を運んで、何かを感じて、

同じ思いに馳せるだけでも大変意味のあることだと思います。


今年の遺族代表の方がお話しされていましたが、

22年という歳月はもはや歴史の世界のことのようになってきています。

でも、自然の猛威は日常のすぐ隣り合わせにあります。

去年も、熊本鳥取地震による大きな被害が出ました。

北海道では台風の被害も甚大でした。

それ以外にも、震度3や4といった、

昔ではびっくりするような大きな地震が、

当たり前のように全国各地で頻繁に起こり、

なんだか麻痺してしまっているような感覚を覚えることも正直あります。

神戸東北を経験し、耐震技術や防災意識が格段に上がり、

人も建物もずいぶん強くなって、

被害の程度は軽減されては来ていると思います。

でも、自然はいつだって人間の想定を簡単に超えてくるのです。

それを絶対に忘れないためにも、

1.17を風化させないこと、思いを繋ぐことは大切です。


f:id:arkibito:20170117060114j:image:w640

2016-12-31

山納め2016 子連れハイク 黒岩詣で

年内最後の山行は恒例の黒岩詣で。

長女も行きたいというので、

今年は2人で山納めです。

13時に出動して、芦屋川出発が14時。

今回はちょっとチャレンジということで

城山尾根からアプローチして、

岩梯子〜新七衛門嵒と荒地山の岩場を行くことにします。


↓城山尾根へ

f:id:arkibito:20161230140812j:image:w360


時間的にもほとんどハイカーの姿はなく、

冬枯れの山をのんびり歩く。

娘は夏の蝶ヶ岳以来のお山にノリノリで、

ガンガン先行していきます。

この日は本当お天気も良く、

空気が澄んでいるのか

いつもより眼下に見える町並みがくっきりしている。

それに風もほとんどなく、寒さを感じませんでした。


↓軽い足取り

f:id:arkibito:20161230141409j:image:w360


↓誰かのメッセージが

f:id:arkibito:20161230141540j:image:w360


↓最高のお天気

f:id:arkibito:20161230142306j:image:w360


↓ぬこ

f:id:arkibito:20161230142436j:image:w360


↓鷹尾山

f:id:arkibito:20161230144048j:image:w360


↓見晴らし最高

f:id:arkibito:20161230150543j:image:w640


1時間ほどで荒地山のたもとまに到着。

いよいよ難所にトライします。

まずはほぼ直登となる岩梯子。

大人のサイズなら届く足場も、

まだ小学生の娘にはかなりの段差。

万一滑落したら大けがにつながてしまうので、

後ろについてしっかり支えて、指示しながら登る。

娘もおおお〜と言いながら力を振り絞って

両手両足を使って見事に登り切りました。


↓岩梯子にチャレンジ

f:id:arkibito:20161230152308j:image:w360


↓ファイト一発!

f:id:arkibito:20161230152555j:image:w360


第一の関門は無事にクリアしましたが、

難所はまだまだ続きます。

ゴロゴロと大きな岩場を引き続き進みます。

ここにある恐竜の骨のような大岩が

娘は気に入ったようで何度も写真を撮っておりました。

自分もここからの眺めは大好き。


↓大好きな撮影ポイント

f:id:arkibito:20161230153115j:image:w360


そしてすぐ最大の難所、新七衛門嵒へ。

ここは、天然の岩のトンネルになっています。

くぐるのも大変ですが、

実はここはくぐった先がちょっと不安定なので

そこが大変。

まずは体の小さな娘が先行でくぐり、

安全地帯までで待たせている間に、

うんしょうんしょと抜けます。

そうして無事に難所クリア!

娘も結構緊張して集中して岩にかじりついていましたが

汗をぬぐいながら、

面白かったぁ〜と充実感を感じていました。


↓新七衛門嵒

f:id:arkibito:20161230153155j:image:w360


↓第2の難関へ、いざ!

f:id:arkibito:20161230153232j:image:w360


↓無事にクリア!

f:id:arkibito:20161230153708j:image:w360


そこからクライミング練習場の巻き道を伝っていきますが、

途中のテラスで小休止。

ここでサーモスのお湯で

ミニチキンラーメンを作っておやつタイム

途中で野良猫におにぎりを奪われ、

猛ダッシュで逃げられてしまいました。

不覚!


↓テラスにて

f:id:arkibito:20161230154414j:image:w360


↓仲良しコンビ

f:id:arkibito:20161230154457j:image:w640


↓お昼ご飯はチキラー

f:id:arkibito:20161230155444j:image:w360


15分ほど休憩ののち、移動開始。

もう少しだけ岩場を詰めて荒地山山頂へ。

そこから少し下って黒岩に着いたのが16:15頃。

ちょうど夕日が西の空を真っ赤に染め始めていて

見事な夕暮れを堪能できました。

本当に風もなくおだかやで、空気が澄んで、

向かいの生駒山系や、葛城〜金剛の山並み、

果ては友ヶ島淡路島までばっちりくっきりでした。


↓黒岩

f:id:arkibito:20161230162341j:image:w360


↓本日も絶景なり

f:id:arkibito:20161230162744j:image:w640


紀伊水道もくっくり

f:id:arkibito:20161230162803j:image:w640


↓夕焼け

f:id:arkibito:20161230162844j:image:w360


↓立派な山ガール

f:id:arkibito:20161230162948j:image:w360


↓今年もお世話になりました

f:id:arkibito:20161230163433j:image:w360


本当は日の入りまでここで見届けたかったけど、

それでは帰りが大変になるのでここらで帰路につきます。

荒地山までいったん登り返し、

そこから魚屋道に出て風吹岩まで。

このくらいになると、

下界の街並みにぽつぽつと灯りが点ります。


↓風吹岩

f:id:arkibito:20161230171520j:image:w360


そこからは安全なルートとしていつもの保久良さん方面へ。

ライトオンしてのんびり下山。

途中の階段からは神戸の夜景がすぐ下に広がって見事でした。


↓見事な夜景

f:id:arkibito:20161230175214j:image:w640


↓保久良神社

f:id:arkibito:20161230181110j:image:w360


そうして18時に無事に保久良さんに下山。

すっかり真っ暗になりました。

岡本駅から電車に乗り帰宅は19:30。

ラストも素晴らしいお天気と眺望に恵まれて、

小さな相棒と一緒に、

今年の山行を締めくくることができました。

来年もまたどしどし登ろう!

2016-12-19

竹川さん参りのついでにアワ1

日曜日。

年内にどうしてもお礼をしたい人があって、

そちらへチャリンコを走らせることにします。

ご自宅が南あわじなので、結果的には変則アワ1をしてきました。


本当は自宅から自走しよっかなと思っていたのだが、

大寝坊で、7時出動になってしまったので、明石までは輪行。

まあ市街地走ってもおもんないし、割愛してもええでしょう。

で、快速でどんどこ揺られて、明石駅着が8時ちょい。

大慌てで輪行バラして、明石港までびゅん。

8:30のフェリーに間に合いました。

他にもたくさんのローディーさんがいました。


なんかフェリーがゴージャスになって、

デッキには自転車スタンドまで設置され、

係りのオッチャン達もフレンドリーになってる。

なんか、淡路島ってしょっちゅう来てる感覚だったのだが、

さかのぼってみると、前回淡路島を走りに来たのが

2012年の12月に、アワ2をして以来なのねん。

気づけば大昔やん。

そらあ4年もブランクがあったら、色々変わってるわなあ。


↓ローディーに優しくなってるジェノバライン

f:id:arkibito:20161218082526j:image:w360


↓出航♪

f:id:arkibito:20161218083531j:image:w360


↓明石海峡大橋

f:id:arkibito:20161218083636j:image:w360


20分弱で岩屋港に到着。

準備を済ませ9時前にスタート。

キラキラと朝日が眩しく照らす中、のんびりと進みます。

夢舞台、東浦と過ぎ、久留麻のところから裏道へ。

久しぶりだけど道はやっぱり覚えてる。

その先に立っている観音様はまだ健在でした。


↓まだ立ってた

f:id:arkibito:20161218091404j:image:w360


ここから少し交通量が増えてきます。

道の轍がひどいところが意外とあって難儀。

しかも間の悪いことに津名では路線バスとの競争になってしまい

バス停に停車するたびにこちらも減速しなくてはならなくて

思うように走れません。

オノコロパークを過ぎてから洲本までは、

海際を爽快に走る。

銀色に反射する海が本当にキレイ。


↓最高のお天気♪

f:id:arkibito:20161218095650j:image:w360


洲本の中心をぴゃっと抜けて、

県道76号を進み、洲本温泉街へ。

いつものファミマで小休止して、朝ごはんを食べる。

ここも自転車のスタンドがたくさんあって、

ベース基地みたいになっていて、

たくさんの先行者のローディーさんが休憩中でした。

おにぎり2個で朝食を摂り、トイレを済ませたら

10:30にリスタート。

由良大橋の所で4人パーティーさんをパスし、

そのまま立川水仙郷の登りへ。

登り始めはきついけど、

そこを抜ければ斜度は大したことはない。

おひさしぶりのナゾパラの写真を一枚。


↓お久しぶりのナゾバラ

f:id:arkibito:20161218105245j:image:w360


そこから結構長いのぼりのイメージだったが、

大して登りもなくピークまで。

そこからクネクネと長いダウンヒルは慎重に。

どうもリアがふれてるのか安定しないなあ…


↓無事にピーク越え

f:id:arkibito:20161218110113j:image:w360


ここからは果てしなく続く海岸線をなぞる潮騒ライド。

お天気も最高で、本当に気持ちええです。

淡路ライドでは色々思い出があるけど、

アワ2の時、海風が芯まで冷える真夜中に

砕け散る浪の音を聞きながら走り続け、

相当に心細い中、

はるか遠くに見える和歌山の灯りだけが

本当に頼りだったことを思い出します。

モンキーの手前で学生たちの大集団が

ストップしていてご挨拶。

そこから一人旅で、贅沢に風景を独り占め。


↓気持ちええ〜

f:id:arkibito:20161218110637j:image:w640


沼島の渡しのある港を過ぎれば、

いよいよ灘の激坂です。

背中にはどっさりお土産を背負っていて、

そろそろ首や肩が痛んできていて、

激坂登り切れるかなあと心配でしたが、

思ったより区間が短くて乗り切りました。


↓灘大川の激坂に挑む

f:id:arkibito:20161218114407j:image:w360


↓無事クリア

f:id:arkibito:20161218115113j:image:w360


そこからズシャーっと下って阿万の集落に入ります。

この辺りは本当にのんびりとした時間が流れていてとても好きです。

いつもここで信号を間違えるのだが、

今日はちゃんと2つめの信号で左折。

ホテルニューアワジプラザの案内看板に従って細い道へ入り、

吹上浜の先から押登岬の登り。

ここも以前はしんどかった記憶があったのだが、

意外とあっけなく。

展望所では、先行したチームが休憩をしていて、

邪魔にならないように1枚だけ撮ってすぐにリスタート。


↓押登岬にて

f:id:arkibito:20161218122002j:image:w360


↓阿万集落を一望

f:id:arkibito:20161218122735j:image:w640


ここから福良へは、

まだもう少しアップダウンをこなす必要があり、

短いながら意外としんどい。

登りきって急なダウンヒルをこなして

12:30に福良港へ到着。

ローソンで昼食して30分ほど休憩。


↓福良港

f:id:arkibito:20161218124028j:image:w360


ここから、直接用事を済ませに

ショートカットしてもよかったのだが、

せっかく来たし、天気も脚も調子が良いので、

南西部もきちっと回ることにします。

漁港の間を抜けて、

南あわじロイヤルホテルの手前で県道25号に入り、

そこからアップダウン。

道の駅うずしおはスルーして、

そのまま阿那賀の集落の方へと進みます。

高速をまたいでからも少しアップダウン。

丁字路を左折して、旅館うめ丸さんまで短いのぼり。

その先の丸山の一帯は本当に静かで雰囲気が大好きです。

そこから海岸線をなぞりながら、津井、湊へと進むのだが、

この辺りは、和歌山の加太から多奈川へ抜ける海岸線と

雰囲気がすごい似てるなあといつも感じます。


神戸淡路鳴門道をまたぐ

f:id:arkibito:20161218132415j:image:w360


↓阿那賀の海岸線

f:id:arkibito:20161218134134j:image:w360


せっかくの青い海に記念に一枚をパシリ。

この日もたくさんのローディーさんが

アワ1を楽しんでいましたが

何気にカレラ率が高くてびっくり。

人気が出たのか、どっかの店がプッシュしてるのかな?

でもコーディネートはうちの子が一番だと思います(笑)

大海原や青空、山の緑や紅葉にも映えるカラーリング。

やっぱこの子を買ってよかったなあと思える瞬間ですな。


↓うちの子は絵になる!

f:id:arkibito:20161218134502j:image:w640


はてさて無事に南西部の山間部を抜けて湊にやってきました。

ここからアワ1ルートを少し外れて、用事へと向かいます。

再び福良方面へと進み、西淡三原ICを過ぎて、

細かい県道をつないで、同じような田畑と集落を抜けていきますが

どこが目的地かわからず、悪戦苦闘しながら、

地図とにらめっこしてたどり着いたのは、

いつもおいしいお米や

淡路産の安全で新鮮なお野菜を送っていただいている

竹川ファームさん。

次女が生まれた際にお米を送っていただいて、

そのお礼を直接したいなあと思っていたのです。

せっかくたどり着いたのですが、あいにくお留守で、

どうしようと思っていたら、

おばあちゃんが帰ってらしたので、

事情をお話ししてプレゼントをお渡しすることができました。

その後お電話いただきお話しできましたが、。

本当なら直接お会いしたかったですね。

それはまた次の機会にということで、

また淡路ライドしなきゃですな。

何はともあれ、今月もおいしいお米お待ちしております!


↓竹川さん

f:id:arkibito:20161218143738j:image:w360


時刻はすでに15時前。

日が暮れるまでにはフェリーに乗って、

晩御飯までには帰らねばなりません。

きれいにアワ1ということであれば湊まで戻った方がいいが、

まあ別に競技でも公式でもなんでもないので、

そこまでこだわる必要がないし、

すでに結構内陸まで回り道をしてしまっているので

うまくサンセットラインに復帰できる道はないかと検討した結果、

県道66号で五色の都志まで抜けていくことにします。


集落を抜けて少し進むと、馬鹿でかい真っ赤な鳥居が見えていて

少し寄ってみます。

ここが日本発祥、国生みの聖地と云われている

おのころ島神社(自凝島神社)です。

ちなみにこの大鳥居は、

平安神宮、厳島神社と並ぶ日本三大鳥居だそうです。

しかしデカい!


↓おのころ島神社。大きすぎて画角に入らん。

f:id:arkibito:20161218143840j:image:w360


引き続いて田園地帯を抜けて、

松田橋から県道66号に入ります。

のどかな田園地帯を緩やかなアップダウンをこなしながら

北上していきます。

実はこの道はじめての道ではなく、とても懐かしい思い出の道で

買いたての初号機に乗って、

木馬のアワ1ライドに初参加した時に走りました。

あの時は、ここから先の終盤の西海岸で、

あまりの強風と寒さに、木馬の一団は散り散りになり、

すさまじいサバイバルの様相を呈する中、

非力な自分はとにかくなす術がなくて、

T木さんや、S班長の必死のアシストに護られながら、

命からがら道の駅あわじにたどり着いたのでした。

あれからもう8年なのね…


途中、馬舎のある小さなピークを越えて、

堺小学校前で左折。

札の辻で右折し、少しだけ登ったところで県道470号へ折れる。

ちきちき進んで、都志に出る。

前にあったビル1階のコンビニがなくなって、

少し先のロードサイドに新しくできていたので、

そこでトイレ休憩と、おやつタイム

むしゃむしゃとまるごとバナナを食べていると、

次々とローディーさんが走り抜けていきます。


リスタートして、五斗岬の登りをこなしていると

少し前方にさっき目の前を走り抜けていった集団が見えたので

ペースアップのきっかけにとチェイス開始。

次の明神崎の手前で捉えたところで、

後ろから、押登岬にいらしたチームが

高速トレインでやってきてパスをされます。

いい感じで脚が回っていたので、

ちょっとだけ相乗りさせてもらって、ハイペースで海岸線を疾走。

この感覚は久々だなあ。

結局多賀の浜までの約8kmほどでしたが、

ご一緒させていただきました。

最後尾の方にお礼を言って、そこからはラストまで一人旅。

フェリーの時間が読めないし、

そろそろ日が傾いて風も強まり、

寒くなってきているので先を急ぎます。

せっかく足が回り出したので、

ペースを維持しながら黙々と北上。

各集落ごとにあるショートカットも見事に覚えていました。

一宮、尾崎、室津、北淡と快調に進んでいきます。

サイコンがないので、どのくらいか正確にわからないけど

終盤はなかなかええペースだったという手ごたえ。


↓サンセット

f:id:arkibito:20161218163216j:image:w640


北淡を抜けて、そろそろ岩屋へのメドがつき始めると

あとはフェリーの時間。

うまく行けば17時ジャストの便に間に合うかもしれないということで、

さらにプッシュして走ります。

いつもなら、明石海峡大橋が一向に姿を現さないことに

激しく絶望を感じるのですが、

今回は集中していたこともあって、割とすんなりの感じ。

なんだかんだで16:45頃に岩屋港へ滑り込む。

目の前でフェリーが行ってしまう…

時刻表を見ると16:40の次は17:20で、

00発の便がない時間帯でしたのねん。


↓岩屋港

f:id:arkibito:20161218170608j:image:w360


ということで変則ではありましたが、

遠回りをしつつ、約8時間でアワ1終了です。

本当に久々のロングライドでしたが、

道も覚えていたし、天気も良かったし、満足のいくライドでした。

感覚的にしんどい区間がもっと長いイメージだったけど、

わりとすんなり行けた感じだったのが意外でした。


次の便まで待合所でゆっくり荷物を片づけ、

土産物を物色したりして時間つぶし。

17:20に島を離れます。また来るよ~


↓日が暮れました

f:id:arkibito:20161218171258j:image:w360


20分ほどで明石到着。

店じまいの時間なので大急ぎで魚の棚に行き、

タコのうま煮をお土産にゲット。明日はタコ

飯だい!


↓魚の棚

f:id:arkibito:20161218173750j:image:w360


↓たこ煮ゲット

f:id:arkibito:20161218173954j:image:w360


明石からは空いている快速電車の最後尾にて爆睡。

19時ちょいに無事帰宅し夕飯に間に合わせる。

うむう、35km足らなかったなあ。

走り納めで届けばいいなあ。

でも山恋し。


↓走行ルート

f:id:arkibito:20161219112232p:image


走行距離:162.45km

TOTAL:965.4km

2016-10-12

長谷川きよしライブ 〜4 quatro 2016〜

今日もとっても素敵な出会いがありました♪


つい先日、舞台『夜の子供』の”奇跡”の話をしました。

まだ自分が小さなころに、明確な記憶としてでなく、

おぼろげなイメージとして植え付けられていたものが、

大人になった今なお、ひょんな拍子に表層に浮き上がってくるのだが

それが何だったのか、誰の作品で、どんなタイトルだったか、

調べようにもその手がかりすらないまま、

ずっとずっと謎として残ってきたもの。

それが30年という年月を経て

ついにその答えにたどり着いたというものでした。


今回もまたその続きです。

小学生のころ、母がかけていたLP。

明らかにその当時のテレビやラジオから流れてくる音楽とは

リズムも何も全く特異なその曲は、幼心に強烈に耳残っていました。

でも、その曲が誰の演奏で、なんというタイトルかわからないまま、

30年という月日の間ミステリーとして残っていました。

それが長谷川きよしの『死者のカルナバル』という曲だったのです。

バイヨンとよばれる中南米独特のテンポと、

”死者”という強烈な言葉が織り込まれた、血沸き肉躍る曲。

その正体を知って、さっそく調べてみると、

きよしさんのライブが近々あるということで早速。

今回は、自分の人生のミステリーを作り出した

張本人である母も誘って行ってきました。


若い人、といっても自分の年代ですら

知らない方がほとんどかもしれませんが、

長谷川きよしさんは、日本で3本の指に間違いなく入るギターの名手。

2歳のころに病で全盲となり、

12歳からクラシックギターをはじめ、

1969年に『別れのサンバ』でデビューし、瞬く間に大ヒットしました。

(くしくも大好きな浅川マキと同じ年のデビュー)

シャンソン、サンバ、ボサノバ、ファド、ラテン、ジャズといった

様々なワールドミュージックの影響を受けながら、

その独創的な世界観と圧倒的なギターテクニック、

そして魂震える歌声で魅了してきました。

加藤登紀子さんとのジョイントでも話題となりました。


↓夙川の神戸木國堂にて

f:id:arkibito:20161012150826j:image:w360


↓いよいよ生ステージ

f:id:arkibito:20161012180707j:image:w360


今回はきよしさんがホームとしてよくライブをされている

夙川の神戸木國堂さんでのライブ。

家具屋さんでのライブということで、

とってもアットホームで素晴らしい雰囲気の中での演奏で、

本当に奇跡としか思えないほどの演奏と、

ぐぐぐっと心を手繰り寄せられる歌、

こちらも思わず体全体を楽器と化したい衝動にさせられるリズム。

どれをとっても本当に素晴らしく、

鳥肌が立つほどの感動でした。


ライブ後、サインとお写真も快く応じていただきました。

他のお客さんは常連の方々が多く、

自分以外はみな50代60代だったので、

30代のお客がいることにきよしさんも相当びっくりされておりました。

ご本人に、先述の顛末をお話ししたところ、

大変喜ばれて、またぜひ遊びにいらっしゃいと言っていただきました。

自分も音楽をやっている者の端くれとして、

いつかは『別れのサンバ』をマスターしたいとは思うけれど、

さすがにきよしさんのレベルを

忠実にトレースするのは一生かかっても無理デス。

でも音楽ってやっぱりいいなあ、

いつまでも音楽をやっていたいなあと改めて。


↓長谷川きよしさんと

f:id:arkibito:20161012181416j:image:w640


せっかくなので、きよしさんのyoutubeを上げておきます。

どれも本当に見入ってしまうほどのフィンガーテク。

すごい!


↓別れのサンバ


↓愛の賛歌


↓黒の舟唄

2016-10-05

酒場探訪記 「神戸マッスルホルモン」「得一」

ひさびさの酒場ネタ。

やはり乳飲み子を抱えていると夜の外出は自然と減るし、

何より、方々でゲットした晩酌用のお酒の充実ぶりに

意地でも外で飲むど〜とならんのです。

それでも酒場には酒場の味わいというものがあり、

恋しく思うときもある。

ということでご近所パトロール。


まず1軒目はお久しぶりのマッスルさん。

さすがに自宅で備長炭で新鮮なホルモンを焼くことはできないので、

時々こういう串モンを欲してしまう。

相変わらず下ごしらえが万全で臭みもなくうまい。


↓マッスルホルモン

f:id:arkibito:20160802184148j:image:w360


↓フワ大好き

f:id:arkibito:20160802184514j:image:w360


続いてもお久しぶりの得一さん。

なにかスタッフが増えてさらに賑やかになってる。

アジのキズシは浅めのつけ具合でいい塩梅だったが、

毎度必ず頼む、明太ガーリックスパは作り手が変わってしまったのか、

油べちょべちょで大幅クオリティーダウン。

フライパンでこれでもかとぱっさぱさに焼き切った

あのジャンクな味がよかったのになあ。


↓得一

f:id:arkibito:20160915211052j:image:w360


↓アジのキズシ

f:id:arkibito:20160915205532j:image:w360


↓明太ガーリックスパ

f:id:arkibito:20160915205900j:image:w360


先日、会社で健康相談みたいなのがあって

保健師さんからコレステロール値がこれ以上上がると

お薬などで処置要になりますよと言われてしまった。

元々体質的にコレステロール値が高めなのだが、

自転車を初めてくらいから食べる量が増えてから、右肩上がりで

また日本酒に本格的に目覚めてからさらにうなぎ上りの状態。

現状でも一般成人男性の中では比較的運動している方だし、

家では野菜と魚中心の献立で、決して肉肉しい食生活ではないんだけど、

せめて来月にある健康診断までは脂ものは控えめにしなきゃ。

でもお酒はやめれないなあ〜。