Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-05-22

第2回タカシマヤ 日本酒祭

金曜日の晩、Tさんからお誘いがありまして、

タカシマヤで行われている日本酒イベントに行ってきました。

せっかく久々のミナミへ足を運ぶので、

ちょっと寄り道をして、Tさんに宝の部屋へとご案内。

難波をスルーして大国町で降り、おなじみの山中酒の店へ。

大阪・関西の地酒の一大拠点ですね。

時期的にそろそろ夏向けのお酒のラインアップが出始めていました。

巨大な冷蔵室にずら〜っと並ぶ宝の山に、

やっぱりTさんも興奮気味でございました。


↓山中酒の店

f:id:arkibito:20160520182550j:image:w360


それからブラブラと難波まで歩いて戻り、タカシマヤの7階へ。

エレベーターが空いたとたんに酒の匂いがプ〜ンとね。

3月にTさんと行った阪神での日本酒イベントの時は、試飲だけでしたが

今回は蔵元さんが直々にお酒を販売しているブースがメイン。

まずはそちらを回ることにします。


f:id:arkibito:20160521174231p:image:w360


トップバッターは「八鹿酒造」さん。

八鹿とあったので、てっきり但馬の方かと思いきや、

意外や意外、大分は九重町のお酒でした。

関西ではほかで見たことがなく興味津々。

ここも若い杜氏さんで、

ラインナップの違いを熱心に説明してくれました。

一応全ラインナップの試飲させていただきましたが、

今どきの呑みやすくフレッシュなお酒でした。


↓八鹿酒造(大分・九重町

f:id:arkibito:20160520190026j:image:w360


続いては、滋賀愛荘町にある「藤居本家」さん。

ここはTさんが酒蔵見学に行ったことがあるらしく、

それはそれは広大な敷地に年季の入った蔵があり、すごいらしいです。

ここでも全ラインアップをいただきました。

主力の「旭日」は昔ながらの端麗辛口、

琵琶の舞」はオール滋賀県産でフルーティーな後味が印象的でした。


↓旭日(滋賀愛荘町

f:id:arkibito:20160520190420j:image:w360


お次は、「片野桜」でおなじみの山野酒造さんです。

いつもお世話になってます!


↓おなじみの交野桜

f:id:arkibito:20160520191027j:image:w360


大阪ブースのその向こう側に、ド派手なパッケージを発見して

思わず吸い寄せられます。

金キラと輝く「西之門」が何ともゴージャス。

長野善光寺の文字通り西の門にある酒蔵さんで、

善光寺に毎年奉納するお酒をこしられておられます。

酒どころ長野の中でも、なかなかに高級なお酒。


↓西之門(長野善光寺

f:id:arkibito:20160520191300j:image:w360


と、蔵元さんの出店とは別に、

今回は目利き酒屋が選ぶ特選ブースがあり、

そこでは先ほどお邪魔した「山中酒の店」も出ていました。

そして毎度毎度注文させてもらっている

奈良天理の「登酒店」さんも出展されている!

ということで、日ごろのお礼にご挨拶。

初めて自宅用にお酒を購入したのがここでしたが、

店主さんと直接お話しするのは初めてで、

いろいろお話させてもらいました。

しかもじゃんじゃかと試飲を継いでいただき、

「花巴」や「玉川」、「みむろ杉」など

たっぷり呑ませていただきました〜。

いやあ、また注文させてもらいます!

で、店長さんから、

「花巴」の杜氏さんである橋本さんも来てますよ!と教えていただいたので

この後、そちらにもご挨拶。

自分の地酒好きの一番最初がこの「花巴」で、

今でもマイベスト3に常に入っているお酒。

それを実際に作っている方にお会いできるのは本当に特別でした。


さて、仕事終わりで飲まず食わずでやってきて、

試飲ばかりでちょっとここで箸休め。

ツマミを買っていったんブレイクすることにしました。

会場の一角に、人気の日本酒BARうさぎが出店していて、

チケット制でお酒を買えるようになっています。

そこでお酒をゲットし、その脇の名産物コーナーでつまみをゲット。

椅子を確保して落ち着きます。

自分は、徳島三芳菊と奥能登の白菊の2杯を注文。

50種ほどラインアップあり、冒険もしたかったけど、

やっぱりここは好きなお酒になってしまいました。

ツマミは、白エビのてんぷらホタルイカ天ぷら

ホタルイカを揚げるという発想は初めてでしたが、なかなかうまかったです。


タカシマヤにとうちゃこ

f:id:arkibito:20160520185817j:image:w360


↓つまみゲットしていったん建て直し

f:id:arkibito:20160520194859j:image:w360


徳島三芳菊(左)と、奥能登の白菊(右)

f:id:arkibito:20160520194608j:image:w360


そうこうしているうちに、閉店時間の21時が迫ってきました。

せっかくなので何かお酒を買って帰ろうということで

残り30分で再び販売ブースに戻り、おみやを物色。

自分は2本チョイス。

1本はやはり最初に気になった大分の八鹿さん。

本当は特別純米のグリーンラベルをと思ったが

売り切れだったので吟醸をば。

今回の催しでは熊本の酒蔵さんも参加予定だったのだけど

自身の影響で直前でキャンセルになったらしく、

その分も頑張って九州をアピールしてるんです!と言っておられたし

焼酎大国の九州でがんばっている清酒応援しているので

これは決まりです。


↓八鹿酒造 吟醸

f:id:arkibito:20160520230519j:image:w360


もう一本は、いつもウエダさんでいただいている

黒部の皇国晴酒造さんの「幻の瀧」のレアアイテム。

定番の純米吟醸スコッチウイスキー「タプロース」の樽で

一年熟成させた代物。

少し試飲させていただきましたが、

樽の風味や香りがお酒に移ってなんというか

カラメルのような味わいが広がる。

純粋な地酒ではないけれど、

老舗中の老舗がこういう遊び心でやってみましたというのが

どうにも面白いではないか。

しかも、遊びでは終わらない本気の味わいがさすが。

樽一本でしか製造できず、品数が少ないものなのだが

一本300mlで800円なのでそれほど高価でもなく、

おみやにちょうどよろしく。


↓幻の瀧 タプローズ

f:id:arkibito:20160520230539j:image:w360


ということで結局21時のクローズまでしっかり楽しみ、

そのあとちょっとだけウラなんばと味園ビルを冷やかして解散。

なかなか楽しい花金ナイトでした。

2016-05-17

ご近所めんライフ

GWはほぼほぼ仕事詰めでしたが、世の中は連休。

そうなると、もともと飲食店の少ない会社周辺でお昼ご飯にありつけるのは

ラーメン屋しかない。

ということで、GWに食べたご近所ラーメン屋さんを。


まず1軒目は言わずと知れた「塩元帥」。

いまや一大グループに成長し、色々なところで見かけるようになりましたが、

この本店と、天六の醤大将はやはり別格なのです。

といいつつ、塩ではなく濃厚醤油を注文しちゃいました。

このお店、どの駅からも遠いのにいつでも人でにぎわってます。

お店の人も気合入っているのは分かるんだけど、

仕切りを任されている人の声が馬鹿でかすぎて、

こちらが起こられているような錯覚をおぼえるほどなのは勘弁してほしい。


↓塩元帥にて濃厚醤油

f:id:arkibito:20160506123057j:image:w360


2軒目は、食べログでの評価急上昇中の「ラーメン鱗」。

上品な塩味のスープに、鶏節が見事にマッチ。

麺もアルデンテで噛み応えが心地よい。

この界隈で一番好きなラーメンかも。


↓鱗

f:id:arkibito:20160407124343j:image:w360


↓塩

f:id:arkibito:20160407123217j:image:w360


続いてはちょっと足を延ばして、大阪の東側へ。

まずは、「手打ち麺やす田」さんに久々の来店。

ここは本当に丁寧なお仕事をされていて、

澄み切ったスープは滋味よく、後味にふんわりとイリコが香る絶品もの。

麺のプリプリ感との相性もばっちり。


↓手打ち麺 やす田

f:id:arkibito:20160507131353j:image:w360


↓塩+焼豚丼(小)

f:id:arkibito:20160507130218j:image:w360


つづいては、その「やす田」さんの2軒隣に新しくできた「五山ラーメン」さん。

東京の有名店「五厘舎」の流れをくむお店らしい。

店は南国風のカフェをそのまま居ぬきしていて、

一見して本当にラーメン屋?と不思議な感じ。

定員さんも、妙に派手なお姉さんとインド系のおじさん、

それからロッカーな店長さんの組み合わせで、ますます怪しい。

ラーメンは、鶏白系とトマトラーメンの2枚看板という、これまた不思議なアピール。

初回はデフォルトを注文することにしているので、

五山ラーメン「極」を注文。

うーん、普通においしいけど、

この大阪・南方のラーメン激戦区で

あまりここに来なきゃという個性は感じられず。

むしろトッピングのねぎが、大きさバラバラで刻んであったり、

色々雑さを感じるところが多かった。


↓麺や五山

f:id:arkibito:20160504135302j:image:w360


↓五山ラーメン「極」

f:id:arkibito:20160504134250j:image:w360


続いては、おなじみ西中島の一大勢力「すなおや」グループから

「すなお軒」。

これまでは海鮮丼ラーメンの2枚看板で勝負されていましたが、

本業とより明確に違いを打ち出すことにしたのか、

はたまた快晴ん丼のほうが人気がありあすぎて、

本来のラーメンの伸び悩みにいよいよ本気を出したのか、

海鮮丼をメニューから外して、ラーメン一本で勝負するように

業態が変わってました。

元々個々の中華そばは素朴な味で好きだったのだけど、

どうしても海鮮丼に目移りしてそちらを頼んでしまうことが多かったので、

海鮮丼食べられないのは残念だけど、

まあ本来の店のコンセプトに原点開始するのはよい選択だと思います。

で、新メニューに加わっていた本枯れ節ラーメンを注文。

いつもの中華そばよりも、渋みと味わいの深さがプラスされて

ちょっと大人なビターな味わいで、自分は結構好き。


↓すなお軒 本枯れ節醤油

f:id:arkibito:20160510123012j:image:w360


ラストは、ちょっと番外編。

ご近所を離れて、ミナミは木津市場へ。

ここには有名なうどん屋さん「大和」がございます。

昼時を避けて遅めに来たのだけど、かなりの行列で、30分ほど待ちます。

なにせ市場の一角にお店を構えているので、

10人も入ればいっぱいいっぱいの小さなお店なのです。

でもそのお店の沖さとは裏腹に、料理は実に太っ腹なのです。


大和

f:id:arkibito:20160408130825j:image:w360


色々メニューも豊富なのですが、ここは名物のカレーうどんを注文。

しばらくして出されたのがこれ!

写真では一見わかりづらいですが、

まるで生け花をする花瓶のようなサイズでどど〜んと。

なんでカイワレが1パック丸々入ってんの?

コレマジ食えんのかよと、さすがの大盛りフリークでもびびります。


↓海老天カレーうどん

f:id:arkibito:20160408131233j:image:w640


まずは上に乗っている大量のカイワレとネギを

カレーに沈めていこうとするのだが、全然沈んでくれない。

それもそのはず、その下には、牛肉やら何やら他の具材がぎっしり。

見事に聳え立っている超大海老ですが、

実はこのスープの中にもう一体潜んでおります。

この海老を食すだけでもかなりお腹いっっぱいになります。

もうね、うどんは何処いったん?

迷子なってしもとるよ。

どれもこれも揚げたて茹でたてで、ハフハフ汗をかきながら食べ進めます。

もううどんを食べに来ている感覚ではなく、

がっつり大鍋を一人で食べる感じ。

それでもお出しが効いて味はしっかり本格でおいしゅうございました。

ゲフッ。

2016-05-16

子連れサイクリング めざせ初氷

土曜日は夜中まで仕事で、日曜日は午前はバタン。

午後からで、長女を連れ出すのに、山はちょっと出発が遅いので、

今週末は自転車

ちょうど枚方凍氷さんが

今シーズンの営業をはじめられた情報をゲットしていたので、

淀川CRでそちらを目指すことに。


このところは奥さんとお出かけする際は、ベビーカーなので

自転車に乗る回数が少ないので、久々に乗り回せるとあって、

娘も気合十分。

毛馬閘門から入って、そこからCRへ。

「キ〜〜〜〜〜ン!!」となぜかアラレちゃんよろしくかっ飛ばしていく。

日差しもそれほどえぐいほどでもなく、後ろから吹く風が心地よく、

絶好のサイクリング日和。

多くのローディーさんが前から後ろから。

草野球やサッカーBBQなど河川敷はたくさんの人であふれているので、

娘がぶつかったりしないように注意しながら、ぐんぐん進む。

面倒くさいのが各ゲートごとにある鉄柵。

細身のロードでも対外面倒くさいけど、

子供用の台座をつけたママチャリが間を抜けるのは相当大変。

娘も抜けへん抜けへんと苦戦しながらも自力で通過。


淀川CR滑走

f:id:arkibito:20160515141144j:image:w360


やはりずっとぺダリングをしていると暑くなってきて、

気づいたら娘さんはトマトのように顔が真っ赤っか。

途中で何度かクールダウンの休憩を入れつつ、

2時間ほどで枚方とうちゃこ。


枚方とうちゃこ

f:id:arkibito:20160515162058j:image:w360


河川敷を離れて、旧街道を伝って、

お目当ての枚方凍氷さんにとうちゃこ。

時刻は16時だったが、結構お店は満席で、少しだけ待ちました。

娘はピーチミルク、自分は定番のイチゴミルク。

これで1つ450円は安いねえ。

最近は氷スイーツブームだけど、

大阪市内だったら800円とか下手したら1000円超えるくらいのものもあるし。

しばらくして、器から大きくはみ出たかき氷が出てきて、

娘の目もランラン。

頭キンキンさせながら、おいしく完食♪

ごちそうさまでした!


枚方凍氷

f:id:arkibito:20160515161050j:image:w360


↓定番のイチゴと娘はピーチ

f:id:arkibito:20160515154614j:image:w360


16:15に帰路に着きます。

行きと違って向かい風がすさまじく、

前について風よけしてやろうとするのに、

自分が前に出ると意地になって抜いてくる。

しんどいで〜というのに、ニヤニヤしながらパス。

帰宅したのが18:15で、

サザエさんには間に合った。(←ここ重要)


↓向かい風〜

f:id:arkibito:20160515171437j:image:w360


しかし、あんな車重が重くて、

回しても進まない子供用自転車

小さい子が往復40kmかけて枚方に行くのは相当タフです。

自分も、ママチャリという鉄下駄で往復4時間ぺダリングをして、

まるでLSDトレーニングのように、結構足にきました。

軽量ロードバイクがどれだけ性能がいいかがわかりますね。

ギプスは取れて、サポーターになったはいいけど、

その分、守られていた手首に負荷がダイレクトにかかるようになったので

さすがにちょっと痺れて痛い。

ロードも早く復帰して、行きたいところや

行かないといけないところもあるんだけど、

ちょっと時間かかるかもなあ…


走行距離:37.2km

TOTAL:299.05km

2016-05-09

子連れハイク 蓬莱山 詳細編

前日、荷物とウェアのチェック。

娘はこの間新調した山アイテムを初実戦です。

翌日は天気よさそうできっと暑くなりそうだったが、

娘の着替えやら何やらいつもより多めの装備を詰める。


当日、6:30起床。

2人とも寝ぼけ眼で着替えをして7:15に出発。

比良山系へはJR大阪駅7:45発の新快速がマスト。

湖西線経由の敦賀行。

朝早くから多くのハイカーでごった返しております。

JR堅田駅に降り立つと、バス停に向かってハイカーたちの競争が始まる。

さすがにかなりの人手で、江若バスの方も臨時便を出している。

娘のペースで列に並んだのでかなり出遅れてしまったが、

坊村・平直通の臨時便に皆乗り込んでくれたおかげで、

通常の8:50の便の先頭になり、余裕で席に座れてラッキー。

坂下のバス停ではボタンを押しているのに運転手が通過しようとしたので

慌てて声をかけて降りる。

あれだけぎゅうぎゅう詰めの車内だったのに、

同じバス停で降りる人は皆無だった。


今回歩くルートは、この坂下からサカ谷ルートを経て、

小女郎池に到達し、そこから蓬莱山へと抜けるプラン。

自分が片手が使えないのと、病み上がりの娘のことを考えて、

万一登りでいっぱいなら、下りはロープウェイを使えるルートにしたかったのだ。

バス停に設置されたポストに登山届を投函して、9:30に出発!


↓坂下バス停 小女郎ヶ池 サカ谷コース

f:id:arkibito:20160505093522j:image:w360


まずは坂下の小さな集落を少し戻り、

安曇川をまたいで、小さな沢に分け入っていく。

いくつか小さな堰を巻いていき、一回だけその沢をまたぐ。

娘は石や倒木を使って川を渡るのにちょっとドキドキしていましたが

手を差し出して補助して無事にわたる。

涼しげな風が上から吹き降ろしてきて気持ちいい山歩きです。


↓沢をまたぐ

f:id:arkibito:20160505095315j:image:w360


沢をまたいだらすぐに脇の斜面にへばりついた急登がスタート。

しかもこの急斜面に加えて、

いくつもの木が、倒壊したのか間引きしたのか、

わからないくらい転がっていて、

それらが容赦なく登山道をふさいでいて難儀する。

自分は大股でまたいだりできるのだが、

娘のサイズだとそれも一苦労で、

とにかくバランスを崩して谷側に落ちないように

バランスを取ってやりながら慎重に進む。


↓倒木だらけの急坂

f:id:arkibito:20160505095416j:image:w360


↓頑張れ!

f:id:arkibito:20160505095757j:image:w360


どうにか倒木の激坂区間を抜けて、

尾根に出ると道はずいぶんと穏やかになる。

大きく弧を描きなら山を回り込んでいくと、

広大な広場のような場所へ出る。

踏み跡が薄いので、名印のテープを頼りに進んでいく。

途中、付近の地面がガサゴソと音がするので何かと思ったら、

馬鹿でかい青大将が大慌てで逃げていきました。

娘はキャアアア〜と大騒ぎしていましたが、

まあちょっかい出さなければ襲ってはこないよ。


↓いきなり青大将!

f:id:arkibito:20160505114206j:image:w360


その広場を抜けていき、

再びさっきの沢の上部へと戻るような恰好で道は続き、

再び倒木だらけの急斜面をゆく。

その上部を再びぐるっと左旋回していき、小ピークに達する。

ここまでで約2時間30分。

ほとんどノンストップで来たのでここで小休止。

娘はこちらがお水とか休憩とか言ってやらないと、

ひたすら夢中に進んでいくので、ちょっと心配です。

タフなのはすごいけど。

10分ほど休憩をしたらリスタートです。

ほぼほぼしんどい区間は済んだので、

あとは木々の間から見えている蓬莱山を目指すのみ。


↓稜線に出る

f:id:arkibito:20160505114425j:image:w360


↓小ピーク

f:id:arkibito:20160505115258j:image:w360


↓蓬莱山が見えてきた

f:id:arkibito:20160505122752j:image:w360


この間全く他の人に合うこともなく、2人でひたすら歩いてきました。

道もずいぶん穏やかとなり、空も近くなって会話も弾みます。

歩きながら学校のこととか、次女のこととか、

いろいろ親子のコミュニケーションの時間を楽しみながら、進んでいきます。

そうしてただっ広い草原地帯に出たなと思ったら、

たくさんのハイカーがいて、そこが小女郎池でした。

こんな場所にこんな大きな池があるんですなあ。


↓広い場所に出る

f:id:arkibito:20160505123641j:image:w360


↓小女郎ヶ池

f:id:arkibito:20160505134140j:image:w360


池の向こう側には蓬莱山が見えています。

ここらでちょうどお昼時ということもあって、

休憩するかと聞いたのですが、

山頂フィニッシュが先だ!とお姉さまが申されるので、

先へ進むことにしました。

池からさらに東方面へ打進んでいくと、主稜線とぶつかります。

小女郎峠ではようやくこの日初の琵琶湖!

最高のお天気で、霞むこともなくくっきりと下界の絶景が見えます。

娘もこの絶景に歓喜の声を上げながら、カメラバシバシ。


↓小女郎峠

f:id:arkibito:20160505124600j:image:w360


↓絶景かな〜

f:id:arkibito:20160505140227j:image:w640


ここからは右手に琵琶湖を望みながらのなだらかな稜線歩き。

琵琶湖バレイの方から散策に来る一般客もたくさんいて往来があるので

道を譲りあいながら進む。

娘もきちんと「コンニチワ!」と挨拶を交わしながら歩きます。

さすがに少し風が出てきて肌寒くなってきましたが、

段々目の前に迫ってくるゴールに足並みも早くなり、

13:25に標高1174m、300名山に数えられる蓬莱山に登頂です。

歩き始めから約4時間の山行でした。


↓心地よい稜線歩き

f:id:arkibito:20160505125636j:image:w360


↓山頂ゴール

f:id:arkibito:20160505132357j:image:w360


↓標高1174m 蓬莱山(300名山)

f:id:arkibito:20160505132848j:image:w360


山頂にはリフトで上がってきた人たちでごった返していて、

人をかき分けまずは山頂にある鐘を鳴らし、

隅っこのほうでお昼ご飯の支度。

今日は娘の大好きなチキンラーメンを持ってきました。

山頂は風が結構あるので、石で風よけをつくってバーナーで湯を沸かし、

いただきます。

本当に今日はお天気がよく、空気も澄んでいて、

南側は琵琶湖の横に比叡山がドーンと鎮座し、その麓には大原の集落、

そしてその奥に京都市街が見えて、

さらにその奥に先日行ったばかりのポンポン山などの北摂の山並みまで見えます。

西には延々と丹波国の山並みが緑のウェーブを心地よくなびかせ、

裏手側のすぐ真向かいには比良山。

その脇に、私もいるぞとばかりに、伊吹山がはるか遠くに見えます。

これだけの眺望がすっきりみえるのはなかなかラッキーです。

絶景の特等席で食べるお昼ご飯は格別でございました。


↓チキラーランチ

f:id:arkibito:20160505134705j:image:w360


ゆっくり40分ほど休憩をしたら、下山開始です。

リフトには乗らずに、緑の斜面を下っていきますが、

娘がはしゃいで引っ張るので何度も足を取られそうになる。

その先の急斜面には水仙が一面に咲き誇っていて見事。

一度笹平のレストハウスでトイレを拝借し、

それからせっかくなので、周辺にある無料遊具で娘さんをリリース。

自分としては、しんどい下りを歩かせるより、

ここでたっぷり遊ばせてあとは楽チンのロープウェイで下山の予定でした。


琵琶湖バレイ

f:id:arkibito:20160505152341j:image:w360


↓満開の水仙

f:id:arkibito:20160505142932j:image:w640


ロープウェイ乗り場のある打見山に到達すると、

びっくりするぐらいの行列。

何事かと思ったらアトラクションではなく、

下山のロープウェイ待ちでした。

これはかなり待たされるしどうしようかと思ったら、

娘さんが、ここでロープウェイ乗ってしまったら

自分の足で登ったことにならないから歩いて下りようというので

娘の体力を心配しつつ、下山ルートを探します。

地図にはレストランの脇から道があるはずなのだが、

施設の工事でそちらの道はなくなり、

リフト乗り場の脇に道を発見してそちらへ。

下り始めは、急な石の階段で滑りやすく慎重に降りていく。

途中祠みたいなのがあり、そこからさらに急坂。

上空をぎゅうぎゅう詰めのロープウェイが下っていくのを見送ります。


↓打見山(標高1108m)

f:id:arkibito:20160505150257j:image:w360


↓ロープウェイを見送って下山開始

f:id:arkibito:20160505162951j:image:w360


クロノトハゲと呼ばれる分岐点までは、道がかなり痩せている上に、

ガレて急なところがあり、砂礫の溝をずるずる滑りながら降りる。

クロノトハゲを過ぎると、深い森に突入し、

何度も何度も右へ左へと九十九折れが続きます。


↓クロトノハゲ

f:id:arkibito:20160505154939j:image:w360


↓天狗杉

f:id:arkibito:20160505162821j:image:w360


ひたすら同じようなクネクネ道で、

結構足元に石が多いので足にきます。

娘も途中から足が痛いと言い出すので、少し休憩を増やし、

休憩の間に、少しでも痛みを緩和させるために、

靴と靴下を脱がせて、指をぱあっと開かせてやると、

「ああ、生き返る@@@」と楽になる模様。

終盤は自分も結構この下山に疲労して足パンパン。

約2時間弱で、こちら側のキタダカ道登山口まで降りてきました。


↓キタダカ道登山口

f:id:arkibito:20160505173224j:image:w360


↓山道終了

f:id:arkibito:20160505173726j:image:w360


湖西道路をくぐって、木戸の集落を湖へと下っていく。

県道558号の信号を渡ったところの雑貨屋でジュースを買い、

そのまま琵琶湖畔へ。

山のてっぺんから湖まで自力で下ってきて娘も感慨深い様子でした。

ちょうどこの日はお祭りがあるようで、御神輿が出ていました。

そこから少し歩いて18:15に山行を終了しました。

約8.5hの山歩きでした。

帰りの電車では二人とも爆睡(笑)

おつかれさまでした〜。


琵琶湖畔

f:id:arkibito:20160505190153j:image:w640


↓お祭りに遭遇

f:id:arkibito:20160505181051j:image:w360


↓志賀駅でゴール

f:id:arkibito:20160505181317j:image:w360


↓蓬莱山とご対面

f:id:arkibito:20160505192402j:image:w640

2016-05-06

子連れハイク 蓬莱山

木曜日。GW中唯一のお休みを使って、長女と山歩き。

自分は連休中はずっと仕事で、

奥さんは乳飲み子を抱えて長時間外出できないし、

自宅で退屈を極めている娘さんのストレス発散です。

毛虫地獄の六甲は避けて、

自宅から日帰りで楽しめるそこそこのお山ということで、

滋賀は比良山系の蓬莱山へ。

JR堅田駅では臨時便すら満杯になるほどのハイカーであふれていたのに、

ほとんどの人が武奈ヶ岳を目指しているのか、

自分たち以外にバス停に降りる人は皆無で、

今回歩いた小女郎ヶ池サカ谷コースでも

2,3人以外に人とに出くわすこともなく、静かな山歩きとなりました。

さすがに素晴らしいお天気で、

小女郎峠から蓬莱山、琵琶湖バレイの打見山までは

遠く伊吹山や京都市内までばっちり見通せる最高の1日でした。

帰りは無理せずロープウェイで下山と思っていたのに、

娘さんから自力下山を進言され、結局琵琶湖畔まで。タフやなあ。

最後は足が棒になりました。


↓本日は晴天なり!

f:id:arkibito:20160505141658j:image:w640


↓丹北の山並み

f:id:arkibito:20160505142126j:image:w640


<山行スケジュール>

7:45JR大阪駅⇒8:35JR堅田駅08:50⇒9:24坂下バス停

9:30山行開始⇒11:50小ピーク⇒12:30小女郎ヶ池⇒12:45小女郎峠⇒

13:25蓬莱山14:10⇒14:30笹平14:50⇒15:00打見山15:15⇒

15:45クロトノハゲ⇒16:25天狗杉⇒17:30キタダカ道登山ポスト⇒

17:40琵琶湖畔18:05⇒18:15志賀駅⇒19:57JR大阪


f:id:arkibito:20160505235810j:image