Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2017-03-22

名古屋の夜は更けて

名古屋に戻ってきて、あとは呑み!


名古屋駅を出て北側に少し歩いて、

向かったのは「のんき屋」さん。

名古屋の老舗中の老舗です。

常連さんは外の立ち飲みで、

大鍋を目の前にサクサクっと切り上げていきますが、

せっかくなので中でゆっくり座って飲みます。

中も大繁盛でごった返していますが、

手慣れたスタッフがきびきびと回していていい感じ。

それにしてもさすが老舗だけあって、

佇まいに味があって、それだけもウマイとわかる。


↓のんき屋

f:id:arkibito:20170317202238j:image:w360


↓すでにうまそう

f:id:arkibito:20170317202230j:image:w640


↓味な店

f:id:arkibito:20170317202222j:image:w640


しょっぱなはやっぱり生!

と、お母さんにお願い。

メニューは串ものとおでんがメインで、

1本90円〜110円くらいの相場

1品1本ずつ頼むというより、

みんな3本とか5本とかまとめてドカドカと注文する感じ。

まずはあんまり大鍋の煮え具合がよかったのでどて焼。

さすが味噌王国ですからね、旨いに決まってます。

心臓はお母さんのお勧めで塩。


↓まずは生とどて焼(1本90円)

f:id:arkibito:20170317195203j:image:w360


↓心臓は塩で

f:id:arkibito:20170317195502j:image:w360


串カツも頼みます。

大阪を習ってかここも二度づけ禁止とありました。

ちなみに、今でこそ大阪串カツの本場みたいになっていますが

自分が今の仕事を始めたほんの10年前までは

大阪名物でもなんでもなかった。

マーケティングの妙。

ここもそうだし、おちょぼさんの玉家さんとか、

個人的にはこっちの地域の人の方が串カツのイメージ。

そして追加のトン辛焼、うめ〜〜〜〜。たまらん!

大阪ではこういう感じのホルモン串出すところほとんどないので

ほんと羨ましい。


串カツ

f:id:arkibito:20170317195728j:image:w360


↓トン辛焼

f:id:arkibito:20170317200029j:image:w360


そうそう、せっかくのおでんも忘れずに。

こちらも人気で、タネ切れが多かったけど、

大根のシミシミ具合、味噌の甘辛い感じ、たまらん〜!!

いやはや、最高でした。ごちそうさん!!


おでんも忘れずに

f:id:arkibito:20170317201406j:image:w360


↓常連さんは外の立飲みで直接ナベにドボン

f:id:arkibito:20170317202226j:image:w360


1軒目を後にして、次に向かったのは円頓寺商店街

この東側のエリアがどうも最近賑わっているらしく、

若い人たちがシャッター商店街に入り込んで色々やっていて、

大阪でいう、裏ナンバや天満市場界隈のようなところらしいので行ってみる。

本当はここにあるバックパッカーの宿「西アサヒ」さんに

泊まろうと思っていたのだけど、

連休ということもあってか一杯で残念。

確かにこの商店街、深く掘れば面白そうでしたが、

お目当ての店が別にあったので軽く流してスルー。


円頓寺商店街

f:id:arkibito:20170317203758j:image:w640


大阪の商店街でもここまではみ出さないぞ?

f:id:arkibito:20170317203307j:image:w360


↓と、殿!

f:id:arkibito:20170317203419j:image:w360


↓西アサヒ

f:id:arkibito:20170317203633j:image:w360


で、商店街の東の端のアーケードを抜けた先にある

「五條」さんにやってきました。

個々の佇まいがすでに味。

中に入ると奥に細長いコの字カウンターで、

物静かなご夫婦で切り盛りされています。

店内は音楽もなく、常連客の世間話がBGMという、

まことに普段使いの地元に根差した感じ。

やはりここでもメニューは同じ。名古屋は徹底されている感じで、

串カツとどて焼、そしてホルモンの串。

いやあ、ここも最高でした。

抜群のテリと、甘辛い味噌ダレ。

名古屋の夜のゴールデンコースで決まりですな。

ごちそうさん


↓五條

f:id:arkibito:20170317203824j:image:w640


↓生とどて焼

f:id:arkibito:20170317204028j:image:w360


↓味な七味

f:id:arkibito:20170317204108j:image:w360


↓味な店内と味なお母さん

f:id:arkibito:20170317204230j:image:w360


↓この照り!きも焼きととん焼

f:id:arkibito:20170317204634j:image:w360


↓皮焼とつくね

f:id:arkibito:20170317210008j:image:w360


結構がっつり飲んで食べたのでおなかの具合もそろそろ。

でも〆はしっかりということで、名古屋駅に戻りつつ、

やってきたのは名古屋の中華といえば、

ここしかないということで、

夜中なのに超行列ができて賑わっている「味仙」へ。

すごい人出、店内は熱気ムンムン。

あちこちから飛びかう注文をスタッフが迅速でさばき、

それをゴッドマザーのようなお母さんが

目を光らせ、地獄耳を立ててコントロール。

戦場のようですがこのワイガヤ感はアジアの屋台のような感じで楽しい。

お目当ては当然、台湾ラーメン

もうね、辛いのなんの。でも、レンゲの進む手が止まらないんです。

あああ、辛い!ヒーハー!!でも旨い!!


↓味仙

f:id:arkibito:20170317220029j:image:w360


台湾ラーメン600円

f:id:arkibito:20170317214222j:image:w640


大満足で名古屋の夜を楽しんで、

今宵は定宿にしている「宝温泉」に。

大浴場で疲れを癒し、休憩所でゆったり就寝。

翌日も愛知を楽しみますよん。


湯〜とぴあ宝にて一泊

f:id:arkibito:20170318061901j:image:w360

2017-02-09

大旦那さんにて

昨日は懐かしいお方にお誘いいただいて天満の大旦那さんで呑み。

わざわざ都からお越しいただいたT君は、

暗黒の院生時代の数少ない友人の一人。

知り合ったのは院より前、

関西の各大学の映画部・映画サークルの集まりがあって、

そこに出入りしている時に知り合いました。

こうやって会って話するのは本当に7,8年ぶり。

積もる話もあり、立ちじゃなんだからと、

大旦那さんでラストまで。

ええ酒呑めました。

やはり、どっかでつながっているって大事だなあ。


f:id:arkibito:20170208200416j:image:w360


f:id:arkibito:20170208211930j:image:w360


f:id:arkibito:20170208212809j:image:w360

2017-01-26

酒場探訪記 本町の最奥へ 「炉ばたワコー」

水曜日。

エクストラの仕事があって、

会社を出た後もろもろ大阪市内をめぐって撮影。

そのついでに、通りがかった本町で珍しく呑みましょう。

ということで向かった先は、

真っ暗なシャッター街の奥の奥に、怪しく光る赤提灯。

ビニシーをくぐると、

そこには大人のパラダイスが広がっておりました。


↓とある路地の最奥へ

f:id:arkibito:20170125204546j:image:w360


↓炉ばたワコー

f:id:arkibito:20170125204604j:image:w360


シャッター街のドンツキを雑に仕切っただけのスペースに

炉端の焼台があり、そこを囲んで12人ほどのカウンター、

さらに別の空き店舗のスペースにも席はあるようです。

10年以上前の天満市場の界隈、上海食亭さんの屋台だけが

シャッター街に灯りをともしていた頃を思い出させます。


↓突如現るパラダイス

f:id:arkibito:20170125204937j:image:w360


早速ビール注文して、メニューを拝見。

すると金額は書いてありません。

ちなみにこの日はビール1杯にレモンチューハイ2杯、

付き出しの枝豆に、アテを4品頼んで3000円弱でしたので、

良心的なお値段だと思われます。


↓メニュー(金額書いてません)

f:id:arkibito:20170125210020j:image:w360


まずはビールをしばきながら、アテの枝豆を。

早速上がってきた万願寺を即完食。

続いて上がってきたのは、

牛肉の赤ワイン煮とアスパラをベーコンで巻いた

ベーコン巻トルネード。

これがめっぽう旨い!

甘辛くたかれた牛肉のコクのあるうま味と、アスパラの食感、

そしてベーコンの香ばしさが絶妙。


↓ベーコン巻トルネード

f:id:arkibito:20170125205823j:image:w360


ビールを開けて、レモンチューハイにスイッチ。

ここはレモンがビッグサイズで出てきてびっくり。

プレーンチューハイに、おもきしレモンを振り搾って煽る。

プハア〜@@@

そこにいいタイミングで、ささみトリネード。

ええやないの〜♪


↓レモチューにささみトリネード

f:id:arkibito:20170125210549j:image:w360


このビッグなレモチューにはまってもう一杯おかわり。

ラストのアテに頼んだミートパイをハフハフしながら。

このミートパイも外がパリパリで、

中はミートとチーズとトマト。

味付けは甘くなくておとなな味わいでレモチューに合う!


↓ワコー名物ミートパイ

f:id:arkibito:20170125212755j:image:w360


こういう隅っこの隠れスポット大好物でございます。

大将もお姉さん方も活気があって、

香港か台湾の夜市に紛れ込んだようなそんな面白さがありました。

ほな、また!

2016-12-06

ご近所めんライフ 「えびす丸」「大阪にぼ二朗 加藤屋」「シロマルベース」「塩元帥」「そば処祐」

最近グルメ記事が停滞気味なので一気に。

どうも最近、会社の近くでよく利用している

三ツ星製麺所の営業が安定せず、ひょっとして閉店したのかなあ?

経営移譲してなにかあったのか?

その影響は少なからずあって、ほかのお店が混んで大変。


さて、今回の1軒目は、

ニューフェイスながらすでに行列の絶えないお店「えびす丸」。

味は丁寧なつくりとわかる旨みなのだが

いつものことながらオペレーションが悪すぎ。


↓えびす丸 濃厚鶏白湯

f:id:arkibito:20161025123751j:image:w360


つづいては、珍しく二郎系、「大阪にぼ二朗 加藤屋」。

ここも周辺に専門学校が多いので常に混雑。

がっつり、野菜マシマシ、タレマシマシ、脂マシマシがウリだけど

野菜の高騰の影響か、かなりショボくなってしまった。


↓加藤屋 醤油

f:id:arkibito:20161027122253j:image:w360


時々ムショーに食べたくなるのが、

東通り商店街にある「シロマルベース」限定のスタミナベース。

濃厚なとんこつスープに、バリカタ細麺、

がっつり豚生姜焼きをインして、生卵がドボン。

素晴らしすぎるコンビネーション。

ウマシ!


↓シロマルベースのスタミナ

f:id:arkibito:20161104193417j:image:w360


いつもの塩元帥さんで、あえての味噌。

お味噌は大阪天満宮前にある老舗のとりゐ味噌さんのもの。

滋味深く、優しい甘みが広がりウマシ!


↓塩元帥の味噌ラーメン

f:id:arkibito:20161110122637j:image:w360


続いても味噌。

えびす丸の横にある蕎麦屋さん「そば処祐」の味噌煮込みうどん。

鍋グッツグツでサーブされるので注意して食べないとやけど必至だけど、

とにかく体が温まるし、うまいのです。


↓そば処祐の味噌煮込みうどん

f:id:arkibito:20161114122909j:image:w360

2016-11-14

BATON STREET

日曜日はお昼から家族でご近所お出かけ。

中之島でスマイルサイクルフェスタという

交通安全のイベントがやっているというのでそちらへ行ってみたが

あまりに人が多く、アトラクションやイベントは大行列で

これは埒が明かないのであきらめて早々に会場を離脱。

でも、せっかくのいいお天気だしということで

天満公園界隈をブラブラ。

新婚時代にこの辺りに住んでいた頃、

愛犬よっくんのお散歩でよく歩いた思い出の地。

川沿いの並木が何とものんびりとしていて、

大阪市内でもゆったりと時間が流れるお気に入りのエリアです。

最近ちょっとにぎわっていると聞いていたのですが、

BATON STREETという名で色々なお店がちょこちょことできていました。

なんだか、今みたいにワンサカ人が来る前の堀江みたいな雰囲気。


↓BATON STREET

f:id:arkibito:20161113142958j:image:w360


ちょうどお昼時でおなかが減ったので

サンドイッチ専門店のCOBATO836でランチ。

オーダーを受けて、ベーコンを鉄板で焼き、こだわりのパンでサンド。

うまい!


↓COBATO836

f:id:arkibito:20161113142651j:image:w360


↓BLT

f:id:arkibito:20161113143136j:image:w360


近くには、ニューヨークチキングリルのお店や

コッペパン専門のコバトパンなどがあり、

いろいろ楽しめます。


↓コバトパン

f:id:arkibito:20161113142901j:image:w360


お昼を済ませたら、近くだったので大阪天満宮にお参り。

この日は七五三でたくさんの親子連れがいました。

長女がやりたいというので出店のスマートボールやヨーヨー釣りで遊ぶ。

商店街をブラブラ歩いて、

扇町公園で長女の遊びに付き合いながら

次女のハイハイの練習。

晩御飯は甥っ子の七五三のお祝い。

山行で披露した体を回復しながらのんびりとした日曜日を過ごせました。