Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-05-01

天満の店 プレミアム酒飲み放題イベント

腕は折れても心は折れず。

ということで、GW直前に酒飲み集会

例の「天満の店」で初のイベント開催ということで、

これは駆けつけねばなりませぬ。

ということで仕事終わりに遅がけであっちょとキョーソ様と。

すでにイベント開始から2時間も経過していて、

我々以外はもう店内完全出来上がっております。

店長さんも来ない来ないと心配をおかけしました。

この日はいつもと同額の3500円で、

いつもよりワンランク上のお酒全部解禁で呑み放題。

連休前の平日の夜というのに、この盛り上がりはさすが天満

事前に買い込んだアテをつまみつつ、うまい酒をがぶがぶ。

とりあえず途中から何呑んだか覚えてませんが、

写真撮ってたようなのでとりあえずアップ。

あの自由気まま、一期一会の酒飲みはやっぱ楽しいですなあ。


↓新政NO.6 S-TYPE

f:id:arkibito:20160427201752j:image:w360


田酒 特別純米

f:id:arkibito:20160427202051j:image:w360


↓片野桜 山廃純米

f:id:arkibito:20160427203334j:image:w360


↓原田 特別純米

f:id:arkibito:20160427203957j:image:w360


鍋島 純米吟醸

f:id:arkibito:20160427205406j:image:w360


獺祭スパークリング50

f:id:arkibito:20160427210207j:image:w360


↓山間 6号中採り直詰め

f:id:arkibito:20160427210711j:image:w360


↓風の森 山田錦 純米大吟醸

f:id:arkibito:20160427211200j:image:w360


↓カネナカ生酛純米

f:id:arkibito:20160427211435j:image:w360


↓口万

f:id:arkibito:20160427212215j:image:w360


↓磐城壽 純米吟醸 甦る

f:id:arkibito:20160427212425j:image:w360


神亀 純米

f:id:arkibito:20160427212723j:image:w360


丹波ぶどう山深

f:id:arkibito:20160427215146j:image:w360


↓お隣同士ごちゃまぜで大盛り上がり

f:id:arkibito:20160427213738j:image:w360


↓てんちょーサンキューです!

f:id:arkibito:20160427223631j:image:w360

2016-04-26

球春到来

とにかく右手オンリーでタイプするのが億劫で

長い記事がなかなか書けずに時間が過ぎてしまった。


決戦前日。

娘が土曜授業の間に、久しぶりに梅田のウェパへ。

翌日の野球大会の羽曳野のグラウンドまでは毎年自走。

その前に、もう3年前に装着したままでカッチカチ、

ツルツルのタイヤを交換しないといけない。

とりあえず、ミシュランのPRO4を2本とクリートお買い上げ。

帰宅後、タイヤ交換するのだが、とにかく悪戦苦闘!

もともとタイヤをはめるのは上手じゃなかったけど、

コツも何も完全に忘れてしまっていて、全然はまらない。

手の皮がむけるんじゃないかと思うくらい四苦八苦の末、どうにかこうにか。

本当にロード復帰できるんだろうか???

リアのホイールだけ交換して、ディープのコスカボにスイッチ。


当日。

朝7:30に起床して準備し8:15ごろに出発。

過去二年、ものすごい暑い年と、ものすごい寒い年とあって、

レイアリング迷ったけど、暑くなりそうだったので薄着で。

天満橋筋を滑走し、そのまま谷町筋へ。

まだ起きたての町は交通量も少なく走りやすい。

前日にホイールを変えたのだけど、どうもサイコンが作動しない…

機械は反応しているのだけど、計測されず、スピードすら表示されない。

きっとマグネットのほうの位置が悪いのだろうといじるのだが

全然改善せず。とりあえず遅刻厳禁なのでメーターなしで行くことに。

四天王寺R25に折れ、そこから裏道を抜けて

長居公園東通りに出る。

南に抜ける時は大抵この道を使ってたなあ。

広くて交通量も少なくまっすぐで走りやすいのだ。

行基大橋で大和川を渡り、大泉緑地をかすめる。

そこから裏道を伝い、初芝に出て、東進に転じる。

R309をまたぎ、その先のコンビニで朝食と水分補給をしていたら

チームメイトで内野の要のHさんとばったり。

いろいろ買い込んでから定刻通り会場入り。


すでに今回先発を予告しているカントクが投球練習を始めているので

さっそう着替えて、練習に参加。

投球練習に交じって打席に立ち球に慣れたり、

キャッチボールで肩を慣らしているうちに、

ほかの面々も続々集まってきた。

相手チームも集まってきて、早くも舌戦がはじまる。

相手は大会で何度も優勝・準優勝していて、毎週チームで練習をしているガチ集団。

一方、我々は年一回この日だけ集まり、

あとは個々でイメトレをするだけというなんちゃって集団。

勝てる見込みは限りなく薄いのだが、やはり同士対決には燃えるものがあります。

円陣を組んで号令をかけ、メンバー表を交換したら、いざプレイボールです!


↓練習中

f:id:arkibito:20160410121219j:image:w360


まずは初回。

相手先発はセンター長のH部長。

わざと打ちごろの山なりボールで誘い水の作戦にまんまとかかる。

わがチーム随一のスラッガーKさんが、

みごとにセンターへと打ち返し、長打確実!チャンス到来!と思ったら、

足がもつれてセカンドコースアウトでチェンジ。

裏、相手チームの攻撃。こちらの先発は監督!

1年間密かにみっちりと自主トレをつづけていた成果を見せつける時!

が、立ち上がりの不安定さを突かれ、連打連打であっという間に3点先行…

まあ実力の差は明らかです。


相手先発のH部長

f:id:arkibito:20160410131009j:image:w360


いつもならここから、

コールド負けを回避する必死の戦いとなるのがオチなのですが、

今年は相手相手だったせいか、メンバー全員に火が付き、接戦となります。

次の回も三者凡退ながら、その裏、守備力を見せつけて0点でしのぐ。

この守備のリズムが次の攻撃につながります。

3回表は8番バッターの私から。

H部長が打ちごろの誘い球を放ってくるので、思わず振りに行きたいが

1打席目で球筋を見ておきたいのと、

できるだけ球数を放らせてスタミナを削る目的で、辛抱強く球を見送る。

とにかく反撃にはまず出塁というのを心がけ、粘って粘って四球で出塁。

あまり球速がなかったし、キャッチャーも強肩とまではいかない感じだったので

ここで揺さぶりをかけて二盗を試みる。

ちなみに自分は足にはまったく自信がない。

球技も自信がない。

それでさらに萎縮して、失敗したらいかんと余計なことをせず、

無難なプレーを心掛けていたのだけど、

過去2年で走塁は評価されていたので

みんなのハッスルぶりに自分も奮起してみました。

無事に成功し、間髪入れずに三盗。

盗塁直後でまさかというタイミングだったので楽々セーフ。

これでHさんが乱れ始め、連続四球で、満塁のチャンス。

ここで打席にはMさん登場。

類はすべて埋まっているので、自動的にスタートを切らないといけない。

打席に集中して、一球ごとにアクション。

で、Mさんが放ったのが投ゴロ!

おおい!全速力でホームに突っ込みます。

残念ながら、間一髪間に合わず、本塁フォースアウトしてしまう。

しかし、自分が突っ込んだことで慌てたキャッチャーがダブルプレーを焦って、

一塁へ大暴投!

そのおかげで、バッターまでが本塁生還をし、一気に3得点で同点!

結果的に自分の走塁が救われることになりました。


ただ、この本塁プレーの際に足からスライディングした際に、

勢いよく手を地面に打ち付けた上に、キャッチャーが乗りかかるように交錯して

左手首にグキッと衝撃。

よく山で転倒した際に左手首を負傷するが、その時の衝撃よりさらに強めの痛みが走る。

ああ、やっちまった…しかもちょっとヤバそう。

ぐりぐりと手首を回そうとするのだが、痛みがひどい。

さすがに折れてはなさそうだが、動かすことができない感じ。

ベンチ裏でシップを張って治療するが、

試合に集中して興奮していることもあって、

まあ大丈夫だろうとプレーを続行する。


そのあと、ライトでの守備機会もいくつかあり、フライも来て冷や冷やだったが

どうにか痛む手でアウトをもぎ取ることができた。

さらに2打席回ってきたが、もうバットを返すのもできないほどの痛みで

軽く添える程度が精いっぱい。

でもそれを相手チームに悟られるといけないので、しっかり打席に立つ。

とにかくボールを当ててしまうと衝撃がすごそうなので、

これまたブンブン振らずに、出塁優先で、ボールを見極めさらに2四球を選ぶ。

結果的に、3打席3四球で、3盗塁、2得点。

相手ピッチャーもずいぶん自分の足を警戒するようになり、

そこで集中が切れたところをしっかり次のMさんが返してくれたので、

得点に絡むことができました。


で、まさかまさか、強豪相手に7-4と勝っている状態で最終回裏の守り。

こちらは手ごまのピッチャーがスタミナ切れで、

打ち込まれて7-8のサヨナラ負け。見事なルーズベルトゲームでした。

やはり最後は地力の差が如実に現れました。

勝つってムズカシイ。

でもこれで勝ってしまうとトーナメントなので、

翌週も試合になってしまうところで、みんな微妙に負けて安堵もしていました。

でも初勝利したかったなあ。

試合後は、毎年恒例の桜の木の下で記念撮影。

今年は野球の醍醐味を見事に詰め込んだ試合で、

あらためて野球の面白さを味わえました。

メンバーの結束も年々高まってきているし、早くも来年が楽しみです。


↓白熱の試合展開

f:id:arkibito:20160410121210j:image:w360


全て終わって、着替えをして自分はロード自走で帰らねばなりません。

ここでロードの姿勢でハンドル握れるのかという問題に初めて気づきます。

手の甲がかなり腫れて、手首は痛みでもはや動かせない。

しかしチャリンコを置いていくわけにもいかない。

着替えを済ませてマシンにまたがるが、やはりハンドルに手を置くと痛む。

走り出しは下り坂なのだが、自重がかかると手首が途端に悲鳴。

手のひらではなく、腕の部分をハンドルに置くような形で、

徐行運転で2.5時間かけて帰宅。

ただの打撲で腫れていると思ったんだけどなあ。

2016-04-04

お宮参り

日曜日。

朝から大忙しの一日。

お宮参りです。

まずは大慌てで準備をして、一族で近くの写真館まで。

赤ん坊はじめての外出で、大人はドッキドキだったのだが

本人は爆睡で全く起きず。

写真館で粘ってみたけど、頑として目を開けず(笑)。

いつも目が固くて困っているのにこんな時だけ爆睡するとは!


↓小!

f:id:arkibito:20160403105439j:image:w360


写真を無事に撮り終えて、タクシー分乗で大阪天満宮へ。

ちょうどタイミングが良かったのか、

他の人と合同にならず単独でお参りできました。

長女も見よう見まねで二礼二拍一礼して、しっかり祈願しておりました。

本人はここでも爆睡。


天満宮へ

f:id:arkibito:20160403101202j:image:w360


そのあと近くの料理屋さんで、ささやかながらの小宴。

ちびっこも勢ぞろいで大賑わい。

お天気が心配だったけど、雨に振られることなく、

桜の下でも写真が撮れたし、

みんなに祝福されて、何よりでした。


↓祝いの席

f:id:arkibito:20160403125743j:image:w360

2016-03-11

阪神に寄り道 北陸4県 日本酒バルスタンド

阪神百貨店の8Fの催し物ブースで、9日〜15日に、

「北陸4県食べ歩き飲み歩き」イベントがやっていて、

そこで約100種の日本酒が供されるということで、

地酒好きの上司と一緒にちょっとばかし寄り道。


↓北陸4県せいぞろい

f:id:arkibito:20160309200823j:image:w360


もう閉店間際に行ったのだけどなかなかの盛況ぶりで混雑している。

女性の割合も多くて、日本酒ブームをひしひしと感じますね。

まずは物産のほうでアテを1つずつゲットしてから、

バルスタンドの受付へ、飲み比べセットもあったけど、

一杯40mlではあまりに少ないので、気になった2種類をグラスでいただくことにする。

一杯は即決で、「山間6号にごり」。

例の天満の店で純吟頂いた時に、すっかり山間の虜になってしまいました。

もう一杯を色々悩んだのだけど、ここはもうネーミングで「妙高山」。

去年、途中で登頂を断念した数少ない山の一つなので、

代わりに飲み干してやんよ。

Tさんは、地酒の中で一番好きな銘柄の福井「黒龍」があったので

そちらを選んでおられました・


↓妙高山 純吟 & 山間6号にごり(黄ラベル)

f:id:arkibito:20160309194614j:image:w360


まるで地下のスナックパークのようなノリで、

ざっくばらんに立ち飲み。

にぎわいをBGMにさくっと飲んでさくっと退散しました。

じっくり飲むには向かないけど、

普段あまりお目にかかれない酒を1杯300〜400円程度で

冷やかすには十分でした。


↓アテに白エビ唐揚げ & 栃尾の油揚げ

f:id:arkibito:20160309195039j:image:w360

2016-03-08

ハレトケさんにて

前から気になっていたお酒の在庫があるということで、

福島の「ハレトケ」さんに久々にお邪魔しました。

お目当てのお酒はラス1だけ残っていてラッキー♪

ただせっかく来たので、他に何かないかと冷蔵庫を見せてもらってから

いくつか試飲させていただきました。


↓ハレトケ

f:id:arkibito:20160304195503j:image:w360


↓冷蔵庫物色中

f:id:arkibito:20160304194722j:image:w360


まずは、大分は臼杵の「久家本家」さんの「USUKI 特別純米無濾過生原酒」。

見た目はまるで大瓶のようですが、その見た目を裏切らず、

シュワシュワパチパチとした発泡感があり、

ムロナマゲンらしいフレッシュ感が味わえます。

コメのうま味や甘さはそれほどでもなく、むしろキリッとビターでドライ。

味わいよりも、のど越しを味わうタイプで、どんなタイプの食事にも合わせやすそう。


↓USUKI 特別純米無濾過生原酒(久家本店)

f:id:arkibito:20160304192851j:image:w360


つづいては、兵庫県朝来市にある「此の友酒造」さんの

流通限定商品「KAKOYA 〜YELLOW〜 純米吟醸生原酒」。

非常にフルーティーでパイナップルのようなトロピカルな風味が特徴的で

女子や若者に受けそうな今風の日本酒。

もう少し後味がさらりと抜けてくれるといいのだけど、

少しベタつくような感じでした。


↓KAKOYA 〜YELLOW〜 純米吟醸生原酒(此の友酒造)

f:id:arkibito:20160304193415j:image:w360


お次は、最近流行になりつつある蔵元同士のコラボレーションの先駆けである

岡山の「ORIGIN FIVE」。

その名の通り、岡山の5つの蔵元が「岡山ZARU」というユニットを結成し

共同で醸造したアイテム。

醸した場所は倉敷の「十八盛酒造」で、

そこに熊屋酒造(倉敷)、菊池酒造(倉敷)、三宅酒造(総社市)、ヨイキゲン(総社市)から

若手の蔵元や杜氏が集結して造られたものです。

コメの甘味を最大限引き出した酒でジューシー感がありましたが、

まだ若干バラツキを感じます。

東日本では秋田の「NEXT5」、青森の「FUTURE4」、宮城の「DATE SEVEN」など

蔵元ユニットが盛んで、若手が酒造りや流通について活発な意見交換や交流をすることで

日本酒の魅力の再発見につながっていますが、

西日本ではまだまだこういった取り組みが少ないので

先駆者として引っ張っていってほしいですね。


↓ORIGIN FIVE 純米吟醸火入原酒(十八盛酒造)

f:id:arkibito:20160304194217j:image:w360


すでに3杯頂いて、

これ以上飲んでも味の違いや細かいフィーリングがわからないので試飲は終了。

でお目当てのお酒ともう一本購入しました。

まずそのお目当てのお酒というのが、兵庫県は養父、

氷ノ山のお膝下の関宮集落にある小さな酒蔵「銀海酒造」さんの「稜線」。

関宮から見える山並みを描いた印象的なラベルがずっと気になっていて、

やはり山の人間としてはいっちょ呑んでみたいと思っていたのです。

ここの酒蔵はこれまでほとんど地元流通だけでしたが、

ハレトケさんのおかげで見事ゲットできました。

500mlで2100円とちと値が張りました。


もう一本は、舞鶴の蔵元「池田酒造」さんの「池雲 CLOUD」。

結局試飲した酒ではないものを選んでしまいました(笑)

ハレトケさんのご主人が綾部出身ということで、

丹後・丹波・但馬地方のまだ知られていない小さな蔵元の

ラインナップを精力的に増やしておられて、そのうちのひとつです。

ぼちぼち呑みたいと思います。


↓銀海酒造の「稜線」 & 池田酒造「池雲 CLOUD」

f:id:arkibito:20160304205512j:image:w360


帰りがけに、例の「天満の店」にちょっとだけ顔出し。

4月にお店初のイベントが決定し、そちらの予約に。

兄ちゃんが顔を覚えていてくれて、ひと盛り上がり。

ちょっとだけわがままを言って、有料試飲分の代金だけ支払って

新政のNO.6をいただいちゃいました。