Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-12-27

銭湯からメリークリスマス 銭湯ペンキ絵ライブペイント at ユートピア白玉温泉

金・土と京都2DAYSをこなし、ちょっとお疲れモード。

年賀状などしないといけないこともあるので、

日曜日は自宅にこもってのんびり作業と思っていたのだが、

土曜日の晩に、関西おもしろ博士として敬愛している

丸井輪太郎さんのタレこみ情報で面白そうなネタを発見してしまった!


なんと、京橋の近く、ガモ2(蒲生2丁目)にある銭湯屋さんで、

銭湯絵師によるライブペインティングがあるというではありませんか。

そんなのめったに見られないし、ぜひ行ってみよう。

また長女のものづくり精神にくすぐりを入れてやろうということで、

家族全員で遊びに行ってきました。

(輪太郎さんにも会えれたらよかったんだけど…)


ということで、自宅からタクシー飛ばしてやってきました

ユートピア白玉温泉。

我が家の近所にある銭湯よりもずっと立派で、1Fが駐車場、

2Fがロビーと浴場になっています。


ユートピア白玉温泉

f:id:arkibito:20161225095229j:image:w360


今回のイベントは題して「銭湯からメリークリスマス!」つまり銭メリです。

日本でたった3人(つまり世界で3人?)しかいない

現役の銭湯ペンキ絵師さんが、

その技を披露するというとっても貴重なイベントです。

大阪銭湯はタイル絵が主流で、

現在大阪市内でペンキ絵を掲げているのは、この白玉温泉だけなんだとか。

加えて、実は関西ではあまり富士の絵が壁に描かれているところは少なく、

なおさら貴重なのです。


銭湯壁画とは違いますが、ほんの少し前までは、

天六にあった映画館のホクテンザの看板は全部手描きの画でしたし、

阪急梅田駅から電車が出るとすぐ、

DDハウスの辺りにも映画告知のためのでっかい手描き画が

目に飛び込んできたものです。

デジタル技術、印刷技術が格段に向上した現代ではもう、

わざわざ手間もかかる手描きなど不要なのでしょうが、

あれはあれでとても味があったなあと思い出します。


銭湯ペンキ絵ライブペイン

f:id:arkibito:20161225095341j:image:w360


さて、今回のイベントは「富士の四季」と題して、

24,25日の2日間で、

5色のペンキを使って畳1畳分のペンキ絵を4枚制作するということで

すでに前日に書き上がった分の絵が乾燥のために掲げられていました。

また、この日は残念ながらお風呂に入れなかったので見れませんでしたが、

男湯の壁面に縦2m、横4mものサイズの「霊峰白山」が23日に描かれたそうで、

これはまた別途拝見しなければなりません。

ちなみになぜ白山が描かれたかというと、

実は大阪銭湯経営者の約9割は北陸出身、それも石川県民の方が多く、

今回、府公衆浴場生活衛生同業組合の方から、

ぜひとも故郷の山を描いてほしいという依頼があったからだそうです。


↓前日仕上がった絵がこちらの春の富士

f:id:arkibito:20161225095619j:image:w640


さて10時になり、最年長絵師の丸山さんが登場。御年81歳!

おもむろに真っ青なベニヤ板

白いチョークで軽く構図を描いていきます。

本当に軽いタッチで、さささっと早業。

今回は冬景色の富士山を描くようです。


↓いよいよスタート

f:id:arkibito:20161225100253j:image:w360


↓チョークで軽く構図を下書き

f:id:arkibito:20161225100430j:image:w360


↓今回は冬景色の富士

f:id:arkibito:20161225100801j:image:w640


もっと精密に書き込んでいくのかと思いきや、

いきなりでっかいハケに青色のペンキをどっぷりと浸し、

何の躊躇もなく、ざざーっと一気に青空の部分を塗っていきます。

全く迷いなし!

そこから、トレーにある青色に少しずつ白や水色を足して、

様々な色味の青色を作り出しては、空に塗っていき、

画に色調を施していきます。

びっくりしたのが、これらの青を作り出すのに、

赤色がよく混ぜられていたこと。

色の調合も迷いなく、

山の陰影や、空模様をあっという間に浮かび上がらせていきます。

まるでマジックの早業を見せられているかのような感じ。

あれよあれよという間に、

富士山の原型がボワンと浮かび上がってきました。

その大胆な作業ぶりに、長女は最前列でかぶりつきでガン見。

声をかけれないほど集中して見つめていました。


↓びっくりするくらいササっとペンキを塗っていきます

f:id:arkibito:20161225101001j:image:w360


↓わずか5色のペンキを微妙に足したり引いたりしながら調合

f:id:arkibito:20161225101625j:image:w360


↓早くも富士が浮かび上がります

f:id:arkibito:20161225102328j:image:w360


↓娘もかじりついてガン見

f:id:arkibito:20161225102428j:image:w360


空の具合と、山のシルエットが仕上がると、

次に山頂の雪入れが始まります。

まずホワイトでくっきりとベースを施したら、

そこからそのホワイトにまた色を調合したものを

その上から何度も塗り足していき、気づけば見事な富士山が!


↓山頂の雪が入ります

f:id:arkibito:20161225103310j:image:w360


↓お見事!

f:id:arkibito:20161225103524j:image:w640


主役を描き終えると、

今度は裾野に広がる樹林帯と、

中央を流れる川を描きこんでいきます。

筆の立て具合を微妙に変えたり、

画材に押し付ける感覚でもって、

木の幹や葉っぱの部分などを繊細に描き違え、

さらにそこに微妙にブレンドを変えた色を加えていきます。

そうして、ある程度全体像が整ってきたところで

中休みに入りました。

ここまででわずか50分。

ドキドキしてみている側はもっとあっという間だったような感じです。

この途中段階でももはや名作の域。スゲー。


↓裾野の森を書き込んでいきます

f:id:arkibito:20161225104227j:image:w360


↓スゲー

f:id:arkibito:20161225105233j:image:w640


休憩の間に、丸山さんと少しお話しすることができました。

特に長女はこの魔法使いのように絵を仕上げていく、

丸山さんに尊敬のまなざし。

会場で売っていたポストカードにサインもいただきました。


↓現役最年長銭湯絵師の丸山清人さんと

f:id:arkibito:20161225105429j:image:w360


さて、20分ほどの休憩ののち、仕上げに入ります。

白のペンキをちょんちょんちょんと乗せて雪を降らせていくと、

あっという間に白銀の世界!


↓絵に雪が降ります

f:id:arkibito:20161225111617j:image:w360


↓アッという間に銀世界

f:id:arkibito:20161225112514j:image:w640


そこから木々の幹や、水面に映る陰など、

細かい部分を同じ筆を器用に使って描きだし、

雪の深いところと浅いところの塗り足しなどの仕上げに。

冬景色はめったに描かないからと、

仕上げの確認はご本人ではなくお母さんにしてもらって(笑)、

いよいよOKもらいます。

最後にネーム入れをして完成です!


↓最後の仕上げ

f:id:arkibito:20161225112714j:image:w360


↓アッパレ!

f:id:arkibito:20161225113546j:image:w360


↓最後のOKを出すのはお母さん

f:id:arkibito:20161225113549j:image:w360


↓ネーム入れして冬の富士完成!

f:id:arkibito:20161225114914j:image:w640


わずか2時間前まではただの青いベニア板だったところに、

見事な冬の富士山が現れました。

富士山にはもちろん登ったことがあるけれど、

この丸山さんが描いた空想の富士山も、

山好きからしてもぜひとも登ってみたくなるような

実にリアルで魅力的なお山ですね。

これを眺めながらどっぷりと大浴場の湯船に浸かったら

さぞかし清々しいでしょうなあ。

でも水風呂に入ったら想像で凍え死にそう(笑)


銭湯のご主人とフィナーレのご挨拶

f:id:arkibito:20161225115042j:image:w360


最後に白玉温泉のオーナーさんとフィナーレのご挨拶。

スバラシイイベントを企画いただいて感謝!

廃れ行く銭湯文化を守るために、

ここでは色々なイベントや仕掛けを積極的にやってらっしゃるようなので

銭湯好きとしては今後もぜひ応援していきたいと思います。

そのあと、イベント記念として、ガマの油売りの口上がスタート。

子供たちポカーンで失笑、失笑、大爆笑でした。


↓寸劇

f:id:arkibito:20161225120223j:image:w360


↓もっかい記念撮影

f:id:arkibito:20161225121347j:image:w360


↓やっぱりすごい!

f:id:arkibito:20161225121750j:image:w360


12時を過ぎ、丸山さんや白玉温泉の皆さんにご挨拶をして帰路につきます。

帰りにいつものお店で焼きそばお好み焼き

下の子が欲しい欲しいとぐずるので焼きそばを上げてみるとペロリ。

人生初の味に大ハッスルしておりました。


↓昼飯

f:id:arkibito:20161225134619j:image:w360


ということで大充実の週末でございました。

金曜日の人形劇、土曜日のミュージカル、

そしてこの銭湯ペンキ絵と、

どれもクリエイティブの極意のようなものを目撃して

自分も娘も、なんかしたい!なんか作りたい!なんか描きたい!

というのがモリモリ湧きあがってきています。

この年末年始は我が家はいろいろ忙しくなりそうです!

2016-06-21

新酒入荷

父の日プレゼントで、奥さんから好きなお酒を買っていいよということで

お散歩がてら、家族で「天六まんじ酒店」へ。

ご近所にいくつかある酒屋さんの中でもなかなかのラインナップで、

手書きポップで分かりやすく酒の特徴を紹介してくれるので、

時々利用させてもらっている。

何より大好きな銘柄である「花巴」や「安芸虎」「東洋美人」があり、

また注目している滋賀高知の酒の充実ぶりがうれしい。

全国から厳選した食材などもあって、意外と宝の山だったりします。


冷蔵庫の中をあれやこれやと吟味して、2本選びました。

まず1本は滋賀県堅田の「浪乃音酒造」さんの「渡船 純米大吟醸」。

このお酒は幻の酒米と言われていた「滋賀渡船」を50%まで精米したお酒。

この「渡船」という品種は、

現在酒米の主流となっている「山田錦」の父系品種にあたります。

母系品種である播州の「山田穂」との掛け合わせが山田錦として発展していき

今では不動の地位を確立するに至ります。

ちなみに現在最も古いとされている酒米は、

岡山県の「雄町」でそのルーツは150年以上にさかのぼります。

この「渡船」は一説によれば福岡県産の「雄町」のことを指すとされていますが、

必ずしも「渡船」=「雄町」とは言い切れないらしく、謎の多い米だそうです。

この「渡船」は半世紀前までは滋賀酒米として広く栽培されていたのですが、

戦後の食糧難や病害虫に弱い品種ということで栽培が途絶えていました。

滋賀県農業試験場に僅かな種籾が残っているのが発見され、

地元米による酒づくりの機運が高まり、

復活栽培となったという経緯があります。

幻の原米に、比良山系の名水、

そして釜屋の長男、杜氏の二男、麹屋の三男の三兄弟のあ・うんの呼吸で醸された酒。

まだ飲んでないけど、大好きな浪乃音酒造さんのお酒なので期待大です。


f:id:arkibito:20160619174055j:image:w360


つづいては、思わずのジャケ買いをしてしまいました。

冷蔵庫の奥からにっこり微笑まれてしまったら、手に取ってしまうでしょう?

美酒王国・秋田の阿櫻酒造さんの「純米生原酒 りんごちゃん」。

まるでりんごのスパークリング酒のような感じですが、立派なポン酒です。

リンゴ酸を多く含む酵母・NO.77を使ったお酒なのです。

度数12%ということで結構な低濃度酒ですが、

ジュワ〜っと濃ゆい甘味が呑んだ瞬間に広がり、

そのあと、その濃厚さが嘘のようにスゥ〜っとベタつかずに消えていく感じ。

しかしこれは度数が低いとはいえあまりに飲みやすくて危険な代物。

微炭酸だったらなおのことよかったかもしれないなあ。

2016-05-17

ご近所めんライフ 「ラーメン鱗」「手打ち麺やす田」「五山ラーメン」「すなお軒」「大和」

GWはほぼほぼ仕事詰めでしたが、世の中は連休。

そうなると、もともと飲食店の少ない会社周辺でお昼ご飯にありつけるのは

ラーメン屋しかない。

ということで、GWに食べたご近所ラーメン屋さんを。


まず1軒目は言わずと知れた「塩元帥」。

いまや一大グループに成長し、色々なところで見かけるようになりましたが、

この本店と、天六の醤大将はやはり別格なのです。

といいつつ、塩ではなく濃厚醤油を注文しちゃいました。

このお店、どの駅からも遠いのにいつでも人でにぎわってます。

お店の人も気合入っているのは分かるんだけど、

仕切りを任されている人の声が馬鹿でかすぎて、

こちらが起こられているような錯覚をおぼえるほどなのは勘弁してほしい。


↓塩元帥にて濃厚醤油

f:id:arkibito:20160506123057j:image:w360


2軒目は、食べログでの評価急上昇中の「ラーメン鱗」。

上品な塩味のスープに、鶏節が見事にマッチ。

麺もアルデンテで噛み応えが心地よい。

この界隈で一番好きなラーメンかも。


↓鱗

f:id:arkibito:20160407124343j:image:w360


↓塩

f:id:arkibito:20160407123217j:image:w360


続いてはちょっと足を延ばして、新大阪駅の東側へ。

まずは、「手打ち麺やす田」さんに久々の来店。

ここは本当に丁寧なお仕事をされていて、

澄み切ったスープは滋味よく、後味にふんわりとイリコが香る絶品もの。

麺のプリプリ感との相性もばっちり。


↓手打ち麺 やす田

f:id:arkibito:20160507131353j:image:w360


↓塩+焼豚丼(小)

f:id:arkibito:20160507130218j:image:w360


つづいては、その「やす田」さんの2軒隣に新しくできた「五山ラーメン」さん。

東京の有名店「五厘舎」の流れをくむお店らしい。

店は南国風のカフェをそのまま居ぬきしていて、

一見して本当にラーメン屋?と不思議な感じ。

定員さんも、妙に派手なお姉さんとインド系のおじさん、

それからロッカーな店長さんの組み合わせで、ますます怪しい。

ラーメンは、鶏白系とトマトラーメンの2枚看板という、これまた不思議なアピール。

初回はデフォルトを注文することにしているので、

五山ラーメン「極」を注文。

うーん、普通においしいけど、

この新大阪・南方のラーメン激戦区で

あまりここに来なきゃという個性は感じられず。

むしろトッピングのねぎが、大きさバラバラで刻んであったり、

色々雑さを感じるところが多かった。


↓麺や五山

f:id:arkibito:20160504135302j:image:w360


↓五山ラーメン「極」

f:id:arkibito:20160504134250j:image:w360


続いては、おなじみ西中島の一大勢力「すなおや」グループから

「すなお軒」。

これまでは海鮮丼とラーメンの2枚看板で勝負されていましたが、

本業とより明確に違いを打ち出すことにしたのか、

はたまた快晴ん丼のほうが人気がありあすぎて、

本来のラーメンの伸び悩みにいよいよ本気を出したのか、

海鮮丼をメニューから外して、ラーメン一本で勝負するように

業態が変わってました。

元々個々の中華そばは素朴な味で好きだったのだけど、

どうしても海鮮丼に目移りしてそちらを頼んでしまうことが多かったので、

海鮮丼食べられないのは残念だけど、

まあ本来の店のコンセプトに原点開始するのはよい選択だと思います。

で、新メニューに加わっていた本枯れ節ラーメンを注文。

いつもの中華そばよりも、渋みと味わいの深さがプラスされて

ちょっと大人なビターな味わいで、自分は結構好き。


↓すなお軒 本枯れ節醤油

f:id:arkibito:20160510123012j:image:w360


ラストは、ちょっと番外編。

ご近所を離れて、ミナミは木津市場へ。

ここには有名なうどん屋さん「大和」がございます。

昼時を避けて遅めに来たのだけど、かなりの行列で、30分ほど待ちます。

なにせ市場の一角にお店を構えているので、

10人も入ればいっぱいいっぱいの小さなお店なのです。

でもそのお店の沖さとは裏腹に、料理は実に太っ腹なのです。


↓大和

f:id:arkibito:20160408130825j:image:w360


色々メニューも豊富なのですが、ここは名物のカレーうどんを注文。

しばらくして出されたのがこれ!

写真では一見わかりづらいですが、

まるで生け花をする花瓶のようなサイズでどど〜んと。

なんでカイワレが1パック丸々入ってんの?

コレマジ食えんのかよと、さすがの大盛りフリークでもびびります。


↓海老天カレーうどん

f:id:arkibito:20160408131233j:image:w640


まずは上に乗っている大量のカイワレとネギを

カレーに沈めていこうとするのだが、全然沈んでくれない。

それもそのはず、その下には、牛肉やら何やら他の具材がぎっしり。

見事に聳え立っている超大海老ですが、

実はこのスープの中にもう一体潜んでおります。

この海老を食すだけでもかなりお腹いっっぱいになります。

もうね、うどんは何処いったん?

迷子なってしもとるよ。

どれもこれも揚げたて茹でたてで、ハフハフ汗をかきながら食べ進めます。

もううどんを食べに来ている感覚ではなく、

がっつり大鍋を一人で食べる感じ。

それでもお出しが効いて味はしっかり本格でおいしゅうございました。

ゲフッ。

2016-02-05

お酒ストック入荷

お酒のストックがなくなったのでちょこちょこと仕入れ。

早くも2月に入り、いつ出産となってもおかしくないので、

飲み歩きは控えて、家呑みにスイッチしていく。


まず1本目。珍しく、梅田の山長さんでお酒を購入してみました。

立呑みの方でもデフォで入っている愛知は西尾のお酒「奥」。

その生スパークリングをば。

生なので活性していて、

最初は一気に噴出さないように慎重にしましたが、

なかなか勢いがあってちょっとこぼしてしまいました。

それくらい元気なお酒。

スパークリングなのでスッキリさわやかなクレア時のお酒かと思いきや

どっぷり濃厚な飲み口でびっくり。

トロトロと甘味が口の中に広がり、ジューシーなボディでございました。


↓奥 生 純米吟醸原酒 スパークリング 夢山水十割

f:id:arkibito:20160129191955j:image:w360


お次は、Meetsの天満特集に近所の酒屋さんが紹介されていて

面白そうなのでいってきました。

天六まんじ酒店」というお店で、

なかなかツウ好みの目利きの効いたラインナップで種類も豊富。

大好きな花巴がずらっと並んでいるのも自分にとってはポイント高し。

これはなかなか使い勝手のよさそうなところを見つけました。

今回は、大好きな高地は安芸のお酒「安芸虎」を一升でお買い上げ。

ラベルのイラストの虎がなんともレトロで可愛らしいですね。

なんとなく福岡のチロリアンの缶を思い出します。

お酒のほうはスッキリとクリアな飲み心地でグイグイいっちゃう♪

やはり高知の酒は極上なり。


f:id:arkibito:20160202193738j:image:w360

2016-02-04

ご近所めんライフ 「群青」「あらうま堂」「すなお軒」「三ツ星製麺所」「塩元帥」「讃州うどん」

ラーメンネタもたまってますの放出。


まずは超ひさしぶりに、天六の隠れモンスター、「群青」さんへ。

な、な、なんと、まさかの券売機導入されていました。

ひさびさなのでデフォのつけそば二代目を300gで。

とても残念なのだが、あつもりチーズなどのトッピングもなくなってた…

しばらくして供されるとどうも様子が違います。

前はチャーシューがスープにブロックで入っていたのだけど、

麺のほうにきれいに盛り付けされている。

それはそれでいいが、問題はスープ。見た目からして明らかに薄いのだ。

昔は、見た目でもドロッドロで、実際麺をスープに浸そうと思っても

スープの濃厚さで、麺が沈んでいかないほどだった。

ついて来れる奴だけついてこい的な無骨さと大胆さに、

一瞬おののきながらも、意を決して食せば

その濃厚なスープに全く引けを取らない麺の風味が口の中に広がり、

よそでは絶対に食べることのできない絶品が味わえたのだが、

なんかフツーにおいしい…

食べやすいつけ麺になってしまっている。

はっきりいってちょっと残念。いやかなり残念。

なぜこんな客に媚びるようなつけ麺になってしまったんだろう。

ただでさえ、マイナーな場所で、入りにくい店づくりで、

それでも行列に並んでやっとありつける麺なのだから、

スープを飲み干す最後の一滴まで、

群青さんには妥協なく尖がっていてほしいのに。

ここのお店では阿呆な常連さんが何様かしらんが、結構店主に、

スープはこうした方がいいとか結構ダメ出し口出しをして、

店主もああ見えて人がいいもんだし、研究熱心なので、

その声を受けて色々変えてしまう。

人気に胡坐をかかず日々精進する姿勢はとっても素晴らしいのだけど、

人にあまり左右されない方がいい。

人に耳を貸すことでよくなることもあるだろうけど、

自分の一本の芯だけはちゃんと持ってないと。

元々このお店は一般大衆受けを狙っているわけでもないのだし、

客に媚びる必要なんて全くない。

万人受けする方向に持っていったら、

牙を抜かれて完全に没個性化してしまう。

ちょっと今回のもろもろの変化はかなり残念な印象。

まあ、それもまた常に変化、進化をいとわないので、

元に戻る可能性もあるし、しばらく見守らないといかんなあ。

ももしこれが群青さんのたどり着いた結論だったら多分もう二度と行かない。

あと、どうでもいいけど店主誰かに似てるなと思ったら、

おかずクラブのゆいPに似てます。


↓まさかの券売機導入

f:id:arkibito:20160114205949j:image:w360


↓つけそば二代目(300g)

f:id:arkibito:20160114204737j:image:w360


ラストは梅田の人気店。「あらうま堂」に久々。

フツーにおいしいけど、

まあなんというかここじゃなきゃ的なものがないなあ。

あとオぺレーションがイマイチひどい。


↓あらうま堂

f:id:arkibito:20160203123307j:image:w360


↓みそ

f:id:arkibito:20160203123949j:image:w360


すぐご近所の「武○麺」さんが、完全にブラック店舗化。

同僚と三人で注文までしたのに、ラーメンが供される前に

耐えかねて店を出るほどで、他のお客もそれに倣うほど。

味がどうの以前に、サービス業としてはあまりに致命的。

絶対に二度と行かない。あの店を高評価したり推すブロガーは信用ゼロです。

そのため、あの周辺で唯一まともなラーメン屋となった

「ありがたいが」さんが最近では文字通りありがたい存在。

デフォの塩つけ麺うまし。


↓ありがたいが 鶏塩つけ麺

f:id:arkibito:20151217122512j:image:w360


お次もご近所の「すなお軒」。

もともとラーメンメインだったはずが、

最近の激戦区の激しさに押されてまして、

海鮮丼メインに変わりつつある。

(元々は鮮魚居酒屋の「すなおやグループ」なのだけど)

割と個々の和風醤油ラーメンおいしくて好きなのだが、

やはりライバルが強力すぎるのかなあ。

いつも悩ましいのが、コスパを考えると

丼を頼むとラーメンをあきらめざるを得ず

ラーメンを頼むと丼をあきらめざるを得ず、

両方ちょっとずつ味わえるといいんだけどなあ。

さて今回は激辛ラーメンにしてみました。

激辛というほどでもないけど、寒い冬にはぴったり。


↓すなお軒

f:id:arkibito:20151216122523j:image:w360


おつぎはお久ブリーフの「三ツ星」さん。

最近は早めに会社を出ても行列がすごくて、なかなかありつけない。

人類さんもそうだけど、

南方界隈の実力店のここ最近のフィーバーぶりは本当にすごい。

久しぶりなのでつい特盛375gを注文してしまった。

750円でこれだけのボリュームはかなりお得。


↓三ツ星製麺所

f:id:arkibito:20151222123506j:image:w360


お次もおなじみの「塩元帥」。

なのに、注文したのは醤大将な濃口しょうゆと焼き飯のセット。

絶対の安心感。


↓塩元帥

f:id:arkibito:20151228122645j:image:w360


さてさてラストもおなじみの「讃州うどん」さん。

はじめてお昼のセットでカツ丼セット。

ももちろんおいしいのだけど、

最近はダシが徐々にレベルアップしてますね。


↓讃州うどん

f:id:arkibito:20160116123756j:image:w360