Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-08-29

ensembles東京

土曜日の上京の本題。


9/4(日)に東京駅で催される音楽フェスティバル「アンサンブルズ東京」の

音楽ワークショップに参加することになり、その第1回目でした。

このイベントは、「あまちゃん」のオープニングテーマ曲などで知られる、

日本を代表する作曲家ギタリストである大友良英さんが

音頭を取って行われるもので、

一般参加型でみんなでつくる音楽の祭典です。

(詳しくはコチラ⇒http://www.ensembles.tokyo/

イベント当日は、東京駅を行き交う人たちも巻き込んで

一大お祭りとなるそうなのですが、

今回はなんと演者側として参加することになりました。


自分と長女は、「東京駅のうたワークショップ」というグループに参加します。

なにをするかというと、

大好きな作家のいしいしんじさんと、

これまた大好きなクラムボン原田郁子さん、

そして大友さん一緒に、

東京駅の魅力を伝える曲の歌詞を作って、曲を作って、

当日にその「東京駅のうた」を舞台で披露するという、

何とも素敵すぎる内容です!


ということで、午前中の遊びを終えて、

池袋にある東京芸術劇場にやってきました。

ここでまず30人ほどの参加者とコンニチワ。

当初は関東在住の人が多いだろうなと思っていましたが、

全国津々浦々から集まってきていました。

年齢も性別もばらばらで、子供たちの姿もたくさん。

これから何が起こるのか楽しみです♪


東京芸術劇場

f:id:arkibito:20160827125736j:image:w360


↓アンサンブルズ東京 ワークショップ

f:id:arkibito:20160827125936j:image:w360


時間となり、今回の講師である、いしいさんと原田さんが登場。

早速、ワークショップの開始です。

まずはどういう風に歌をくみ上げていくのか、

そのコンセプトと方法をレクチャーしてもらい、

それにしたがって、各々が東京駅に対して連想するコトバを

どんどん紙に書き出していきます。

それらを壁に張り出して、

文字のボリュームとか、文章のつなぎとかを

お2人と相談しながら煮詰めていくという作業でした。


人によってはもう立派なポエムになっているような人から、

全く個人的で具体的なつぶやきだったり、様々で面白い。

同じもの(東京駅)を対象としているのに、

人によって様々な視点、角度、距離感があって、

自分が思いもよらないような言葉が別の人から発せられたり、

逆に自分の出した言葉で他の人がはっとしたり、

本当に多様性の極みというか、素晴らしい体験です。


とはいえ、急に言葉を紡ぎ出すという作業は本当に大変なことで、

考えれば考えるほどドツボにはまってしまいます。

娘も何かいていいかわからないと悩んでおりました。

いしいさんからは、最初から抽象的で高尚なレベルのことを書いてしまうと、

それ以上に昇華させるのは難しいので、

できるだけ個人の具体的な体験からスタートした方がいいよとアドバイス。

全くその通りだと思いますが、

自分もブログや、作詞や、モノを書くときにどうしても、

いい風に書こう、うまい言い回しを書こうとしてしまいますね…

そういういろいろ形容詞でお化粧した

抽象的で頭でっかちなコトバ・フレーズより、

リアルな視点、生の素材の方が刺さるし、

世界を広げやすくなるというのは納得します。


↓作詞ちう

f:id:arkibito:20160827161815j:image:w360


本当はこの後、

いくこちゃんが即興でフレーズにメロディをつけて練習するはずでしたが、

コトバの出し入れをディスカッションしているうちに、

あっという間に時間は過ぎて予定時間を大幅に過ぎてしまい、

時間切れとなりました。

それだけ充実した濃い時間でした。

自分もメロディーありのソロパート、

娘もメロディーに合わせて自分のコトバを読み上げるパートをいただきました。

って、まだメロディができておらず、翌週の本番前日にわかるので、

ちょっとドキドキです。


f:id:arkibito:20160827150553j:image:w360


f:id:arkibito:20160827154359j:image:w360


ということで、無事1日目が終了。

お二人に少しだけご挨拶。

娘は”鼻血のお姉さん”みたいにピアノ自由に楽しく弾いてみたいと

ピアノを始めたので、あこがれのいくこちゃんと触れ合うことができて、

緊張はしていましたがとてもうれしかったようでした。

いしいさんともお話をして、去年「おうちのふく」のトークショーも行きましたというと、

そうでしたか!当日は楽しんで頑張りましょうね!とエールをいただきました。

毎回そうですが、いしいさんのあの全くの軽やかさは

他の人も軽やかにしてくれる本当に不思議な人です。


↓いしいさんと

f:id:arkibito:20160827164110j:image:w360


↓いくこちゃん♪

f:id:arkibito:20160827212815j:image:w360


さて来週はまた東京へ行って、

今度は大友さんといくこちゃんとでメロディー付けと練習だっ!

そして日曜日、早くも本番!

2016-04-06

パラダイス類2016

日曜日。お宮参りを済ませたら、

長女と二人で京都へ。

すでに春の風物詩となりつつある「パラダイスな酒場」にGOGO♪

去年も桜がかわいそうなくらいの雨でしたが、今年もシトシトと雨。

今年からシステムが少し変わって、

早めの15時から整理券の配布だったのだが、

お宮参りがあったので遅めの到着。

それでもそこそこの席を確保できました。

娘にはジュースとお菓子、

自分は、京都東山酒造の「魯山人」をいただきます。


17時開演となり、まずは今年の司会を担当する谷口キヨピー姉さん登場で盛り上がる。

それから毎度のオープニング曲に乗って類さんがさっそうと登場で、

ボルテージ満開。

年々、類さん熱が上がってるような気がします。

あと同姓同名の男の子、吉田類君も今年も参加してました!


↓おなじみ類さんに、谷口キヨピー姉さん

f:id:arkibito:20160403181416j:image:w360


このイベントは毎年ざっくばらんにトークが基本だけど、

今年はキヨピー姉さんのさすがの仕切りで進みます。

プロジェクターを使って、幻の淡水魚イトウを釣った時の写真とか、

17年連れ添った愛猫「カラシ」ちゃんとの登山の様子だったり、

それから元々はシュールレアリズムの画家だった類さんの作品を初めて見たり。

いろいろお酒以外の話も盛りだくさんでした。


↓類さんの作品

f:id:arkibito:20160403183136j:image:w360


↓類さんの作品2

f:id:arkibito:20160403184627j:image:w360


もちろん、今年も生歌あり。

少し前に、新曲リリースした『One Scotch, One Bourbon, One Beer』を初披露

録音以来、しかも人前では初めて歌うということで大照れながらもノリノリでした。


↓新曲歌うよ〜

f:id:arkibito:20160403184952j:image:w360


最後の質問コーナーで、特製お面をもった我々を見つけていただき、

しかも前に来て見せてと手招きされて、皆さんの前でご披露

娘はちょっと照れながらも、うれしそうでした。

しかもそこで、まさかびっくり、類さんから驚きのお約束をしてもらいました。

ほんまかいな?と思いながら、ぜひ実現させたいですな。


イベント後は即席のサイン会。

器の大きなキヨピー姉さんともばっちりお写真頂きました。

ほんとええ人です。

類さんとももちろん一緒に写真。

お土産も無事に渡すことができました。


キヨピー姉さんと

f:id:arkibito:20160403184409j:image:w360


↓ノリノリ類さんと

f:id:arkibito:20160403185944j:image:w360


会場を出るとすっかり夜。

どこかで晩御飯を食べて帰ろうと思ってたのだが、

あまり帰りが遅いといけないし、

オムライスを作ってくれと娘がリクエストするのでまっすぐ帰宅。

2016-03-07

お七夜

土曜日はお七夜でございました。

生まれてからもう一週間も経つのか!

ドタバタドタバタとあっという間でした。

お七夜は、その名の通り生まれて七日目に行う赤ちゃんにとって初めてのお祝い事で、

健やかな健康を盛大に願うと同時に、

命名披露をして一族・社会の一員の仲間入りをする大事な儀式。

どうやら平安時代からある習わしだそうです。

この日は毎度贔屓にしている仕出し屋さんから料理を取って、

一族そろってお食事会。

そこで正式にお名前を披露して、手形と足型もどうにか取れました。

こうやってみんなに見守られながら、慌てずゆっくりと成長してほしいものです。

この日は赤ん坊を含め4人の子供たちが勢ぞろいして、かなり賑やかな夜になりました。


f:id:arkibito:20160305192254j:image:w360


子供のころはよくわからず、面倒だなあと思っていましたが

こういう節目節目の催しとか、季節のイベントって

本当に大事なことだなあと、大人になるにつれ、ひしひしと実感するようになりました。

こういうところにちゃんと気を使って生活できるかできないかというのは

精神的にも経済的にもゆとりがあるかどうかということにつながります。

また、周囲の人間としっかりとしたコミュニティを築くということにもなります。

何より人生において要所要所で節目を作るということが本当に大事だと感じます。

人生というのは一方向に絶え間なく流れ続けるもので、

ただその流れに身を任せてダラダラと日々を浪費するのではなく、

季節が変わるごと、あるいは人生のターニングポイントできちっと区切りを設けて

キビキビと生活することは、とても健全なことだと思います。


話はちょっとそれますが、古くから代々、

何十年と何百年と引き継がれてきた伝統が非難されたり、

中身を変更させられたりするようなことが多くなりました。

時代を越えて、長い年月受け継がれてくるものたちというのは、

その事実自体がすでに重い価値を持っているわけです。

その長い年月の間には、価値観が一変するような変革や、

文化の波が幾度も押し寄せてきて、

その度にそれらを乗り越えて現代まで続いてきているわけです。

それを、たった半世紀そこそこしか経験していない人間が、

無駄だとか、意味がないとか、その存在に異議を唱えるというのは、

本当に低俗な暴力でしかないと思います。

そういう人間に限って価値観の多様化とか、時代にフィットさせるだとか、

もっともらしい理屈をすぐに振りかざしているけど、

実際はその伝統に対して己が無知だったり、関心がなかったり、面倒なだけでしょう。

そんな個人の怠惰・堕落によって伝統が損なわれるのは悲しいことですね。

そういう馬鹿ほど、SNSというでかい拡声器で目立っているだけなのにね。

声のでかい奴が正義でも主流でもなんでもないのに。

おかしな世の中になりました。


個人において、こういう伝統と格式を重んじる人というのは

やっぱり粋ですし、品格があります。(ちなみに教養と品格は金では買えないものです)

家族においても、きちっとこういう習わしを大切に生活しているご家庭は

夫婦円満だったり、健やかなお子さんが間違いなく多い。

地域でも、日本古来の風習や伝統が今なお生活の中に息づいているようなところ、

例えば熊野などは本当に素晴らしいですよね。

こういうことっていうのは、

単にいるかいらないかというような価値観(あえて言い換えれば0か1かのデジタル)

の範疇を越えたところにあるように思います。

今はやりの”ルーティン”もこの一種かもしれません。

それ自体するもしないも大した意味はないかもしれないが、

物事を行う準備だったり、心構えだったり、生活のリズムを作るというか、

物事を組み立てる方法をしっかり築けるかどうかということですね。

結果や成果、答えや利益だけを追い求め、損得勘定するような生き方よりも、

プロセスや組み立て方を重んじるような丁寧な生き方をしたいものです。

2016-01-22

Music Life ピチカート祭り

急激に冷え込みが厳しい今日この頃。

そんなつらい冬を吹き飛ばすには

ハッピーでキャッチーでグルーヴィーでファンキーな

PIZZICATO FIVEで春を先取りしちゃいましょう♪


言わずと知れた音楽の魔術師、小西康陽さんと、

永遠のミューズ、いつもおしゃれな野宮真貴さんの

ベストコンビーネーションの第3期が

わたくしの音楽の黄金期を飾りました。

実はこのピチカートファイブ、元をたどれば、

あの細野晴臣さんがプロデュースでデビューなのですから、

いやはや繋がるものです。(恐るべし細野さん!)


最近は野宮さん(何気にデビュー35周年!)がソロ活動で、

”渋谷系を歌う”というテーマで積極的にこの頃の歌を歌ってくれていますが

今回は粒ぞろいの名曲の中からとりわけ大好きな2曲をカバーしてみました。

まずは代表曲の一つで、

NISSANの車のCMにも使用された『ベイビ・ポータブル・ロック』。

もうイントロからドキュン!

ハッピーな空気があっという間に世界を包み込みます。

これPVも珠玉の出来で、可愛らしい踊りを披露しています。

何をやっても素敵な野宮さんのキュートさと、

真面目にやればやるほどおかしさのこみ上げる小西さんの頑張る姿の

(といっても小西さん発なんだけど)

何とも言えない凸凹なコンビネーションがたまりません。

ちなみに間奏でペペギターをかき鳴らしているのは、

元フリッパーズ・ギターでコーネリアスの小山田君。

最近はYMOのサポートなんかもやってますね。

さて、今回はキーはオリジナルなのですが、

これは本当に意外と野宮さんの声の音域は低くて、

上でも下でも自分の音域の範囲内なので歌えます。

また小西さんの作る曲は音程のアップダウンが少なく

フラットなものが多いのですが

それでもこれだけポップでキャッチーなのは

いったいどんなマジックを使っているのでしょう???


↓ベイビーポータブルロック


『ベイビー・ポータブル・ロック』

作詞・作曲:小西康陽


春なのにデートもしないの?

Baby 不思議じゃない?

いますぐに家まで迎えに

Baby 来てくれない?

電話して少し甘えてみたのは

この恋が本当の恋か知りたくなったの


ワイルドにどこかへドライヴ

Baby すぐ行かない?

いちばん好きな服 甘いパステルの

この恋が本当の恋ならいいと思わない?


Baby Baby Baby いますぐ

Baby Baby Baby 逢いに来て

幸せな恋の予感

今朝から何となく気づいてたの


大好きなレコードかかえて

Baby 逢いに来て

ポータブル・プレイヤーが廻りはじめたら

この恋が本当の恋だとあなたも信じる?


Baby Baby Baby いますぐ

Baby Baby Baby 逢いに来て

幸せな恋の予感

今朝からあなたも気づいてたの?


この恋が本当の恋ならいいと思わない?


Baby Baby Baby いますぐ

Baby Baby Baby 逢いに来て

幸せな恋の予感

今朝から何となく気づいてた

今年の春はきっと

嬉しいことがあるって


Baby Baby Baby いますぐ

Baby Baby Baby 逢いに来て

Baby Baby Baby いますぐ

Baby Baby Baby 逢いに来て

Baby Baby Baby Baby Baby

Baby Baby Baby Baby Baby

Baby Baby Baby Baby Baby Baby

Baby Baby Baby Baby Baby


続きましては、これまた大好きな『陽の当たる大通り』。

これが収録されているアルバム『OVERDOSE』から

いよいよ小西・野宮コンビとなり黄金期を迎えることになります。

これもPVがすさまじくよくて、

ニューヨークのダウンタウンを大手を振って歩く

野宮さんのなんとオシャレでハッピーなこと。

最後のバイバイのところがなんともたまらん。

ピチカートの真骨頂です。


↓陽の当たる大通り


『陽の当たる大通り』

作詞・作曲:小西康陽


死ぬ前に

たった一度だけでいい

思いきり笑ってみたい

陽の当たる大通りを

口笛吹いて歩いていく


一張羅のポケットの中

いつだってお金はないけど

陽の当たる大通りを

アステアみたいに

ステップ踏んで


表通りの真ん中で

偶然あなたに出逢って

大きな声で名前を呼んで

抱き合ってキスして


死ぬ前に

たった一度だけでいい

思いきり愛されたい

陽の当たる大通りを

口笛吹いて

肩をならべて


そしてあなたと朝まで

バラ色のベッドのその中で

たわいのないこと話しつづけて

抱き合ってキスして


死ぬ前に

たった一度だけでいい

思いきり笑ってみたい

陽の当たる大通りで

涙が出るほど笑ったなら

口笛吹いて歩き出すの

アステアみたいに

ステップ踏んで

バイバイ バイバイ バイバイ

バイバイ バイバイ バイバイ

2016-01-20

コンクール

日曜日。

朝、神戸から取って返して帰宅し、

そのままシャワーを浴びたら、コンクールへ。

会場は弁天町にあるオークホールで、

関西フィルハーモニー管弦楽団が本拠地としているコンサートホール。

前回の反省を踏まえて、早めに到着する。

前回と比べるとなかなかの広さで、これは自分だったら緊張するなあ。

娘のクラスからはもう一人クラスメイトの子が選ばれていて、

開場前に合流。


↓コンクール

f:id:arkibito:20160117112740j:image:w360


↓オークホール

f:id:arkibito:20160117122241j:image:w360


開場してベスポジを確保。

娘はさすがにちょっと緊張の面持ち。

出番は5人目と早く、舞台袖へと早々に連れられて行きました。

あとでスタッフのお姉さんに聞いたら、ずっと真顔で相当緊張していたらしい。

さっそく演奏がスタート。

クラスメイトの子が一番手で無事に演奏を終える。

今回のコンクールは、自分で作曲したものを披露するという趣旨なのだが、

エキスパートクラスの子らなどは、もうアレンジも演奏テクニックも

本当に小学校低学年!?と思うほどスゴイ。

傾向として、女子は比較的オーソドックスなクラシック調で、

花や木や星、動物をモチーフに世界観を表現していて、

男子はというと、鉄道とか怪獣とか趣味丸出しのテーマが多い。

さすが選ばれた子らだけあってみんなすごい。

もちろん娘も自分のもつイメージとか好きな音を提案して、

そこから自分や先生がアレンジを手伝ったりして仕上げた作品で、

いっぱい練習して頑張ってきました。

その成果をしっかり出せればそれでいいのです。


で、いよいよ出番です。

担当の先生に連れられ、エレクトーンの前へ。

合図と同時に演奏スタート。

集中した顔で2分間演奏し、ほとんど大きなミスもすることなく、

楽しいリズムを刻むことができました。

よく頑張った!


↓くるまときょうそう


演奏後、おじぎをするのだが、

おじぎして!と合図を送る先生の方にお辞儀をして帰ってきたので

思わず爆笑してしまいました。

演奏を終え一気に緊張が解けたようで満面の笑み。

えらいえらい!

そのあとは他の演奏者の曲を聞いて、

終了後はクラスメイトの子らとお昼ご飯。

よく頑張りました。