Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2017-09-13

Music Life 『気のいい男』 by 三田明

なかなか忙しすぎて、ギターを弾く時間が減ってしまっている。

オリジナルの楽曲も、あとアレンジ待ちが3曲スタンバイしたまま1年が経つ…

いかんなあ、いかんなあと思いつつ、

身一つ1日24時間でできることには限りがある。

追われてやることではないのだけど、

だからこそ後回しになってズルズルしてしまうし、

やらなければ確実に衰える。


今週末は雨予報だし、今年はもうほとんど遠征はあきらめモード。

なので、家でできることの優先順位を上げて、切れ目なく遊ぶ。

ということで、まずはギターだっ!!と、

昨日ひさびさにコピー弾き語りをアップしました。


御三家といえば、橋幸夫舟木一夫西郷輝彦だが、

これに三田明を加えると四天王となる。

その三田明さんの芸能生活55周年&古希70歳を記念した楽曲が

この『気のいい男』。

この作詞を手がけたのが、われらがカンザス・シティ・バンドのリーダー下田卓!

しかも演奏はカンザスメンバーということで、

先日のライブでもお披露目されました。

「この町と仲間たち、それが俺のしあわせ

 ありがとうのつもりさ 飲もうじゃないか」

なんてスッバラシイ歌なんざんしょ。


2017-08-25

夏の自由研究 町の模型をつくろう

今年はほぼ、この自由研究に終始した夏でした。

炎天下の中、実踏調査が実に計8回。

それと並行しての調査ノートの取りまとめと、模型作成で、

わが家の工作部隊がフル稼働でした。

難しいところや、危険なところは大人がお手伝いしましたが、

当然長女が主体となって作り上げ、なかなかの出来栄え。


↓夏の自由研究

f:id:arkibito:20170823221730j:image:w640


作るきっかけは2つあって、

まずは長女が、次女の通っている保育園で建物の模型を見て、

こんなのを作りたいなあと思ったのがはじまり。

同じタイミングで、学校の社会の授業で

校区内のことを習って、

地元地域のことをもっとよく知りたいということになり、

じゃあ、それを夏の自由研究の課題にしようとなりました。


で、まず模型を作るには、実際の町へ行って、

何があるかを調べる必要があり、

休みのたびに町へ出て、地域をぐるぐる、何度も行ったり来たり。

同級生や知り合いに、怪しくうろついているところを目撃されつつも、

始業式での披露までは完全隠密。


調べるといっても色々な要素が多すぎるので、要素を絞り、

建物の大きさ(階数)と色、形だけを、

授業で使ったプリントをコピーしたものにメモしていって、

あとは特徴的な建物や、あとで色塗りが必要なものは写真で押さえて

まずは情報収集にいそしむ。

炎天下の中、本当に大変でしたが、

日ごろ入り込まないような狭い路地の奥や、建物の裏手に入ると、

思いがけず発見があったりして、とても面白い。

今では町を歩くと、つい何階で何色と考えてしまうくらい、

徹底的に調査し、自分も娘も真っ黒に焼けてしまいました。


↓実踏調査

f:id:arkibito:20170823031248j:image:w640


それらの情報収集と同時に、

帰宅後にはそれを元に模型を工作。

まずは何で作ろうかということになり、

紙や粘土などいろいろ考えた結果、

加工しやすく、素材が手に入りやすい消しゴムを採用しました。

調査ノートの1マスを2階分として、大きさを測って、

メモを見ながら、1つずつ建物に切り分けるという

果てしない作業を延々と続く日々でした@@@

切り分けた建物の中で、特徴的な色や模様のものは、

マジックで色付けをして、

それを瞬間接着剤でプリントの所定の位置に貼り付けます。

例えば、2階建ての一軒家なんかは、すぐに貼らないと、

すごく小さいのですぐどっかになくなってしまうし、

ある程度まとめて切ってから、貼ろうとすると、

どの建物がどの消しゴムかわからなくなったり、

1ブロック内に収まるように切り出したはずなのに、

1軒だけ道にはみでてしまったり、

なかなか一筋縄ではいきません。

しかも細かいパーツは接着剤が手にくっつく@@


↓模型の作り方

f:id:arkibito:20170823031317j:image:w360


そうやってできたのがこの模型。

ちなみに赤い押しピンは信号で、緑は木です。

1つ1つのクオリティを問われると、ガタガタだったりするので、

プロの建築模型など足元にも及びませんが、

自分の足で稼いだ情報を、しっかり取りまとめたうえに、

それを形にしたというところと、

やはりこれだけ大変な労力を使って作り上げたというところは

スッバラしいと思います。


出来上がった模型ですが、裸のままだと、

絶対みんな興味津々で触って壊れてしまうので、

ケースに入れることにしますが、

このサイズのフィギュアケースがなかなか見つからない。

何か所かめぐってようやく同じくらいのサイズのものを見つけました。

それでも、元の模型サイズでは若干大きいので、

プリントの建物のない周辺部分(淀川)を泣く泣くカットして

どうにかぴったりサイズに収めることができました。


↓わが町の模型

f:id:arkibito:20170823221306j:image:w640


↓なかなかの出来栄え

f:id:arkibito:20170823221455j:image:w640


せっかく作った模型ですが、

完成でおしまいではもったいないので、

模型と調査結果から、さらに町を考察。

区画整理されたところと、

大昔の区画が残っているところの境ではやはり違いが出てきたり、

狭い長屋が続く路地に、ゲストハウスや雑貨屋さんなど

新しいお店ができていたり、

その他、ブラタモリ的な発見や、不思議がたくさん出てきました。

ここまで隅々まで歩いたことも、見たこともなかったので、

ずっと住んでいる地域ではありますが、新鮮でした。


↓調査結果

f:id:arkibito:20170823031323j:image:w360


↓町の不思議

f:id:arkibito:20170823031330j:image:w360


せっかく町全体を模型にしたのだから、

これと同じような視点で見比べられたら面白いかなと思い、

この地区の中で一番高い建物から見下ろしてみようと思い立つ。

思い立ったはいいけど、住民でもないのに、

タワーマンションに勝手に入り込むわけにもいかないし、

管理者にお願いをしてもダメって言われるに違いない。

でも、とりあえずお願いはしてみようということになり、

常駐している管理マネージャーさんに、事情を説明する。

すると、娘の熱いお願いが通じて、なんとOKをもらう。

スゴイ!

突然の無茶なお願いで、

マニュアル通り断られてもやむ終えないのに、

小学生が頑張っているのを応援してあげたいと、

粋な計らいをしていただいて本当にありがたい!

で、40数回にあるラウンジに案内してもらうと…

ななな、これはものすごい絶景ではありませんか!????

我々庶民にとっては衝撃的ですが、

セレブの皆さんはこういうのを日常の風景としておるのですなあ@@@


↓すごい眺望@@@

f:id:arkibito:20170823153656j:image:w640


↓わが町を上空から

f:id:arkibito:20170823151941j:image:w640


マネージャーさんを長々と待たせるわけにもいかないので

早速模型と見比べながら、色や形などをチェック。

意外とよくできた!?

町の不思議や発見したことを上から確認します。

いやあ、面白い。

15分ほどですが、実物と模型を見比べるチャンスをいただいたことで、

さらに研究が実りあるものになりました。


↓模型と比べてみる

f:id:arkibito:20170823152628j:image:w360


ということで、地元のことをよく知ることができたのと、

長女との良い夏の思い出になりました。

2017-07-20

clammbon モメントツアー2017 at 滋賀 U★STONE

日曜日の晩は、滋賀は石山のライブハウスU★STONEへ。

待ちに待ったクラムボンのライブ!!YEY!!


クラムボンは2015年にメジャーレーベルを自ら外れ、

運営からライブ活動、CD制作から販売まで

全部自前でやっていこうと、新たな船出に漕ぎ出しました。

今回のライブは、最新アルバム『モメントep.2』の発売記念ツアーなのですが、

大手流通を介さず、自分たちで手売りをしたり、

CDを販売してもらえる場所を探したり、

自らの活動に賛同してくれる人たちを巻き込みながら

セルフビルドで活動を続けています。

で、当然大阪にもやってくるんだけど、

なんでわざわざ滋賀会場を選んだかというと、

比較的キャパの少ない地方会場ではCD販売とセットでサイン会が開かれるからです。

どうせなら、お会いしてお話ししたいじゃん!


で、ちょうどこの日は我が家の記念日で、

結婚式をしてジャスト10年の節目の日でした。

そんな日に、次女と奥さん残して、長女と二人でというわけにもいかないし、

自分も奥さんもずっとずっと大好きトリオなので、

家族4人そろって行ってきました。

もちろん、乳飲み子抱えてというリスクはあったのですが、

今までもコンサートには連れて行ってお利口だったし、

お姉ちゃんの発表会でこの手のものは慣れているし、

クラムボンのライブは子連れが珍しくないので、いけるだろうと。


で、例によって工作部隊出動。

大したお土産にはなりませんが、ファンレターの代わりに、

三者三様でお三方の似顔絵を描いて渡すことにしました。

春からはじめた新しい趣味というのはこの絵描きのことで、

今までは風景画ばかりで、人物画は大の苦手分野でしたが、

最近お付き合いのある人の絵をちょいちょい描いています。


↓工作部隊

f:id:arkibito:20170716121039j:image:w360


京都を離れて一路石山へ移動したのだが、

突然の大雨で結構大変。

開場前に、物販があり、

CDを購入してサイン会の整理券をゲット。

開場までしばし待ちます。


↓石山駅前のU★STONE

f:id:arkibito:20170716172355j:image:w360


初めての会場なのでどのくらいの人が入るのかわかりませんでしたが

結構な人だかり。

順番となり3Fのホールへ行くと、結構大きいハコ。

オールスタンディングなのですが、ぎゅうぎゅうに押し込まれる感じ。

こちらは小さな子供がいるので、

入ってすぐの壁際にどうにかスペースを確保し、

何かあったらすぐ退出できる態勢に。

あとからどんどんひとがやってきて、ものすごい熱気。

結構ステージとの距離は近くで、臨場感抜群だけど、

その分、人が詰まってて大変。

自分はタッパがあるので全然見えるが、

長女はもちろん、奥さんもギリギリ人の影の間から見えるくらいの感じ。

次女をしっかり抱きかかえながらライブに挑みます。


いよいよスタートして、大盛り上がり!!

『GOOD TIME MUSIC』『シカゴ』『Yet』

『バタフライ』『バイタルサイン』などなど

盛り上がりナンバーを惜しみなく、ミトも大ハッスル状態。

もちろん新盤からのプレゼン(笑)披露もあり、とにかくスゲースゲー。

特に『風よせて』はもう会場全体から歌声がリフレインしてすごかった!

ラストは『Folkrore』!

とにかく素晴らしすぎました!!


しかし今までのライブで一番過酷なライブでもありました。

長女はそのままだと満員電車の人混みの影の中で

ただただ爆音聴かされてるという地獄絵図状態になってしまうので、

ライブの約半分くらい、ステージが見えるように

約30kgの娘を必死で担ぎ上げ、

もう腰がバッキバキに砕け散るところでした(泣)

それでも、ステージの上で、

素晴らしい音を奏でる3人の姿を目撃して、

長女も大感動しておりました。

次女はというと、これまた時折ステージが見えるように交代で担ぎ上げ。

なかなかの爆音にも全く動じず、

むしろわかっているか偶然なのか、

周囲のノリに合わせて踊りながら、

イエ〜イエ〜と声を上げてゼッコウチョー。

あいつ絶対パリピやわ〜〜〜。

で、序盤から全開だったせいか、

途中からスイッチが切れたように爆睡。

あのワイガヤの中でも全く関係なしで後半は熟睡してました。


↓滋賀ノレン

f:id:arkibito:20170719125817j:image:w360


ライブ後は、サイン会ですが、すごい数なので結構待ちます。

ヘットヘト状態でその場に倒れ込んで、待機。

そうして1時間ほどで順番が来ました。

ミト⇒大助さん⇒いくこちゃんの順番でサインをいただきました。

ミトはすかさずイラストバッヂに気づいて、

何それ何それ!?と喜んでくれて、

無事に似顔絵をお渡しすることができました。

で、いくこちゃんは何と覚えていてくれていたみたいで、

「今!東京駅〜♪」と合言葉!

娘が念のためと、アンサンブルズ東京の時に作った

ゴジラのお面を持ってきていて、「ああ、覚えてる!!」と

久しぶりの再会を喜んでくれました。

数が多いので、結構流れながらのサイン会でしたが、

結構話しかけてくれて娘も大喜びでした。

(アイドルの握手会ならとっくにはがされてるくらい)


↓モメントep2

f:id:arkibito:20170716212743j:image:w360


↓サインいただきました

f:id:arkibito:20170719130639j:image:w360


ということで大満足のライブでした。

帰りは新快速で爆睡。

ここ数日『波よせて』のメロディーが

頭にこびりついて離れません!

2017-06-12

なんもしない

この週末は充電。

土曜日は奥さんが仕事なので、子守。

長女を音楽教室へ連れていく。

来週には本格的なエレクトーンを購入予定。

ウン十万かかる@@@

お昼は久々に娘の好きなここ。うまし。


f:id:arkibito:20170610123230j:image:w360


f:id:arkibito:20170610123636j:image:w360


昼からは水泳。

また少し空いたが自分もがっつり1km泳いでヘロヘロ。

夕方に奥さんとスタンダードで待ち合わせ。

無敵カードが6月いっぱいまでなので、

欲しいものアレコレ買ってしまう。


f:id:arkibito:20170610172428j:image:w360


帰りがけ、ひさしぶりに「とらや」へ寄って。

生地をあれこれ購入。


f:id:arkibito:20170610191252j:image:w360


日曜日は、どこか近所のお山か

チャリでブラブラしようかとも思ったが

どうも体も心も鈍くて、家でダラダラすることにした。

ダラダラと言っても、春先から新しい遊びを初めていて

それをせっせと。

またどこかで披露する機会があればいいなと思いながら。


しかし、趣味・興味が多すぎると時間がとにかくなくなる。

まんべんなくやるのも大変だし、

やるならトコトンやってしまうタチなので。

まあ、別に仕事でもないし、強いられてやるわけでも、

〆切があるわけでもないので、

その時の気分で、アレ・コレと手広くマイペースでやってこ。


夜はスキヤキで一杯。

2017-05-31

セ・パ交流戦 ヤクルトvsオリックス

さあて、火曜日からいよいよ、セ・パ交流戦です。

関西ではレアキャラを自負するスワローズファンにとっては

首を長くして待っていた京セラドームでの試合です。

なぜって?

だって、甲子園なんか怖くて行けないから!

しかも今年は特に、藤浪さんのおかげで物々しい雰囲気だし。

ということで、席もゆったり安心して観戦できる

オリックス戦は大変貴重なのです。

去年は大阪での試合が組まれなかったので、ようやくです。

ということで、同じく数少ない同志である

K大先生と一緒に仕事終わりにきょせらドームに直行。

ちゃんとCREWユニフォームと、メガホン持ってきましたヨ!

ビールよし!アテよし!

2階は応援団で結構いっぱいだったので、ゆったり3階席。


↓京セラドーム

f:id:arkibito:20170530190213j:image:w640


↓3回から

f:id:arkibito:20170530190341j:image:w360


↓おビールと新登場のフレッシュネスバーガー用意完了

f:id:arkibito:20170530190210j:image:w360


試合はすでに3回に入っていて、1-1。

スワローズの先発は新外国人のブキャナン、

対するバファローズは、パのエース金子です。

千尋ちゃんから大量得点するのは考えづらいから、

どれくらい我慢して最少得点で勝つかです!

そして、今回は、ヤクルト再生工場で見事に復活した

坂口、大引、近藤の元バファローズ組の凱旋!

古巣に目に物見せたってくれい!


↓先発のブキャナン

f:id:arkibito:20170530185718j:image:w360


↓古巣凱旋の坂口

f:id:arkibito:20170530185834j:image:w360


↓こちらも元青波キャプテン、大引

f:id:arkibito:20170530194006j:image:w640


試合は、下位に沈むチーム同士ということもあり、

ヒットもなく、かなり地味な試合展開。

別に緊迫するような投手戦というわけでもないのだが

とにかくお互い貧打に泣いている感じ。

特に、2年連続トリプルスリーの哲人は全く打ちそうな気配がない。

確かに千尋ちゃんの老獪なピッチングも素晴らしいのだが

とにかくタイミングが合っていない。

ボールが前に飛んでない。思った以上に重症かもしれないなあ。

4番の雄平は気を吐いていたが、

バレちゃんもどうも脱力している感じでアウトコースの球に、

完全に振り遅れで腕が伸びきっている…

千尋ちゃんが打てないのはある意味折込済みではあるが、

それであれば打席で粘って粘って、球数を投げさせて、

早めに交代に持ち込むとか、色々やれることはあるはずなのに、

ポンポンと早いカウントで打ち損じを積み重ねて、

回を追うごとに千尋ちゃんを楽にさせて行っている感じ。

それでも先発のブキャナンが、ヒット(7安打も打たれてる)や

四球でランナーを出しつつも

1失点でどうにかしのいで中盤までやってきた。


↓哲人!

f:id:arkibito:20170530190149j:image:w360


↓バレ公

f:id:arkibito:20170530190640j:image:w640


↓T-岡田

f:id:arkibito:20170530190836j:image:w360


↓中村

f:id:arkibito:20170530191815j:image:w360


5回でいったんブレイク。

正直、ここまでは非常にマズイ展開。

次の1点が決定的な1点なのは間違いない。

グラウンドキーパーの作業中に、ツバ九郎も一緒にダンス!

たのむで〜。


↓ツバ九郎〜

f:id:arkibito:20170530193613j:image:w360


でもでも、打線は相変わらず。

特に3番哲人は全く球が前に飛ばない。

うーん。じれったい試合展開。


↓坂口

f:id:arkibito:20170530194141j:image:w360


↓どうした哲人!?

f:id:arkibito:20170530194308j:image:w360


で、6回の裏に試合が動く。

この回から球がバラツキだしたブキャナンが捕まる。

T-岡田を四球で歩かせてしまい、下位の安達にもヒット。

でも2アウト。

次、よくしらない武田は打率も大したことがないし、

押さえてくれるかと思ったら、レフトへフラフラと上がった飛球が

思ったより伸びて、1点献上。

バレも頑張って追って行ったけど、

実績のない8番バッターということで

戦術として浅めに守っていたせいもあって、

あと一歩追いつけなかった。

通常の守備位置なら届いたかもしれないけれど、

あそこはバレの足が遅いとか散漫だとか非難することではなく、

単純に下位打線を押さえれなかったブキャナンの自責。


↓履正社コンビ

f:id:arkibito:20170530200029j:image:w640


↓バレ公(2回目)

f:id:arkibito:20170530194859j:image:w640


さて、7回。気を取り直してまいりましょう!

ラッキーセブン前の盛り上げで、外野まで乙さんが出てきて、

テッパンネタ披露で大盛り上がり。

あんた、やっぱ役者だわ!

調子よく、銭湯バッタの雄平が出塁で、いい感じ。

と、思いきや後続があっさり、あっさり片づけられて

あっという間に7回の攻撃終了。

う〜ん。鈍い…。


↓つば〜

f:id:arkibito:20170530200229j:image:w640


↓テッパンネタ

f:id:arkibito:20170530200248j:image:w360


↓スワハ〜!

f:id:arkibito:20170530200305j:image:w360


で、その裏の7回が悪夢だった…

この回リリーフとして任されたのが古巣初凱旋の近藤。

今年はここまで無失点と、リリーフ陣では一番の安定感。

相手は1番からの好打順だけに、

ここを抑えれば逆転の目が出る。

ところが、先頭バッターの宮崎の当たりは

哲人の頭上を越えるポテンヒット。代走に駿太が出てくる。

続く大城のバントは勢い余りすぎてフライ気味に、

前進していた武内の目の前に。

フライとしては取れなかったが、フライになったことで、

駿太のスタートが大きく遅れ、

武内は2塁に投げれば楽々アウトだったのに、

なぜか一瞬判断を迷ってファンブルし1塁アウト、

結果、送りバント成功となり、オリックスのチャンスが広がる。

あれは記録には残らないが、明らかな判断エラー。

オリックスは次の決定的な1点を必ず取るために

代走を出して送りバントをしてきているわけで、

それをもし2塁アウトにできてたら、

流れが大きく変わっていたのに…

個人的にはこの武内の守りが、

この試合のターニングポイントだったと思う。

それでも次の小谷野を打ち取り2アウト。

しかし、その次のロメロのボテボテのショートゴロは、

折れたバットが同時に飛んできて、

しかも2塁ランナーとの重なりもあって

不運な形で内野安打になってしまう。

う〜ん、マズイ流れ…。

続くT-岡田はほぼほぼ敬遠ぎみに四球で満塁。

バッターモレルのところで代打・西野。

ちょっと嫌なバッターが出てきました。

とはいえ打率217なので、普通に考えれば打ち取れるはず。

しかし今日は、近藤のいつものダイナミックな投球が見られず

どうも小さく萎縮してしまっているような印象があり、

嫌な予感しかしない。

結局、コントロールがよくなくて、ボール先行で、

自ら苦しいカウントに追い込まれていってしまう。

そしてレフト前へのタイムリー。

バレがバックホームを早まって、

結局ファンブルしてしまったんだけど、

もちろん、プロとしてはみっともないけど

あれはしてもしなくても結果には全く影響しないエラー。

ああ、どうした近藤?古巣相手に気持ちが乱れているのか!?

結局その後、下位打線に対しても四球とタイムリーヒットで、

あっという間に1-6。

その時点でもはや勝負ありで、

真中さんは敗戦処理の平野にマウンドを託す。

で、そのあとも打たれ続け、結局打者一巡の猛打を浴びて、

1-9。チ〜ン。

これほどみっともない試合を観戦したのは初めてです@@@


↓凱旋組の近藤、大炎上で終戦@@@

f:id:arkibito:20170530201427j:image:w640


結局その後も、貧打貧打であっという間に試合終了。

深刻なのは打線。

千尋ちゃんを打てないのは、

言うても球界を代表するエースですからそれは仕方ない。

でも、そのあと、大量得点で、

相手が主力じゃないリリーフ陣を出してきたのに、

それすらもまともに打てなかったのはかなりひどい。

これで平の当たりが終盤に出てこられても絶対打てないじゃないか。

となると、この3連戦ちょっと厳しくなってしまった。

相手は5月大敗を期した下位チームなのに、

こんなんじゃソフトバンクや楽天なんかに勝てるわけもなく。

先発の駒はそろわないし、

押さえの秋吉もそろそろ打ち込まれ出してるし、

自慢の打線は全く機能せず、

打っても足でかき回せるのは哲人だけで、

攻撃のバリエーションもない。

しかも故障者続出で、その穴を埋める人もいない選手層の薄さ。

なんせ他所を放り出された人が普通にレギュラー張ってるくらいなんだから。

今年の見通しもマジでヤヴァイ。

でも、でも、スワローズには愛がある!

せめてAクラス目指して、頑張ろう!


↓ヤクルトファンは見捨てません!

f:id:arkibito:20170530204859j:image:w360