Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2017-05-06

「野宮真貴、ヴァカンス渋谷系を歌う。」 at Billboard Live OSAKA

一日戻って5/3の晩は、ビルボード大阪へ。

永遠のミューズ野宮真貴の夏の装い。

毎年ビルボードライブは初冬の頃にあるのだけど、

今年は、夏のヴァカンスをテーマに。


f:id:arkibito:20170503182109j:image:w360


f:id:arkibito:20170503182117j:image:w360


今回はお供に、長女も一緒に。

ということで、豪華にお食事もいただいて楽しみました。


f:id:arkibito:20170503185459j:image:w360


f:id:arkibito:20170503192459j:image:w360


例によって一曲目は撮影OK

今宵トップバッターを飾るのは

ピチカートファイブ名曲ロックンロール』。

のっけから涼しげなプールサイドで、

夏の日差しと乾いた風に身を任せて、

優雅カクテルでもいただいているかのような

リゾートヴァカンスのモード。



そのあとは、先日亡くなったムッシュかまやつに捧げる『サマーガール』や、

夏のCMコーナーと題して、様々な懐メロたちを披露

大滝さんの名曲『Cider'73』とか、小林亜星の『ワンサカ娘'64』とか、

大好きな曲たちが披露されて大盛り上がり。

実は野宮さん自身、80年代のはじめ、

まだピチカート加入前はたくさんのCMソングを歌っていて、

例えばティモテ〜♪とか大塚製薬のシャーベとか。

昔のCMソングって、決して手を抜いていないというか、

しっかり作り込まれてキャッチでいつまでも耳と記憶に残る名作ばかりです。

あとは「野宮真貴が歌っていない小西康陽作品シリーズ」(笑)では

Puffy吉村由美のソロ曲として提供された

『V・A・C・A・T・I・O・N』も披露

やはり、小西康陽はもっともっともっと評価されていい!

オーラスはやっぱり『東京は夜の7時』

大盛り上がりで締めくくり。

素晴らしい夜でした。


ライブ後は握手会。

娘からお手紙とお花をお渡しして、サインいただきました。


f:id:arkibito:20170503220026j:image:w360


2017-04-27

修了コンサート

日曜日は、長女の音楽教室の修了コンサート。

エレクトーンピアノでそれぞれ1曲ずつ披露

珍しく?緊張気味でしたが、無事に弾き終えることができました。


f:id:arkibito:20170423110052j:image:w640


これで今の年少組コースは修了。

これまで5年間一緒にやってきたクラスは、

一応存続することになったけど、

引っ越しや、別のコースへ進む子らがいて、

少しさみしくなります。

うちの娘も、そろそろピアノ科かエレクトーン科か、

選択しないといけない。

本人はどうもエレクトーンの方が楽しそうだということらしく、

自分もそっちの方がいいのかなと思っている。

ピアノ科はどうしてもクラシック主体のレッスンで、

古典をいかに忠実に弾くかという技能面がメインになる一方、

エレクトーンは楽曲のラインナップは幅広く、

アンサンブルの構成組みや、アレンジといった

アイデアの領域のことになる。

何もプロの演奏者を目指すわけでもないし、

上手下手の物差しだけの世界は多分性に合わないだろうから。

それでもやっぱり本格的にやっていくんなら、

家にあるキーボードじゃなく、

ちゃんとしたエレクトーンを買ってあげねば(汗)


演奏会の後はみんなで堀江ピザ屋でランチ。

相変わらず子供らは大騒ぎ。


f:id:arkibito:20170423132529j:image:w360


f:id:arkibito:20170423124042j:image:w360


みんなとお別れして我が家は

そのままブックストアさんへ。

まったりして帰る。


f:id:arkibito:20170423145537j:image:w360


f:id:arkibito:20170423145742j:image:w360

2017-04-03

パラダイス★類 2017

日曜日。

午前中は地元の桜まつりへ。

上の子も下の子も大はしゃぎで遊びまくり。

午後、家族そろって京都へ移動。

今日は、予告通りに類デー。

いつもの立誠小学校跡へ。

ここも来年度にはホテルになってしまうんだけど、淋しいなあ。


↓立誠小学校跡

f:id:arkibito:20170402155239j:image:w360


こちらでも桜まつりがあり、出店やお酒わんさか。

毎年来てるけど、いつもひどい雨だったので

今回は快晴でよかった。

ひとまず16時の開場に合わせて席を取り、

そこからお酒とアテを。

酒は伏見の酒がズラリ。

月桂冠の蔵出しものやら、

おなじみのトミオーさんやらいくつかチョイス。

プハープハー。


↓伏見の酒が勢ぞろい

f:id:arkibito:20170402161248j:image:w360


↓アテ

f:id:arkibito:20170402161351j:image:w360


さてさて17時となり、真打登場。

ここ数年、もはや春の風物詩となりつつあります。

あの黒の紳士は実は春の使者なのかもしれぬ。


↓類さん登場

f:id:arkibito:20170402170844j:image:w360


今回からイベントが2daysに拡大され、

この日は2日目。

前日は四条大宮界隈の立ち飲み屋をハシゴされたらしく

のっけから絶好調の類さん。

ついさっきまで先斗町の山とみさんで呑んでいたらしく

軽く出来上がっております。

上七軒の話や、すっぽんの名店「大市」さん、

三条の「赤垣屋」さんの話などみやこ話で盛り上がります。


↓お酒も快調♪

f:id:arkibito:20170402172335j:image:w360


そうそう、6月に、類さん主演の映画が封切りになり、

その番宣もばっちり。

しかも、監督が長尾直樹さんで、出演に伊藤淳史さんって、

自分が愛してやまない少年映画『鉄塔武蔵野線』のコンビ!

これはもう行くしかありません。

このあと、恒例の歌披露でありましたが、

やはりお酒の廻りが早かったようでグデグデ@@@

まあ、こういうユルい感じがたまらなくええんです。


↓映画の番宣

f:id:arkibito:20170402173251j:image:w360


途中からは、サポーター役として、

今や新喜劇のマドンナに定着した福本愛菜さんが登場してトーク。

こんな若くてかわいらしいのに、

類さんもびっくりするくらいの酒豪らしいです。

奈良出身ということで、地元の梅の宿さんとコラボして、

メロンリキュールを追加した甘いお酒を発売するそうで、

そこまで日本酒にのめり込むほどらしい。

可愛らしい娘さんの登場で、類さんもデレデレで、

さらにギアが一段上がります。


↓元NMB48で今は新喜劇のマドンナ、福本愛菜さん登場

f:id:arkibito:20170402180458j:image:w360


↓大きく振りかぶって乾杯♪

f:id:arkibito:20170402175251j:image:w640


↓奈良・梅の宿さんとのコラボ商品らしいです

f:id:arkibito:20170402174911j:image:w360


お酒の失敗談(ホテル水浸し事件)とか、

好きな料理の話とか、2人の絶妙のコンビネーション。

途中、17年連れ添い、山登りでも一緒に出掛けていた

愛猫カラシちゃんの話になると、

思わず類さんホロリと涙ぐむシーンも。

ほんと正直者で、ええ人です。


↓ほろ酔いトーク

f:id:arkibito:20170402180508j:image:w640


↓ええコンビネーション

f:id:arkibito:20170402180519j:image:w640


↓あっという間の1時間半

f:id:arkibito:20170402181404j:image:w640


↓ダンディだわ〜

f:id:arkibito:20170402181311j:image:w360


あっという間の1時間30分でした。

こちらもトークに酔いしれつつ、

ついついお酒呑んでしまいました。

イベント後は、グッズ購入者のみのサイン会でしたが、

ご厚意でご挨拶の時間を設けていただきました。

待っている間、同姓同名の男の子、

吉田類君のご家族と一緒にお話し。

毎年、お面作ってきている家族として向こうも覚えてくれていました。


そして、サインの列も終わり、類さんとご対面。

ちゃんと覚えてくださっていて、

上の娘との再会も喜んでくれました。

お年賀をいただいたお礼を兼ねて、

持参したお土産とお手紙をお渡し。

それから今年作っていった似顔絵のうちわを見て、びっくりされ、

気に入られたようでお持ち帰りしてもらうことになりました。

作った甲斐があります。

最後はみんな揃って記念撮影。

新幹線の時間が迫る中、わざわざありがとうございました!


↓記念撮影

f:id:arkibito:20170402190902j:image:w640


全て終わって、小学校を出た時にはもう真っ暗。

なんだかんだお腹が減ったので、

西京極のSTARさんで洋食を食べて帰りました。


↓STARにてスパゲティグラタン

f:id:arkibito:20170402202255j:image:w360


ということで、改めての番宣。

吉田類の『今宵、ほろ酔い酒場で』、6月ロードショー!!


↓『今宵、ほろ酔い酒場で』

f:id:arkibito:20170403112149p:image:w360


2017-03-28

ジョンとポール”CROQUIS”リリース記念LIVE at 誠光社

日曜日はまた素敵な人と出会いました。

宵待の丸太町。誠光社にて。


最初にそのユニット名を聞いた時に、

思わず笑ってしまった「ジョンとポール」。

しかも、一人ユニット。

マジかよと。

しかもなんだかとっても胡散臭いビジュアルは、

ジョンでもポールでもなくリンゴじゃないか!?

気になって、ようつべで上がっているライブの音源を聞いてみると、

これがまたすこぶるよいではないか!!

ビートルズ感はほぼゼロですが、

ボロロンとしなやかに弾かれたギターの音色に、

なんとも味わい深いヴォイスのつぶやきが心地よい。

ひょっとして天才ちゃうのん?

詳しく調べてみると、今話題の広島県は呉で、

全部セルフビルドの宅録DIYで音楽をやっているらしく

基本ローカル広島で細々と活動をしている様子。

ほんと、こんなとこに隠れておったんかっ!!と。

同じ、ギター弾きとしては、一度生で拝見したい。

ちょうど、いつもお邪魔している誠光社さんで

ニューアルバム"CROQUIS"の発売記念のライブがあるとのことで

馳せ参じました。


↓おなじみの誠光社さん

f:id:arkibito:20170326184750j:image:w360


前回の「メカス映画×いしいしんじ」以来、2週間ぶりです。

堀部さんと奥さんに、アレすごかったですねえとライブ前に雑談。

今宵も大変楽しみにしております。

19時となって、ぼそぼそ〜っとライブスタート。

譜面台と、簡単なリズムマシーンと、マイクとギター。

ギターはなかなか小ぶりなサイズでした。


↓いざライブ

f:id:arkibito:20170326190103j:image:w640


さっそく、名曲『ウィークデー』からライブスタート。

一曲一曲が1分、2分程度で、

次々とポップでキャッチーな曲たちが披露されていきます。

いわゆる流行歌のように、ある程度の長さだったり、

AメロBメロ、サビ、転調といった

型にはまったような曲作りに囚われることなく、

耳良いフレーズやコードだけを用いて、

ギュっとエッセンスを凝縮して、

その曲の一番いい部分だけを絞り出したようなそんな贅沢さ。

そのメロディーの上に、文語口語入り混じった、

まったく飾らないつぶやきが馴染むように乗っかる。

コトバ遊びが見事にメロディに溶け込み弾ける。

本に囲まれたこの小さなステージの尺とも見事にマッチして

それはまるで上質の短編小説をめくるような幸福感でありました。


↓染み渡る音色

f:id:arkibito:20170326190313j:image:w360


1時間ほど、ソロで畳み掛けるように弾き語り。

そのあと、堀部さんとライブに至る経緯なんかを対談。

そのあとはコンバイン若岡さんのベース伴奏を加えて

さらに数曲。

ラストはアンコールにお応えしての一曲。

あっというまの1時間30分。

素晴らしい夜をありがとう@@@


↓堀部さんと対談ちう

f:id:arkibito:20170326193058j:image:w640


ライブ後、ご本人と少しお話。

とにかく声が素晴らしくて聞き惚れました。

呉は仕事などで時々行くことがあるし、

また別の機会でまた

心地よい音楽に酔いしれたいなあ。


↓ジョンとポールの土肥雅樹さん

f:id:arkibito:20170326200859j:image:w640


↓サインいただきました

f:id:arkibito:20170326201055j:image:w360


↓『ウィークデー』


↓『バナナ泥棒』


↓『dayton,ohio 1903』 ※ランディーニューマンの日本語カバー


↓みんな買ってネ♪

クロッキー

クロッキー

2017-01-23

『TOSS』 release tour 2016-2017  by SHUGO TOKUMARU

先に言っときますね。

いやあ、もうスゲーんだってばっ!!


ふぃ〜。ちょっと落ち着いたので本編を。

日曜日は長女と一緒に楽しみにしていたトクマルシューゴさんのライブへ。

このところ我が家のヘビロテで、

下の娘も思わずタテノリで踊ってしまっちゃってる

アルバム『TOSS』を引っ提げての全国ツアーです。

(このアルバムが最高すぎ)

このところ何かとトクマル好いておりまして、

9月のアンサンブルズ東京では別のワークショップでしたが、

我々のパートにも後方で参加してらっしゃいました。

12月には度肝を抜いた舞台『私は真悟』へ楽曲を提供されていたり、

もっと前にはいしいしんじさん原作の演劇『麦踏みクーツェ』の音楽監督をしたり、

ずーっと興味対象の真ん中らへんをウロウロしていたお方。

ドンピシャのタイミングでの生ライブで、

もう楽しみに行ってまいりました。


↓TOSSライブ

f:id:arkibito:20170122171606j:image:w360


向かったのはスカイビルのお膝下にあるシャングリラ。

大人1人につき小学生無料でありがたや〜。

でもたぶん小学生はうちの娘だけのようでした。

番号が遅かったので、スペースが心配で、

オールスタンディングで、娘の身長だと、

前に人が立つと全然見えなくなってしまうし、

かといって最前列はギュウギュウ危ないしと思っていたら、

中二階みたいなところの先頭を奇跡的にゲット。

ここなら舞台全体がよく見えます。


↓梅田シャングリラ

f:id:arkibito:20170122174537j:image:w360


↓大盛況なり

f:id:arkibito:20170122201456j:image:w360


で、『BRICOLAGE MUISIC』で幕を開けたライブですが、

のっけから新曲を5曲連続で畳み掛け!!

もうねえ、スゴイの一言です。

まるでサーカスか超一級の曲芸を見ているかのよう。

とにかくメンバー5人が、

本当に次から次から色々な楽器を持ち出して演奏していくのです。

ラッパ吹いてたかと思ったら次の瞬間には木琴を叩き、

コントラバスにスイッチしたかと思ったら、ピアニカを鳴らす。

何より、1つの楽器をマスターするだけでも大変なのに、

この人たち本当に何でもやります。

当然演奏は相当うまいし、躍動感があるし、

全身から楽しさが音となって拡散していくよう。

しかも曲ごとに楽器を持ち替えるならまだしも、

1曲の中で次々と楽器を変え、BOXからまるで手品のように、

楽器を出してきてはホイホーイと右から左へ。右から左へ。

楽器が宙を舞う!!

あの人たち何?手品師?魔術師?

しまいには、デンデン太鼓や、ラジオのノイズ、はたまた猫のおもちゃ!!

楽しい音の鳴るものなら何でも取り込んでしまおうという、このスバラシさ。


ボーカル・ギター・ピアノを繰り広げる

超絶音楽オタクのトクマルシューゴさんはもちろん、

主にドラムスとトイピアノ&ピアニカをクールに操るイトケンさん、

ラッパから木琴からエレキから猫まで!

ロングヘアをなびかせて歌声も美しいユミコさん、

主にラッパからコントラバスまで激奏する三浦千明さん、

ベースの田中磬さん(元SAKEROCK!)は、エレキベースを胡弓で!

そしてトクマルさんへのツッコミもリズミカルなドラムスの岸田佳也さん。

あの手この手で、まさに”音”を”楽”している、人たちなんじゃないでしょうか。

タモリさんのいう”JAZZな”人って、

きっとこういう人たちのことをいうのね。

いや〜〜〜〜〜〜みなさん、なんて素敵♪


楽曲自体ももうセンスのカタマリで、

キャッチーなリフを無限ループさせたり、

音階やリズム・テンポの常識を真正面からぶち壊した、

まるでおもちゃ箱をひっくり返したようなものもあれば、

じっくりアコギ(しかもヤイリ!)で聴かせる曲もあれば、

5人の一体感でホールが幸せに包まれる瞬間もあり、

幸福感!浮遊感!疾走感!

最も自由な音楽が今ここに!


あとはやっぱり5人の肩ひじ張らないリラックスムードが最高。

ご本人たちも「無駄な私語の多い連中」と言っていましたが、

まるで楽屋か自宅かというような感覚で、MCもおもしろかった!

高畑ミッキー問題とかイチゴ大福とか、爆笑の渦でした。

後、娘が見ているEテレの「ミミクリーズ」の主題歌も披露されて

娘も大興奮でした。


ライブ後は、しばらくホールで休憩。

2時間スタンディングはさすがにちと疲れて、

ドリチケでビールをグビグビ。

人がだいたい掃けてからエントランスへ。

物販があったのでいろいろ見ていると、

なんとユミコさんと三浦さんが立たれていたので、

すごかったです!とお伝えして記念撮影!


↓左が三浦千明さん

f:id:arkibito:20170122203205j:image:w360


↓右がユミコさん

f:id:arkibito:20170122203210j:image:w360


音楽の可能性が格段に広がりました。

なんか、もう、とにかく、やらなきゃ!!!


みんなぜひぜひ聴いちゃって!!


名曲『LIFT』

D



名曲『VEKTOR feat. MAYWA DENKI(明和電機)』

D