Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2017-04-19

『音楽と美術のあいだ』刊行記念トークイベント 大友良英×小崎哲哉

時計の針を少し巻き戻して、金曜日の晩。

恵文社一乗寺店に本当に数年ぶりにお邪魔します。

学生時代からだからもう20年近く通っていますが、

昔はこういった本屋がここしかなかったんだけど、

今は身近にも増えてきて、

どうしても距離があるので足が遠のいてしまっていました。

前訪れた時は、店の西側に拡張していましたが

今回は東側も拡張されて、あたらしくイベントブースまで。

相変わらず本のラインナップも素晴らしく、品ぞろえ抜群です。


恵文社一乗寺店

f:id:arkibito:20170413193540j:image:w360


で、今回お邪魔したのは、

去年秋に参加させていただいた

「アンサンブルズ東京」の主催者であり、

音楽家・ギタリスト大友良英さんが新しい本を出版する

記念のトークショーに参加するためです。

単に音楽活動を行うだけではなく、

日本はもちろん世界各地で「アンサブルズ」プロジェクトを行い、

老若男女問わず、また音楽や芸術の垣根を越えて、

ムーブメントを起こしているすごい人です。

お相手は数々の芸術系雑誌の編集長を務め、

芸術プロデューサーとしても活躍の小崎哲哉さん。


↓『音楽と美術のあいだ』刊行記念トークイベント 大友良英×小崎哲哉

f:id:arkibito:20170413193557j:image:w360


トークスタート

f:id:arkibito:20170413200316j:image:w360


とにかくもう最初から最後まで大切なことだらけでした。

そこまでしっかり考えているということ、

そしてそれらを単に頭でっかちな理屈で終わらせるのではなくて

それらを実践することの偉大さをまざまざと実感しました。

色々多岐にわたる話題で、

なかなかうまく順序立ててまとめることができないけど、

ポイントだけおさらい。


結局、音楽や美術作品を作り出すということではなく

現象を作り出す、場を演出するということが大事で、

そういう意味では美術も音楽も科学も料理も根っこは同じ。

デジタルの時代では、それらを録音したりアーカイブ化して、

いつでもどこでも再生可能な技術が発達してしまったがために、

それらの現象的な側面、ライブ感という、

本来の醍醐味が軽んじられ、

単純に娯楽対象、消費対象として用いられてしまう。


音楽でいえば、PA技術の発達やオーディオ設備の充実で、

日々たくさんの音が溢れているけれど、

ほとんどは音の主要な部分を拾っているだけで、

実は細かな音を再現できていない。

それでは作り手の本当のこだわりだったり、

核心部分が正しく伝わらないのだけど

今の人たちはスマホのイヤホンの音しか知らないから

それで十分満足してしまう。

というより、それしか知らないから、

はじめからそういうものだとして認識されてしまう。

むしろ、そういうことにこだわるのは

一部のマニアの世界の話でしょと切り捨てられてしまう。

すると聴く側のクオリティが下がるのは当然で、

そうすると今度は作り手側のハードルも下がる、

その負のスパイラルが繰り返されてしまうのは

ホンモノを知らない、無知であるということに尽きる。

それは芸術の世界でもテレビの世界でも、なんでもそう。

大量消費、大量生産、デジタル技術が便利さを加速させる一方で、

簡略化により省かれた部分がそっくりそのまま衰退してしまう。

でもその省かれた部分が実は大切なものだったりする。

つまり、何に重きを置くのか。

効率やコストなのか、クオリティなのか、

価値観の問題にぶちあたる。


芸術家や音楽家は

そもそも社会の通底にある価値観や常識を一変させたり、

別の角度からの視点を示唆したり、

あるいは全く新たな価値観を創造する類の

アクションやモーションを起こす人たちなので

そういった傾向や時流に対して、

彼らが起こそうとしているのは

ヴァルター・ベンヤミンが提示した

アウラ=一回性」の復権なんじゃないかと思いました。

つまり、今や何もかにもが大量にコピーされ、均一化され、

時代の早すぎる流れのなかで、

すぐに別のものに簡単に置き換えられてしまうような

モノやコトではなく、

その日その場所でたった一度しか体感できない

”経験”こそがホンモノであり、

それに気づかせるための1つの方法として、ということでしょうか。

そのもっとも有効的な方法の一つが、

ハレとケの交わる”祭り”であり、

大友さんが手がける「アンサンブルズ」プロジェクトなのでしょう。


また本のタイトルの意義について述べられている部分も

なかなか興味深かった。

「音楽と美術のあいだ」ということですが、

その「あいだ」というのは

2つの中間に属する何かを指し示しているのではなくて、

音楽と美術とのつながり、間柄という意味で、

この2つは長らく交わりそうで交わらないような

明確な境界が存在してしまっていたのだけど、

それらを越境したり、

行き来したりするような動きがどんどん出てきている。

これはこのお題にかかわることだけじゃなくて、

その世界・業界の中だけで成立するような評価体系の中だけでは

そのものの真価は図ることができないし、

一側面的な偏った見方に陥りかねない。

常に大事なのは、他者の存在、他者視線

これは、とても大事な投げかけです。


そもそも自分がどんなジャンルものか、

どういった系統に属するかなんて言うことは

本来どうでもよくて、むしろそれは評論家や歴史家の仕事。

ただ、世間を知らない若者が知らずにパクッている場合に、

大人がきちんと怒る必要があり、

その根拠としての体系化の作業とその教示は大切なことであるという

小崎さんのキュレーター然としたコメントはなかなかうなずけました。


色々な話を伺って、ナルホドと思わせることだらけでした。

つまり”型”ではなく”型破り”なんだと。

自分も音楽をやっている端くれの端くれですが、

コードがあったり、AメロBメロサビといったフォーマットがあったり、

ある型に従って構成されていて、

それらを忠実に演奏する、上手に間違わずに弾くということだけに

どうしても頭が行きがち。つまり型にばかりこだわってしまう。

でも人の心を動かしたり、

世代や時代を越えたムーブメントを起こす本当の要素というのは、

そういったものを越えたところにあるもの、

つまり”型破り”なんだと気付かされました。

これは音楽に限らず、美術でも、スポーツでも何でもそうかもしれません。

もちろん、それをはっきりと口にできるのは、

何よりもまず”型”を知っていることが大前提で、

”型”もできない者がそう主張したとて、

何の説得力も持ちえないということは言うまでもない。

文字通り、型があってこその型破りであって、

それもまた他者の存在の話につながってくる。

うーん、納得。


とにかく、何事も自分で考える、

よく考えるということの大切さ。

ホンモノっていうは決して偶然の産物ではなく、

すべて必然であって、

そしてホンモノはえてして面白い。

本当にこの夜はとても素晴らしい勉強になりました。

そして先日の本屋トークの話ともやっぱり繋がる話で、

とても収穫の多かった。

(これを何か形にできればいいんだけど…)


↓すごい大事なことしゃべってます

f:id:arkibito:20170413202114j:image:w640


トークショーの後はサイン会。

アンサンブルズ東京で●●駅から参加しましたというと、

覚えていていただけてました。

しかし、これほどの方と一緒の舞台で歌って踊ったというのが

今になって本当に奇跡というか、ありえないことだなあと改めて。

娘にとっても一生の財産になったろうし、

本当に大友さんには感謝しかありません。


↓大友さんと記念撮影

f:id:arkibito:20170413213617j:image:w640


↓サインいただきました

f:id:arkibito:20170413234016j:image:w360


この日のトークショーの内容を

ぎゅっと凝縮したのがこの一冊なので

これから読み込もうと思います。

バイブル必至だな。


↓必読!

2017-03-16

俊足 愛宕さん参り

日曜日。

晩に京都で用事があり、

それまでにちょっとお山でもと思ったのだが、

疲労のために起きたのが昼前。

大慌てで出動して嵐山駅に到着。


阪急嵐山駅

f:id:arkibito:20170312134106j:image:w360


今日は軽い気持ちで、愛宕山に登ることにしたのだが

想像以上にしんどい山で、

やはりナメちゃいかんなというのを実感することになる。

標高は924mなので、せいぜい六甲山程度だし、

嵐山から見えているので、イージーだろうと思っていたのだが、

難所があったり、テクニカルな個所はないけれど、

冬場には遭難者が出るのもうなずける山でした。


13:40に阪急嵐山駅を出発。

観光客でごった返す中を進み、渡月橋を渡る。

渡ったところですぐに左折し、

保津川を左に見ながらずんずん進む。


渡月橋

f:id:arkibito:20170312134441j:image:w360


保津川

f:id:arkibito:20170312135325j:image:w360


ドンツキから嵐山公園敷地へ入り、

急坂をひょいと上れば展望所。

たくさんの人がいました。

ここからは保津川の流れがよく見え、

対岸の山裾に月見の名所、大悲閣千光寺が見えます。

観光客の人混みはここまでで、そこから先はほとんど人がいない。

段々と公園の整備された遊歩道からトレイルらしくなってきて、

少しずつのぼります。

公園の終わりの標識の所で振り返るとわずかに眺望が開けます。


嵐山公園の展望所より

f:id:arkibito:20170312135859j:image:w640


嵐山公園の果て

f:id:arkibito:20170312140600j:image:w360


そこからさらにガレ場を登っていくと、森の中に入り、

害獣防止のフェンスに沿ってトレイルが続きます。

何気にこう配があります。

そうして、ほどなくして1つ目のピークである小倉山(295m)に到着。

ここは藤原定家によって小倉百人一首が撰ばれた地と伝えられています。

東南方面に眺望が開けていて、東へ伸びる丸太町通り、

その奥に東山と、この間歩いた音羽山醍醐山の山並み。

そして、右手にカーブしていく桂川

山頂から少しブッシュを突っ切って山の反対側に開けたところがあり、

そこからは嵯峨野の町並みがすぐ下に見えました。


小倉山から京都市街を望む

f:id:arkibito:20170312141350j:image:w640


嵯峨野の町並み

f:id:arkibito:20170312141454j:image:w360


そこからトレイルは幾重にも枝分かれしているのだが、

なじみのない山中なので、

一番踏み跡がしっかりしている道をチョイスしててくてく。

深い森をずんずん歩いていくと、

急に開けた公園みたいなところに出る。

そこからアスファルトの道が敷かれていて、

それに沿って今度は下り。

ずんずん進むと、前方からエキゾースト音が響く。

嵐山高雄パークウェイにぶちあたります。


嵐山高雄パークウェイ

f:id:arkibito:20170312143242j:image:w360


有料道路は車専用なので歩行者は進入禁止。

なにより走り屋がぶっ放しているので入りたいとも思わないけど。

で、トレイルはその道のすぐ脇の崖に

へばりつくようにして続いているのでそのまま進みます。

本当に取ってつけたようなオマケの道なので、細くガレていて

意外と慎重にいかないといけません。

途中、展望の開けるスポットがあり、

そこから眼下に保津川

そして上に今回の目的地の愛宕山が望めました。


↓道路下にへばりつくようについたトレイル

f:id:arkibito:20170312143601j:image:w360


落合を眼下に。奥の山が愛宕山

f:id:arkibito:20170312143739j:image:w640


細い細いトレイルをしばらく歩いていくと、車道に出ます。

そこが六丁峠。ひさびさに来ました。


↓六丁峠

f:id:arkibito:20170312143930j:image:w360


トロッコ保津峡駅が見える

f:id:arkibito:20170312144324j:image:w360


そのまま保津川と清滝川の合流点である落合まで

クネクネ、クネクネと坂道を下っていきます。

反対側から何人かのハイカーがしんどそうに上がってきてご挨拶。

ようやく下り終えたところにある赤い橋の所が落合


落合

f:id:arkibito:20170312144904j:image:w360


ここから清滝川沿いのトレイルに入ります。

一度橋を渡って、ずんずん進んでいくと、

なかなか趣のある川沿いの道となります。

さっきまで結構暑かったのだが、川面をそよぐ風が涼しい。

この区間はなかなかいい道ですね。

小さな滝のある小さな橋を渡り、さらに2kmほど進んでいくと

清滝の集落に出ました。


↓清滝川を遡上

f:id:arkibito:20170312145037j:image:w360


↓涼しい道です

f:id:arkibito:20170312145241j:image:w360


↓水も澄んできれい

f:id:arkibito:20170312145328j:image:w360


↓沢歩きっぽくなってきます

f:id:arkibito:20170312145339j:image:w640


↓小さな滝

f:id:arkibito:20170312145707j:image:w360


なかなかさびれた集落である清滝。

嵐山から来るまでなら20分もかからないところですが、

何とも山深く秘境めいた場所に感じます。

その集落の果てに赤い鳥居が立っており、

ここからいよいよ愛宕山への登山が始まります。


↓渡猿橋

f:id:arkibito:20170312150658j:image:w360


↓清滝の集落

f:id:arkibito:20170312150844j:image:w360


愛宕山登山スタート

f:id:arkibito:20170312151011j:image:w360


時刻は15時をすでに過ぎている。

看板には遭難防止の喚起のアナウンスがいくつもあり、

それによれば登って降りて5時間とある。

出発のタイミングとしては日没ギリギリのまずいタイミングだが、

本気ペースで行けば大丈夫。

ということで、ハイペースでスタート。

だが、のっけからなかなかの急こう配の坂に苦しめられます。

時期に道は延々と階段地獄へと変わり、かなりキツイ。

しかもこの日は晩のメインイベントのための本を4冊も背負っているので

何気に重くのしかかります。

汗びっしょりで黙々と階段を上がっていきます。


↓のっけから急坂@@@

f:id:arkibito:20170312151324j:image:w360


たくさんの人が下りてくるのですが、皆かなり疲弊している様子で、

この山の大変さがよく伝わってきます。

挨拶を交わしながら行き違いを繰り返す。

このルートには、2種類の道しるべがあって、

1つは嵯峨消防分所のもので、1つ1つに面白コメントが付いた

1〜40/40のカウント。

もう1つは大昔からある町石で、こちらは50カウント。

それを目安に上がっていくのですが、

序盤は全然減らないカウントに辟易するので

目安なるのがよいのやら悪いのやら。

とにかくケツカッチンなので、全く立ち止まらず黙々と歩いて

20丁目にあたる一文字屋跡に到着。

ここでひとまずドリンク休憩と、

あまりにヒートアップしているので上着とニット帽を脱いでしまう。

すぐに出発。


↓一文字屋跡(20丁目)

f:id:arkibito:20170312152342j:image:w360


ここまで結構な急こう配の階段続きで、

どの山も取り付きが一番しんどいだろうから、

そろそろ階段地獄も収まるかなんて思っていたら全然。

これはもう修行の域といってもいいですね。

そうして25丁目に位置するふかや跡まで来ました。

ようやく半分。

ここは休まずスルー。


↓ふかや跡(25丁目)

f:id:arkibito:20170312153437j:image:w360


さらにひたすら続く階段に苦しめられながら、

30丁目の水口屋跡まできました。

登り口の鳥居からほぼノンストップで35分@@@

足攣りそうです。


水口屋跡(30丁目)

f:id:arkibito:20170312154824j:image:w360


ここからいったん平坦な道が山肌をなぞるようにして続き、

少し足休め。(といっても立ち止まらずペースを少し落とすだけ)

何か所か見晴らしの良いスポットがあり、そこから京都の町並みを望みます。

なんか、南方面で怪しい黒煙が上がっているのが見えます。

後でニュースで、ラジコン飛行機が墜落して一帯を焼く火事があったようです。


↓思えば遠く来たもんだ

f:id:arkibito:20170312155020j:image:w360


↓ん?大火事?

f:id:arkibito:20170312155125j:image:w640


安息の道は長くは続かず、またにわかに鈍い階段状の道が続く。

ピキピキする足に鞭を入れてさらに進んでいくと、

水尾分かれに到着。

水尾と言えばユズの里として有名ですね。


↓水尾分かれ

f:id:arkibito:20170312160746j:image:w640


ここから道は一路北へと転じ、少しは斜度が緩まります。

ずんずんと北山杉の木立を抜けて、順調にカウントを減らしていきます。

しかし、そう簡単には終わらず、

44丁目の所に通称ガンバリ坂と呼ばれているという階段があり、

悶絶しながらも駆け抜けます。


佐賀消防分団の標識

f:id:arkibito:20170312161055j:image:w640


↓44丁目のガンバリ坂@@@

f:id:arkibito:20170312161448j:image:w360


そこからさらに歩くと前方に愛宕神社の黒門が見えてきました。

やった!

で、ここでカウントは40/40を指すのですが、

実はエクストラが続いていて41,42と…


↓黒門

f:id:arkibito:20170312162129j:image:w360


とにかくまずはトップへということで、

がらんとした社務所前を抜けていくと、

またまた長い石段…

これをどうにかやっつけ、再び門をくぐり、

ほんとの最後の階段を登り詰めて、山頂にある愛宕神社に到着しました。

時刻は16:30。

予定していたデッドラインの15分前にどうにか来れました。

通常3時間かかる道のりを1時間20分で来たので、我ながら頑張りましたが

ちょっと無茶なプランでした…

せっかく頑張ってきたので、ちゃんとお参りを済ませます。


社務所の広場は残り雪まじり

f:id:arkibito:20170312162621j:image:w360


↓ラスト!!!

f:id:arkibito:20170312162729j:image:w360


愛宕神社

f:id:arkibito:20170312163154j:image:w640


↓山頂の気温は2度

f:id:arkibito:20170312163451j:image:w360


↓さらば

f:id:arkibito:20170312163807j:image:w360


もうハンガー手前だったので、

お参りを済ませたらすぐに広場まで降りて、

買ってきた赤飯おにぎりとスティックケーキにありつく。

広々とした山上にはまだ若干の雪が残っていて、ひんやりとしています。

眺望はというとあまり期待したものではなく、

高杉の間からはるか眼下に都の様子がうかがえる程度です。

それにしても六甲山と同じくらいの標高なのに、

六甲から見る阪神間より、愛宕から見る京都はずっとずっと小さく見え、

かなり高いところのように感じられました。


雪だるま

f:id:arkibito:20170312164049j:image:w360


↓山頂からの眺め。なかなか高く感じます

f:id:arkibito:20170312164127j:image:w640


さて、時刻はすでに16:38。

日没が迫る上に、用事に遅刻しないためにはギリギリのラインだったので

滞在わずか10分足らずですが、すぐに下山を開始します。

トントコトントコと駆け降りるような形で、黙々と下る。

最後、10/40くらいで、複数のトレイルランナーに追いついたのだが、

プチバトルみたいになったので、本気出して千切り、

せっかくペースが上がったので、

そのままトレランに切り替えてダッシュで下り降りました。

鳥居の所で17:29なので、1時間かからずに無事下山。


↓無事下山!

f:id:arkibito:20170312172928j:image:w360


山からは無事下りれましたが、

ここから嵐山駅まで行かねばならないので

降りたところの自販機でお茶を買って

一気飲みしたらすぐにリスタート。

猿橋を渡って、清滝トンネルまでの急こう配を登っていると、

坂の上の方で、年配の女性の方、

身なりからすると地元の住民と思われる人が、

慌てた感じで走って横切るのが見えた。

こんなところで急を要して走る人がいるのはなぜ?と思って、

ひょっとしてひょっとして、バスがあるのかもしれないと思って

そこまでダッシュで坂を50mほど駆け上がってみると、

ビンゴ!!!

なんとバスが今まさに出発しようとしているところで、

手を上げて運転手さんに合図をして、ドアを開けてもらって、

どうにか滑り込みました。

元々、バスなんてないと思っていて調べもせず、

嵐山まで登って降りてあと1時間は歩かないといけないと思っていたので

本当にラッキーでした。

あの女の人が目の前で走ってくれてなければ、

気づかなかったので本当ありがたい。

ということで、17:34のバスに乗り込みました。


↓奇跡的にバスに間に合う

f:id:arkibito:20170312173426j:image:w360


バスは20分ほどでJR駅の最寄りのバス停まで来たのですが

あいにく、万札しか持っておらず、両替もできず、

どうしようと困っていたら、運転手さんが

「今日は大丈夫です。次利用した際に払ってください」とありがたいお言葉(涙)

あるだけの小銭(といっても60円)を入れて、お礼を言って下車しました。

注ぎ、バスを利用した時は必ず、お返しします。

ということで、無事に4時間の山行を終え、

18時ごろの京都行の電車に乗り込みました。

いや〜疲れた。


↓山行ルート

f:id:arkibito:20170313111423p:image


<山行記録>

13:40阪急嵐山駅⇒13:45渡月橋⇒13:55嵐山公園亀山地区展望台(1/3)⇒

14:13小倉山14:15⇒14:39六丁峠⇒14:49落合⇒15:07渡猿橋

15:10鳥居⇒15:23一文字屋跡(20丁目)⇒15:34ふかや跡(25丁目)⇒

15:48⇒水口屋跡(30丁目)⇒16:07水尾分かれ⇒

16:14ガンバリ坂(44丁目)⇒16:22黒門⇒16:26愛宕神社社務所

16:30愛宕山16:38⇒16:41愛宕神社社務所⇒17:29鳥居⇒17:34清滝バス停

2017-03-07

金沢王道コース デザインの本質を探る旅?

北陸旅行2日目。

加賀温泉を9:36に出発して、30分ほどで金沢にとうちゃこ。

さすがシーズンなのと、

新幹線で東京から一本ということもあってか、

駅前からものすごい人出です。

こちとら人数もいてベビーカーなので、

無理にバスは使わずにタクシー移動。

金沢に来たら寄らずにはいられないのが21世紀美術館ですね。

美術館内はすごい人で、チケットブースからすごい行列でしたが、

やっぱりここは外すわけにはいきません。


↓金沢21世紀美術館

f:id:arkibito:20170305111529j:image:w360


↓レアンドロのプール

f:id:arkibito:20170305105655j:image:w360


行ったときは、「工芸とデザインの境目展」というのをやっていました。

どちらもモノづくりという意味では同じで、

しかもどこまでが工芸でどこまでがデザインなのか、

線引きが非常に曖昧ですが、

「プロセスと素材」「手と機械」「かたち」「さび(経年変化」

といった観点からその境目を模索するという内容の企画。

例えば、タイプライターとiMAC、

バカラのグラスとIKEAの割れないコップ、

昔のコカコーラの瓶と、今のコカコーラのスリムボトル

石垣とコンクリート壁などといったような

同一の目的で作られた商品を、

古い時代の道具たちを”工芸”、最新のツールを”デザイン”として

対比するという展示の仕方でした。


個人的な感想としては、

ますますその境目がどうなのかわからなくなるような感じでした。

つまりこの企画で”工芸”と位置付けられたモノの方が、

”デザイン”と位置付けられたモノよりも、

デザイン的に優れていると感じたからです。

結論としては、「工芸」とは、

まず最初に何か作業や仕事(料理や木工)があり、

それらを効率かつ正確に行えるものとして生み出された道具が、

機能美としてデザイン的な素質を発するもの。

一方、「デザイン」とは、モノの機能的な内面から湧き出たものではなく、

コマーシャル的な意味合いから表面的に飾り立てられたものであり、

それによって消費行動へと駆り立てるための一種のお化粧にすぎない、

として捉えた方が個人的には随分しっくりくる。


結果的に製品をプロダクトするという行為は同じだったとしても、

その出発点、あるいは考え方の原点が、

いいモノを”つくりだす”ということが、

いつしか多く”売る”というところにすり替えられた時、

没個性化が始まり、真の意味でのデザイン的な魅力を見失う。

誰にでも使い勝手がよく、誰にでも受け入れられる、

けれども、無味無臭、人畜無害な

極めて凡庸なものが世界を席巻することになる。


アパレルの世界でいう”ユニセックス”デザインなどというものは、

文字通り男である女であるという根本的なボーダー=個性すらも

ある意味否定したものだ。

男にも売れる、女にも売れる、シェアが拡大する、売り上げが上がる。

それは商業的には成功かもしれないが、それは求められたものなのか。

昔のスポーツカーや、ビートルなどの

個性的なフォルムやデザインに胸躍らせても、

どのメーカーも似たり寄ったりの現代のツルンとした

家電自動車にもはやロマンは感じられない。

1つとして違いのない真っ白なiphoneに対して

黒電話やピンクの公衆電話のもつ”味わい”とは

決してノスタルジー的な意味合いだけではないはずだ。

しかし機能や効率が格段に向上するのに反比例して、

デザインはどんどん形骸化してゆく。

便利で快適で文句もないが、ただつまらない、面白くない。

これは製品やデザインという世界に留まる話ではなく、

フォーマット化された店舗、住宅、芸術作品まであらゆる世界で

同時進行的に起こっているデザインの砂漠化だ。


町に溶け込んだ老舗の珈琲屋と

スターバックスの対比がわかりやすいかもしれない。

前者は、もちろん商売として

コーヒーを提供するということが前提だとしても、

町の人たちのくつろぎの場を提供するといった

別の側面を持ち合わせていて、

そのお店の持つ場の魅力というものは、

そこにしかない=ユニークなものだ。

一方で、スターバックスは、

もちろんくつろぎの場を提供するということもあるにせよ、

結果的にはサービスを「売る」「買う」という場所でしかなく、

そのお店の持つ場の雰囲気というものは、

全国どこでも同じサービスが受けられるという均一化が支配する。


あるいはビールなど、日本のどこで飲んでも

同じ商品であれば同じ味がするはずだが、

ファミレスやファストフード店で飲むよりも、

老舗の角打ちやベースボールスタジアムで飲む方が

うんと美味しいに決まっている。

また、きっと、そこが会社の会議室や便所だったら

好きなビールも飲めたもんじゃないだろう。

このように、単に商品を売る・買う、使いこなすといった、

消費や効率の範疇に留まらないものを

人は敏感に感じ取って生きているのであって、

そういう部分こそ、人間の求める豊かさそのものだと思うし、

それを追求することこそが、

本当の意味での”デザイン”なのではないだろうか。

今のデザインのほとんどは、

商品を売るためのツールに成り下がっているものがあまりに多い。

現代社会には”消費”という病魔はどこにでも棲みついているし、

どの分野・世界でも巣食っている。

売れること、シェアを占めること、

流行のメインストリームを席巻することが正義だと

本当に信じられている現代社会で、

”工芸”を取り戻すには、

やはりモノづくりの原点を見直すこと、

豊かさの本質を探る必要があると改めて感じました。

そもそも日本人はそういうワビとかサビと称されるものへの

気遣いとか感性に長けているはずだと信じたいところです。


↓「トーマス・ルフ」展

f:id:arkibito:20170305120253j:image:w640


つづいて同時にやっていた「トーマス・ルフ」展。

アンドレアス・グルスキーなどと並ぶ、

ベッヒャー派を代表するドイツの写真家です。

自ら撮影した写真の作品に留まらず、

例えばネット上にあふれる大量の画像データや、

NASAの衛星画像といった既存の画像を加工した作品などを発表しつつ、

溢れかえる画像に囲まれて生きる現代社会においての

写真・メディアの在り方についての視点を与えています。

非常に冷ややかなまなざしから捉えられた写真たちの

無言の佇まいのすごみというか、

そういうところがベッヒャー派ならではでした。

初期の「ハウス」というシリーズの写真が、

自分の感性にぴったりで見入ってしまいました。


↓カラー・アクティヴィティ・ハウス by オラファー・エリアソン

f:id:arkibito:20170305130823j:image:w360


美術館を満喫したら、

すぐ近くにある気になっている本屋さんに向かいます。

「Books under Hotchkiss」という流通に囚われない新しい本屋さん。

2Fがギャラリーのようになっていて、

そこにものづくりや表現者さんの作品を展示して、

そのテーマや内容に関連する本を期間中に1Fで販売をするという形式。

3か月ごとに入れ替えがって、

その度に商品も全部入れ替えるということで、それもなかなか面白い。

この間のスタンダードブックストアさんでの本屋トークや、

さきほどの工芸とデザインの話にもつながりますが、

単に本を物販するということではなく、

本というものを糸口にして、

”知”をやり取りする場をデザインするということの実践とでもいう感じです。

この時は、「Books & Dogs展」ということで、

たくさんの作家さんやデザイナーさんが

犬にまつわる本をチョイスしたものが並んでおりました。


↓BUH - Books under Hotchkiss

f:id:arkibito:20170305132443j:image:w360


↓Books & Dogs展

f:id:arkibito:20170305132905j:image:w360


↓不思議な本屋です

f:id:arkibito:20170305133432j:image:w360


さて、すっかり時間が過ぎて14時近く。

おなかペコペコですので、遅めのお昼ご飯にすることにします。

ということで片町までトコトコ歩いていたのですが、

途中で次女がどこかで片方の靴を脱いで無くなっていて、

慌てて歩いてきた道を戻って、道端に転がっているのを無事救出したり。

昔マカオで長女がサンダルをなくして、

大慌てしたのを思い出しました。

姉妹そろって靴なくすな〜。


で、お昼ご飯には名物の金沢おでんを、ということで、

「赤玉本店」になってきました。

ここの牛スジ煮込みが本当に上品な味わいでおいしくて、

注ぎ金沢に来たら絶対食べたい!と思っておったのです。

昼間からお酒をいただきつつ堪能させていただきました。

んまい!


↓赤玉本店

f:id:arkibito:20170305140914j:image:w360


↓お目当ての牛スジ煮込みを能登の宗玄で

f:id:arkibito:20170305141703j:image:w640


↓金沢おでん

f:id:arkibito:20170305141813j:image:w640


ゆっくり遅めの昼食を済ませたら、

帰りの電車まであまり十分な時間が無くなってきましたが

せっかくなので、ひがし茶屋街までワープして散策。

町家を改装したカフェで一服したり、お土産を物色したり。


↓ひがし茶屋街

f:id:arkibito:20170305152128j:image:w640


↓和カフェで休憩

f:id:arkibito:20170305152216j:image:w360


↓ちょっとブレイク

f:id:arkibito:20170305152955j:image:w360


金沢駅まで戻ってきて、電車の時間まで駅ビルでおみやげタイム。

ちょっと戦列を離れて地酒ブースへ。

自販機で入れたお酒呑みつつ、見て回り、1本お買い上げ。

あとは晩御飯にお弁当とか、色々。


↓ラストの酒

f:id:arkibito:20170305162518j:image:w360


帰りのサンダーバードはモロ混みで大変でしたが、

20時ごろに無事に帰宅しました。

なんだかんだ子連れ旅は大変ですが、

カニも酒もアートも満喫できた北陸の旅でした。

2017-01-30

『この世界の片隅に』 by 片渕須直監督

泣きました。

心の奥にある大切なものに触れたような気がします。

決して飾らず、えばらず、押しつけず、

だけれども、我々一井の人たちの日常にやさしく、

そして確かに寄り添う、そんな作品でした。

これらは絵空事でも他人後事でもなく、

約70年前の呉の空の下で実際に繰り広げられたことであり、

そしてそれは今日の世界のあらゆる場所と地続きでつながっている。

文字通り、この世界の片隅で、

私もひとりのすずさん、あなたもひとりのすずさん。

自分一人の力ではどうしようもできない社会とか時代とかがあり、

戦争を起こす人間もいれば、爆弾を落とす人もいる、

決してすべてが正しいわけでも、美しいわけでもない。

それでも明日はやってくる。そして今日を生きてゆく。

ただつつましく欲張らず、

家族や親せきやご近所と日々を営むことのありがたさに

改めて気づかせてくれました。

この映画が世に生まれてきたこと、

そしてそれを観ることができたことに感謝。




主人公のすずさんの立ち振る舞いや雰囲気が、

奥さんにそっくりで、奥さんを投影しながら見た。

本当にありがたいなあと改めて。

すずさんの声を担当したのんちゃんが本当に素晴らしかった。

彼女でなければ、すずさんはきっと成立していない。

彼女もまた自分の力だけでは立ち向かうことのできないものに

色々と阻まれていると聞くけれど、

それでもできることはある。

人を感動させたり驚かせたりすることができる。

改めてすごい女優さんだし、表現者でした。

ぜひ応援していきたい。

2017-01-16

森林浴 思考採集イベント 劇 『指紋は象のはたけ』 〜バーチャル社会 in 應典院〜

ここのところ、お芝居の魅力に取りつかれて、

ちょこちょこ行きはじめました。

演者の演技力とかオーラとかだけじゃなく、

音楽とか舞台装置、小道具、衣装、ライティングなどなど

総合芸術の極みであることは言うまでもなく、

やり直しなしの一発勝負という独特の緊張感。

やはりライブ感ならではの醍醐味は生でしか味わえません。

これは観る側だけじゃなく、演じる側もきっと

この空気を一度味わったら病み付きになるんだと思われます。


で、そのきっかけとなったのが去年観た

『夜の子供2』というお芝居なのですが、

そこで漫画編集者の田手上ユズル役として出演していた

坂口修一さんというフリーの役者さんが

とても素晴らしく、印象に残っていました。

ちょっと調べると、時期は被ってないのですが、大学が一緒で、

自分もよく知っている劇団出身者だということがわかり、

ちょっと興味を持ってウォッチしていました。

で、週末になにやら面白そうな劇?イベント?がやっていたので

谷九の慶典院さんにお邪魔してきました。


↓慶典院

f:id:arkibito:20170115154459j:image:w360


このイベントに興味を持ったのは、とにかくよくわからないから。

劇とはいえ、客席とステージの境界はなくて、

施設のいたるところが舞台と化して、刻々と進行していきます。

なので、例えば自分がメインホールにいるとして、

目の前で進んでいくシーンを観ることはできるが、

一方で、同時多発的に外のロビーや1階ホールでも物語は進んでいるので

必ずしも全体を把握することができません。

また、期間中、この慶典院の施設内全体が、

一種のヴァーチャル社会として存在していて、

参加者自身も、劇の一部と化したり、

あるいは”職業安定所”なるところから出された仕事をこなすことで

”クラウン”と呼ばれる仮想通貨を入手でき、

それで買い物をしたりすることができます。

わかりやすく言えば、USJのゾンビナイトや、リアル脱出ゲームのように、

空間がそういう設定で存在し、参加者はそれを見るだけではなく、

実際にその中に飛び込んでいくといった感じでしょうか。

そのほかにもさまざまな仕掛けがなされていて、

説明を読めば読むほどほど、本当にどうなるかよくわかりません。

じゃあ実際飛び込んじゃえ!


↓森林浴 思考採集イベント 劇 『指紋は象のはたけ』 〜バーチャル社会 in 應典院〜

f:id:arkibito:20170115195829j:image:w360


まずは入場。

5日間の公演の間に、

演劇あり、映画あり、トークあり、

ワークショップその他イベントが盛りだくさんで、

まるで学祭にお邪魔しているような感じ。

時間制で料金が決まっていて、

今回我々は2時間2400円で入場(劇自体は90分)。

入場してまず、”職業安定所”というところへ向かいます。

すると、まず”クラウン”と呼ばれる通貨があり、

様々なお仕事をクリアすることでゲットできるという説明があります。

お仕事としては色々あって、

施設内にある様々な”酉”のオブジェを見つけ出すことだったり、

イラストや簡単なオブジェを作成すること、

あるいは劇中に発生するミッションをこなすこと等々。

こういうゲーム的な要素には長女はすぐ飛びついて、

さっそく、3クラウンゲットしておりました。


↓職業安定所でお仕事あっせん

f:id:arkibito:20170115135252j:image:w360


↓ニワトリオブジェ発見

f:id:arkibito:20170115140913j:image:w360


↓ゲットしたクラウンで買えます

f:id:arkibito:20170115150846j:image:w360


とりあえず渡された地図で、館内を確認。

スロープ式になっている1Fだけでなく、階段部分から

2Fの大ホールまですべてがフィールドになっていて、

すでにさっきから怪しげな衣装をまとった人がウロウロしております。

しかもあっちこっちで、寸劇が繰り広げられていて、

役者同士の関係性もわからないし、

劇がすでに始まっているのかどうかすらもわからない。

しかも、てっきりお客さんかと思った人が

いきなり目の前でセリフを言い始めたり、

逆に演者さんかと思ったらお客さんだったり、

とにかくいきなり怪しい世界に放り込まれました。

このわからなさがめちゃくちゃ面白いです。


↓2Fの大ホール

f:id:arkibito:20170115140157j:image:w360


↓ロビーも舞台の一部

f:id:arkibito:20170115140319j:image:w360


↓小道具も凝ってます

f:id:arkibito:20170115152905j:image:w360


↓演者さんは期間中ずっとこの指紋町の住人になりきっています

f:id:arkibito:20170115140643j:image:w640


↓誰が演者で誰がお客さんかわからりません

f:id:arkibito:20170115141838j:image:w640


下の娘は目の前でわけわからんおっちゃんが急に大声を上げたり、

滑り込みながら倒れたり、

真っ白に塗りたくられたおっちゃんが迫ってきて、

獅子舞で頭を噛んで来たりして、

文字通り目を丸くして緊張しておりました。

生まれて早々、とんだ所へ放り込まれたもんですなあ。

上の娘はすでに面白がって、

わしゃわしゃと寸劇のど真ん中に駆け寄ってじゃれたり、

なぜかエプロン(しかもかわいい奴)を

獲得したクラウンでゲットしたりしております。

長女のクラウン集めを手伝いながらも、

刻々と進んでいく寸劇を追って、

とにかくわからないなりに、

役者さんに喋りかえられれば応答し、

ホールの真ん中で繰り広げられる大名行列に飛び込んで見たり、

気づけばあっという間に時間が過ぎていきました。


↓こんな人に遭遇

f:id:arkibito:20170115144455j:image:w360


↓観客も参加して大名行列

f:id:arkibito:20170116112130j:image:w360


↓リアルタイムで劇があちらこちらで進行していきます

f:id:arkibito:20170115140949j:image:w360


↓あちらでも

f:id:arkibito:20170115144732j:image:w360


↓こちらでも

f:id:arkibito:20170115145927j:image:w360


内容的にはお寺のホールでの劇ということで、

人の業だったり、生き死にに関する内容なのだときっと思います。

そして、どことなく寺山修司の世界に近いような

アングラ臭がプンプン。

自分の大好物の部類ですね。

まああ、内容を正しく読み解くというよりも、

感じることの方が大事な劇かなと思います。


↓クライマックス

f:id:arkibito:20170115150917j:image:w360


↓劇のエンディング

f:id:arkibito:20170115151615j:image:w360


そんなイベントだったので、

どこが始まりでどこが終わりなのかわからず、

つい坂口さんに話しかけてしまいましたが、

「なんだソイツはっ!!」と役のままで返されてしまい、

あ、これはしゃべりかけちゃいけなかったタイミングだったと思ったのですが、

役のまま握手と写真に応じてくれました。

しかもシャッターの瞬間だけ、素の坂口さんに戻っていただいて、

なんとチャーミングで優しいお方!!

後付けですがこういう、劇とリアルが妙な感じ、事故的に

シンクロしちゃうというのも”ならでわ”だったのかもしれません。

いずれにせよ、タイミングがあればぜひぜひ、

坂口さんの劇を見てみたいと思います。


↓坂口修一さんと

f:id:arkibito:20170116112128j:image:w360