Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-08-29

ensembles東京

土曜日の上京の本題。


9/4(日)に東京駅で催される音楽フェスティバル「アンサンブルズ東京」の

音楽ワークショップに参加することになり、その第1回目でした。

このイベントは、「あまちゃん」のオープニングテーマ曲などで知られる、

日本を代表する作曲家ギタリストである大友良英さんが

音頭を取って行われるもので、

一般参加型でみんなでつくる音楽の祭典です。

(詳しくはコチラ⇒http://www.ensembles.tokyo/

イベント当日は、東京駅を行き交う人たちも巻き込んで

一大お祭りとなるそうなのですが、

今回はなんと演者側として参加することになりました。


自分と長女は、「東京駅のうたワークショップ」というグループに参加します。

なにをするかというと、

大好きな作家のいしいしんじさんと、

これまた大好きなクラムボン原田郁子さん、

そして大友さん一緒に、

東京駅の魅力を伝える曲の歌詞を作って、曲を作って、

当日にその「東京駅のうた」を舞台で披露するという、

何とも素敵すぎる内容です!


ということで、午前中の遊びを終えて、

池袋にある東京芸術劇場にやってきました。

ここでまず30人ほどの参加者とコンニチワ。

当初は関東在住の人が多いだろうなと思っていましたが、

全国津々浦々から集まってきていました。

年齢も性別もばらばらで、子供たちの姿もたくさん。

これから何が起こるのか楽しみです♪


東京芸術劇場

f:id:arkibito:20160827125736j:image:w360


↓アンサンブルズ東京 ワークショップ

f:id:arkibito:20160827125936j:image:w360


時間となり、今回の講師である、いしいさんと原田さんが登場。

早速、ワークショップの開始です。

まずはどういう風に歌をくみ上げていくのか、

そのコンセプトと方法をレクチャーしてもらい、

それにしたがって、各々が東京駅に対して連想するコトバを

どんどん紙に書き出していきます。

それらを壁に張り出して、

文字のボリュームとか、文章のつなぎとかを

お2人と相談しながら煮詰めていくという作業でした。


人によってはもう立派なポエムになっているような人から、

全く個人的で具体的なつぶやきだったり、様々で面白い。

同じもの(東京駅)を対象としているのに、

人によって様々な視点、角度、距離感があって、

自分が思いもよらないような言葉が別の人から発せられたり、

逆に自分の出した言葉で他の人がはっとしたり、

本当に多様性の極みというか、素晴らしい体験です。


とはいえ、急に言葉を紡ぎ出すという作業は本当に大変なことで、

考えれば考えるほどドツボにはまってしまいます。

娘も何かいていいかわからないと悩んでおりました。

いしいさんからは、最初から抽象的で高尚なレベルのことを書いてしまうと、

それ以上に昇華させるのは難しいので、

できるだけ個人の具体的な体験からスタートした方がいいよとアドバイス。

全くその通りだと思いますが、

自分もブログや、作詞や、モノを書くときにどうしても、

いい風に書こう、うまい言い回しを書こうとしてしまいますね…

そういういろいろ形容詞でお化粧した

抽象的で頭でっかちなコトバ・フレーズより、

リアルな視点、生の素材の方が刺さるし、

世界を広げやすくなるというのは納得します。


↓作詞ちう

f:id:arkibito:20160827161815j:image:w360


本当はこの後、

いくこちゃんが即興でフレーズにメロディをつけて練習するはずでしたが、

コトバの出し入れをディスカッションしているうちに、

あっという間に時間は過ぎて予定時間を大幅に過ぎてしまい、

時間切れとなりました。

それだけ充実した濃い時間でした。

自分もメロディーありのソロパート、

娘もメロディーに合わせて自分のコトバを読み上げるパートをいただきました。

って、まだメロディができておらず、翌週の本番前日にわかるので、

ちょっとドキドキです。


f:id:arkibito:20160827150553j:image:w360


f:id:arkibito:20160827154359j:image:w360


ということで、無事1日目が終了。

お二人に少しだけご挨拶。

娘は”鼻血のお姉さん”みたいにピアノ自由に楽しく弾いてみたいと

ピアノを始めたので、あこがれのいくこちゃんと触れ合うことができて、

緊張はしていましたがとてもうれしかったようでした。

いしいさんともお話をして、去年「おうちのふく」のトークショーも行きましたというと、

そうでしたか!当日は楽しんで頑張りましょうね!とエールをいただきました。

毎回そうですが、いしいさんのあの全くの軽やかさは

他の人も軽やかにしてくれる本当に不思議な人です。


↓いしいさんと

f:id:arkibito:20160827164110j:image:w360


↓いくこちゃん♪

f:id:arkibito:20160827212815j:image:w360


さて来週はまた東京へ行って、

今度は大友さんといくこちゃんとでメロディー付けと練習だっ!

そして日曜日、早くも本番!

2016-05-22

第2回タカシマヤ 日本酒祭

金曜日の晩、Tさんからお誘いがありまして、

タカシマヤで行われている日本酒イベントに行ってきました。

せっかく久々のミナミへ足を運ぶので、

ちょっと寄り道をして、Tさんに宝の部屋へとご案内。

難波をスルーして大国町で降り、おなじみの山中酒の店へ。

大阪・関西の地酒の一大拠点ですね。

時期的にそろそろ夏向けのお酒のラインアップが出始めていました。

巨大な冷蔵室にずら〜っと並ぶ宝の山に、

やっぱりTさんも興奮気味でございました。


↓山中酒の店

f:id:arkibito:20160520182550j:image:w360


それからブラブラと難波まで歩いて戻り、タカシマヤの7階へ。

エレベーターが空いたとたんに酒の匂いがプ〜ンとね。

3月にTさんと行った阪神での日本酒イベントの時は、試飲だけでしたが

今回は蔵元さんが直々にお酒を販売しているブースがメイン。

まずはそちらを回ることにします。


f:id:arkibito:20160521174231p:image:w360


トップバッターは「八鹿酒造」さん。

八鹿とあったので、てっきり但馬の方かと思いきや、

意外や意外、大分は九重町のお酒でした。

関西ではほかで見たことがなく興味津々。

ここも若い杜氏さんで、

ラインナップの違いを熱心に説明してくれました。

一応全ラインナップの試飲させていただきましたが、

今どきの呑みやすくフレッシュなお酒でした。


↓八鹿酒造(大分・九重町

f:id:arkibito:20160520190026j:image:w360


続いては、滋賀愛荘町にある「藤居本家」さん。

ここはTさんが酒蔵見学に行ったことがあるらしく、

それはそれは広大な敷地に年季の入った蔵があり、すごいらしいです。

ここでも全ラインアップをいただきました。

主力の「旭日」は昔ながらの端麗辛口、

琵琶の舞」はオール滋賀県産でフルーティーな後味が印象的でした。


↓旭日(滋賀愛荘町

f:id:arkibito:20160520190420j:image:w360


お次は、「片野桜」でおなじみの山野酒造さんです。

いつもお世話になってます!


↓おなじみの交野桜

f:id:arkibito:20160520191027j:image:w360


大阪ブースのその向こう側に、ド派手なパッケージを発見して

思わず吸い寄せられます。

金キラと輝く「西之門」が何ともゴージャス。

長野善光寺文字通り西の門にある酒蔵さんで、

善光寺に毎年奉納するお酒をこしられておられます。

酒どころ長野の中でも、なかなかに高級なお酒。


↓西之門(長野善光寺

f:id:arkibito:20160520191300j:image:w360


と、蔵元さんの出店とは別に、

今回は目利き酒屋が選ぶ特選ブースがあり、

そこでは先ほどお邪魔した「山中酒の店」も出ていました。

そして毎度毎度注文させてもらっている

奈良天理の「登酒店」さんも出展されている!

ということで、日ごろのお礼にご挨拶。

初めて自宅用にお酒を購入したのがここでしたが、

店主さんと直接お話しするのは初めてで、

いろいろお話させてもらいました。

しかもじゃんじゃかと試飲を継いでいただき、

「花巴」や「玉川」、「みむろ杉」など

たっぷり呑ませていただきました〜。

いやあ、また注文させてもらいます!

で、店長さんから、

「花巴」の杜氏さんである橋本さんも来てますよ!と教えていただいたので

この後、そちらにもご挨拶。

自分の地酒好きの一番最初がこの「花巴」で、

今でもマイベスト3に常に入っているお酒。

それを実際に作っている方にお会いできるのは本当に特別でした。


さて、仕事終わりで飲まず食わずでやってきて、

試飲ばかりでちょっとここで箸休め。

ツマミを買っていったんブレイクすることにしました。

会場の一角に、人気の日本酒BARうさぎが出店していて、

チケット制でお酒を買えるようになっています。

そこでお酒をゲットし、その脇の名産物コーナーでつまみをゲット。

椅子を確保して落ち着きます。

自分は、徳島三芳菊と奥能登の白菊の2杯を注文。

50種ほどラインアップあり、冒険もしたかったけど、

やっぱりここは好きなお酒になってしまいました。

ツマミは、白エビのてんぷらホタルイカ天ぷら

ホタルイカを揚げるという発想は初めてでしたが、なかなかうまかったです。


タカシマヤにとうちゃこ

f:id:arkibito:20160520185817j:image:w360


↓つまみゲットしていったん建て直し

f:id:arkibito:20160520194859j:image:w360


徳島三芳菊(左)と、奥能登の白菊(右)

f:id:arkibito:20160520194608j:image:w360


そうこうしているうちに、閉店時間の21時が迫ってきました。

せっかくなので何かお酒を買って帰ろうということで

残り30分で再び販売ブースに戻り、おみやを物色。

自分は2本チョイス。

1本はやはり最初に気になった大分の八鹿さん。

本当は特別純米のグリーンラベルをと思ったが

売り切れだったので吟醸をば。

今回の催しでは熊本の酒蔵さんも参加予定だったのだけど

自身の影響で直前でキャンセルになったらしく、

その分も頑張って九州をアピールしてるんです!と言っておられたし

焼酎大国九州でがんばっている清酒応援しているので

これは決まりです。


↓八鹿酒造 吟醸

f:id:arkibito:20160520230519j:image:w360


もう一本は、いつもウエダさんでいただいている

黒部の皇国晴酒造さんの「幻の瀧」のレアアイテム。

定番の純米吟醸スコッチウイスキー「タプロース」の樽で

一年熟成させた代物。

少し試飲させていただきましたが、

樽の風味や香りがお酒に移ってなんというか

カラメルのような味わいが広がる。

純粋な地酒ではないけれど、

老舗中の老舗がこういう遊び心でやってみましたというのが

どうにも面白いではないか。

しかも、遊びでは終わらない本気の味わいがさすが。

樽一本でしか製造できず、品数が少ないものなのだが

一本300mlで800円なのでそれほど高価でもなく、

おみやにちょうどよろしく。


↓幻の瀧 タプローズ

f:id:arkibito:20160520230539j:image:w360


ということで結局21時のクローズまでしっかり楽しみ、

そのあとちょっとだけウラなんばと味園ビルを冷やかして解散。

なかなか楽しい花金ナイトでした。

2016-03-31

俳句はじめてみる

某バラエティ番組を見ていたり、

類さんや寺山修司、穂村弘の影響もあって、最近俳句に興味あり。

別の形ではあるけれど、

歌で作詞をしているのでそちらにも十分通じるものがある。

ただ、届けたいメッセージやストーリーを

わずか5.7.5文字にエッセンスを凝縮するという作業

極めてクリエイティブで難解で、

本当にコトバの持つ意味や重み、

コトバ同志の相性や相乗効果をよくよく考え抜かないとできない芸当。

俳句が詠める人はすこぶる賢いと思うし、何より粋です。


類さんも言っていますが、作業的には17文字選べばいいだけなので

ヘタでもなんでもいいからとにかく詠ってみればいいのです。

また俳句というのは瞬間芸ではないとも言っておられましたから

じっくり時間をかければよいのです。

ということで見よう見まねで春の句をいくつかつくってみました。


『窓辺より 春らんまんを 去りし君へ』


ちょっと前に某バラエティで

教室の窓辺から見える桜の写真がお題になっていたもので一句。

ずっと窓辺から学生生活を見守ってきた木々たちが卒業生たちを

祝福するかのように満開の花を咲かせる様です。


『遠ざかる 車窓の花に 「ごめん」残して』


これも前に同じ番組でのお題。

菜の花が咲き乱れる中を、ローカル単線の電車が去っていく写真で一句。

写真からは、満開の花畑の美しさの一方で、

ローカル単線だけがポツンとあって、

なんとなくもの悲しさを帯びているところを表現したくなった。

華やかに咲く花たちに祝福されて旅立つ一方で、

地元を離れ都会へと去る後ろめたさとの対比。


『時継ぐる 野に千本の 花巴』


桜でまず思い出す地はやはり吉野。

そして花見と言えばやはり酒。

幾年の年月を経て咲き誇る吉野の千年桜と、

同じく古くから継承されてきた地元吉野の酒のかけあわせ。


『添い寝する 幼子に咲く 花提灯』


子供の寝顔をみるほど平安な時間はありません。

その無防備な様や、子供のふっくらと柔らかく温かな頬の感じは

まさに春の穏やかさやのほほんとした雰囲気そのものだと思います。


これからちょこちょこ詠うというのを習慣づけていこうと思います。

2016-03-29

文字山ハイク

京都へ野暮用。

出町柳で下車して、百万遍方面へ進み、

日本で唯一の金平糖専門店「緑寿庵清水」へ。

ここでおみやを購入して時間が余ったので、

ちょうど目と鼻の先にある大文字山に登ることにした。


↓こちらに用事

f:id:arkibito:20160327143446j:image:w360


京大キャンバスを横目に、吉田山を過ぎ、

白川通りまで来ると、たくさんの観光客でごった返す。

インバウンド効果は絶大で、ここも外国人だらけ。

細い道にひしめき合う人垣をかき分けて、奥へ進み、

銀閣寺には見向きもせずに左折し、路地裏を縫っていく。

小さなせせらぎ沿いの道から山道スタート。


↓銀閣寺横から山歩きスタート

f:id:arkibito:20160327145730j:image:w360


スタート直後は道幅も広い砂利道で、

上からはたくさんのトレイルランナーが降りてくる。

歩きやすい道だが、一気に登るため意外と急坂。

せせらぎの終わりのあたりに橋がありそれを渡ると

木の階段セクションが続く。

たくさんのハイカーや観光客が行ったり来たりしていて

意外と人気のコースのようだ。


↓整備された山道。結構急

f:id:arkibito:20160327150522j:image:w360


15分ほど登ると、最後に長い長い階段が登場。

ビジュアル的には結構萎える。

そこを登り切り、小屋を抜け、少し進むと火床に到着。


↓長い階段

f:id:arkibito:20160327151439j:image:w360


さすがに見晴らしは最高で、京都盆地はもちろん、

はるか南西には大阪のビル群、

はたまたはるか前方には北摂の山並み(あれは深山?大野山?)

思ったより暖かくて、一気に上がってきたので汗だく。

しばし撮影しながら休憩。


↓大文字火床

f:id:arkibito:20160327151937j:image:w360


↓絶景かな〜

f:id:arkibito:20160327152751j:image:w360


ほとんどの人はここで引き返すが、

せっかくなのでもうちょっと山歩き。

火床の上部へ続く階段を伝ってさらに上へ。

火床を抜け、樹林帯の中へ入っていくと、

なだらかなトレイルが細かなアップダウンをつけながら

小気味よく続いている。

道は東の方角へと向かっているようで、

左手に比叡山がちらちらと顔をのぞかせているのを見ながら進む。

途中、道が司法へと枝分かれしているところがあり迷ったが

結局一本に合流するようであまり気にする必要はなかった。

その先眺望が望めるところがあり、また少しだけ撮影タイム。

結局大文字山(465m)の山頂はどこかわからなかったがまあいいや。

ちなみに大文字山は西の支峰で、本峰は472m如意ヶ嶽になります。


↓山頂の方面へ移動

f:id:arkibito:20160327154226j:image:w360


京都一周トレイルはここから鹿ヶ谷を経由して蹴上方面へ向かうはずだが

もうちょっと時間に余裕があったので、山科まで抜けることにする。

再びブッシュの中へと続くなだらかなトレイルをたどる。

市街地からほど近いのだけれど、なかなか静かで落ち着いた山で悪くない。

しばらくすると高杉が立ち並ぶ、京都らしい風情のある山並に入っていく。

ここまで来るともう他に人はおらず。

途中、分岐点がありどちらへ進むべきか迷う。

まっすぐ行けば、如意ヶ岳を経由して大津の三井寺へ出る道、

右へ行けば、桜の名所である毘沙門堂へ出る道で山科。

越境も面白そうだとも思ったのだが、

地図を持っておらず距離感がわからず、時間が読めないので、

当初の通り山科へ向かうことにする。


↓杉林が続く

f:id:arkibito:20160327154632j:image:w360


↓分岐を右に折れて山科方面へ

f:id:arkibito:20160327155512j:image:w360


分岐を過ぎてすぐに大崩落地にさしかかる。

そこ巻いて先へ進むと尾根道となり、南へと進路を取る。

木々の間からは近江大橋が遠くに見える。

道はにわかに傾斜が強くなり、ザクザクと下っていく。

途中またも道がいくつかに枝分かれ。

前方に1本、左右横断する道、右斜め前方に1本。

これだけ充実してれば、どこへとも着くだろうからと、

あえてあまり整備されておらず、

しばらく踏み跡がついていない直進の道を進む。

いきなり急斜面をザクッザクッと雪崩れ下りていくような険しい道となる。

一定間隔で目印のテープが巻いてあるので迷っているわけではないので

遠慮なくどしどし下る。

踏み跡はなく、落ち葉が幾重にも積み重なっていて、それが結構滑る。

ずんずん下っていくと、鉄塔のある小さな広場に出る。


↓崩落地を巻く

f:id:arkibito:20160327155541j:image:w360


↓鉄塔に出る

f:id:arkibito:20160327161605j:image:w360


そこから電気会社の管理用と思われる、狭く細い崖道を激下る。

足元がガレていて、慎重に谷底まで下ると、小さな沢に出る。

沢沿いに進んでいくと荒れた竹林があり、

沢をまたいで対岸へ渡って進んでいくと、住宅地に出た。

当初は毘沙門堂に出るはずが、目測を誤ったのか違うところに出たが、

少しだけアドベンチャーで来たので満足。


↓沢に出る

f:id:arkibito:20160327162247j:image:w360


そのまま住宅地を抜け、琵琶湖疏水をまたいで山科駅に到着。

所要2時間ほど。

お手軽に静かな山歩きができました。


↓山科駅にてゴール

f:id:arkibito:20160327164323j:image:w360


<山行スケジュール>

14:15出町柳駅⇒14:57大文字山参道口⇒15:19大文字火床15:30⇒

15:42大文字山⇒15:55分岐ポイント(如意岳)⇒16:22沢⇒16:40山科駅


↓山行ルート

f:id:arkibito:20160328002537j:image:w640

2016-02-04

ご近所めんライフ

ラーメンネタもたまってますの放出。


まずは超ひさしぶりに、天六の隠れモンスター、「群青」さんへ。

な、な、なんと、まさかの券売機導入されていました。

ひさびさなのでデフォのつけそば二代目を300gで。

とても残念なのだが、あつもりチーズなどのトッピングもなくなってた…

しばらくして供されるとどうも様子が違います。

前はチャーシューがスープにブロックで入っていたのだけど、

麺のほうにきれいに盛り付けされている。

それはそれでいいが、問題はスープ。見た目からして明らかに薄いのだ。

昔は、見た目でもドロッドロで、実際麺をスープに浸そうと思っても

スープの濃厚さで、麺が沈んでいかないほどだった。

ついて来れる奴だけついてこい的な無骨さと大胆さに、

一瞬おののきながらも、意を決して食せば

その濃厚なスープに全く引けを取らない麺の風味が口の中に広がり、

よそでは絶対に食べることのできない絶品が味わえたのだが、

なんかフツーにおいしい…

食べやすいつけ麺になってしまっている。

はっきりいってちょっと残念。いやかなり残念。

なぜこんな客に媚びるようなつけ麺になってしまったんだろう。

ただでさえ、マイナーな場所で、入りにくい店づくりで、

それでも行列に並んでやっとありつける麺なのだから、

スープを飲み干す最後の一滴まで、

群青さんには妥協なく尖がっていてほしいのに。

ここのお店では阿呆な常連さんが何様かしらんが、結構店主に、

スープはこうした方がいいとか結構ダメ出し口出しをして、

店主もああ見えて人がいいもんだし、研究熱心なので、

その声を受けて色々変えてしまう。

人気に胡坐をかかず日々精進する姿勢はとっても素晴らしいのだけど、

人にあまり左右されない方がいい。

人に耳を貸すことでよくなることもあるだろうけど、

自分の一本の芯だけはちゃんと持ってないと。

元々このお店は一般大衆受けを狙っているわけでもないのだし、

客に媚びる必要なんて全くない。

万人受けする方向に持っていったら、

牙を抜かれて完全に没個性化してしまう。

ちょっと今回のもろもろの変化はかなり残念な印象。

まあ、それもまた常に変化、進化をいとわないので、

元に戻る可能性もあるし、しばらく見守らないといかんなあ。

でももしこれが群青さんのたどり着いた結論だったら多分もう二度と行かない。

あと、どうでもいいけど店主誰かに似てるなと思ったら、

おかずクラブのゆいPに似てます。


↓まさかの券売機導入

f:id:arkibito:20160114205949j:image:w360


↓つけそば二代目(300g)

f:id:arkibito:20160114204737j:image:w360


ラストは梅田の人気店。「あらうま堂」に久々。

フツーにおいしいけど、

まあなんというかここじゃなきゃ的なものがないなあ。

あとオぺレーションがイマイチひどい。


↓あらうま堂

f:id:arkibito:20160203123307j:image:w360


↓みそ

f:id:arkibito:20160203123949j:image:w360


すぐご近所の「武○麺」さんが、完全にブラック店舗化。

同僚と三人で注文までしたのに、ラーメンが供される前に

耐えかねて店を出るほどで、他のお客もそれに倣うほど。

味がどうの以前に、サービス業としてはあまりに致命的。

絶対に二度と行かない。あの店を高評価したり推すブロガーは信用ゼロです。

そのため、あの周辺で唯一まともなラーメン屋となった

「ありがたいが」さんが最近では文字通りありがたい存在。

デフォの塩つけ麺うまし。


↓ありがたいが 鶏塩つけ麺

f:id:arkibito:20151217122512j:image:w360


お次もご近所の「すなお軒」。

もともとラーメンメインだったはずが、

最近の激戦区の激しさに押されてまして、

海鮮丼メインに変わりつつある。

(元々は鮮魚居酒屋の「すなおやグループ」なのだけど)

割と個々の和風醤油ラーメンおいしくて好きなのだが、

やはりライバルが強力すぎるのかなあ。

いつも悩ましいのが、コスパを考えると

丼を頼むとラーメンをあきらめざるを得ず

ラーメンを頼むと丼をあきらめざるを得ず、

両方ちょっとずつ味わえるといいんだけどなあ。

さて今回は激辛ラーメンにしてみました。

激辛というほどでもないけど、寒い冬にはぴったり。


↓すなお軒

f:id:arkibito:20151216122523j:image:w360


おつぎはお久ブリーフの「三ツ星」さん。

最近は早めに会社を出ても行列がすごくて、なかなかありつけない。

人類さんもそうだけど、

南方界隈の実力店のここ最近のフィーバーぶりは本当にすごい。

久しぶりなのでつい特盛375gを注文してしまった。

750円でこれだけのボリュームはかなりお得。


↓三ツ星製麺所

f:id:arkibito:20151222123506j:image:w360


お次もおなじみの「塩元帥」。

なのに、注文したのは醤大将な濃口しょうゆと焼き飯のセット。

絶対の安心感。


↓塩元帥

f:id:arkibito:20151228122645j:image:w360


さてさてラストもおなじみの「讃州うどん」さん。

はじめてお昼のセットでカツ丼セット。

麺ももちろんおいしいのだけど、

最近はダシが徐々にレベルアップしてますね。


↓讃州うどん

f:id:arkibito:20160116123756j:image:w360