Hatena::ブログ(Diary)

記憶の残滓 by arkibito

2016-01-22

Music Life ピチカート祭り

急激に冷え込みが厳しい今日この頃。

そんなつらい冬を吹き飛ばすには

ハッピーでキャッチーでグルーヴィーでファンキー

PIZZICATO FIVEで春を先取りしちゃいましょう♪


言わずと知れた音楽の魔術師小西康陽さんと、

永遠のミューズ、いつもおしゃれな野宮真貴さんの

ベストコンビーネーションの第3期が

わたくしの音楽の黄金期を飾りました。

実はこのピチカートファイブ、元をたどれば、

あの細野晴臣さんがプロデュースでデビューなのですから、

いやはや繋がるものです。(恐るべし細野さん!)


最近は野宮さん(何気にデビュー35周年!)がソロ活動で、

渋谷系を歌う”というテーマで積極的にこの頃の歌を歌ってくれていますが

今回は粒ぞろいの名曲の中からとりわけ大好きな2曲をカバーしてみました。

まずは代表曲の一つで、

NISSANの車のCMにも使用された『ベイビ・ポータブル・ロック』。

もうイントロからドキュン

ハッピーな空気があっという間に世界を包み込みます。

これPVも珠玉の出来で、可愛らしい踊りを披露しています。

何をやっても素敵な野宮さんのキュートさと、

真面目にやればやるほどおかしさのこみ上げる小西さんの頑張る姿の

(といっても小西さん発なんだけど)

何とも言えない凸凹なコンビネーションがたまりません。

ちなみに間奏でペペギターをかき鳴らしているのは、

フリッパーズ・ギターコーネリアス小山田君

最近はYMOのサポートなんかもやってますね。

さて、今回はキーはオリジナルなのですが、

これは本当に意外と野宮さんの声の音域は低くて、

上でも下でも自分の音域の範囲内なので歌えます。

また小西さんの作る曲は音程のアップダウンが少なく

フラットなものが多いのですが

それでもこれだけポップでキャッチーなのは

いったいどんなマジックを使っているのでしょう???


↓ベイビーポータブルロック

D


PIZZICATO FIVE

D


『ベイビー・ポータブル・ロック

作詞・作曲:小西康陽


春なのにデートもしないの?

Baby 不思議じゃない?

いますぐに家まで迎えに

Baby 来てくれない?

電話して少し甘えてみたのは

この恋が本当の恋か知りたくなったの


ワイルドにどこかへドライヴ

Baby すぐ行かない?

いちばん好きな服 甘いパステル

この恋が本当の恋ならいいと思わない?


Baby Baby Baby いますぐ

Baby Baby Baby 逢いに来て

幸せな恋の予感

今朝から何となく気づいてたの


大好きなレコードかかえて

Baby 逢いに来て

ポータブル・プレイヤーが廻りはじめたら

この恋が本当の恋だとあなたも信じる?


Baby Baby Baby いますぐ

Baby Baby Baby 逢いに来て

幸せな恋の予感

今朝からあなたも気づいてたの?


この恋が本当の恋ならいいと思わない?


Baby Baby Baby いますぐ

Baby Baby Baby 逢いに来て

幸せな恋の予感

今朝から何となく気づいてた

今年の春はきっと

嬉しいことがあるって


Baby Baby Baby いますぐ

Baby Baby Baby 逢いに来て

Baby Baby Baby いますぐ

Baby Baby Baby 逢いに来て

Baby Baby Baby Baby Baby

Baby Baby Baby Baby Baby

Baby Baby Baby Baby Baby Baby

Baby Baby Baby Baby Baby


続きましては、これまた大好きな『陽の当たる大通り』。

これが収録されているアルバム『OVERDOSE』から

いよいよ小西・野宮コンビとなり黄金期を迎えることになります。

これもPVがすさまじくよくて、

ニューヨークダウンタウンを大手を振って歩く

野宮さんのなんとオシャレでハッピーなこと。

最後のバイバイのところがなんともたまらん。

ピチカートの真骨頂です。


↓陽の当たる大通り

D


PIZZICATO FIVE

D


『陽の当たる大通り』

作詞・作曲:小西康陽


死ぬ前に

たった一度だけでいい

思いきり笑ってみたい

陽の当たる大通りを

口笛吹いて歩いていく


一張羅ポケットの中

いつだってお金はないけど

陽の当たる大通りを

アステアみたいに

ステップ踏んで


表通りの真ん中で

偶然あなたに出逢って

大きな声で名前を呼んで

抱き合ってキスして


死ぬ前に

たった一度だけでいい

思いきり愛されたい

陽の当たる大通りを

口笛吹いて

肩をならべて


そしてあなたと朝まで

バラ色のベッドのその中で

たわいのないこと話しつづけて

抱き合ってキスして


死ぬ前に

たった一度だけでいい

思いきり笑ってみたい

陽の当たる大通りで

涙が出るほど笑ったなら

口笛吹いて歩き出すの

アステアみたいに

ステップ踏んで

バイバイ バイバイ バイバイ

バイバイ バイバイ バイバイ