Hatena::ブログ(Diary)

Aro〜mana〜Time

2011-06-06

aro-mana2011-06-06

気持ちのイイ事って大事ですよ〜!

パニック障害がひどい時、気持ちのイイ事を思い出して乗り越えたという実体験があります。

私は幼いころから恐怖症がありました。

未知なもの・血に対して・暗闇の宇宙・病気や死に対する漠然としたもの・・・

おまけに、虫や蛇に対しても異常なほどの恐怖感。

夜中目覚めると、恐怖感でトイレに行くのもドキドキ・・←これはアッチ系の恐怖ですね(笑)



とまぁ。。

何か体に起こるたびにマイナスな考えばかりが浮かんでしまうタイプなのでした。


恐怖感というのは自分で作り出している感情です。

ありのままそのままを受け止めていさえすれば、恐怖などは湧いてくるものではないはず。

なのに、今までの経験がプラスされてどんどん怖くなったり不安になったりするんですよね〜。

これは本当に無駄な事です。


せっかく、楽しいはずの毎日も恐怖や不安で一杯になっていては

美味しくお食事もできませんし

楽しく会話することもできません。

お買い物だって楽しめないし、

旅行へ行ってもなんとなく憂鬱だったりするものです。


では

気持ちのイイことをしている時ってどうでしょう?

恐怖や不安などというマイナスな感情はわいてこないはずですよね。


気持ちイイ〜って思っている時ってリラックスして体の力が緩んでいるからです。

恐怖や不安は体が緊張して起こるもの。

また恐怖や不安があると更に体が緊張して硬直するのです。


以前の私は肩と背中がバリバリに張っていて息苦しいほどでした。

悩みました、苦しみました。

背中や肩がバリバリになっていると、呼吸もしずらいのです。

自然と肺呼吸になってしまい、肩が上下するような呼吸になります。

同時に呼吸も早くなったり悪循環を招いてしまうのですよね。



ということで

気持ちのイイ事をしましょう〜〜〜!!

自分で気持ちのイイ部分、ツボなどを押してみることも効果がありますし

からだをさするだけでもマッサージ効果があってリラックスします。

バスタブにつかってゆったりするのも良いですね。


頭のてっぺんの百会という場所を押すとイタキモ(痛いけど気持ちがイイ場所)ですし

気の向くまま、あちこちを触ってみましょう。


気持ちのイイ事をしているときは呼吸もゆったり。

そして無駄な力が抜けてリラックス。

そうすると、不安感も消えて行って体の中が喜んでいくのです。

からだが喜ぶと、不思議なものでいい事ばかりが起きてきます。

良い事を呼ぶんですよね。


からだが緊張していると、怒りっぽくもなりますし

嫌なエネルギーが出てしまうので、不思議と嫌な人にも出会いやすいです。


例えば車の運転をしていて、嫌な感じでケチな(笑)ドライバーによく出会ったりします。

そしてイライラしてしまったり・・


適度に力が抜けてリラックスしていると

世の中のストレスなんてどうでもいい状態に近づきます。

そして、怒っている人やイライラしている人を傍観できるのです。

同じ境地に立たなくて済むという感じですね。


自分の体を触ることってとっても大切だと感じます。

自分の体なのに一度も触ったことがないという人いるのではないでしょうか。

そんな方の為にマッサージ方法をお伝えできるスペースを作ることを数年後に計画中です。


お城のようなスペースでかけがえのない自分という肉体をいたわる。

そして自分を信じる。

結果、美しく輝いて楽しく日々を過ごす。

とっても理想的だな〜と思ってしまうわたしです。

今はまだそんなスペースはありませんが、

アロマナタイムはご自身をご自宅で癒して欲しいというテーマがあります。

これはオープン当初から変わりありません。


アロマナタイムは女性を元気にするショップです。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証