Hatena::ブログ(Diary)

アジアアロワナ屋さんの - ブログ日記

2008-12-04 4種のアロワナを更新しました! このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今年も残り1ヶ月を切りました。あっという間に一年が過ぎていきます。

ここ横浜では、紅葉が見頃です。

これから寒さも厳しくなりインフルエンザが流行る時期ですので

嫌だったのですが予防接種もうけました。


さて、久し振りとなりましたが、個体情報を更新しました!

今回お届けするアジアアロワナの情報は、紅龍過背金龍・高背金龍・バンジャールの4種です


紅龍のスプリームレッドは、最近の流行体型ともいえます。

その他、3種も状態は非常に安定しています。


1年の終わりに、自分へのご褒美として入手してみてはいかがでしょうか?


紅龍(スプリームレッド):小顔でひれにボリュームがある最高峰の紅龍 

f:id:arowanaya:20081204124251j:image


過背金龍(ジョホールゴールデン):当店の定番!

f:id:arowanaya:20081204123224j:image


高背金龍(スーパーゴールデン):お手頃価格の金龍 

f:id:arowanaya:20081204123225j:image


黄龍(バンジャールレッド):入門魚にもおすすめ!

f:id:arowanaya:20081204123223j:image




アジアアロワナ販売の専門店 アロワナ屋.com

2008-06-03 迫力ボディー!スプリームレッド出現!! このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今年の初めにシャンロンアクアティックから

リリースされた紅龍スプリームレッドのご紹介です。


f:id:arowanaya:20080603121108j:image


このアロワナは頭が小顔でしゃくれていて、各ひれが大きいのが特徴です。


f:id:arowanaya:20080603121507j:image



アジアアロワナ販売の専門店 アロワナ屋.com

2008-05-18 アクアショップ、アジアアロワナの価格 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

かなり久し振りの更新となってしまいました。

昨日は新宿に行きましたが歩いていると

たまたま熱帯魚ショップを発見!

チョット、アロワナでも拝見しよっかなぁ。。

ということでお店に入らせていただきました。



広い店内を奥の方に行くと馴染みの個体がいました!

紅尾金龍と高背金龍。ノーザン・バラムンディやシルバーアロワナも!

サイズは小さい個体でしたので成長を楽しめそうです。


そして価格を確認してビックリ!!



なんと!

紅尾金龍で10万円。高背金龍で16万円。



市場価格の倍くらいの値段だけど、新宿だから買う人もいるのでしょうか・・・。

ちなみに過背金龍紅龍はおりませんでした。



アジアアロワナ販売の専門店 アロワナ屋.com

2008-01-23 プラチナ個体とプラチナタイプの違い このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

私が住んでいる横浜は、雪がしんしんとふっております。

回りの家の屋根には、大分積もっています。



雪が降って当然の場所に住んでいたら、

なにも珍しいことではありませんが

ここ横浜では、毎年あるわけではありませんので、ちょっと新鮮ですね。



さて、今日はプラチナタイプについてお話させていただきます。

というのも、最近立て続けにこの質問があったからです。

これを共有できたらと思い、ご連絡することにしました。



内容に入る前に、1つご連絡があるのですが、

最近、当店『アロワナ屋.com』と似ている名前の業者『アロワナ屋』に、

間違い電話があるそうです。ホームページが凄く似ているという訳ではありませんが、

名前が似ているので間違う方がいるのでしょう。

アロワナ屋.com』と『アロワナ屋』の違いですからね。

逆に当店にも、アロワナ屋宛の電話が来たこともあります。

お問合せの際は、気をつけてくださいね。



さて、本題のプラチナタイプですがプラチナ個体とは

異なりますが最近、



「グリーンのプラチナが欲しい」



という問い合わせがありましたが、プラチナ個体はアルビノと同等に

大変珍しい個体なのです。もちろん、価格も目が飛び出るような金額がしますが

それに比べてプラチナタイプとは、本来の素質ではなく、飼育環境によって

金属光沢を放っているということです。



『飼育環境によって?・・・・』



これは、過背金龍紅龍を飼っている方はバックスクリーンや照明で、

体色が変わるというのを体験しているので、『あ〜そうだよね。』

と理解できると思います。色揚げには欠かせないテクニックの一つです。


プラチナタイプの場合は、金属光沢が出やすいクリアorホワイトスクリーンを

使用しています。ですので、プラチナ個体が欲しい!と言う時に、

プラチナタイプが安く売られていても、このことを考慮した上で

入手するか否かの判断をしてくださいね。



また、プラチナタイプが欲しい方も、色揚げのテクニックを使うことで

自分の好みに合わせて魚を演出することもできるので

あなたに、合った楽しみ方をしてくださいね!




アジアアロワナ販売の専門店 アロワナ屋.com

2008-01-04 藍底過背金龍とグロッシーレッドSPを公開! このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

まだ正月気分の方も多いと思いますが、

私は、昨日から今日にかけて更新作業をせっせと完了させました。

今回の金龍は、藍底過背金龍紅龍はグロッシーのSPです。


藍底過背金龍ジョホールブルー)


f:id:arowanaya:20080104193334j:image


この子は粗框タイプですが、青味が強いので金底にはならないでしょう。



紅龍(グロッシーレッドSP)


f:id:arowanaya:20080104193520j:image


こちらのグロッシーは金属光沢が強いです。



アロワナは開運をもたらす魚です。

1年の初めに景気付けにでも、見てやってくださいね。



アジアアロワナ販売の専門店 アロワナ屋.com

2007-12-23 プラタパッドに掲載されました。 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

アジアアロワナの専門誌、プラタパッドの2007年冬号

今年7月にあった、大ジャングル展の模様が紹介されています。


f:id:arowanaya:20071223224039j:image


アロワナ屋.comも紹介されました。



以下は、掲載文を引用しました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

----------------------------------------------------------

アジアアロワナの通販専門店。動画を利用したホームページ

個体の判別方法、病気の対処方法、飼育方法などを紹介。

業界最大規模のオンラインショップである。

通販で怖いなのは『情報量をしっかり確保できないこと』と提唱し、

豊富な情報量を発信することをコンセプトに日々奮闘している。

今回の大ジャングル展でも、テーブルにパソコンを置いて、

参観者からの質問に詳しく答えていた。


また、サイトを見た方からは、解説つきの映像講座や、優雅に泳ぐ

アロワナの映像に 「勉強になった」 「時間を忘れてしまう」

という声も多数寄せられているという。

今なら、アジアアロワナの判別方法から飼育の基本を説いた

小冊子を無料配布中である。

----------------------------------------------------------


ホームページでも自分の顔は出ていますが、


メディアに露出するのは、恥ずかしいですね・・・・・・

2007-12-13 グロッシーレッド、照明による見え方の違い このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今回は、照明効果の違いについてチョット話します。


アジアアロワナは照明によって見え方が全く異なります。

それは、過背金龍でもグリーンでも同じですよね。

ですので、あなたがどの種類が好きかは関係なく、

一度、このグロッシーレッドをご確認してみて下さい。



この子は、説明文でも記載の通り、水中蛍光灯をしたらどのように見えるか?

正面からフィッシュルクスを当てた状態でも撮影しました。

このグロッシーレッド、写真、映像ともに

自然な見え方と、照明効果を使用した見え方の両方が確認できます。

水中蛍光灯を使用すると、光沢を帯びてより神秘的に見えます。



カッコイイですよね。



是非、一度確認してあなたのアロワナ鑑賞に

お役立てて下さいね。

2007-11-12 映像講座をYouTubeにも公開! このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

先日、アロワナ屋.comホームページで公開した

アロワナ赤まる映像講座をYouTubeにもアップしました。

まだ、当店のことを知らないっていう方にも観て欲しいですね。


D


結構、反響があり、丁寧なご感想をメールで下さった方もいました。

次もあるのでしょうか?という声もありました。

今のところまだ分りませんが、これからも楽しい情報を

お届けしていきます。


そして、メールを下さった方に感謝ですね。

反応があると、やりがいがありますからね。

本当にありがとうございました。  m( _ _ )m

2007-11-09 アロワナ業界初?映像講座について このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今年も残り2ヶ月。手帳の空白も少なくなってきて、

来年の手帳も用意しました。


昨日は有楽町の国際フォーラムにセミナーで行きました。

新しい情報を浴びるのは、気持ちよく感じます。

なんかシャワーを浴びる感覚ににているかもしれません。



セミナー後は有楽町から銀座に向かって少し歩きましたが

賑やかで、クリスマスの匂いが少し感じられました。


最近都会に出ていなかったのですが、外にでないとだめですね。



さて、今週は『アロワナ赤まる映像講座』というものを製作に

ちょっと、バタバタしていましたが最終確認後、

明日にでもアロワナ屋.comのホームページに公開する予定です。

多分、無事に出来ると思います。

2007-10-25 ダルマ顔の過背金龍 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

最近、あまり目にしないダルマ顔の過背金龍を発見しました。

俗に言うオールドタイプって奴ですね。

大分、年期が入って貫禄があります。


D


鯛型の体型で体高があり、イカツク見えます。

大切に育ててもらったんだろうなぁ〜。。


ダルマ顔のアロワナが好きな人は、何%ぐらいなのかな?・・・・