桂屋孫一のトウキョウ・アート・ダイアリー

2018-07-15

世が世なら…。

21:58

7月2日(月)

14:00 東博で開催される特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」のオープニング・レセプションへ。ここ数年骨董業界は「縄文」ブームで、オークションでもアートフェアでも、土器破片から土偶迄かなり高額に為った。そんな中開催された本展には、「ビーナス」達を始め「流石、東博!」のラインナップが揃い、これは大混雑間違い無しの展覧会に為るだろう。そして展覧会の最後のパートには、アーティストや美術評論家等の旧蔵縄文作品セクションが有って、大変に興味深い。岡本太郎や芹沢げ陝濱田庄司等の愛した、或いは所持した遮光器土偶土器が並ぶが、特に柳宗悦旧蔵(現日本民藝館所蔵)の「岩偶」が、僕に取っては矢張り最も魅力的な作品だ。この岩偶は、元々芹沢げ陲考古学者だった自分の長男から入手したそうで、その後柳が芹沢から譲り受ける際に「民藝館の全作品と交換しても良い」と褒め称えたらしいが、宜なるかな。またその岩偶を入れる為に、柳本人が弟子の丸山太郎に依頼したと云う「卵貼漆収納箱」も素晴らしいので、必見だ!


7月3日(火)

12:00 顧客と日比谷の「B」でランチ。この「B」は、僕が良く行く代官山「A」の支店なのだが、この店に伺うのは初めて。魚介類が中心のメニューは代官山店と変わらず美味しいし、涼しく為れば公園を見下ろすテラスも気持ち良いに違いない。見知った店員さんが居るのも安心。

14:00 重要顧客を訪ねてのミーティング。何事も「そうは問屋が卸さない」のは世の常…さて、どう為る事やら。


7月4日(水)

12:00 久し振りに母と会い、その他2人も加わって紀尾井町の「R」でランチ。「R」が鮨懐石を始めたとの事だったのでそれを頂くが、矢張りこの店のシグナチャーは鮎。

18:30 現代美術家カップル、茶の者カップルと麻布十番の「T」で3世代(40-50-60代:笑)ディナー。美味しい餃子酢豚、麺を頂いた後は、今月一杯で移転して仕舞う茶の湯者の茶室を訪れ、名残の茶会を催す。禅僧墨蹟に見間違えそうな茶の湯者のご先祖様の一行書、「出舟」を表した砂張釣船花入、素人には一見土鍋と見間違えられそうな(笑)京焼の水指で設えられた思い出深い茶室に入ると、先ずは濃茶を頂く。茶碗は黒平茶碗で、タップリとした釉が美しく、破れた窓の様に節に穴の空いた武将作の茶杓を用いて茶の湯者に拠って点てられた、香り高い濃茶が映える。薄茶に移ると、大きさも手頃な高麗茶碗、味の有る唐津系の茶碗等が呈され、この茶室の思い出話に花が咲く。結局僕達の話は深夜前迄続き、その帰り際、各々が芳名帳に一言を添えて記名したが、僕は自分の名前と共に「この日」と茶の湯者の未来を祝す為に「独立記念日」と書き添え、思い出深い茶室を後にした。


7月5日(木)

9:00 顧客がオフィスを訪れ、コレクション・セールの提案をする。何とか請け負いたいセールなので、気合いが入る。

14:00 この日の午後はお休みを頂き、オペラシティコンサートホールで開催された、エフゲニー・ミハイロフ&ベルリン交響楽団のコンサートへ。余りパッとしないシベリウスフィンランディア」、スメタナモルダウ」の後は、愈々お目当てのラフマニノフピアノ協奏曲第2番」。ミハイロフ のピアノは優しく情熱的で、ラフマニノフの曲に必要な「タメ」も充分に有り、非常に素晴らしい。ラフマニノフの2番は嘗て僕が少年だった頃、ワイセンベルグカラヤンベルリンフィルと競演した、72年録音のEMI盤で知った。このEMI盤は今迄何回聴いたか分からない程、僕に取っては未だに如何なる録音もライヴも凌ぐ事が出来ない名盤なのだ。ミハイロフは、アンコールのチャイコフスキーくるみ割り人形」も素晴らしかったが、オーケストラが優秀だったら尚良かったのに…と悔やみながら初台を後にした。

18:00 音楽会に行った友人と、夕食前に麻布十番商店街を歩いて居ると、向こうから見覚えの有る人が歩いて来て、良く見ると某美術館主任研究員のK氏。何でもお子さんの保育園の帰りだとか…仕事をしながらの子育てとは偉い!その後は友人と焼肉を堪能…「サーロインユッケ」や「肉の炙り握り」、ザブトン、イチボ、「赤身サーロインすき焼き」等を堪能する。極楽、極楽。


7月6日(金)

9:00 テレビで、麻原彰晃を始めとするオウム真理教関係者7人の死刑囚の処刑を知る。突然のニュースだったが、湯河原の別荘検分に行った時にお会いした作家Tさんから頂いた新刊がオウム死刑囚に関する物だったので、余りの偶然に吃驚。僕は若い頃は死刑賛成派だったのだが、年を取るに連れて「死刑」の虚しさと「矛盾」を感じ始め、今は何方かと云うと否定派。当たり前の話だが、重罪者を殺しても被害者が生き返る訳では無いので、「死刑」にする位ならより「命懸けの」社会貢献・社会奉仕的な、例えば原発事故の処理仕事や臓器提供、新薬の臨床実験と云った「命の代償」的贖罪代替出来ないのだろうか、等と思う。また「何故今?」と云った質問に対する法務大臣の曖昧模糊とした答弁(にすら為って居ない)も、全く理解出来ない。こう云った所を、メディアは国民に代わって徹底的に問うべきでは無いか?本当に日本のメディアはレベルが低く腰抜けで、心底ウンザリする。そして僕は、世界からの死刑執行に対する批判に対する日本国の代表として、執行直後メディアからの問いかけを無視した総理に、その答えを聞きたい…前日死刑執行を報告されても、パーティーで呑んだくれてる位だから、無理だろうけどね。

23:00 ワールドカップサッカー「フランスーウルグアイ」戦を観る。「フランスーアルゼンチン」戦でも思ったが、これだけ白熱した良い試合が多いと、日本人7割が肯定する「日本ーポーランド戦」が、今回のワールドカップに於ける「最も『酷く、醜い』試合」だったと思わざるを得ない。然もベルギー戦が素晴らしい試合だっただけに、日本チームは拭い得ない汚点を残した感が強い。そしてあれだけ褒め称えられた西野監督が代わるそうだが、そんな所も日本サッカーの「行き当たりばったり感」満載で、これじゃあ世界では通用しないよ…(嘆)。然しベスト16に行くと「1200万ドル」の賞金が貰えて、グループリーグだと「800万ドル」止まりらしいから、勿論金の為だけじゃ無いんだろうけど、「あんな試合して迄も、決勝トーナメント行きたいのか…」と正直思って仕舞う。何だかなぁ。


7月7日(土)

13:00 行く筈だった京都出張が、大雨の為に延期に為る。祇園近くの古美術商の顧客に拠ると、鴨川の遊歩道も川に同化し、見えない程だとの事。中国地方も人も多く亡くなり、被害甚大の様で心配だ。

18:00 読んで居た「文學界」6月号所載の平野啓一郎の新作、「ある男」を読了。ドキュメンタリーを読む様な感覚で読み進んだ本作は、戸籍交換、在日差別死刑制度等の社会問題と、そして作者が拘る「弱者」「アイデンティティ」と「愛」に就いて、読者に重く問いかける。他人の人生を理解するのは至難の技だが、自分もそれを理解するのもそれに等しい。そして「愛」の問題は、「社会」と「個」の問題と密接なので、多重性を持って、そして粘着性を持って肥大化して行くのが息苦しい。然し本作は何故か暖かさに満ちて居て、「前だけを見る」生き方を推奨して居る…それは、未来を生きる事で過去も変えられるから。


7月8日(日)

11:00 久し振りに父の墓参。墓参りをすると、何か贖罪的な感じが有って、気分が良い。帰りのタクシーの中で身体の細い老齢の運転手に、自分が嘗て警官と取っ組み合いをする程の「武闘派」だった事を話されたので、ひっそりと顔を見ると、それらしく面魂が有ったので敬服する。男の顔は履歴書だ!(因みに僕の学生時代、友人の女の子に母親が「男の顔は『履歴書』、女の顔は『領収書』なのよ!」と云って居たのを思い出した…どう云う意味だったんだろう?)。

12:00 墓参後は実家に行き、母とランチ…久々に食べたローストビーフに舌鼓を打つ。食事の後は2人で「なんでも鑑定団」を観るが、母親の眼が鋭く、真贋そして価格の高低をズバリと当てる。矢張り「数寄者(スキモン)」は違う、と実感。

19:00 どうしても寿司が食べたく為り、結婚式帰りの音楽家を誘って、行き付けの寿司屋「K」で食事。披露宴でフルコースを食べたから、三貫位で良いと云って居た音楽家は、食べる程に食欲が出始めたらしく、結局「前言撤回」と云う言葉では済まされない程の量を食べたので、デザートは抜き、では無くお持ち帰りと為った(笑)。


7月9日(月)

13:30 迎えのタクシーに乗って、箱崎へ。今日からアメリカ出張。

15:30 UAのカウンターでチェックインしようとしたら、何と乗る筈の便に僕の名前が無く、別の都市経由の便に勝手に変更されて居た。驚いて聞くと、僕が行く筈だった都市から出る乗り継ぎ便がキャンセルに為ったかららしい…おいUA、連絡ぐらいしろよ!変更された便の搭乗時間が元々の便より早かったから、乗り遅れそうだったじゃないか!l

17:00 んで、UAに乗り出発したのだが、ANAに乗り馴れて居る身としては、飯は不味いわ、乗務員の対応は悪いわ、映画も音楽も碌でも無いわで、この先が思いやられる程だったが、とは云え長時間のフライト、仕方無く「トゥームレイダー ファースト・ミッション」を観る。この映画はご存知アンジェリーナ・ジョリーの大ヒット作の「前日談」で、「リリーの全て」でアカデミー賞助演女優賞を獲ったアリシア・ヴィキャンデルが、「大富豪に為る前」のレディ・クロフトを演じる。さてその物語は「卑弥呼の墓を探す」冒険譚だったのだが、最近身近な或る人間が、自身の頭痛を以ってして「低気圧が来る」事を当てられる事から「世が世なら、私は卑弥呼!」と宣うのを聞いて居たので、卑弥呼にこそ興味が有ったのだが、映画はソコソコで、実生活の卑弥呼様の方が遥かに面白かった(笑)。

11:00(現地時間)無事乗り継ぎ都市に到着したが、只でさえ乗り継ぎ時間が5時間も有ったのに、乗り継ぎ便の出発が2時間も遅れると云う。こう云うアメリカ航空事情は、そこいらの日本人よりは知って居た筈なのに、帰国1年足らずでもう耐えられない身体に為って仕舞った。然し、勘弁してよ…。

20:00 乗り継ぎ便の機内で、島田雅彦の新作「絶望キャラメル」を読了。青春ノンストップ的エンタメ作品だが、スピード感が溢れて居て一度も飽きない。然し島田氏は何と「純粋ロマンチスト」なのだろう!

22:30 結局東京の家を出てから、ほぼ24時間掛けて大コレクターで有る顧客宅に到着。大自然の中に建てられ、家中がポップ・アートで飾られた豪邸の、通称「ジャスパー・ジョーンズ・ルーム」に通されると、早々にベッドに倒れ込む。部屋中の作品総額を考えると中々寝付けなかったが(涙)、流石に沈没。明日から頑張らねば。


7月10日(火)

7:30 起床…そして「朝起きるとジャスパー作品が目に入り、朝食の為にキッチン・ダイニングへ行くと、リキテンスタインやウェッセルマン、ウォーホルやローゼンクイスト等のポップアーティストの大作を直に観ながら、顧客のお孫さんが作って呉れた朝食を頂くと云う至福」を享受する。

10:00 完璧に保湿された、日本美術がストアされる部屋へと赴き、早速仕事をスタート。今回は買い手顧客の依頼に拠る作品のチェックがメイン。が、作品を観て行く内に、ラックに何気なく置いて有った古い箱が気に為って観て見ると、何とずっと「何処かに有る筈だ!」と探して居た、このコレクション中に於いてクオリティも価格も「ナンバー1」と云っても過言では無い、某大名品軸の旧箱では無いか!吃驚しながら開けると、中からはこの作品の来歴と真贋を完璧にする数々の「極」や展覧会出品記録が出て来て、狂喜乱舞。いつかこの作品をきちんと納めたい。

14:00 今回の訪問のもう一つの目的は、日本美術のハンドリングを此処の管理責任者に教える事。掛軸の巻き方や箱の入れ方、紐の結び方等を教えるが、矢張り興味が有れば外国人でも飲み込みが早い…これで一安心。

19:30 疲労と時差ボケと、久々の腰の鈍痛でダウン。

26:00 この頃から起きたり寝たりの「サイアク時差ボケ」体制に突入。が、メール等の仕事は捗る。が、そうこうしても眠れないので、持って来た朝吹真理子の新作「Timeless」を読み始める事に。固有名詞が非常に多く出て来る不思議な作品だが、人や物の関係の稀薄性が心地よいテンポで語られ、そこはかとないスノッブ感に溢れて居て、読み進むに連れ、何故かその無機質な世界へと引き込まれる。


7月11日(水)

7:30 結局、寝たり起きたりを続けた末に起床。

10:00 再び作業開始。今日は木彫作品を中心にチェックする。然し此処のコレクションは、何度観ても凄い。

19:00 コレクターのお孫さん夫妻のご招待で、満天の星空の下、街に出掛けてのディナー。外に出て見ると、何となく焦げ臭い匂いがしたので、聞いてみると、10日前に起こった山火事が未だ鎮火せず、燃え続けて居るとの事。で、その方面に目を遣ると、何と山腹で燃えて居る炎が見えるでは無いか!そしてレストランに着いてもその匂いは止まず、然し人々はテラスで優雅食事をして居たりする…何ともシュールな光景だった。

22:00 6人でのディナーが終わる。僕は「ブラッタチーズとビーツのサラダ」と「ベジタブル・ナッツ・カリー」を頂いたのだが、何しろこの食事時間中に、僕が此処数年頑張ってやって来た大仕事が、遠い日本の某所の理事会で承認されるかどうかと云う状況だったので、味もヘッタクレも無い…メンタル弱いんです、僕(涙)。


7月12日(木)

3:00 前の晩も食事から帰って来ると、眠さと疲労で速攻ダベッド・イン。そして相変わらずの時差ボケで夜中に何度も起きて仕舞い、メールをチェックすると、何と待ちに待った「朗報」が!…泣きそうになる。

7:30 お世話になった顧客宅を出て、帰国の途に。車窓から見える山々には、美しく霞が掛かった様に見えるが、それは山火事の煙…早く鎮火します様に。

12:30 行きとは異なる順調且つ正当な乗り換えで、UA帰国便に搭乗。酷いサービスの代わりと云っては何だが、良き映画2本を観る。先ずは去年の封切りの際に見逃して以来、ずっと見たかったクリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」。台詞もかなり少なく、リアルで息をつく間も無いドキュメント風に見せる本作は、特筆すべき映像美に充ちて居る。そして俳優陣も素晴らしく、僕好みの、例えばジェームズ・ダーシーキリアン・マーフィー等も出て居るのだが、彼等の演技も大変リアル。流石大好きなクリストファー・ノーラン、僕とバースデーが同じだけの事は有る(笑)。そしてもう1作は、驚く勿れ、松岡茉優主演の「勝手にふるえてろ」!綿矢りさの原作を大九明子監督が映画化、その監督が担当した脚本も良く出来て居るが、然し何しろ松岡茉優に「見直した」不思議な魅力が有って、世の中この子より可愛かったり綺麗だったりする子は多くとも、その存在感と演技の才能は中々。「万引き家族」も観ないと。


7月13日(金)

15:30 帰国。余りの暑さに失神しそうに為る。

22:00 罪の無い過去の遺物が現れ、大事な人を傷つける。世が世なら、僕なんか呪術で消されて仕舞うだろう。女王への「貢物」をせねば…。


7月14日(土)

11:30 「Tokyo Antique Fair 2018」@東京美術倶楽部へ。このフェアは今年から1フロアに縮小したが、逆に云えば、厳選された「普通の人にも手が届く商品を扱う厳選した業者」達が集う東西古美術展だ。連休初日な所為か、人はそれ程多くなかったが、例えば「K」の南蛮蒔絵櫃や「R」の李朝掻落扁壺、「K」の新羅仏等魅力的作品も有り、楽しめる。日本美術のファンがもっと増えないかなぁ。

15:00 森美術館で開催中の「建築の日本展」を、某学者と再訪。レセプション時には殆ど見れなかった本展、相変わらずの人の多さだったが、非常に良く出来た展覧会だ。再現「待庵」、家形埴輪フランク・ロイド・ライト丹下健三谷口吉生、そして桂離宮磯崎新の「桂」の書が欲しい(笑)。

21:00 貢物を女王に奉納しに行く。


7月15日(日)

11:00 骨董好きの現代美術家T氏と、アンティーク・フェア再訪。今回はT氏のお供の筈だったのに、「ミイラ取りがミイラになる」を地で行く感じで、そして「神頼み」的に、某店の或る可愛らしい作品に恋して仕舞う。

12:30 T氏と初台に向かい、オペラシティでランチ後、アートギャラリーで始まった「イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へー」を一緒に観る。ノグチという作家は、マティスを彷彿とさせるドローイング等を観ると、矢張り西洋人なのだなぁと思うが、例えば今流行りの土偶を思わせる彫刻や、古墳を思わせる庭や公園等を観ると、彼の人生は「自分の中の日本人」を探す一生だったのだろう。僕は個人的には昔から彼の石の作品が好きだが、もし自分が持つなら「マケット」…そして本展で最も気に入った、そして欲しいと思った作品は、「原爆死没者慰霊碑」のマケットだった。現在存在する「家形埴輪」から想を得た慰霊碑の設計は丹下健三に拠るモノだが、実は最初は丹下が推薦したノグチの案に決定して居た。が、丹下の師匠等が「日系アメリカ人」で有るノグチに難色を示した為、丹下がノグチ案をモディファイしたのが現在のデザインらしい。展覧されて居るこのノグチ案のマケットは、本当にシンプルで美しく、静謐な感じがする。これが採用されて居れば、「日米協同の血の慰霊の碑」として存在出来たのに…残念で有る。

19:00 再び貢物をしに、山へ。


クールジャパン」政策が大失敗だとする、或る記事(→https://sp.fnn.jp/posts/00336110HDK)を読んだ。当然だ…首相を筆頭に、日本のクールな部分を全く判って居ない連中がやって居るのだから。然し税金の無駄遣いにも程が有る!上にも書いたが、今世の中は「縄文ブーム」…これを機に「呪術」や「占星術」を国政や文化行政に復活させるのは如何か?僕の出番も多くなるだろうし。

何故なら、世が世なら僕は「陰陽師」だからです…(これ、ホント)。


ーお知らせー

主婦と生活社の書籍「時間を、整える」(→http://www.shufu.co.jp/books/detail/978-4-391-64148-6)に、僕の「インターステラー理論」が取材されて居ます。ご興味のある方は御笑覧下さい。

*僕が昨年出演した「プロフェッショナル 仕事の流儀」が、NHKオンデマンドで視聴出来ます。見逃した方は是非!→https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2017078195SA000/

*山口桂三郎著「浮世絵の歴史:美人画・役者絵の世界」(→http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062924337)が、「講談社学術文庫」の一冊として復刊されました。ご興味の有る方は、是非ご一読下さい。

2018-07-02

揺蕩わない心。

20:09

気が付けば、ダイアリーの更新もひと月出来ずに、7月に為って居た…ので、今日は先月の藝術+α体験を。


ー音楽ー

・「青少年名曲コンサート」@静岡市民文化会館:友人の招待で訪れた、静岡交響楽団映画音楽クラシックの音楽会。後半は日本人大好きのドボルザークの「新世界」だったが、前半は「インディ・ジョーンズ」や「ハリー・ポッター」、「スター・ウォーズ」等のジョン・ウィリアムズ作品が中心の映画音楽特集。他には「パイレーツ・オブ・カリビアン」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ジュラシック・パーク」、そして「ゴッドファーザー・愛のテーマ」だったが、僕の世代からすると「映画音楽コンサート」のライナップも大層変わったなぁ…」と云う感じ。それでも大好きなニーノ・ロータが1曲入って居たのには感謝感激で(笑)、その昔「サウンド・トラックレコードコレクターだった僕的には(嗚呼、嘗て渋谷に在った「Sumiya」が懐かしい!)、このニーノ・ロータヘンリー・マンシーニフランシス・レイエンニオ・モリコーネ、そして最近なら坂本龍一のメロディが聴きたい。映画音楽の「美しい旋律」は、今何処…。

高橋悠治プレイズサティ」@代官山ヒルサイド・プラザホール:偶然にも、サティの命日に開かれた音楽会へ。高橋悠治と云うピアニストは、その昔クセナキスの演奏で知ったのだが、何ヶ月か前にバッハを聞いた時には首を捻った物の、今回はサティと云う事で、いそいそと出掛ける。最近高橋はサティの録音を40数年振りにしたそうだが、その甲斐も有ってか、小さいホールで奏でられたサティは、優しくノンビリと、そしてフワッとして居て、バタバタして居た此処数日の気分転換には持って来いだった。然し高橋悠治と云う人は、何ともキャラクターで有る。


ー舞台ー

山海塾「卵を立てることからー卵熱」@世田谷パブリックシアター:砂と水が落ち続ける舞台の中で繰り返される、静寂の歩行。然しここ数年、山海塾の舞台は海外でしか観て居なかった所為か、日本で観る事に違和感が有ったのは、一体何故だろう?日本の風土から産まれたモノでも、日本に合うとは限らないのかも。

・「第三回 三人の会」@観世能楽堂観世流の三派、即ち観世宗家・銕之丞家・梅若實家にそれぞれ「住み込み」弟子入りし学んだシテ方、坂口貴信・谷本健吾・川口晃平の三師に拠る会。今回は坂口師が能「野宮」、川口師が舞囃子「藤戸」、そして谷本師が能「邯鄲」を舞う。三師の舞は何れも良かったが、特に「邯鄲」は僕の大好きな曲で、「一炊の夢」と云う言葉とその夢の中での「もう一つの人生」の物語が魅せる。最後の舞の途中で、態と床を踏み外しそうに為って目が醒める、と云うのも曲として良く出来て居ると思う。その後は美味しい天麩羅を堪能…極楽極楽。


ー映画ー

・「48 yearsー沈黙の独裁者」@熱海国際映画祭:ニューヨーク時代の友人でも有る砂入博史監督の、熱海国際映画祭特別賞受賞作品。東京高裁に拠って再審請求棄却された、袴田巌さんの48年間の拘禁生活を振り返るドキュメンタリーだが、重苦しくは無く、観て居る内に何故か袴田さんとヘンリー・ダーガーが被って来たのが不思議だった。それは半世紀にも及ぶ拘禁生活中、誰からも「独裁」されずに自分の世界を構築し、自分が世界の「独裁者」に為らざるを得なかった袴田氏の言動が、或る種「アーティスティック」と云えるからかも知れない。砂入監督、特別賞受賞御目出度う!


ー展覧会ー

佐藤允「+10」@Kosaku Kanechika:個人的にも大好きな佐藤允君の新作展は、タイトル通り10作品。彼の個性は画面から溢れ、観る者をその世界へと巻き込み、魅了する。その意味で佐藤君の作品は、小手先でないアートその物と云えると思う。展覧会後は皆でディナーに出向き、最近良くお会いする外国人ながら国文学の権威、C先生等と談笑。

・「人麿影供900年 歌仙と古筆」@出光美術館:歌仙絵の展覧会。会場では前日会ったルーブルアブダビ学芸員とバッタリ会い、子供のお土産にしたいと云うので、玩具店を教える。展覧会の注目は、「佐竹本三十六歌仙」が3本出て居る事で(2本はいつでも観れます)、特に個人蔵の「山部赤人」(7/1で終わり)は必見。その他にも岩佐又兵衛派の歌仙図や、其一の描表装の大名品も見もの。

・「ミケランジェロと理想の身体」@国立西洋美術館:同展レセプションへと向かう。「ミケランジェロ」と銘打っては居るが、実際は彫刻2点だけの出展なので、ギリシャローマルネッサンスの彫刻展と云える。世界で40点しかないミケランジェロの彫刻の貸し出しは難しいにしても、もう少し身体素描等が有ると思って居たので、そこが残念。

・「朝倉優佳展」@コバヤシ画廊デザイナー山本耀司とのコラボが話題になったアーティストの新作展。具象と抽象の間の大画面に描かれる、大胆な色彩のストロークが力強い。作家は最近博士課程を終了したらしいので、その論文も読んでみたい。

・「ジャケ・ドロー 創業280年特別展」@銀座蔦屋書店Atrium:280年の歴史を持つスイスの時計メーカー、ジャケ・ドローの特別展レセプションへ。今回にこのご招待は、この展覧会の為に中国清朝乾隆帝にも愛されたこの時計の歴史と美術品的価値に就てコメントした為。個人的に江戸時代のからくり人形に興味が有るので、ジャケのオートマタの素晴らしさや、エナメル細密画に驚嘆する。

荒木経惟「恋夢 愛撫」@Taka Ishii Gallery:最近パワハラアート界を賑わした、荒木の新作展。98点にも及ぶモノクロームは、荒木が標榜する「私小説」で満ちて居るが、問題と為ったモデルとの関係性も匂わせる。

・菅木志雄「放たれた縁在」@The Club:小山登美夫ギャラリー「広げられた自空」と同時開催の菅展。「もの派」の特徴で有る空間と素材は、時として芸術性を失い「ただ在るだけ」に為りかねない…そしてそれは展示スペースにも拠る、のかも知れない。コマーシャル・マーケットでの菅作品が、非常に興味深く為る展覧会。


文学

幸田文「台所のおと」:国文学者C先生に教えて貰った、「音」に関わる小説を読んでみた。幸田文の小説を読むのは実は初めてで、僕の知識内では幸田露伴の娘で映画「おとうと」の作者だと云う位しか無かったが、市川崑監督・岸恵子主演の映画作品は、貧しくも小さな家族の愛を巧く描いて居て、中々良い作品だった。さて本作は、病に臥す料理人が、その夫の為に台所で料理をする妻の包丁捌きや料理中の「音」で、妻の感情や身の回りの小さな世界を理解すると云う話で、これぞ短編小説と云う名作だった!特に最後の「雨」と「慈姑を揚げる音」を聞き間違える処等は、秀逸…と思ったら、孫の青木玉に拠ると、それは露伴エピソードだとの事。それでも素晴らしい一編でした!

宮沢賢治セロ弾きのゴーシュ」:最近チェリストと親交が有る所為か、実家に帰った時にふと自室の本棚で見つけ、恐らくは40年以上振りに読んだ。然し、何て厳しくも優しいお話なのだろう!「人は決して1人ぼっちではない」「精進は報われる」と云ったテーマは普遍で、賢治の死の翌年(1934年)に出版されたのだから、80年以上経った今読んでも心が洗われる。毎晩イライラしながら動物達と特訓する様は、賢治自身もチェロを習って居たらしいから、若しかしたら彼自身の経験かも知れない。今度チェリストに、何が一番イラつくか聞いてみようと思う(笑)。

原田マハ「たゆたえども沈まず」:パリ市の標語から用いられたタイトルは、弟テオを主人公として進む、ゴッホ兄弟の物語。ジャポニズムの主役達、林忠正や若井謙三郎、サミュエル・ビングやゴンクール兄弟、ドクター・ガシェ、フィリップ・ビュルティやタンギー爺さん、そして勿論印象派の画家達が登場し、世紀末パリのジャポニザン事情を背景に、其々37歳と33歳でこの世を去ったゴッホ兄弟の葛藤が語られる。浮世絵印象派は実はとても良く似て居て、新しさ故のアカデミズムからの蔑視を乗り越えて、芸術として認められた経緯が有る。その当時最もカッティング・エッジな「現代美術」の有り様は、今のアーティストにも参考に為るに違いない。


ーその他ー

・「青花の会」:神楽坂で開催された骨董市。4箇所に分かれての開催なので、夕方歩いて廻るのも楽しい。或る店に飾って有った梅原龍三郎の小品に心惹かれ、最後迄悩むが、結局諦める。骨董も人生も「諦め」が肝心な時も有るのだ(笑)。

・第20回国際浮世絵学会春季大会@法政大学理事を務めて居ながらも忙しさに感けて居て、久し振りの大会へ。今回は公私共に長年お世話に為って居る京都の版画商、「絵草子」の山尾剛さんが学会賞を受賞されたので、本当に嬉しい。浮世絵自体が江戸町人文化の生まれの為か、京都では余り重要視されない中、その反面外国人観光客も多い新門前に店を構えて、上方・江戸に拘らない「日本」文化を長年発信・継承されて来た功績は大きい。山尾さん、御目出度う御座います!

・アダチ伝統木版画技術保存財団理事会@交詢社:僕が理事を務めさせて頂いて居る、財団の理事会へ。事業報告等を聴くが、昨今摺師・彫師の人材が深刻に不足して居る事に危惧を覚える。折角美大で教えて居るのだから、次の授業で生徒達に問いかけてみようと思う。

・別荘訪問:諸般の事情でもう数十年も行って居なかった、湯河原の別荘を母と訪ねる。運転を買って出て頂いた能楽師夫妻と向かったが、住所が分かっては居ても迷う。母の記憶では「某大手出版社の創業者の御宅の向かい」だったのだが、肝心のその御宅が中々見つからず、終いには能楽師さんのお知り合いで、僕も小説を何冊か読んだ事の有る女流作家Tさんに尋ねて、やっと別荘に到着。彼の地は想像通り「廃墟マニア」が萌えそうな程の荒れ放題だったが、能舞台の鏡板や柱が無事で驚く。子供の頃には泳げる程大きかった(と記憶して居た)温泉を引いた岩風呂は小さく見え、叔母が中村外二工務店に頼んだ茶室には物が積まれて居て入れず、検分は次回に延期。複雑な感情の母の涙が印象的だった。

ワールドカップサッカー「日本VSポーランド」:今回の日本代表は確かに頑張っては居るが、巷の6、7割がこの試合の最後の10分間を肯定して居る事が、僕には到底信じられない。先ず以って、「ルールに反して居る訳では無い」「決勝トーナメントに行く事こそが目的」「これは勝負だから」とか云う意見が有るが、それならば引き分けでトーナメントに行けるこの試合、最初から最後までキーパーとバックスの間でずっとパス廻しをして居れば良い事に為る。「勝負事」とはそう云う事では無いし、負けてこそ学ぶ事が有るのが「勝負事」なのだから、精一杯死力を尽くして戦うべきでは無いか。これでベルギー戦で大負けしたならば、只でさえ世界の笑い者が大笑われ者に為るだけだし、この「セコさ」は今の日本を象徴して居る様で本当に苛つく。大体主力6人も変えて「温存」等、最後迄戦う世界のチームに対して烏滸がましい…彼等は最後の10分間、死に物狂いで「1点」を獲りに行くべきだった。サッカーだけで無く如何なる事でも、レヴェルの低い者が己のその低さを心底知る事が出来るのは、自分よりレヴェルの高い者と「全力」で戦って散る時だけなのだし、そして「地位」とは、「実力」が伴わねば却って恥ずかしいモノなのだから。


今夜の日本代表には「ベスト●●」等と云う下らない波に揺蕩わず、頑張って欲しいと思う。


追伸:先程、桂歌丸師匠が亡くなったのを知った。もう20年程前の話だが、僕が友人の骨董商の結婚披露宴に羽織袴姿で出席した時、宴に途中で新郎が「おいおい、君は新婦の友人席で落語家に為ってるぞ!」と云いに来た。それは何故なら、和服姿の僕が「桂、桂」と会場で呼ばれて居たのと、意地の悪い新郎が「向こうに居る和服のアイツ、桂歌『麿』って云う落語家なんだぜ!」と吹聴して居たからだったが、知らぬ間に落語家「桂歌麿」にされた僕は、仕方無く袂から取り出した扇子を開いて酒を飲んだり、今度は畳んで蕎麦を食べて見せたりして、新婦友人席から盛大な拍手を貰ったのだった…。他人とは思えない歌丸師匠のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。


ーお知らせー

主婦と生活社の書籍「時間を、整える」(→http://www.shufu.co.jp/books/detail/978-4-391-64148-6)に、僕の「インターステラー理論」が取材されて居ます。ご興味のある方は御笑覧下さい。

*僕が昨年出演した「プロフェッショナル 仕事の流儀」が、NHKオンデマンドで視聴出来ます。見逃した方は是非!→https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2017078195SA000/

*山口桂三郎著「浮世絵の歴史:美人画・役者絵の世界」(→http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062924337)が、「講談社学術文庫」の一冊として復刊されました。ご興味の有る方は、是非ご一読下さい。

タメタメ 2018/07/02 21:01 あれ?ヒルサイドテラスで高橋悠治のサティなんてあったのね・・・行きたかった。年を取るとますますサティと温泉のお世話になります。で、老年でも悠治はアバンギャルド。

孫一孫一 2018/07/02 21:42 彼は演奏の間の語りも面白いよね…何とも云えぬアジが有ります。

2018-06-02

「インターステラー理論」のお陰。

14:19

5月14日(月)

11:00 僕が審査員を務めた、昨年の「青森トリエンナーレ棟方志功国際版画大賞」の入賞者、山田ひかるさんの展覧会へ。女子高生を主人公にした少々エグいテーマで有ったりもするが、サー・ジョン・エヴァレット・ミレーの名作「オフィーリア」を思わせる墨一色の木版画は、迫力と新しさに充ちる。

21:00 アメリカ出張の為に羽田空港へ。ラウンジでは現代美術ディーラーのM氏にバッタリ会い、四方山話…そろそろニューヨーク進出との話を聞く。未だ精力的なM氏に感動。

23:00 搭乗し、食事中から映画を観ようとするが、ラインナップがイマイチで、仕方なく「嘘」に関わる邦画2本を観る。1本目の「嘘」は、昨年来同業者から「観た?観た?」と聞かれ続けて居た、中井貴一主演の「嘘八百」。利休所持の幻の楽茶碗の贋物を作って売ると云うコンマン・ストーリーだが、映画自体は安っぽく、何て事は無い…が、『文化庁の人間が「大日如来の一件」で、海外流出に厳しくなった』話や、映画の最後で海外オークションに出そうと企む連中の、「早速クリスティーズが食い付いて来ましたで!」と云った台詞には驚く。特に後者には、「おいおい、一体誰の許しを得て社名使ってるんだ?」と云いたい(怒)。2本目は「Tsutaya Creaters’ Program Film 2015」のグランプリ作品、「嘘を愛する女」。ストーリーは在り来たりだと思うが、主演の長澤まさみ高橋一生吉田鋼太郎がそれなりの演技を見せて飽きない。ただ、『「捨てたく為る程の過去」を持つ人間の痛みは、中々本人からは語られず、其れが無い者には非常に判り辛い』と云う現実を突き付けられる。現在の「生」は、如何なる過去だとしても、その過去の「結果」でしか有り得無いのだ。


5月15日(火:アメリカ時間)

10:00 修復家を伴って、顧客宅へ。相変わらずお元気なご夫妻に会えて、嬉しい。

12:00 顧客家族、修復家と寿司ランチへ。然し寿司は、ここ10年で外国でも飛躍的に美味しく為った。このプロジェクト、是非とも上手く行って欲しい…。


5月16日(水:アメリカ時間)

11:30 顧客家族と再びランチ…今日はステーキだ!80歳をとうに越えたクライアントの食欲は旺盛で、毎度思うが「肉を食べる老人」は須らく元気。岩の様な形状の、然し柔らかいステーキを頂きながら、打ち合わせ。帰りには、素敵なアクセサリーのお土産を頂く。

25:30 某都市空港から帰国便に搭乗。帰りの機内では、阿部寛松嶋菜々子主演のミステリー邦画「祈りの幕が下りる時」を観る。プロットは流石に良く出来て居て、面白い。また松嶋菜々子の可愛さは未だ健在で、僕は実は大好きだったドラマ「Sweet Season」以来のファンなのだが、45歳・二児の母としては、かなり上手く年を取って来て居ると思う。


5月18日(金)

5:00 羽田空港到着。深夜に出発し、寝て、明け方に日本に到着、は中々宜しい。

12:30 久し振りに会う顧客と、某大名品に関する打ち合わせランチ@銀座「G」。今年も始まった「パリソワ」を味わう。この大名品は、僕が人生で観た如何なる作品の中でも美しい作品…良い所に嫁入りさせたい。


5月20日(日)

15:30 静嘉堂文庫美術館で、「酒器の美に酔う」展を観る。中国古代青銅器から、朝鮮・日本の酒器を所蔵品から展示する。が、何と云っても目玉は特別出品の国宝「曜変(稲葉)天目」で、3碗全て国宝として存在する曜変天目の中でも、一際派手で美しい。階下で上映されて居たヴィデオも大変良く出来て居て、勉強になる。その後は学芸員の方と懇談。

19:30 ミッドタウンの「U」で、友人とディナー。食事中、向こうの席で結構な大声で話して居る家族が居て、気に為って見ると、何故かその声の主に見覚えが…良く見ると、何と小中高同級生だったKでは無いか!Kはドイツ人とのクォーターで、Kを含めた3兄弟は皆ハンサムで有名だった。在学当時、兄のCは雑誌「メンズクラブ」、弟のCもモデル、そしてKはこれも当時大流行してた雑誌「ポパイ」のモデルで、最近は大層体重も増えた様だが、カメラのCM等にも出て居たのを見た事も有る。Kと一緒に居たのはご家族で、綺麗な奥様に超ハンサム&美人の息子と娘、流石で有る(笑)。さて、僕が通って居た高校は小中高一貫教育の男子校で、だが僕達の降りる駅周辺には有名女子高が三校位在って、僕の惨めな男子校生活はその事に因って、その悲惨さがほんの少し緩和されて居た訳だが、Kに取ってのその三女子高の存在は、僕の眼には飽く迄も「彼の誕生日」の為に有った、と思える程だった。それがどう云う事かと云うと、Kは自分の誕生日が近く為ると、駅のプラットフォームを僕等とチンタラ歩きながら、「そう云えば、もうそろそろ誕生日だなぁ…」と周りに聞こえる程の声で呟く。すると僕等の誰かが「あれ、いつだっけ?」と聞と、「ああ、来週の水曜!」等とKが答える。そしてまた誰かが「おい、K、最近は何か欲しいモノあんの?」と聞くと、「そうだなぁ、『カウチンセーター』かなぁ?」とこれも少し大きい声で答える。そして迎えた次の水曜日の朝、僕等がまた駅のプラットフォームをチンタラ歩いて居ると、女の子が駆け寄って来て、「Kさん、お誕生日おめでとうございます!」と云いながら、ラッピングされたモノをKに渡す。するとそこいらに居た異なる制服を着た女の子達が一斉に、「K君、お誕生日おめでとう!」とカウチンセーターを持って来るのだ!そしてKは恐らくは20着程のカウチンセーターを貰い、僕等が其れ等を持つのを手伝って、登校するので有った…「人生とは不公平だ」と実感した青春の一コマで有る(笑)。


5月21日(月)

11:00 関西の顧客を同僚と訪ね、色々と作品を拝見しながら、某名品を如何に売るか考える。これはマーケティングが必要だ。

16:00 骨董屋さんを訪ねる。仕事中に頂く、良い高麗茶碗での一服はタマラナイ。


5月22日(火)

11:00 久し振りに南蛮文化館に向かい、展示を拝見。南蛮文化館は今年が開館50周年だが、年に2カ月間しか開いて居ない、知る人ぞ知る美術館。収蔵品は屏風や漆器等、誠に素晴らしい南蛮美術の宝庫。Y館長もお元気そうでした。

13:00 新しく中之島に開館した、香雪美術館へ。学芸員の方にご挨拶をすると、早速開館記念展第2弾の「美しき金に心をよせて」へ。有名且つ超可愛い重文「稚児大師像」から始まり、「これ以上に状態の良い『桃山屏風』が有るだろうか?」位に状態の良い、大好きな「レバント戦闘図・世界地図屏風」迄、最初から最後ま迄、「金」三昧。次回の「茶の道にみちびかれ」も楽しみだ!

15:00 奈良へ向かい、奈良博で特別展「国宝 春日大社のすべて」を観る。云う迄も無く素晴らしい展覧会で、特に絵画パートがスゴい。宮曼荼羅、鹿曼荼羅、社寺曼荼羅を含めて、これだけの春日曼荼羅を一度に観るのは中々無いし、僕が人生で2回だけ扱かった「春日宮曼荼羅」の内の1つが出ていたのも嬉しい。季節は桜の散り際、その桜が見える小さな茶室に横たわり、側には美しく優しい女性、床には宮曼荼羅と出来の良い興福寺千体仏、そして大好きなお茶碗で一服頂きながら、西行の歌を口遊み乍ら、逝きたい…と云うのが、僕が死ぬ時の夢の状況。そうは問屋が卸さないだろうなぁ(涙)。

16:00 某氏のご厚意で、某大名品を倉庫で拝見する。出るのは溜息と感謝の言葉ばかり…。

17:00 近鉄奈良駅への帰りの道で、歩道に居た鹿が、何故か急に物凄い勢いで此方に向かって走り出し、驚いた外国人同僚が引っ繰り返って仕舞う。最近鹿の一群が市街を爆走する映像を見たばかりだったが、実際に体験すると恐ろしい。春日の鹿達は、成る程あの速さと勢いで「鹿島神宮」から来たんだから、そりゃ強いわな。


5月23日(水)

12:30 名古屋の方が居らして、青山のフレンチ「R」でランチ。冬に僕が担当する講座の打ち合わせ。この「R」には初めて伺ったのだが、中々に美味しくて、序でに最後にお抹茶が出て来るのが面白い。そのお点前は、宗和流のU宗匠のご指導との事…お茶事でご一緒したのが、もう懐かしく思われる。

15:30 オフィスで顧客に会い、某作品の契約を頂く。この作品はその分野では最もレアなモノで、価格も高いが世界にももう無い。売れるか知らん?

20:00 長年の友人編集者とチェリストと、蛎殻町の寿司屋「K」でディナー。相変わらず美味いK君のお寿司を摘みながら、チェリストの電車&飛行機オタク話で盛り上がる。


5月24日(木)

14:00 仏教美術専門の古美術商を訪ね、仏像等を観る。然し仏教美術とは不思議なモノで、仏教自体に信仰の無い僕でも惹かれるし、例えば藤時代のモノでも、「良くぞ残って来た!」感が他の分野のモノよりも強い…何故だろう?

15:00 ペロタン東京で開催中のDaniel Arshamの展覧会、「Color Shadow」を観る。天然物質から作り出される彫刻は、石膏や金属、そしてブロンズを含む鋳造作品だが、その素材感の無いぬいぐるみ作品が面白い。

15:30 階上の現代美術画廊で、オーナー氏と懇談。美術品の価値とは、価格が全てでは無い…希少性こそ重要かも知れない。

17:30 ウチの舞台を借りて貰って居る観世流喜多流の能役者2人を、母が招いたディナー@「O」へ。若手ながら実力者のこの2人は、将来の能楽界を背負って立つかも知れない。


5月26日(土)

5:30 迎えの車に乗って、香港に行く為羽田空港へ。ラウンジでは某古美術商とばったり。

9:00 全日空便は、映画のラインナップが良く無い…ので、「コード・ブルー」と云う緊急医療モノの連続ドラマを観るが、何とこれにハマる。ガッキー戸田恵梨香比嘉愛未が可愛いし、有り勝ちとは云え、ストーリーも面白い。元々医療モノのドラマ好きで、このドラマも悪くは無いが、どう頑張っても「白い巨塔」には敵わない。

14:00 香港到着。蒸し暑い。体調優れず。

22:00 今晩のアジア20世紀&現代美術イヴニングセールは、10億4039万香港ドル(約147億円)を売上げ、これは香港でのこの分野での史上最高価格。相変わらずザオ・ウーキーが強く、中国マーケットも強い…まぁ「アジア」と云っても、バスキアやヘリング、ドイグやボカプーア等も出て居たのだけれど。


5月27日(日)

9:30 今回の香港出張は、ほぼほぼ会議とミーティングに明け暮れる予定。その第1弾は、専門家達と今手掛けて居る某コレクションに関する打ち合わせ。数が多いので、どう捌くか?が問題。

10:30 今回の香港には、大阪美術倶楽部の理事の方々20名が研修旅行で居らっしゃるので、そのお出迎え。美術商には元気な人が多い。

11:00 今日のミーティング第2弾、某個人コレクションに関する打ち合わせ。この仕事はマーケティングとタイミングに掛かって居る気がする。

12:30 ミーティング第3弾。在米コレクションの打ち合わせ。二転三転するこの仕事は、然し僕の仕事の集大成に為るやも知れない大仕事。頑張らねば!

17:30 全世界CEOと、初の1:1ミーティング。フランス人で有る彼は、日本的な仕事スタイルに詳しく、例えば「根回し」と云う言葉も知って居る程(笑)。昨年の僕の大仕事や、今やって居る仕事も承知して呉れて居て、一寸嬉しい。

19:00 大阪美術倶楽部の方々20名を招待してのディナー@「D」。この場所は中国及び欧米の現代美術コレクターが作品を飾って居るお洒落な店で、料理はコンテンポラリー・カントニーズ。和気藹々とした、良いディナーでした!


5月28日(月)

10:30 香港での絵最後のミーティング。某コレクションの売却を頑張って来たが、今回のバイヤーとは金額が折り合わず、ギブアップ。残念だが、こんなコレクションは世界広しと云えども他には無いのだから、何時か売れるに違いない!

13:00 香港セールは続くが、別の重要ビジネスの為帰国するので、チェックインしラウンジに入ってムシャムシャ食べて居ると、何処からか「孫一さん!」と云う声が…顔を上げると、其処には友人のアーティストK氏が!K氏はヨーロッパギャラリー所属で、香港にもアトリエを持ち、クリスティーズオークションにも作品が出る世界的な作家で、最近はバンドも始めてレーベルも作る勢い。K氏とは、目黒でやった西野達と椹木野衣さんの芸術選奨のお祝い飲み会以来だったが、マネージャーでパートナーのAさんも登場し、嬉しくも偶然な再会でした!

15:00 機内では相変わらず「コードブルー」を観る。観てる内に、ドクターの1人の浅利陽介と云う役者が好きに為って、コメディもシリアスもやれそうなこの役者の、「演技派的演技」の映画を見て観たいと思う。


5月29日(火)

14:00 或る方に招かれ、銀座に在るスイスの超高級腕時計ブランド、「Jaquet Droz」のショウルームへ。このメーカーは1738年の創業と云うから、今年で280年の歴史を持つ。クリスティーズ創業は1766年だから彼方の方が28年程先輩だが、18世紀創業同士と云う事で、何と無く好意を持つ。幾つか作品を見せて貰うが、オートマタやエナメル絵画装飾等も作って居ると云う事で、その技術と美の感覚には、清朝乾隆帝もラッキナンバー「8」のデザインでオーダーしたと云う事実も信用出来る。

19:00 某美術館理事長とそのご友人の一部上場企業の社長氏と、月島で「超下町」ディナー。頂いたのはアジフライ、ハムカツ、マグロユッケ等だったが、軽くサクッと揚げられたアジフライは特に美味く、アジフライ大好物の僕には超ハッピー。


5月30日(水)

16:00 千葉市美術館で始まった、「岡本神草の時代」展のオープニング・レセプションへ。この作家の事は知らなかったが、この大正京都のアーティストは、決して関東には居ないタイプ。浮世絵美人画の流れを汲んでは居るとは思うが、展覧会を観て行くとこのアブナい感じの画風は、幕末大阪絵師祇園井特を思い出させるし、甲斐庄楠音にも通じる。然し知らない絵師は沢山居る物だ!

18:30 レセプションを終え、総武線快速で帰京。が、東京駅の改札を出る時に、ズボンのポケットに入れて置いた、千葉駅で1万円チャージしたばかりのパスモが無い事に気付く…どうも座席に落としたらしい。慌てて駅員さんに云うと、「乗って来た電車が品川で折り返して居るので、今ホームに戻って折り返しに乗れば、席に有るかも知れない」と云うので、ダッシュでホームに戻ったが、丁度ドアが閉まって仕舞い、満員の乗客を乗せた電車は目前で走り去った。嗚呼、こりゃダメだな…と思い、家に帰ったが、念の為にとJR遺失物センターに連絡したら、何とそれらしき物が届いて居ると云うでは無いか!翌日取りに行く事にする。


5月31日(木)

9:00 「紀州ドンファン死亡」事件を知り、何て「推理小説」っぽい事件かと思う。数十億と云われる資産、本人の死の前にもがき苦しんで死んだ愛犬、3ヶ月前に結婚した55歳年下の妻、家政婦、解剖で分かった覚醒剤の大量摂取、半裸で椅子に座っての死、上階の物音の時刻とと死後硬直の時間差…おいおい、エラリイ・クイーンか?

12:00 今やって居る仕事に関わる某エキスパート氏と、明神下「K」でランチ。この方とはもう長いお付き合いだが、外国の有名美術館のコンサルタントも務める、真のエキスパート。美味しい食事と打ち合わせを堪能する。

18:00 無くしたパスモを受け取りに、東京駅の遺失物お預かりセンターに行く。偶々チャージした時の領収書を持って居たので、その末尾4桁で僕のパスモだと証明され、無事手元に!勿論中身の金額も同じ。然し日本って、信じられない位に、何て親切で誠実な国なのだろう…長い外国生活経験者には、もう涙しか出ない。アメリカだったら有り得ないよ。


気が付けばもう6月…いや、「インターステラー理論」のお陰で「未だ」6月、と云おう。


ーお知らせー

主婦と生活社の書籍「時間を、整える」(→http://www.shufu.co.jp/books/detail/978-4-391-64148-6)に、僕の「インターステラー理論」が取材されて居ます。ご興味のある方は御笑覧下さい。

*僕が昨年出演した「プロフェッショナル 仕事の流儀」が、NHKオンデマンドで視聴出来ます。見逃した方は是非!→https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2017078195SA000/

*山口桂三郎著「浮世絵の歴史:美人画・役者絵の世界」(→http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062924337)が、「講談社学術文庫」の一冊として復刊されました。ご興味の有る方は、是非ご一読下さい。

nekonikonekoniko 2018/06/04 22:22 「時間を、整える」本屋さんで平積みになってるのを見つけました!弓道姿、カッコよかったです!!

孫一孫一 2018/06/05 22:50 nekoniko様、最近忙しくて中々行けて居ないのですが…恐れ入ります!

MM 2018/06/24 13:32 高校のお友達の話が面白くて笑っちゃいました。バッタリ色々な方に出会われる事が多いんですね!

孫一孫一 2018/06/24 17:04 M様、そうなんです!多分僕の視界が普通の人より広いからかも知れませんが(笑)、僕は本当に外で知り合いにバッタリ会う事が多いので、悪い事が出来ません。神様に感謝、です(笑)。

MM 2018/06/27 13:45 内容唐突で失礼いたします...。お仕事について教えて頂けますか。毎日最新の芸術に触れられるお仕事ってあるのでしょうか。そんいつ様は、プライベートでお時間を作って鑑賞されているのですか。私の幻想も混じり、ブログ手記、とても羨ましく...。

去る3ヶ月間ミュンヘンなどで毎晩operへ通い、すっかり音楽中毒になりました^ ^;

孫一孫一 2018/07/01 17:35 M様、うーん、難しいですが、芸術系のメディアとかでしょうか…。僕の場合は、自分の専門分野以外は時間を作りますが、アートは須らく関係性がありますので、他分野のアート鑑賞も、自分の眼や美意識を磨くのには有効かと思います。

2018-05-16

「熊野(ゆや)」な日々。

03:17

4月21日(土)

17:00 某オークションの或るロットが気に為って電話ビッドをするが、儘為らない…残念だった様な、良かった様な(笑)。

19:00 Terada Art Complexのオープニングへ。先ずは3FのURANO…梅津庸一キュレーションのグループ展「共同体について」。梅ラボのキュレーションと有って、自身を含む7人のアーティストの面子も面白いが、残念ながら僕の好みではない。続く山本現代では、小林耕平の個展「あくび・指南」が開催…近年インスタレーション作家として名を挙げて居る小林の作品は、古典落語を基にした物。が、この日の目玉は5FのKosaku Kanechikaで始まった、鈴木親「晴れた日、東京」と「Mirror of Fashion」の2つの写真展だ。パリ在住のファッション・フォトグラファーで有る鈴木の作品は、僕には何故かアートの領域を侵して居る様に見えて、其処こそが興味深い。そして成山画廊とのコラボ企画は、「成山数寄」満載の作品選定で、其処に居るフリークスでさえ美しく愛おしい。必見だ!

20:30 その鈴木・成山両氏をメイン・ゲストに、現代美術家コレクターのS氏やT氏、デザイナーの方やパリのフォトグラファー、そして若くて美しい女優KさんやアーティストS君等と、総勢14名で「T」でディナー…閉店迄盛り上がりました!


4月22日(日)

8:30 朝起きてテレビを付けると、以前舘ひろしが出て居た超ダサい「ハズキ・ルーペ」のCMの新ヴァージョンが!この商品の旧「舘ひろしヴァージョン」は、「娘とパパ」が高級レストランで久し振りに会って食事をする、と云うシチュエーションなのだが(→https://www.youtube.com/watch?v=Wb-FlW4qF0c)、どう見ても「愛人とそのパパ」にしか見えない所がキモい。が、今度の出演者は何と渡辺謙菊川怜と云う「訳あり」コンビで(→https://www.youtube.com/watch?v=wObXLdAjC0w)、もう泣きたく為る位、謙さんも菊川もダサ過ぎる…どうした謙さん、そんなに仕事がないのか?(涙)

9:00 日曜美術館「ヌードがまとうもの〜英国禁断のコレクション」を観る。横浜美術館で開催中の本展、是非とも観に行かねば!だが、番組にいきなり乳首も露わなヌードモデルが登場し、「おいおい、日曜の朝のNHKでか?」と驚く。その上、作家島田雅彦氏が出て来たのにもビックリ…が、良く考えれば今日のテーマにはピッタリか(笑)。久し振りに拝見する島田先生、お元気そうでした。

13:00 国立能楽堂に「観世九皐会別会」を観に。この日のメインの演目は能「戀重荷」と「道成寺」…二曲共僕の大好きな曲で、期待大。この二演目は、双方共「女性の底知れぬ恐ろしさ」を表現して居るので、もう恐怖心無しでは観れない、僕に取っては或る意味「サスペンス・ホラー能」なのだが(笑)、そんな期待は逆の意味で見事に裏切られて仕舞った…。先ずこの日は謡がバラバラで、女性能楽師の声は掻き消されて仕舞うし、間違える地謡も出る始末。そして「道成寺」では、特に乱拍子で小鼓とシテとの間の緊張感に欠け、これは小鼓側の問題かと思うが、致命的。番組全体的にも何処かピリッとした所が無く、大丈夫か?と感じて仕舞う程だった。今後是非とも頑張って頂きたい。


4月24日(火)

10:30 出光美術館で開催中の展覧会、「宋磁ー神秘のやきもの」を観る。宋時代の焼物は中国陶磁器の「美の極致」と云っても過言では無いが、その美しさの大部分は「宋時代」の文化的センスから来る「品の良さ」で、それは日本で云えば平安時代の美術に匹敵するモノだ。青磁白磁・青白磁を代表選手とする、シンプルで壮麗な作品群は必見。

18:30 香港のボスを連れて、森美術館で始まった15周年記念展「建築の日本展:その遺伝子がもたらすもの」の、オープニングレセプション・内覧会へ。然し最近の美術館の「内覧会」とは名ばかりで、物凄い人で溢れ返るケースも多く、何しろこの日も招待客が長蛇の列で開場を待つ始末。「こりゃ、また来なきゃ…」な人出で、展覧会をキチンと内覧出来ずに帰る。美術館にはこの辺に関して、再考を促したい。

20:00 そのフランス人ボスと、神田の弟の店「I」でディナー。久々に打ち解けて話をする。フランス人が苦手と云う人も周りに多いが、哲学的な人が多いので「話せば分かる」事も多いから(笑)。


4月25日(水)

10:30 大雨の中、重要顧客の所へお詫びに。僕の仕事は、感謝を述べるか謝るかの何方かがその大半を占める…はあぁ(嘆)。

15:30 銀座の顧客を訪問し、或る名品に関する打ち合わせ。僕にこの分野の作品が売れるだろうか?

17:00 某ホテルのラウンジにて、僕の永年の夢で有る或る企画に関しての打ち合わせ。江戸を現代に蘇らせるこの企画、何とか実現したい。


4月26日(木)

11:00 今年から名称も変わった、「東京アートアンティーク日本橋京橋美術まつり」へ。先ずは老舗繭山龍泉堂の「土偶展」。ここ数年土偶(及び縄文土器)は大変なブームで値段も高騰、然しその魅力には抗し難い。が、古代モノには何時も真贋の問題が伴い、特に日本では土偶縄文土器取引の際に、「C14年代測定」のテスト結果等を添えないので(添えれば良いと云う訳では無いが、無いよりは安心出来る気がする)、少々尻込みして仕舞う。その後色々と店を訪ねるが、例えば「花径」では可愛い有元利夫の版画作品に惹かれ、「草友舎」では一瞬古画かと見間違える程に味の有る、不染鉄の観音像に見入る…が、もう売れてた(涙)。

15:00 某コレクションの査定に関する打ち合わせを、オーナーと。是非扱いたいコレクションだ。

18:30チェリストの友人と、焼肉ディナー@銀座「U」。「ザブトン」が余りにも美味すぎて、涙が出そうに為る。

20:00 友人のアーティスト舘鼻則孝氏の、革製品展示注文即売会へ。表参道のスタジオに行くと、新しい皮の香りが購買欲を唆る。僕は彼のトートバッグを愛用して居るのだが、年々まるで日本工芸品の様な味が出て来て、良く為る。今年はリュックが超魅力的。


4月27日(金)

13:00 後輩K君と大阪出張に出掛け、重要クライアントとミーティング。この仕事も早く完結させねば…。

15:00 某古美術商を訪ねて打ち合わせをするが、その時出て来たお茶碗に目が釘付けに為る。「病膏肓に入る」とは、当に骨董数寄に使う言葉だ。然し高麗茶碗とは、何とセクシーなのだろう!


4月28日(土)

13:00 帰国後初めてのゴールデン・ウィークのスタートは、「李朝」展を拝見しに日本橋の「壷中居」へ。伝世の作品で綴られる本展は略完売で、流石朝鮮物の老舗の一言。僕も李朝物は昔から大好きで、嘗ては白磁杯や石箱、華角貼の糸巻等の工芸品も持って居たが、僕が愛玩し今は母の手元に有る三島の扁壺も、実は壷中居来歴のモノ。取り返したいが、敵もさる者引っ掻く者…諦めようか(笑)。

17:00 日本橋骨董店を巡った後は六本木に向かうと、アートコンプレックスの各ギャラリーを訪問し、ライアン・マッギンレーや高畠依子、榎倉康二等を観る。その後隣のピラミデビルに移り、Kawsをペロタンで観るが、未だにその良さが分からない。国内オークションでもバカ売れと聞くが、一体全体この作家の何処が良いんだろう?

20:00 ホテル内の寿司店「K」で、某美術館関係者と食事。然し美術館内の政治も、外に違わず聞くからに難しそうで、同情する。どの世界も政治に関わらずに生きて行ける事程嬉しい事は無い、と実感。


4月29日(日・みどりの日

10:30 北陸新幹線に乗って、久し振りの金沢へ。今回の目的は、金沢美術倶楽部の百周年を記念した3つの展覧会、則ち「美の力」@石川県美、「Power of Art」@金沢21世紀美術館、「茶事の妙」@金沢市立中村記念美術館を観る為だった。が、その中でも僕の最大の興味は、5年前に根津美術館で開かれた「井戸茶碗展」にも出品されなかった個人蔵、幻の大井戸茶碗「筒井筒」 だ!

13:30 金沢に着くと、早速石川県美の「美の力」展へ。ゴールデンウィークなので大混雑と思いきや、会場の余りの人気の無さと静けさに驚く。そして展覧会はスンバラスィ作品群で、もう溜息の連続…その中でも長次郎黒楽「北野」と赤楽「次郎坊」、奥高麗筒茶碗「子のこ餅」、名越四方釜、井戸茶碗「福嶋」や粉引茶碗「楚白」、斗々屋茶碗「毘沙門堂」等にヨダレが止まらない。

15:30 重厚な展示だった県美を堪能すると、今度は裏の山道を降り、こじんまりとした中村記念美術館で開催中の「茶事の妙」展へ。其処で入場料を払って入ろうとして居ると、後ろから「桂屋さん?」と声が掛かり、驚いて振り向くと何と数日前に京橋骨董祭りでお会いした、某茶道具店の方がお母様といらして居たので有った…世の中、本当に悪い事は出来ない(断言しますが、何もしてません!笑)。そして展覧会の方はと云うと、中々味の有る展示だったのだが、何しろ初めて観る重文大井戸茶碗「筒井筒」に圧倒され、頭がクラクラ。これは僕が今まで観た如何なる井戸茶碗の中でも、最高のモノだと思う。そしてこの茶碗に纏わる有名な話が有って、それは秀吉愛玩のこの茶碗を小姓が落として5つに割って仕舞い、怒った秀吉は小姓を手討ちにしようとするが、其処に居た細川幽斎伊勢物語第二十三段の「筒井つの 井筒にかけし まろがたけ 過ぎにけらしな 妹見ざるまに」を基にした狂歌、「筒井筒 五つにわれし井戸茶碗 咎をば我に 負いにけらしな」を詠み、その場を鎮めたとの逸話。然しこの「筒井筒」、何度観ても素晴らし過ぎる茶碗で、個人的には「喜左衛門」や「細川」よりも優れて居る様に思うし、その風格・品格全てに於いて、最高の茶碗だと思う。そして「個人蔵」で滅多に観る機会が無いと云うのも、この茶碗の価値を高めて居る…「真の名品」は、余り世間の目に晒す物では無い。

19:00 合流した友人と、カウンター割烹の「T」へ。此処は某茶道具商から紹介された何とも云えぬ場所に有る小さな店で、ご主人は大阪の名店「K」で15年以上修行された、ルックスもまるで修行僧の様な方。が、料理は非常に繊細でかなり美味しく、流石金沢の意気を感じる。幸せスグル。


4月30日(月・振替休日

11:00 東茶屋町へ観光しに。古い遊郭が残るこの街での個人的目玉は、重要文化財の「志摩」…文政2年に建てられたこの建物は、遊興の為の高い天井を持つ、二階建の茶屋だ。良く残って居る物だと思ったが、「現存茶屋として唯一の重文」と云って居たが、「角屋」はどうなるのだ?確かあれも重文では無かったか?

12:30 此方も某茶道具商のご紹介、茶屋町内の寿司屋「M」へ。美味しい季節・地場のネタを、風情の有る店の佇まいで頂く。美味い。ご主人と話すと、近い将来東京に進出するとの事…楽しみだ!

14:00 今回の金沢の最後の目的地、金沢21世紀美術館へ「Power of Art」展を観に。館に着くと物凄い人出に辟易するが、肝心のこの展覧会場には人は疎らで助かる。序でに入り口では、知己の有る茶道具商T氏にもバッタリ。さて会場内は例えば黄瀬戸茶碗「朝比奈」の様な名品も有ったが、出展作品も展示も何処かチグハグな感じで、「売り物」の展示の様に見えて仕舞う所が勿体無い。が、この3館での展示、何しろ気合は伝わった。然し頭に残るのは、何と云っても「筒井筒」…死ぬ迄に一度は茶を飲んでみたいと切望する逸品でした。

15:30 人が多過ぎる21世紀美術館を後にし、兼六園へ…何度来ても良い庭だなぁ。

18:00 今回の金沢旅行最後の食事は、金沢フレンチの「C」で。ご夫婦でやられて居るレストランの味は愛情溢れ、物凄く美味しい。オーセンティックな中にも新しさが宿る、流石のお味でした。

21:00 北陸新幹線で帰京。頭も眼も胃袋も、何と充実した旅だったのだろう…Tさん、今回の金沢グルメ指南、有難うございました!


5月2日(水)

13:00 カレンダー通りの休日の僕だったが、午後は骨董屋さんを廻る。その1人Aさんの所では、自分でももう喉から手が出る位に欲しいと思う、最近見た中では最高級の藤原期の仏像を観るが、世の常で「これ、良いなぁ…」と思う物程高い(涙)。

18:00 久し振りにお会いした、西洋美術のディーラーの方と食事。鉄板焼きを頂くが、70歳を超えて尚お元気でダンディーなお姿に驚く。アートをやる人は若いなぁ。


5月3日(木・憲法記念日

12:30 母と観世能楽堂で、観世喜之家「三代能」を観る。観世喜之師の家と我が家とは、僕の父、叔母2人が先代の喜之先生の弟子だった事、喜正師が学校の後輩な事も有って、お付き合いが長い。連吟「菊慈童」から始まった会は、喜之師の枯れた「鷺」、観世宗家の気合の入った舞囃子「安宅」、そして喜正師が舞う「熊野」へと移る。「熊野」は僕の大好きな曲の1つで(拙ダイアリー:「母の誕生日に『熊野(ゆや)』を思う」参照)、そもそも涙無くしては観れ無いのだが、今回の喜正師の「熊野」は、朗々とした謡に素晴らしい舞の、何とも美しいお能で有った。そして梅若實・観世銕之丞・片山九郎右衛門の三師に拠るお仕舞「三笑」(九郎右衛門師は、近年益々良くなって来て、師は将来観世流を背負って立つと思う)を経て、最後は喜正師の娘さん和歌ちゃんの「合浦」。子供がシテやワキを演じる能に、一流の囃子方が付く…お能のこう云う所が素晴らしい。


5月4日(金・国民の休日

19:00 銀座ステーキハウス「I」で、最近サバティカルから戻られた美術史家H先生、小説家H氏、写真家S氏と食事。今の日本に最も必要な物は何か?…それは「批評」の土壌と、それを実践する勇気だ。


5月6日(日)

16:00 友人と両国に行き、勅使川原三郎の舞台「調べ」@シアターXを観る。本公演は勅使川原とKarasの佐東利穂子が、宮田まゆみの笙の演奏で踊ると云う演目。会場では、最近クラシックコンサートで良くお会いするI先生にバッタリ会い、ビックリ。そして肝心の公演は、正直笙の曲が単調で、少々眠かった。

18:00 公演後は麻布十番に行き、「T」で餃子担々麺を頂く。此処の餃子は大学生時代から食べて居るが、変わらぬ旨さ。「モチモチー」な食感に歓喜の声を上げる。


5月7日(月)

11:00 理事を務める某財団で、温めて居た企画の打ち合わせ。取り敢えずGOが出て、ヤル気が起きる。

19:00 かいちやう&クラシックギタリストと、久々に青山「D」でディナー。会話中、山口達也の事件以来、僕が「メンバー」と呼ばれて居る事を話すと爆笑されたが、全国の山口姓の方々のご苦労が偲ばれる。

21:00 かいちやうの茶室に場所を変え、お茶を静々と。かいちやうが僕にお茶を出す時に、「孫一さんは、この茶碗に見覚えが有る筈ですよ」と仰るので良く観ると、それは何と僕がもう10年以上前に扱った、和物茶碗では無いか!余りの懐かしさと時を経て再会したご縁、そして在るべき場所に在る為(この茶碗には、かいちやうのご先祖様の箱書が有る)に、存在感を増した姿に感動する。お代わりは、僕がかいちやうに箱書を頼んで居た赤楽茶碗で。そしてその茶碗に付けられた銘は、何と「熊野(ゆや)」…数日前に観た観世喜正師の「熊野」での装束が目に浮かんだ、静かな良い一夜でした。


5月8日(火)

12:00 某美術館長と恒例のランチ@「O」。この日から始まったと云うパリソワとオムライスを堪能しながら、情報交換をする。

14:30 古美術商を訪ね、神道美術の話をたんまりと。最近、数年前に亡くなった某有名美術館長の仏教神道美術、朝鮮物等のコレクションが市場に出て居て、何れも素晴らしいモノばかりと云う話で盛り上がる。矢張り眼の力は偉大で、それは経済力も必要とする。

17:00 時間が空いたので、ワタリウムで開催中の「理由なき反抗」展を拝見し、その後地下のカフェで和多利さんとお茶。某作家に関する新企画を聞き、興奮する。


5月9日(水)

10:00 その昔父と由縁の有ったご家族のお宅に伺い、お持ちの作品を拝見する。その方は亡き父が大学生だったか助手だったかの当時高校生で、父に1年間英語を教わったそうだ。僕の出たテレビ番組を偶然観て会社に連絡を頂いたとの事だったが、人のご縁とは本当に有り難いものです。

21:00 テレビのニュースで、最近捨てたか捨てなかったかですったもんだして居た、東大食堂の宇佐美圭司作品「きずな」が、結局産廃として電動ノコだかで切られ、破棄されて居た事を知る。全く日本人の芸術に対する民度の低さを露呈する話だが、「誰にも」相談しないで遣って仕舞う事にこそ問題が有ると思う。東大生協で働いて居る人々の教育・教養レヴェルがどの位かは知らないが、あんな大作を切って捨てて良いかどうか、「誰かに聞くべきでは無いか?」と誰一人も思わなかった事がアンビリーヴァブルで有る。日本の最高学府らしい「東大」、世界の中での取り柄が何か欲しいモノだ。


5月10日(木)

10:00 香港のボスと電話会議。進行中の3つの大仕事に就いて、近況報告。

10:30 今度はグループでの電話会議…カンファレンス・コールのシステムを開発した人間を恨む。

21:00 夜は自宅でゆっくりとしながら、小川洋子の「口笛の上手な白雪姫」を読了。小川洋子の不安な作品は、何時も僕を「非現実的な現実」とでも云うべき不思議な世界へと誘い、何故か「嗚呼、僕だけじゃ無いんだ」と安心させて呉れる。


5月11日(金)

12:00 重要顧客と、「N」で鮨ランチ。この80歳を超えて尚お元気な方と会うと、「俺はまだ若い、頑張らねば」と熟く思う。この方には何時か恩返しをしたい、と切望する方だ。

14:00 神保町に行き、古本屋を巡って或る日本美術に関わる文献を探す。その折、昭和9年に建設社から刊行された青山二郎装丁の「アンドレジイド全集」見つけ、思わず買って仕舞おうかと思うが、状態が余りに悪く断念。僕は小林秀雄作品の青山二郎装丁初版本を実は2冊持って居るのだが、此処迄来ると本ももアートの領域…だが、価格は非常に求め易くて宜しい。

15:30 以前観た仏像が脳裏から離れず、某古美術商を再訪。夢に迄出て来そうな勢いなので、その晩は家で古い文献をひっくり返して調べ捲る。「ウーム、若しかしたら藤原より一時代前では無いのか?」「来歴は何か有るのか?」…沸々と好奇心が湧き上がり、居ても立っても居られなく為る。良い作品に出会うと、僕は何時もこうなるのだ。


5月12日(土)

9:00 社内メールで、今週ニューヨークで開催されて居た「The Collection of Peggy and David Rockefeller」セールが終了し、総額8億3257万3459ドル(約910億円)を売り上げた事を知る。トップロットはピカソの「Fillette à la Corbeille fleurie」の1億1500万ドルで、個人コレクション・セールとしてのオークション史上最高額と為った売上高も凄いが、何しろこの1000億近い売上金の全てを寄付する所がより凄い…日本じゃとても考えられない。


5月13日(日・母の日

16:00 ホテル・ニューオータニの寛土里にて開催中の、「前田正博展」を観る。作家ご本人も居らしたので、初めてご挨拶。赤色を使用した水指等が面白い。

18:00 紀尾井町料亭「R」で、母の日ディナー。食欲旺盛な母と、鮎や季節の料理を楽しむ。


茶碗の銘も偶然だったが、母の日には「熊野」の謡を思い出す…皆様のお母様が、何時迄もお元気で有ります様に。

老いぬれば さらぬ別れのありといえば いよいよ見まく ほしき君かな」


ーお知らせー

*僕が昨年出演した「プロフェッショナル 仕事の流儀」が、NHKオンデマンドで視聴出来ます。見逃した方は是非!→https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2017078195SA000/

*山口桂三郎著「浮世絵の歴史:美人画・役者絵の世界」(→http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062924337)が、「講談社学術文庫」の一冊として復刊されました。ご興味の有る方は、是非ご一読下さい。

ShimaShima 2018/05/19 21:20 昨日は有楽町で、突然お声がけをしてしまい失礼いたしました。健診帰りのところ、驚きで一気に目が覚めました(笑)
今まであまり興味のなかった日本美術にも面白さを感じ、世界が広がりました。初心者ですが、これからも多岐にわたる情報を楽しみにしております!

孫一孫一 2018/05/19 21:47 Shima様、こちらこそ本業中且つ街中でしたので、吃驚して仕舞いましたが、お声掛け頂き、有難うございました。日本美術にご興味が出始めたとの事、嬉しいです!今後も日本美術・拙ダイアリー共、応援宜しくお願い致します!

2018-04-22

清婉峭雅。

09:28

然し最近溜息しか出ないのは、今世間を騒がせて居る財務次官やら国税庁長官新潟県知事が全員東大卒で、しつこい様だがその人生の大半を我々国民・県民の税金で生きて来た、と言う事実。

こんな連中が「我が国を動かしている面」していると思うと、実に腹立たしい。正直「金返せ」と云いたいし、特に財務次官の人間的程度の低さ、昭和感満載の時代遅れ感、此の期に及んでの財務大臣と省を挙げての「上から目線感」を見ても、これが日本国最高学府・最高官庁の姿かと吐きそうになる。いずれにせよあの事務次官、若い頃からさぞモテなかったんだろうなぁと思ふ(笑)。

そして「組織」というモノには、何時でもトップの人格や考え方が反映される訳で、その責任も重いのだから、当然麻生財務相安倍総理の人格や考え方が、今回の財務相文書書き換えや事務次官セクハラ、モリ・カケ疑惑を生み出したのは疑いがない。総理財務相もさっさと責任取りなさい。大丈夫、「他に代わりが居ない」なんて事は有りませんから…そして何より、誰が総理財務相をやっても今よりは俄然マシですから!

と云う事で、今日は最近の体験藝術覚書を。


−展覧会−

・「工芸・Kogeiの創造−人間国宝展−」@和光ホール:人間国宝の制度が制定されて60余年…和光では陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形の分野の人間国宝展が開催された。文化庁長官も出席したこじんまりとしたレセプションでは、本展の出展人間国宝作家の方々の中でも個人的に所縁有る方が居らして、例えば髹漆の増村紀一郎氏は、僕の中高の美術教師だった増村寛先生の従兄弟さん。初めてお会いした増村氏は、無頼漢だった寛先生とは正反対のジェントルマンで有った(笑)。また鍛金の大角幸枝先生は、最近アメリカでも大活躍中…お元気そうで安心致しました。

・「日本スペイン外交関係樹立150周年記念 プラド美術館ベラスケス絵画の栄光」@国立西洋美術館ベラスケスが7点も展示される、担当学芸員K氏の気合の入った展覧会!個人的には「マルス」が好きだったが、有名な「バリューカスの少年」にも惹かれる…そして本展では、ベラスケスゴヤ→マネ→ロートレックと云った、西洋美術史ドローイングの流れを強く感じさせられた。そんな風に展覧会を観て居たら、突然携帯にテキストが入って来て、何とアメリカの顧客Dさんが今上野に居ると云うでは無いか!早速館を出て地獄門の辺に行くと、Dさんが手を振って居て、その後コーヒーで再会を祝す。アートに取っても人に取っても、世界は狭くなった。

・「春燦々−清婉峭雅の系譜」@相国寺承天閣美術館:本展は相国寺鹿苑寺慈照寺が持つ、この「清婉峭雅」を代表する室町水墨・近世絵画・中国絵画等で構成される。ドラッカー・コレクションやパワーズ・コレクションで学んだ室町水墨画、そして最近名品を何作か扱った若冲迄、禅寺らしく静謐でクオリティの高い名品が並ぶ、麗しい展覧会だった。外国人観光客で騒々しい京都の街中に比べ、此処は静かな極楽…質の高い藝術は、ゆったりと厳かに観たい。

・「猿楽と面 大和近江および白山の周辺から」@MIHO MUSEUM枝垂桜が未だ美しかったMIHO MUSEUMは、中国人を始めとする観光客でごった返して居たが、それは石山駅のバス停から始まって居て、桜のシーズンは要注意。が、展覧会の方は古面の歴史を俯瞰出来て、流石に素晴らしい!職業柄今迄百面以上の能面を扱って来たが、今でも無銘の能面の時代判定は難しい。その意味でこの展覧会は、能面より一時代古い大名品群を観られるので、非常に勉強になります。本展は6/3迄。

・「創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展 名作誕生 つながる日本美術」@東京国立博物館:「現存する世界最古の雑誌」とも云われる、朝日新聞社刊の「國華」の記念展覧会。何しろ物凄いラインナップで、出るのは溜息ばかりの、彫刻・絵画工芸迄幅広く網羅した大名品展だ。絵画だけでも平家納経から若冲蕭白岸田劉生迄見所満載だが、自分が扱った作品がこう云った展覧会に出るのは鼻が高い。初っ端展示の「國華」創刊号が、某Y先生の所蔵品と云うのも一興…状態が良いので高かったのではなかろうか(笑)?「つながり」も大変勉強になる、何回も訪れたい展覧会だ。

・「特別展 光琳と乾山 芸術家兄弟 響き合う美意識」@根津美術館:この季節毎年恒例の、国宝「燕子花図屏風」を中心にした展覧会。「兄弟でも此処迄違うか?」的な芸術家兄弟の共作も含めた、全容が観覧出来る。そんな中、僕は個人的には兄弟合作の陶磁器の中では圧倒的に銹絵作品の方が好きなのだが、本展にも出展されて居る大和文華館所蔵「銹絵楼閣山水図四方火入」はかなり素晴らしい作品。が、最近僕が日本に戻した、旧某海外個人コレクション所蔵品で一回り大きい同手作品は、より素晴らしい(笑)!早く公開に為ると良いなぁ。

・「百花繚乱列島−江戸諸国絵師(うまいもん)めぐり」@千葉市美術館:去年大仕事を頂いたDさんと訪れた千葉市美の新展覧会は、謂わば北海道から鹿児島までの「江戸絵画の『秘密のケンミンShow』」(笑)だが、見応えは十分。然しこれ程までも知らない絵師が居たモノか!と思いながら、根本常南の「旭潮鯨波図」の構図に驚いたり、安田田騏の描く象のお尻にキュンとしたり。そして既知の絵師の作品でも、例えば秋田蘭画に「やっぱり好きだなぁ」と思ったり、今でも個人宅で使用されて居ると云う蕭白の「渓流図襖」(これを観たら、「そこいらで売ってる蕭白は、蕭白ではない」と強く思う)は、実にスンバラシイ出来の作品で感動する!担当学芸員Mさんの渾身の展覧会…然し「絵師」を「うまいもん」と読ませるとは流石で有る(笑)。

・平松麻「Waft / Vacant」@Loko Gallery:平松さんの作品に出会ったのは、数年前の骨董祭に出店して居た、僕が良く伺って居る仏教美術のお店から独立したIさんのお店だった。静かな器物が並ぶその背面の壁に掛かっていたその絵はもう売れて仕舞って居たが、モノクロームで寂しいけれど暖かく、何故か恐ろしく惹き付けられて仕舞った僕は、Iさんを通じて平松さんを紹介して貰い、作品を幾つか見せて貰う事に為った。その時は未だ職業画家に為って居なかった平松さんに見せて貰った絵の数々は、何処かミステリアスで改めて寂しく暖かい、然も触れもしないのに手触り感の有る不思議な絵の数々で有った。あれから2年、平松さんとは共通の親しい友人も見つかり、彼女の絵も変化して来て居るが、今回展示されて居る作品群も、彼女の作品の本質である所の「現実と内面の融合」、そして何よりも暖かな「手触り感」が感じられる。毎日眺めたい絵画を探している人には、是非見てもらいたい展覧会だ。

・開館記念「神護寺経と密教の美術」@半蔵門ミュージアム:予てから話題に為って居た、宗教法人真如苑の美術館が滔々オープン。この美術館の目玉は云う迄も無く、2008年に僕が扱った今でもオークション史上世界最高価格の記録を持つ日本美術品で有る、重文伝運慶作「木造大日如来坐像」。美術館は半蔵門に出来たので、僕は自宅から歩いて行けるし、何と入場は無料…そして清新なギャラリーは、落ち着いた雰囲気で荘厳で有る。東博での運慶展以来の再会だった「大日如来」は、運慶展の喧騒の中で観た時とは異なり、落ち着いて僕達を迎える。然し10年前、この作品を僕が触り検分して居たのが(勿論指定前です!)、今と為っては夢の様…美術品の縁とは、本当に不思議なモノだ。大日如来以外にも、醍醐寺来歴の不動明王坐像や神護寺経、ガンダーラ仏等も展示される、静かな空間を体験して頂きたい。

・「64年の美術館史初 リニューアル前 最後の『蔵』公開」@藤田美術館:惜しまれつつも再出発の為に取り壊される藤田美術館の、元々藤田家の蔵で有った展示室と国内最古の鉄骨造の収蔵庫は、何も100年以上前の建築物。それらに別れを告げる「蔵」公開とレセプションが開催された。藤田清館長の素晴らしいご挨拶やヴァイオリン演奏の余興等と共に、美術界の名士達との会話を楽しむ。然しこの蔵を壊すのは惜しい…この間永青文庫ででも思ったが、「モノを畳の上に置く展示ケース」はもう中々見られず、その趣が愛おし過ぎるからだ!

・「没後200年 大名茶人 松平不昧」@三井記念美術館:最近名品が出展される展覧会が多くて、或る意味名品に対する有り難みが欠けて来た感が否めない。そんな中、再び茶道具の名品の揃う本展には、国宝「喜左衛門井戸」を始め、相国寺国宝「玳玻盞 梅花天目」や重文「油滴天目」、重文梁楷「李白吟行図」や重文牧谿「遠浦帰帆図」、終いには「無一物」や「加賀光悦」迄、これでもか!の体。然し僕が一番気に入ったのは、青井戸茶碗「朝かほ」と信楽水指「三夕」、そして斗々屋茶碗「斗々屋」だった。うーん、欲しいっ!


−舞台−

・「Dunas」@オーチャード・ホール:天才的コンテンポラリーダンサー&振付師で有るシェルカウイが、これまた天才フラメンコダンサーとして名高いマリア・パヘスをフィーチャーした、コンテンポラリーフラメンコのステージ。光と布を上手く使っての飽きさせない舞台だったが、如何せん上演時間が短か過ぎる。一寸金返せ!的な感じが否めなかった事を記して置きたい…残念。

・「音阿弥生誕620年 観世会春の別会」@観世能楽堂:この日の御目当ては、滅多に見れない「三老女物」の一、「姨捨」。「三老女物」(他に「檜垣」と「関寺小町」)は、「重習」と呼ばれる至高の芸の一つとされて居て、中々披かれない。今回のシテは武田宗和師で、囃子には大倉源次郎師と亀井広忠師等が固める。そして武田師のシテは寂しく、そして人生の無常を感じさせた名演だった。僕がこの曲が好きなのは、通常の能と異なり、最後にワキやワキツレが退場した後にシテの老婆が1人舞台に残される場面で、泣ける…人生は孤独だ。

・「第26回奉納夜桜能」@靖国神社:ここ数年行って居る、靖国神社での「夜桜能」。今年は桜が早く、もう殆ど散って仕舞って居て「葉桜能」の体だったが、幽玄の体は変わらない。葉桜の下の会場は超満員で、相変わらずに人気振りだったが、上演前の「火入れ」をする者(政治家等)の名をマイクで呼び上げるのも相変わらずで、胸糞が悪く為る…何故静かに火入れが出来無いのだろう?が、最近「實」を襲名した梅若玄祥師の「羽衣」は流石に素晴らしく、特に橋掛りで舞う姿はこの世の物とも思えない程美しく、怪しかった。梅若實師、矢張り天才だ。

・「魔笛」@オーチャードホールベルリンに有る3つのオペラ劇場の1つ、ベルリン・コーミッシェ・オーパー・オペラロングラン作品。会場では、最近クラシックのコンサートで連続的にお会いする、日本美術史家のH先生とI先生のお二人にバッタリ…こう為ると、一度「日本美術史クラシック飲み会」をやらねば為るまい(笑)。さて演出のバリー・コスキーの秀でた才能に拠って造られた舞台は、大きな壁と歌手達の顔や体を出す穴と台、そして最も重要な「映像」のみに拠って構成される。「夜の女王」もルイーズ・ブルジョワの蜘蛛的に表現されるその映像は、或る時はフリッツ・ラングの「メトロポリス」を、或る時はチャップリンの「モダンタイムス」を、そしてウィリアム・ケントリッジを想起させるが、何処かノスタルジック且つ現代性を残す感覚で、歌手たちとのコラボレーションも秀逸。久し振りに完成された現代オペラを観た。

・「石橋 於 石橋」@江之浦測候所現代美術家杉本博司氏の財団、小田原文化財団での「『石舞台』披」公演。前日からの予報と雨で、氏のイヴェント時には必ず天候が荒れる事から、「嗚呼、今回もか…」と思いながら根府川に向かう。そして強風の中測候所に着くと漸く雨が止み、室内に設置された舞台が急遽外に運び出され、「石舞台」での公演と相成った…が、強風が残った為、演目は舞囃子がキャンセルされ、メインの「石橋」のみに。シテの喜多流大島輝久師と塩津哲生師が風に乗り、そして亀井広忠師の大鼓や竹市学師の笛が風を切る。上演前には強風で牡丹の作り物が勝手に動いたりして、ヒヤッとする瞬間も有ったが、何とか無事終了しホッと溜息。風に棚引く獅子達の髪が、誠に印象的な舞台披きでした!

・「アイーダ」@新国立劇場オペラハウス新国立劇場開場20周年記念特別公演のこの舞台、僕の予想を裏切る素晴らしいモノだった!ご存知ヴェルディ作曲、フランコ・ゼッフィレッリ演出の「アイーダ」は、もう20年以上も前に一度ヴェローナの屋外劇場で観て居るが、こう云っちゃあ何だが、パリ・オペラ座ミラノ・スカラ座、METオペラやテアトロ・マッシモ等でもオペラを観て居る身としては、正直今回初めて観る日本のオペラ舞台が持つで有ろう、ヴェローナのスケール感と「場所」に対するディスアドヴァンテージはどう為るのだろう?と思いながら、会場へと足を運んだ。が、豈図らんや、歌手やオーケストラのレヴェルやセットの精巧さ規模、全てが良く出来て居て、一時も退屈どころか齧り付きで観終わったのだ!特にセットは見応えが有り、あの舞台に身を置きたいと思った程…日本のオペラハウスも、中々やるなぁ。

・「自己紹介読本」@シアタートラム:この舞台は山内ケンジ作・演出、「城山羊の会」の作品で、彼等に取っては珍しい再演演目との事。謳い文句に「なにもないことを極めた傑作」と有る様に、ナンセンスで不条理、そしてちょっとセクシーな舞台で、思わず笑って仕舞う。7人の出演者は皆かなり個性的で、各々の役割を果たすが、特に岡部たかしが面白い。僕も人との距離感の難しさを、現実社会で感じる事が多い方がだと思うが、その不自然さが得も云われぬ可笑しみを産む。これから大阪公演だそうだが、大阪人に受けるや否や(笑)。


−映画−

・「ガーデンアパート」@Galaxy銀河系:友人でも有る芸大在学中の映像作家、石原海さんの処女長編映画作品。「ガーデンアパート」(→https://www.youtube.com/watch?v=2R4y04Is2Q4)は、主人公の彼氏のクレイジーな「おばさん」、京子を中心とする女性達を巡るガールズ・ムービーだが、この京子役の女優竹下かおりがセクシーかつアンニュイで中々良い。「愛は映画みたいなもので、政治みたいなもので、料理みたいなもので、庭みたいなものだ。一度始まってしまったら、終わるまでそれを止める事は出来ない」…個人的にはレオス・カラックス作品を彷彿とさせたが、今の所本作は映画と云うよりは寧ろ現代映像作品だと思う。映画作家としての海さんの将来が、超楽しみスグル出来栄えの作品でした!


−その他−

目白コレクション@目白椿ホール:毎年恒例の骨董市へ、音楽家の友人と。去年も開展前に人が並んで居たが、今年も大勢の人が並んで居て、人気の程が知られる。会場内は熱気でムンムンして居て、骨董熱がこんなにも有るのか!と云うのが正直な所。で、今回は僕のお好みの作品は無かった…嗚呼、良かった〜(笑)。

・ジャパン・ソサエティー創立110周年記念式典・レセプション@ホテル・オークラ:10年前、僕も招かれた100周年記念の時は、天皇皇后陛下を迎えてのシッティング・ディナーだったが、あれから10年経った今回は、皇太子殿下ご夫妻を式典に迎え、レセプションは殿下のみご出席の立食パーティー。式典では、亀井広忠師と坂口貴信師に拠る一調「高砂」が披露されたり、レセプションでは、ニューヨーク時代に知己の有った若きジャスティン・ロックフェラー氏や、芸術文化に関わる第一線の方々と再会。誠に楽しいひと時でした。


「清婉峭雅(せいえんしょうが)」とは「清らかで美しく、厳かで気品が有る」事…我が国のトップにはこう云う人になって頂きたいが、無理だろうなぁ(涙)。


ーお知らせー

古美術誌「目の眼」5月号(創刊500号記念号→https://menomeonline.com/about/latest/)に、僕のインタビュー記事が掲載されて居ます。

*「婦人画報」5月号、特集「東京案内2018」内「東京人に聞きました 極私的東京案内2018」に、僕の「オススメ東京」が掲載されて居ます。

*僕が昨年出演した「プロフェッショナル 仕事の流儀」が、NHKオンデマンドで視聴出来ます。見逃した方は是非!→https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2017078195SA000/

*山口桂三郎著「浮世絵の歴史:美人画・役者絵の世界」(→http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062924337)が、「講談社学術文庫」の一冊として復刊されました。ご興味の有る方は、是非ご一読下さい。