ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

artなfoodsのDiary RSSフィード

2014-01-12

一月二日の『年越し蕎麦』そして松の内食風景2014 10:44

何年かぶりに某国営放送の紅白歌合戦ってやつを視ながら年越しをしようと思っていたのだけれど、恥ずかしながらその前に撃沈してしまい…つまり『年越し蕎麦』を喰わずに元旦を迎えてしまったエロおやぢなのよ。

f:id:artfoods:20140105161101j:image:w240:right

縁起物なのでそのタイミングを外してしまえばただの『かけそば』となってしまうのであってそいつを食す意味はないのだな、本当に情けない。元旦朝食は御節料理なので昼食にでも摂ればよかったものを、なんだか忙しくてやり過ごし、夕食は妹一家と晩餐会…てなワケで結局そいつを食したのは一月二日の昼食なのであった。

本来『年越し蕎麦』とは細く永く健康繁栄を祈願して食すものであるらしいが、それだったらうどんやそうめんだっていいじゃん…なんならラーメンだってオッケーだよな…てな論理だって成立するはずである。

ところが何故“蕎麦”でなくてはならないのかと言うと諸説あるのだけれど、蕎麦は切れやすいのでその年のイヤなことを切り捨てるという意味やブチギレのスケープゴートにしちまおうじゃねえか…とか、植物としての蕎麦は風雨に打たれて倒れても陽が当たるとすぐに立ち直る性質を持っているからオレの人生もそんな感じでさあ…といったコジツケ風理由づけがいくつかあるようだ。

f:id:artfoods:20140105161103j:image:w300:left

そしてその年のうちに食べ終えるようにしましょうね〜なんてことらしい、年を越してのそれは縁起がよくないそうだ。う〜む、ん〜じゃあ二日になってそいつを食したボクはどーなんの?なのよね。

まあ、細い人生なんて送りたくないし哀れな長生きなんてもんもしたくないからさベツにいいんだけど、成り行きでこうなっちまったんだから仕方ないよ…とテメーを慰めるしかないのだな。冷蔵庫でジックリ熟成させておいた蕎麦と海老天がジツに美味かったぜ!などと強がりを言いながら食後に庭に出てみれば、梅の枝にその蕾がふくらんでいるではないか。よくしたものだ、こんなに寒くてもちゃんと春の準備をしているのね。

f:id:artfoods:20140105161102j:image:w240:right

二日の夕食は寿司カニ茶碗蒸し…といった平凡な和食で済ませた。いや、平凡などと言ってはバチが当たるだろうな、これだってけっこーゼイタクなもんさ。前夜は妹の家での晩餐でテンコ盛り豚の角煮に始まりカニ刺し・カニすき・鯛しゃぶ・茹で毛ガニかにみそたっぷりどっぷり・高級日本酒飲み放題・A5和牛しゃぶしゃぶ・今や幻の高級料理ニシン飯寿司・赤ワインに白スパークリング・各種銘醸チーズ食べ比べ大会・伊豆の紅ほっぺ大粒イチゴなど狂ったように食いまくってきたものだから「今日はあっさり系日本料理で」ということなのよ。

それにしても妹の家での食事と料理は一枚もフォトを押さえておかなかったなあ。本当にそんなもん喰ったのかいな…と訝しむ向きもあるかもしれない。やっぱり軽〜く記念撮影程度はしておくべきだったな、目先の飲食に溺れ義務を怠ったエロおやぢをお許し願いたい。

   ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

f:id:artfoods:20140105161107j:image:w320:left

年末の買い出しに行った折に良質な辛子明太子を見つけたのでキープした。平素はなかなか良い食材に巡り会えない哀愁のイナカ町でもサスガに正月ともなればそれなりなものが入荷するのだな。

シンプルにそのまんまゴハンに載せてバックリ喰うのもいいものだが、母君はそうしたものよりテマヒマかけた料理を食べたいご様子だったのでパスタをご馳走することにした三日の昼食である。

トーシローはこういった魚卵系パスタ料理をソース段階で加熱してしまうのでダメなのである。ツボは極めてナマ状態を保持させてソースを作り、茹で上がったパスタの予熱で温める程度にとどめておくことに尽きる。そんなレシピはそれこそ星の数ほどウェブ上にアップされているのでジブンで検索してくださいな。

どうしても『極上の明太子パスタ』が食べたいの!ってヒトは一流のイタリアンに行ってお願いすればよい。二流でよければスーパーで売っているレトルトパスタソースを使ってお手軽にどうぞ。ただしお味の保証は致しませんからね。

イタリアンに行くのもメンドだしお家で安上がりに極上のお味を楽しみたい(…というカッテでズボラな)希望を叶えたいお方はArt-Foodsにお問い合わせ下さいな(ほんとはヒミツなんだけど)教えて差し上げましょう(てかホンネは教えてやってもいい…ってカンジかな、いひ〜)。

f:id:artfoods:20140105161100j:image:w180:right

大晦日から酒びたりだったので三日の夕食は楚々と済ませるつもりだったのだけれど、やはり元来が酒好きでしかも(お休みはまだまだたっぷり残ってるじゃん♪)と云う気持ちのユルミがまたまたワインのボトルのコルク栓を抜いてしまうのである。

イスラム的発想なら「私の中の悪魔がそうさせた」なんてチョ〜身勝手な言い訳をするのだろうけれど、ニッポン人のエロおやぢは正直に回顧ハンセーするのよ。ただね、ここであまり無鉄砲にやり過ぎるとシゴト始めが辛くなるかな〜なんて自然にブレーキもかかっていたりして(あ〜ボクもちょっとはオトナになったもんだ)と思ってみたりもするのだな。

   ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

f:id:artfoods:20140105161105j:image:w320:left

四日の夕食だ。デパ地下の輸入食品コーナーにはワインによく合う食品がたくさん置いてあるが、ちょうど半年くらい前に行ったときにスペイン産のサラミソーセージが賞味期限が近いと云うことで半額にディスカウントされ販売されていた。もちろん即購入は申し上げるまでもない。

まあソコソコな期待を以ってそいつを切り食してみるとなんとまあジツに美味いのである、驚いた。父母がイタリア旅行の土産に買ってきてくれた現地のサラミを彷彿とさせるような熟成発酵した旨味がギュッと詰まっていて本当に濃密な頼もしさのあるお味なのね。

今回は半額ではなかったけれど正価であっても決して高くは感じないその価値を知っているので、同じものを見つけて飛び上がり喜んで購入してきた。家にキープしてある赤ワインはボルドーのものと承知していたからチーズは濃厚なロックフォールとややアッサリ目なブリーを組み合わせ併せて購入、さ〜ていよいよその出番である。このチームは最高のパフォーマンスをしてくれた。

f:id:artfoods:20140105161106j:image:w320:right

昨年末に御節の重箱に詰めようと購入してあった『鱧板』つまり“ハモの焼蒲鉾”をうっかり食していなかったことに気がついた、なんてこったい。ボクはこいつが大好物なんだけど高価なので平素はあまりテを出せずにいるのだが、まあせっかくの正月なんだからねえ…てな感じで堂々とカゴに入れるのよ。

王道はワサビと醤油で食すわけ。でもとってもステキな食材が周りにいっぱいあるうちはそれらと組み合わせて食すのも一興なのさ…とパスタに使った韓国産『辛子明太子』やおチバのマダ〜ムにいただいた『ウニの瓶詰』をドバッとトッピングしてはあんぐりとクチに運ぶのだな。いや〜美味いったらありゃしない!瓶詰の塩ウニはボソボソしているくらいに水分が少なく粒が大きく処理されていて、このテの商品としては最高級の部類なのだろう、マダ〜ムのご実家チョイスの逸品である。ウニは北海道産が最高だと思っていたけど、それは生で食す場合のハナシであって加工品はこうした西日本・壱岐の伝統に軍配が上がる気がする。

f:id:artfoods:20140105161059j:image:w180:left

サラミやチーズはベストフレンド、しかし『鱧板』に赤ワインってのは如何なものでしょ…といった危惧を感ずるのは無理もないことだけれど、意外にそれはイケていた。シャトー・グラン・ジャンというこのワインのタンニンの柔らかさとか酸味の少な目なフルーティーさがそうした呼び込みを行うのかも知れないなあ、しなやかさみたいなものもあるし。

決して高額な部類ではないので機会があればもう一度購入してヤキトリとか豚の角煮なんぞで試してみたい気がする。ん〜♪いいワインだ。

   ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

のんびりと楽しんだお正月もいよいよ今日限りという五日、朝食は北海道知床の親戚から送られてきたイクラをたっぷり盛ったゴハンだ。

あぁ明日からまた現実の世界に戻るのかよ…なんてネガティブな気分を吹っ飛ばす強力な海の滋味。今年も元気に頑張らなくっちゃね!

f:id:artfoods:20140105161104j:image:w500


クリック↓↓↓で応援をお願いします


f:id:artfoods:20080716062643j:image




今日の富士山

よいお天気ですが上空の雲は消えてくれませんね


f:id:artfoods:20140112130540j:image:w500

0:12PM, January 12. 2014. @Fujinomiya-City




f:id:artfoods:20081202141605j:image


f:id:artfoods:20081202142609j:image:left

元ルーさん

こんにちは!

多分だけどブラックタイガー(´▽`*)アハハ いつものスーパーで買ってきた一本¥128の庶民派海老天ね〜 このスーパーは年末だからと言って値上げせずに通常金額で販売しているところが好感度大でやんす。

ボクもどこにも出かけず引き籠りの正月でしたよ。まあ昨年末がちょ〜忙しかったからね、たまにゃいいってもんさね(≧∇≦)b

元ルー元ルー 2014/01/18 02:17 今年の正月ほど味気のない正月はありませんでした。そう言いながら20何年も正月ない仕事していたのに。
大晦日は御飯食べて寝て目が覚めたら越年してましたもね。笑
エビ天2本の豪華なそばですね。バナメえび?

2014-01-07

元旦の食風景2014 18:57

七草粥の食材を買い忘れ、なんとなくフツーの朝食を摂ってシゴトに向かったエロおやぢである。そして早いもので今年も一週間過ぎてしまったのね、なんだか正月のゴーカ美食が走馬灯のように脳裏に浮かんでは消え、まるで気の抜けてしまった浦島太郎テキ気分で清貧モード展開ちうなのよ。

f:id:artfoods:20140105153214j:image:w240:left

目覚めるとまだ午前一時半だった。喉が渇いて仕方がなかったので小用を足してから冷蔵庫に冷やしてあった炭酸水をイッキに飲んだ。しかしまだ頭は重いしキブンもよくない上に少しクラッとしている。う〜む、ヤバイ…こいつは完全に二日酔いモードである。いけないいけない、しっかり寝なおして2014年の元旦はスッキリと目覚めたいではないか。

果たして目覚めてみればやっぱり予想通りの展開、そうヒドくはないけれどかな〜りヤバヤバな健康状態である。まあ昨年末はロクに休日も取れないほど忙しく疲れもピークだったからなあ、正月休みに入って少しヌケちゃって油断したかな。まあいいさ、バリッと起きて快活に動き回れば次第に回復するでしょ…ってなことで平成二十六年一月一日の朝食と相成るワケなのよね。

当家の正月料理は特別なものは例年なにもない。ごくごくフツーの御節料理っぽいものを重箱に詰め楚々とそれを食すのみである。デパ地下とか有名割烹などが販売している数万円もする御節と違い海老の塩焼きが入っていたりアワビの姿煮とかローストビーフなんぞでウキウキするような料理は何一つ並んでいない。

母君は「お神酒は?…」と仕向けてきたけれど(二日酔いで調子悪いから)なんて言えず「午後には運転しなくちゃなんないからさ」と珍しく酒を断るエロおやぢだったのよ、そーとー具合わるかったんだよな。

f:id:artfoods:20140105153213j:image:w500

それでも新しい年を迎えて初めて食す料理っていいものだよね、食べているうちにけっこー晴れ晴れした心地になってくるのがフシギ。今年出色の出来栄えだったのは『鰯の酢漬/冬野菜巻』だった。彩りよく、またピシッと折り目正しいというかスジの通った立ち居振る舞いがTHEニッポンの正月料理ってカンジで目が醒める。

渋い煮物やお目出度いヴィジュアルの料理そして普段はクチにしない珍味が並ぶけどやっぱりフィニッシュは母君が毎年キアイを入れて作る『黒豆』かな、こいつなしに当家の正月は語れないほど大切にしている母の味なのである。

f:id:artfoods:20140105153212j:image:w500

クリック↓↓↓で応援をお願いします




f:id:artfoods:20081202141605j:image


f:id:artfoods:20081202142609j:image:left

梅成弟子丸さん

こんにちは!

うっ、ファミレス元旦朝食!そうせざるを得ない職業テキ事由の方もいらっしゃるのでしょうけど、貴殿の場合は…(´▽`*)アハハ

まあ出来れば自宅で落ち着いた元日を過ごしたいものです。ボクも過去に何年もの間“元日も朝九時から飲食シゴト”という哀れな時期がありましたよ、けっこーお客さんて来るもんでしたけどね〜


f:id:artfoods:20081202142609j:image:left

元ルーさん

こんにちは!

雪かきタイヘンですよね、いや〜決してヒトゴトではなくってボクも年末年始とシゴト前に先ず雪かき…って状況でしてノ(´д`*)

専用の合成樹脂製スコップだけでなく、ちょうどブルドーザの排土板のような形状の雪かき道具があることを最近知りました。


f:id:artfoods:20081202142609j:image:left

ムー吉殿

こんにちは! 今年も宜しくお願いしますね。

そうそう、コドモのころって御節なんてドッチでもよかったなあ。確かに齢をとって枯れてきてるんですよ、こーゆーシブ系の料理がたまんなくいい(≧∇≦)b

母君は黒豆だけはミョーにこだわってましてね、他の物は既成品で済ませることがあってもコレだけは毎年必ず手造りしてます。

梅成弟子丸梅成弟子丸 2014/01/08 14:09 こんにちは。
ワタシの元日の朝は・・・デニーズのモーニングでした(汗

最近は元日の朝からファミレスがかなり賑わっているのですねぇ・・・利用しておいて何なのですが、そんなんで本当にいいのか?という気がしなくもないですね(^^;

元ルー元ルー 2014/01/09 14:41 クリスマスから正月までらしくなく時間だけが過ぎていきました。
雪かきでそれどころでなかったですね。
今日も吹雪いてます。

ムー吉ムー吉 2014/01/12 00:49 おせちってあんまり好きじゃなかったのだけど
歳とったのかなぁ〜
黒豆がおいしく感じられるようになってきました。
本年もよろしくお願いいたします!

2014-01-05

年の瀬食風景2013 17:21

ユルくのんびり過ごしていた正月休みもアッという間に過ぎ去ってしまい、なんてこったい明日からまたハードなおシゴトが始まっちまうんだなあ…なんて考えると少しユーウツなキブンになってしまうからこれから晩酌でも始めて現実逃避モードに入ろうとするエロおやぢの一月五日夕刻なのである。

f:id:artfoods:20140105151140j:image:w240:left

昨年の大晦日はソレナリな夕食の準備を念入りにしたのだが、なんだかヤボ用処理がいつまでたっても解消しなくて昼めしは結局チェーン飲食店のテイクアウト丼にしてしまったのだ。だってメンドなんだもんね、母君も御節料理の仕込みに忙しそうだったしさ。

そんなときの作りたてテイクアウト弁当ってのは本当に助かるのよ、新聞の折込チラシが脳裏にコビリついていたボクとしては大義名分バッチリのそのドンブリ目指して早速走ったのは言うまでもない。

“かつや”さんと云うそのお店で『味噌カツ丼』¥590を購入し、冷めないうちに急ぎ家に戻り母君とガツガツ食した。名古屋風の八丁味噌ダレでタマゴとじにしたとんカツに青ネギを刻んだものがこれでもかってくらいたっぷりトッピングされている。いいぞ!美味いぞ!

ハラもいっぱいになってテレビでも視ながらダラダラ過ごしたいところだったけど、どっこいまだ大事なイベントが残っていたのよ。

f:id:artfoods:20140105151142j:image:w500


そう、それは庭の柚子の収穫なのである。あ〜あ、先延ばしにしたツケが大晦日にシワ寄せ…なんて最悪なんだけど。まあそれもテメーの不徳の致すところなのであって責任逃れは許されないのだな。

f:id:artfoods:20140105151139j:image:w240:right

小一時間ほどかかって収穫したそれは思ったより数も多くて、成り年だった昨年に比して少ないとはいうものの数えると200ケ近くあったのだ。う〜む、単純に使うだけではとても処理しきれないので、今シーズンは手造り柚子ポン酢醤油でも仕込もうかしら…と、またテメーのクビを絞めるようなアイデアが浮かんでしまったのだな。

重要なミッションも終えたことだしサッサと家に入って一杯飲りたかったのだけれど、メガーヌ君は汚れっ放しの上ハラも減っているようなのでガススタにちょいと行った。ところがサスガに年末である、洗車機はもとよりステーション自体が長蛇の列で参っちまってイラつくエロおやぢなのである。まあアセっても仕方がないので待ち客のクルマの列に従順に並んでみたりもするのよ、ボクもオトナになったなあ。待っている間ふと空を見上げると富士山が紅く染まりかけていた。

f:id:artfoods:20140105151141j:image:w300:left

大晦日はお刺身とスキヤキというジツに月並みなチョイスだったけれどソレナリに高品質なものを準備した。ただそれまでの忙しさですっかり撮影意欲を失ってしまったボクはドリンクの記念撮影がやっとこさ…の情けないフードフォトライターになり下がっていたのだな、けっこーゴーカな食事だっただけにちょっと惜しい気もしたけれどそれも仕方がない。

美味い料理にまずまずいい酒、無事に終えることのできた2013年に感謝しつつヨッパの深みにハマって年越し蕎麦も喰わずに眠ってしまった大晦日なのであった。




クリック↓↓↓で応援をお願いします




f:id:artfoods:20081202141605j:image


f:id:artfoods:20081202142609j:image:left

とがしさま

あけましておめでとうございます!

今年も罪なほど喰いまくりましょうね…どうかお見逃し下さい(´▽`*)アハハ

とがしとがし 2014/01/06 22:46 おめでとごーざまーす!!!
今年もよろしくお願いします。