昨日の階段 必描き傷 - 香本博 Twitter

2018-10-03

昨日の階段は、移設しました。よろしくお願いいたします。 23:32

2019年春「はてなダイアリー」終了に伴い、

http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20180830/blog_unify

【昨日の階段必描き傷】も、下記に移行することになりました。

https://artkomoto.hatenablog.com/

f:id:artkomoto:20181024205641j:image


すでに10年を超えて、ほぼ毎日更新している日記ですので、

これからも続けていきたいと思っています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

今まで、こちらで見ていただいた皆様に心から感謝し、

新たなページからも見ていただけるようにと望みます。

リニューアルした画面では、数日前後が見渡せ、

他のリンクへも行ける様に工夫されています。

f:id:artkomoto:20181003233204j:image

香本博

2018-10-01

【お日様】本家ホームページいちまいの絵10月 10:59

今日から10月・・本家ホームページのいちまいの絵が更新されています。

f:id:artkomoto:20181001105859j:image

『OHISAMA お日様』

紙に交響(多種)水彩 約1000×1300mm

太陽、サンシャインと呼ぶよりも、

私は命の恵みに繋がる存在への感謝を込めて

お日【様】と呼びたい。

朝起きて、下描きも無しにアルシュ紙に

お日様の有難さに、踊らずにはいられない人々を・・

というより自分の中にあるメッセージの動きの連続を

描き続け・・仕上げたのがこの絵だ。

目を閉じながら多くを筆に託した。

実はそれに至る日々、太陽に群がる雲たちに

そうしたイメージが何度もあった。

それが夢の中で凝縮したのかもしれない。

天照大神(あまてらすおおみかみ)が岩戸に隠れ、

真っ暗になった時は、どれほど悲惨だっただろうか?

モーセが神の力で、エジプトを暗闇で覆った時、

どれほどの恐怖が人々を襲っただろうか?

お日様のおかげで命は宿り、生きられる・・

これは踊らずにいられない・・そんな夢の伝達?から

この絵は産まれた。

今年は特に、日本列島に自然界は暴力的だった。

被災された方を想うと、心が痛む。

しかし温暖化(ヒートアップ)、

山林をむやみに切り崩すことによる河川反乱など

多くの原因に人為が考えられる。

願わくば、自然界の恵みの循環を再び享受できますように。

バランスを戻すべく、改善の努力を、人間が行いますように。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~artkomoto/1mai/1mai.html

2018-09-29

アムロジピンOD錠5mg 23:41

f:id:artkomoto:20180930112352j:image

f:id:artkomoto:20180929234025j:image

9月27日に診断によって服用を勧められた薬がこれだ。

脳卒中になっては困るからと・・

当日帰宅後には、なんと203の120もあった。

約3日服用して、体と脳のだるさとぼんやり感がある。

f:id:artkomoto:20180929234022j:image

30日分いただいているが、10月10日に胃カメラ検査があるので、

とりあえずそれまでは服用してみて、

血圧が正常に向かい、絵が描けるのであれば続けてみようと

思う。2・5mgのもあるようなので、半分服用という手もあるかも。

f:id:artkomoto:20180929234020j:image

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下記 くすりのしおり より

http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka.cgi?n=9412

アムロジンOD錠5mg

主成分:

アムロジピンベシル酸塩(Amlodipine besilate)

 剤形:

淡黄色の錠剤、直径7mm、厚さ3.0mm

 シート記載:

アムロジンOD、5mg、DS572

この薬の作用と効果について

細胞内へのCaイオン流入を減少させ、

末梢血管や冠血管の平滑筋を弛緩させることにより、

血圧を下げ、狭心症発作を予防またはやわらげます。

通常、高血圧症や狭心症の治療に用いられます。

主な副作用として、むくみ、ほてり(熱感、顔のほてりなど)、

めまい・ふらつき、頭痛・頭重、動悸、発疹、そう痒、

じんま疹、日光による過度の日焼け・かゆみ・色素沈着、円形または楕円形の赤い発疹・発熱・関節の痛み、発疹・

足や腕に紫色または赤いあざができる・全身がだるい、

まぶた・口唇・舌のはれ・じんま疹・呼吸困難(気道のむくみによる)、歯肉肥厚などが報告されています。

このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に

相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、

[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。

このような場合には、使用をやめて、

すぐに医師診療を受けてください。

全身倦怠感、食欲不振、皮膚や結膜などの黄染[劇症肝炎、肝機能障害、黄疸]

のどの痛み、頭痛、鼻血や歯ぐきの出血[無顆粒球症、白血球減少、血小板減少]

徐脈、失神、めまい[房室ブロック]

手足の筋肉の痛み、こわばり、しびれ[横紋筋融解症]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。

上記以外でも気になる症状が出た場合は、

医師または薬剤師に相談してください。

2018-09-23

入魂式で父母祖父母が共に 08:02

f:id:artkomoto:20180923080141j:image

昨日は大多摩霊園で、岡山からの墓移しに伴う入魂式でした。

父は23年前、61歳で亡くなり 遺言に沿って岡山の墓に眠っていました。

親戚の方々が墓守してくださっていましたが、代も替り高齢となってきて、

そのまま維持も難しく・・生前 母も墓移ししなくてはと悩んでいました。

母も昨年亡くなり、兄夫婦が遺志を継いで、ここに立派な墓を建て、

ようやく岡山に眠っていた父と祖父母が、青梅で共に眠ることができたのです。

岡山勝央町の寺の住職も代替りしてから、寒々とした対応に憤慨しましたが、

無事入魂式が終わりました。

ここまで苦労した兄夫婦に心から感謝します。

ひ孫も微笑みかけていました。

f:id:artkomoto:20180923080134j:image

f:id:artkomoto:20180923080137j:image

f:id:artkomoto:20180923080139j:image

2018-09-20

24th平和美術展が無事終了いたしました。 06:17

f:id:artkomoto:20180920061635j:image

4日間だけの展示でしたが、約400名の方々にご高覧いただき

心から感謝しています。

ご高覧いただいた方をはじめ、

ネットでのシェア、告知、宣伝など様々な形でご協力いただき

ありがとうございました。次回個展は12月・・

【詠い花】と題し、亡き母の詠んだ短歌に寄り添った、花の絵中心の展示です。

よろしくお願いいたします。

f:id:artkomoto:20180920061633j:image

f:id:artkomoto:20180920061630j:image

f:id:artkomoto:20180920061628j:image

f:id:artkomoto:20180920061625j:image