Hatena::ブログ(Diary)

福島県立美術館ブログ

2015年08月07日

移動展 第二弾 世界の名作版画展 オープン

連日、全国2位3位の最高気温を記録している福島市ですが、
暑さを破る展覧会がオープンしました。

世界の名作版画展 ジョルジュ・ルオー《ミセレーレ》全点展示です。
8/7〜20(木) 福島県文化センター 2階展示室
入場無料です。
9:30〜17:00 会期中無休です。
お問い合わせ 024-534-9191 福島県文化センター
   または 024-531-5511 福島県立美術館

f:id:artmuseum_fukushima:20150807154508j:image:w640
f:id:artmuseum_fukushima:20150807154440j:image:w640

20世紀最大の宗教画家といわれるジョルジュ・ルオー。彼の代表作で、版画集の最高傑作といわれるが、この《ミセレーレ》です。「神よ、我を憐れみたまえ、御身の大いなる慈悲によりて」ではじまる58点の版画。
銅版画のさまざまな技法を駆使して複合的に表現された黒一色の画面からは、人間の愚かしさ、戦争の悲惨さ、この世の不条理、神のあたたかさなどが、苦しむキリストの姿を通して訴えかけてきます。
第一次世界大戦後に着想され、1922年から27年に制作されましたが、実際に版画集として刊行されたのは第二次世界大戦後の1948年でした。
聖書の一節からとられたタイトルは、言葉それ自体でも人の心に響くものです。

ぜひ絵とことばによるシャワーで、夏を乗り切りましょう。

この展示は8月20日(木)まで、休館日はありません。

HY

2015年07月21日

夏休み〜お出かけ情報

梅雨明けしたかと思うような暑さが続いています。
美術館は8月と9月に、福島市にある福島県文化センターで移動展第二弾を開催します。

f:id:artmuseum_fukushima:20150721130712j:image:w640

 2015年8/7(金)〜20(木) 福島市・県文化センター(電話024-534-9191)
 世界の名作版画展 1 〜 ルオー《ミセレーレ》
 2015年9/9(水)〜24(木) 福島市・県文化センター(電話024-534-9191)
 世界の名作版画展 2 〜 ピカソエルンストシャガール

夏のひととき、ちょっと涼みにお出かけください。

それから、映画のお知らせを一つ。
イギリスを代表する画家、ターナーの映画がフォーラム福島で上映されます。8月29日から9月4日まで。

f:id:artmuseum_fukushima:20150721130710j:image:w640

http://www.cetera.co.jp/turner/
上映時間などはフォーラム福島までお問い合わせください。(電話:024-533-1515)
http://www.forum-movie.net/fukushima/film/coming.html
2時間半の大作らしく、今から上映が楽しみです!

そして、ヨーロッパ美術といえば、やはりフランス。
福島JTBさんの企画で、パリの美術館をめぐるツァーが予定されています。
(11/10〜11/16 7日間、旅行費用249,000円)
7月31日が申し込み締切ですので、ご興味のある方は、JTB福島支店(電話:024-523-3314)まで。

f:id:artmuseum_fukushima:20150721130708j:image:w640
f:id:artmuseum_fukushima:20150721130704j:image:w640

くわしいチラシも用意されていますので、お問い合わせください。

気分ははや、秋たけなわの巴里…。

では、みなさまよいバカンスをおすごしください。
HY

2015年06月26日

会津の移動展、閉会しました

会津若松市の福島県立博物館で開かれていた、移動展「ふるさと会津の人と四季」が無事閉会いたしました!
5月の連休からはじまり、6月21日まで、2ヶ月ちかい会期中、約6000人ものお客様が詰めかけていただいたそうです。

会津での移動展は、過去にもありましたが、今回が最高の入場者数でした。
f:id:artmuseum_fukushima:20150626114915j:image:w640

展覧会が終わり、おかたづけ。
f:id:artmuseum_fukushima:20150626114913j:image:w360
f:id:artmuseum_fukushima:20150626114907j:image:w360

8月からは、また場所を福島市に移しての移動展第二弾です。
こちらもぜひご来場ください。

■移動展 今後のスケジュール■
 2015年8/7(金)〜20(木) 福島市・県文化センター(電話024-534-9191)
 世界の名作版画展 1 〜 ルオー《ミセレーレ》
 2015年9/9(水)〜24(木) 福島市・県文化センター(電話024-534-9191)
 世界の名作版画展 2 〜 ピカソエルンストシャガール

 2015年10/16(金)〜11/23(祝) 須賀川市立博物館(電話0248-75-3239)
 美術史を彩る名画の旅 〜 印象派、アメリカ絵画、日本近代美術の名品など展示予定

 2016年1/19(火)〜2/21(日)[予定] 二本松市・大山忠作美術館/市民ギャラリー(電話0243-24-1217)

HY

2015年06月09日

移動展「ふるさと会津の人と四季」公開対談が開かれました!

移動展もはやのこり2週間。
会津若松でもお天気に恵まれ、たくさんのお客様がつめかけています。

6月6日には、展示会場で、公開対談「喜多方美術倶楽部をめぐって」が開かれました。
お話しいただいたのは、喜多方市美術館長の後藤學さんと、福島県立美術館学芸員の増渕鏡子さんです。

大正時代、全国でも珍しい美術家支援をおこなった「喜多方美術倶楽部」。山都の田代與三久(号蘇陽)が小川芋銭森田恒友らの画家を招聘し、こんにちのアーティスト・イン・レジデンスのようなことを百年前に行っていたのです。

芋銭、恒友から来訪画家の輪も広がり、また地元支援者たちも画会や作品交換、そうして最終的には美術館建設までもくろんだ、理想にもえた活動でした。こうした機運の中から、日本美術院同人として活躍することになる酒井三良などの作家が育っていきました。

f:id:artmuseum_fukushima:20150609163803j:image:w640
f:id:artmuseum_fukushima:20150609163824j:image:w360
f:id:artmuseum_fukushima:20150609163737j:image:w360

いまや会津美術の語り部といえる後藤館長さんの熱弁に、あっという間の一時間半がすぎていきました。

充実のレジュメも。
f:id:artmuseum_fukushima:20150609171714j:image:w360
f:id:artmuseum_fukushima:20150609171704j:image:w360
f:id:artmuseum_fukushima:20150609171654j:image:w360
f:id:artmuseum_fukushima:20150609171641j:image:w360

展覧会は6月21日まで。月曜日はお休みです。
HY

2015年05月12日

移動展 「ふるさと会津の人と四季―福島県立美術館名品展―」がはじまりました!

 当館は施設改修のため、4月6日から約1年間の休館に入りました。休館中の2015年度は、福島県内の4カ所で収蔵作品による移動展を開催します。

 第一弾の会場は、会津若松市にある福島県立博物館。6月21日まで、「ふるさと会津の人と四季―福島県立美術館名品展―」を開催しています。

f:id:artmuseum_fukushima:20150512094917j:image:w360

 この展覧会では、会津出身・ゆかりの画家15作家、約60点の作品をご紹介しています。

f:id:artmuseum_fukushima:20150512094855j:image:w360
博物館に入ってすぐ、広いエントランスホールに小川芋銭鍾馗図》が展示されています。かなり迫力があります。

f:id:artmuseum_fukushima:20150512094814j:image:w360
三島町出身の日本画家、酒井三良の作品が並びます。昨年度収蔵した《冬暖》は、県内初お披露目です!

f:id:artmuseum_fukushima:20150512094753j:image:w360:left
f:id:artmuseum_fukushima:20150512094732j:image:w360:right
他にも会津出身・ゆかりの日本画家たちの作品が勢ぞろい。

f:id:artmuseum_fukushima:20150512094710j:image:w360
会津では多くの水彩画家たちが輩出されました。

f:id:artmuseum_fukushima:20150512094641j:image:w360
こちらには会津若松出身の画家、渡部菊二の作品が並びます。鮮やかな色彩と大胆な構図が目を惹きつけます。

f:id:artmuseum_fukushima:20150512094618j:image:w360
最後に「会津の冬」シリーズで知られる、会津坂下町出身の斎藤清。墨画と版画をご紹介しています。


 豊かな自然に囲まれ悠久の時を刻んできた会津地方は、美術愛好家の支援もあり、美術を育む風土が脈々と息づいています。奥深い会津文化の魅力を、ぜひ会津の福島県立博物館でお楽しみください!

■これから開催予定のイベント

・5月16日(土)13:30〜 ギャラリートーク(県立美術館学芸員)
・6月6日(土)13:30〜 公開対談「喜多方美術倶楽部をめぐって」 
              後藤學氏(喜多方市美術館館長)
              増渕鏡子(県立美術館学芸員)
・6月21日(土)13:30〜 ギャラリートーク(県立美術館学芸員)

いずれも博物館企画展示室にて開催。申込み不要です。ぜひご参加下さい!

■お問い合わせ
 電話(県立博物館):0242−28−6000
 博物館ホームページ:http://www.general-museum.fks.ed.jp/

S.Y.