Hatena::ブログ(Diary)

福島県立美術館ブログ

2015年01月06日

常設展「コレクション展 IV」が始まりました

みなさま新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

美術館は1月6日に開館し、常設展示室では「コレクション展 IV」が始まりました。
さっそくその中身をご紹介しましょう。

まず第1室に入ると巨大な日本画がまず目に飛び込んできます。ガラスケースに並んでいるのが、須賀川出身で昨年没後50年を迎えた須田■中(すだ・きょうちゅう)[■:王へんに共]の作品です。
『渓の葉月』では、川のせせらぎが聞こえて来そうなほど生き生きとした描写が目を奪います。夏が恋しくなる一品。隣の『篝火』は鵜飼の様子を描いたもの。燃え盛る炎と鵜の群れが闇夜に浮かび上がっています。静と動がドラマチックに対比された須田の代表作です。
f:id:artmuseum_fukushima:20150106174312j:image:w300

向かいの壁では、須田と同時期に活動していた日本画家・星茂、常盤大空(ときわ・たいくう)、福王寺法林(ふくおうじ・ほうりん)の作品をご紹介しています。奥には、昨年生誕100年を迎えた二本松ゆかりの画家野地正記の作品が続きます。巨大な『スダマティ(死んでしまった) 』の精緻な筆遣いをご堪能ください。
f:id:artmuseum_fukushima:20150106174305j:image:w300:left f:id:artmuseum_fukushima:20150106174258j:image:w300

第2室では「100年前の関根正二」と題して、わずか20歳でこの世を去った関根とその友人たちの作品をできるかぎり時間軸に沿って展示しています。関根の書簡をはじめ、現在行方の分からない絶筆「慰められつゝ悩む」の絵葉書など貴重な資料もあわせて展示しています。
f:id:artmuseum_fukushima:20150106174251j:image:w300

続いて、河野保雄氏のコレクションから絵画と彫刻作品をご紹介しています。絵画では吉井忠、麻生三郎、鶴岡政男の洋画とともに、川西英、谷内六郎、初山滋などかわいらしい小品も並んでいます。
f:id:artmuseum_fukushima:20150106174244j:image:w300:left f:id:artmuseum_fukushima:20150106180247j:image:w300
        
第3室には、アメリカとフランスの名画が並んでいます。
ワイエスの『ガニング・ロックス』に描かれた男の肌には、陽の光を浴びてキラキラ輝く髭までしっかり描かれています。質感まで伝わってくるその表現描写から、おもわずこの男の生き様まで想像できてしまいそうです。つづいてベン・シャーンの『ドレフュス事件』、『リルケ『マルテの手記』より:一行の詩のためには…』シリーズから数点、また『ラッキードラゴン』などをご紹介しています。そしてフランスからはジョルジュ・ルオーの『超人』と版画集『ミセレーレ』から4点が並びます。ふっくらしたほっぺた、分厚い唇につぶらな瞳の『超人』はなんとも憎めません。
f:id:artmuseum_fukushima:20150106174219j:image:w300:left f:id:artmuseum_fukushima:20150106174226j:image:w300:left

最後の第4室には齋藤清とフランスのマックス・エルンストの版画が並んでいます。
f:id:artmuseum_fukushima:20150106174202j:image:w300:leftf:id:artmuseum_fukushima:20150106182216j:image:w300

1月はほかにも「美術館への年賀状展 2015年」や「円空展」など、様々な展覧会がもりだくさんです。「学校連携共同ワークショップ・参加校作品展」も1月12日まで開催中です。皆様おさそいあわせのうえ、ぜひ美術館に遊びに来てください!
 

2014年12月18日

学校連携共同ワークショップ・参加校作品展 始まりました!

今年度のワークショップは『不思議な世界の入口』をテーマに、まったく違う材料を組み合わせ新たな世界を創り上げるイラストレーターグラフィックデザイナーの酒井賢司氏と東北芸術工科大学美術科准教授で画家の鴻崎正武氏をお招きし開催してきました。参加校は県内全域より12 校(幼稚園3、小学校2、中学校3、高校4[養護学校高等部1含]で参加者総数約531 名です。本展覧会では、ワークショップで作られた全ての作品を展示いたします。子ども達の思いやときめきがギッシリ詰まった素敵な作品をぜひご堪能ください!

会  期■2014年12月9日㈫〜2015年1月12日 (月・祝)
会  場■福島県立美術館 企画展示室A-1
開館時間■9:30〜17:00 最終入館は16:30
休 館 日■12 月15 日㈪、22 日㈪、24 日㈬、
年末年始休館12 月28 日〜1月5日
入場無料
f:id:artmuseum_fukushima:20141217152601j:image
f:id:artmuseum_fukushima:20141218111652j:image
f:id:artmuseum_fukushima:20141218113038j:image

f:id:artmuseum_fukushima:20141218114853j:image

f:id:artmuseum_fukushima:20141218114947j:image

(くに)

2014年12月17日

美術館への年賀状展 作品大募集!!

福島県内の小・中学生からイラストや版画などで描いた手づくりの年賀状を募集します。
新年の目標や願いを1枚に込めて楽しい作品に仕上げて送って下さい。
賞の授与はいたしませんが、届いた年賀状はすべて展示します。

◆ 募集内容
はがきサイズ(14.8×10 cm)の用紙に、年賀状のために制作した作品1人1点。技法や画面の縦横は自由。あて名面に「郵便番号」「住所」「氏名」「学校名」「学年」を明記の上、下記のあて先まで送って下さい。
学校・学年・クラスなどでまとめて送付いただいてもかまいません。
なお、応募対象は福島県内の小・中学生に限らせて頂きます。

【応募〆切】2015年1月4日[日]まで必着

【あて先とお問合せ】
〒960-8003 福島市森合字西養山1
福島県立美術館「美術館への年賀状展」係 
Tel 024-531-5511

f:id:artmuseum_fukushima:20141217151409j:image
(くに)

今年は冬の「アートなおはなしかい」

図書館では「よみきかせ」美術館では「アートの鑑賞会」を楽しみます!
テーマは「人と形」です。どんな体験がまっているかな?ワクワクドキドキのプログラムです!
みんな、あそびにきてね!
f:id:artmuseum_fukushima:20141217145023j:image
(くに)

2014年12月13日

「前衛美術会とその周辺」ギャラリートーク

本日、特集展示「前衛美術会とその周辺−川妻さち子コレクションから」のギャラリートークが開催されました。

f:id:artmuseum_fukushima:20141213175859j:image:leftf:id:artmuseum_fukushima:20141213180326j:image:right

今回は、学芸員による通常の解説に加えて、画家・伊藤和子氏とアートギャラリー環の川妻さち子氏をお迎えしてお話をお聞きしました。

f:id:artmuseum_fukushima:20141213182550j:image

伊藤氏は1958年に常磐炭鉱を訪れ、それを題材に作品を残されました。本展には《ボタ山への道》、《第二縦坑と選炭やぐら》と下絵数点が出品されています。
伊藤氏は、当時の炭坑の様子をお話しいただきました。巨大な選炭やぐらを見たときの感動が生き生きと伝わってくるお話でした。

f:id:artmuseum_fukushima:20141213182831j:image:w360

アートギャラリー環の川妻さち子氏は、本展出品作品のほとんどを当館にご寄贈下さった方で、氏なくしては、本展の開催はなかったといっても過言ではありません。
前衛美術会の力強い作品の数々は、川妻さんがおっしゃるとおり、「あの時代が描かせたもの」だったと思います。そんな作品に対する川妻さんの深い愛情が伝わってくるお話でした。

特集展示「前衛美術会とその周辺−川妻さち子コレクションから」は、12月27日まで開催いたします。皆様ぜひ足をお運びください。

S.A.

2014年12月06日 特集展示「前衛美術会とその周辺展」がオープンしました。

f:id:artmuseum_fukushima:20141206144129j:image:w360

外は雪交じりの今日、企画展示室の1室を使って、
コレクションをメインにした小企画「前衛美術会とその周辺展」がオープンしました。

f:id:artmuseum_fukushima:20141206144128j:image

これは、2012年にアートギャラリー環を主宰する川妻さち子氏からご寄贈いただいた高山良策、尾藤豊、桂川寛中村宏、鏑木昌弥など前衛美術会やその周辺の作家たちの作品をご紹介する展覧会です。

f:id:artmuseum_fukushima:20141206144126j:image:w640
f:id:artmuseum_fukushima:20141206144124j:image:w640
f:id:artmuseum_fukushima:20141206144122j:image:w640

戦後間もない1947年、前衛美術会は誕生しました。
1920年代のフランスで始まった、人間の無意識を表面化しようとするシュールレアリズムの表現方法は、日本でも、画家の福沢一郎を中心として戦前の前衛的な美術家たちによって取り入れられました。
戦中、この動きは一旦中断しますが、戦後の展開を担ったのが前衛美術会でした。

f:id:artmuseum_fukushima:20141206144120j:image:w640
f:id:artmuseum_fukushima:20141206144116j:image:w640
f:id:artmuseum_fukushima:20141206144111j:image:w640

彼らは、芸術の前衛と政治の前衛をどのように融合させるか、という新たな課題に正面から向き合いました。社会主義リアリズムに異議を唱え、一方で当時、アメリカから流入してきた抽象絵画の奔流にも飲み込まれることなく、社会や政治と芸術の関わりを考え続け、人間を見つめ続けてきた美術家たちの集団です。前衛美術会は、76年に齣展に改組し、現在も活動を続けています。

本展では、石井茂雄、池田龍雄、尾藤豊、伊藤和子、高山良策、山下菊二、志賀丈二、入江比呂、桂川寛、中村宏、鏑木昌弥、11名の作家の91点を展示しています。

f:id:artmuseum_fukushima:20141206144109j:image:w640
f:id:artmuseum_fukushima:20141206144107j:image:w640

12月13日(土)午後2時から、ギャラリートークも行いますので、是非みなさま足をお運び下さい。

荒木