Hatena::ブログ(Diary)

福島県立美術館ブログ

2014年08月09日

版画の展示替えをしました!

現在常設展にて好評開催中の『コレクション展供ヽ館30周年記念 コレクション名作選』。
昨日閉館後に版画の展示替えを行いました。

常設展は年に4回の展示を行っていますが、
版画は作品保護のため、半期で展示替え、つまり年8回の展示を行っています。

今回は、前期の創作版画にかわり銅版画が展示されています。
f:id:artmuseum_fukushima:20140809152056j:imagef:id:artmuseum_fukushima:20140809152054j:image
長谷川潔、駒井哲郎、浜口陽三らの、モノクロームによる静謐な夢見る世界が展開されます。

また、斎藤清は前期に引き続き代表作を展示しています。
f:id:artmuseum_fukushima:20140809152052j:imagef:id:artmuseum_fukushima:20140809152050j:image
夏の暑いなか《会津の冬》シリーズをみるのもいいものです。

美術館内は、作品保護のため一定の温湿度に保たれています。
残暑厳しい頃、ぜひ美術館に涼みにいらしてみませんか。

K.T.

2014年08月07日

コレクション・クッキング、睫鄒宜犬気WS開催

8月7日、「コレクション・クッキング」の出品作家、睫鄒宜犬気鵑福島文化笹谷幼稚園でワークショップ「ぼくらのねんどじま」を開催して下さいました。楽しかったですよ。

その時の様子をFacebookにアップしましたのでご覧下さい。

http://www.facebook.com/collectioncooking

A.Y.

2014年08月05日

コレクション・クッキング展

暑中お見舞い申し上げます
毎日暑い日が続いておりますが、みなさんお元気でしょうか。

さて、30周年記念の「コレクション・クッキング 近くを視ること/遠くに想いを馳せること−対話と創造」展がオープンし、2週間が経ちました。

展覧会の様子は、オープン前からFacebookで随時情報をアップしています。
是非チェックして下さい。
http://www.facebook.com/collectioncooking

ところで、「コレクション・クッキング」って料理の展覧会ですか?と聞かれることがあります。いえいえ、違います。
どのようにしたらコレクション(美術作品)を美味しく味わうことができるのか、いろいろな方とその料理の方法を考えてみようという企画です。展覧会の他にもワークショップなど複数の企画を含んだ通年プロジェクト。
本展は、そのメインとなる企画です。
3,300点を超える当館のコレクション作品と4組の福島県作家のコラボレーション展。
作り手・作家の視点からコレクションを料理していただきます。

料理人は、古川弓子(1975年会津若松市生)、three(1986年福島市生3人のユニット)、三瓶光夫(1974年須賀川市生)、睫鄒宜検1965年いわき市生)。それぞれ異なった視点から、作品を選び、展示空間を作りました。

f:id:artmuseum_fukushima:20140805113313j:image:w640古川弓子

f:id:artmuseum_fukushima:20140805113312j:image:w640three

f:id:artmuseum_fukushima:20140805113311j:image:w640三瓶光夫

f:id:artmuseum_fukushima:20140805113309j:image:w640睫鄒宜

それぞれの作家とコレクション作品との間で交わされた対話に耳をかたむけてみませんか?
涼しい美術館でゆっくりとした時間を過ごし、リフレッシュして下さい。
皆様のお越しをお待ちしております。

A.Y.

2014年07月02日

開館30周年記念 コレクション名作選 始まりました!

福島県立美術館は今年で30周年を迎えます。
それにあわせ、今回の常設展では、コレクション名作選として
当館の代表作を一挙展示しています!

まず第一室。
f:id:artmuseum_fukushima:20140702165531j:image
日本画は小茂田青樹、池田遙邨、速水御舟安田靫彦などが並びます。
本県出身の勝田蕉琴、酒井三良、大山忠作もお見逃しなく。

奥には伊砂利彦の染色。波の表現が涼やかです。
f:id:artmuseum_fukushima:20140702165535j:image:w360

また、佐藤朝山(玄々)も3点ほど。《冬眠》は蝦蟇の量塊表現が見事です。
f:id:artmuseum_fukushima:20140702165532j:image:w360

第2室は、彫刻と洋画。
f:id:artmuseum_fukushima:20140702165529j:image
建畠覚造の《WAVING FIGURE7(大)》は久しぶり。
また、福島の彫刻家たちの作品の並ぶ様子には圧倒されます。

洋画は、関根正二村山槐多岸田劉生など。f:id:artmuseum_fukushima:20140702170703j:image
そのほか、長谷川利行松本竣介麻生三郎、吉井忠、斎藤義重、山口長男なども展示されていますよ。

第三室は海外の作品。
f:id:artmuseum_fukushima:20140702171339j:image
ベン・シャーンアンドリュー・ワイエスを中心としたアメリカ美術、
また、ピサロモネコローなどのフランス美術を展示しています。
f:id:artmuseum_fukushima:20140702171335j:image

最後の第四室は版画。
f:id:artmuseum_fukushima:20140702172749j:image
500点を超える斎藤清の所蔵作品のなかから、《凝視》や《会津の冬》シリーズなど、
その代表作を展示しています。

反対側の壁は創作版画です。
恩地孝四郎の《母と子》、藤森静雄の《路傍の小猫》など。
f:id:artmuseum_fukushima:20140702172747j:image:w360
また、平川清蔵、川上澄生などの風景版画を展示しています。
f:id:artmuseum_fukushima:20140702172746j:image:w360

版画は前期・後期で展示替えを行います。
後期は、斎藤清は《競艶》など、また創作版画に代わって銅版画を展示する予定でいます。
ぜひどちらもご覧ください!

信夫山を背後とした美術館の景観も美しい季節を迎えました。
ぜひ皆様お誘いあわせのうえお出かけください。
f:id:artmuseum_fukushima:20140702174521j:image
(K.T)

2014年06月17日

ワークショップ「福島を撮る」レポート

f:id:artmuseum_fukushima:20140617130742j:image:h250:right
特集展示「瀬戸正人 バンコク・ハノイ・福島」展の開催にともなって、ワークショップ「福島を撮る」が、6月14日‐15日に開催されました。

これは、写真家・瀬戸正人さんと一緒に美術館周辺を歩きながら写真撮影をし、その後撮った作品を瀬戸さんに選んでもらって印刷し、美術館のエントランス・ホールに展示するというもの。


当日は天候にも恵まれ、絶好の散策日和となりました。
瀬戸さんが出したお題は、散策で出会った人を撮るというもの。
いざ散策を始めると、なかなか人に遭遇せずという予想だにしない展開にもかかわらず、
みなさん楽しく、思い思いの写真を撮影することができました。

2日目は、前日に撮った写真を、各自10枚ほど瀬戸さんに選んでもらい、
インクジェット・プリンターで2L版に印刷しました。そこからさらに瀬戸さんが厳選した写真を、各自A4版に印刷して、みなさんで展示しました。

f:id:artmuseum_fukushima:20140617130842j:image:h250 f:id:artmuseum_fukushima:20140617130958j:image:h250

同じ場所を散策したのに、出来上がった写真はみなそれぞれ違っていて、ひとりひとりの個性がよく表れていました。また見慣れた福島の町には、まだまだ美しいものがそこら中に転がっていると気付かせてくれるワークショップでした。

参加してくださったみなさん、ワールドカップの誘惑にも負けず参加してくださりありがとうございました。

参加者のみなさんが撮影し、一緒に展示した写真は、美術館のエントランス・ホールに6月29日まで展示されています。

f:id:artmuseum_fukushima:20140617130953j:image:h250

なお、本ワークショップは、キヤノンマーケティングジャパン株式会社様より、
デジタル一眼レフカメラとインクジェット・プリンターをお借りして行いました。

S.A.