Hatena::ブログ(Diary)

arupaka-_-arupakaの日記

2018-07-11

Rmarkdown で日本語PDF

Rmarkdown で日本語PDF

かなりはまる。 Windows7

https://qiita.com/Atsushi776/items/9ef1e5d744e2b91c61ee

(1)Texlive をインストール

インストーラは途中失敗するので、isoイメージからダウンロードして使うのがよい(.iso)

(2)RStudio のインストール

(3)Rmarkdownのプロジェクトを開く

(4)Markdown ファイルに設定。インデントが違うと違うようになるので注意。

---
title: "演習"
output:
  pdf_document:
    latex_engine: xelatex 
    toc: true
 
  html_document:
    df_print: paged
  word_document: default
  html_notebook: default
  editor_options:
    chunk_output_type: inline
  chunk_output_type: console

documentclass: bxjsarticle  
classoption: xelatex,ja=standard
geometry: no  
mainfont: Meiryo
monofont: Meiryo
---

```{R}{echo=FALSE}
## Global options
#options(max.print="75")
knitr::opts_chunk$set(prompt=FALSE)
knitr::opts_chunk$set(comment='$')
knitr::opts_chunk$set(warning =FALSE)
# opts_knit$set(width=75)
```

#1. 演習1:xxx

エンジンを xelatex と

また、ドキュメントの種類を bxjsarticle に変える

また、mainfont: を書かないとでない。

フォントは以下を参照

https://kaz-ic.net/notes/20141224-rstudio-pdf

また、折り返しができないので、geometry: no とする。

インデントは正確じゃないと動かない。



グローバルオプションを設定することで、チャンクの設定をまとめてできる(この列は必須ではない)。

また、``{R, echo=FALSE} `` でそのチャンクを隠せる。 そのため乱数seedの設定とかに使うとよい。グローバルオプションもecho=FALSEで隠す。


グローバルオプションの設定は、

prompt=TRUE で 入力を 「> 」に。warning=FALSE 等は warning メッセージを隠す。

comment は出力の文字を設定

https://qiita.com/tomotagwork/items/3061a74e1d25cf46e891



(5)Knit PDFボタンを押す。


そのほかの注意。

途中でinstall.packagesをするときは、

install.packages('xxx',repos="http://cran.us.r-project.org");

レポジトリを設定する。

2018-06-19

2018-06-12

rsync でバックアップ

わかしやすい

http://d.hatena.ne.jp/mrgoofy33/20101027/1288133054


http://webos-goodies.jp/archives/51213844.html より

先ほども少し触れましたが、 rsync ではコピー元のディレクトリ名の最後に "/" を付けるかどうかで挙動が変わります。例えば、先ほどの例の場合。

rsync -r foo remote.example.com:/tmp

この場合は、 "/tmp/foo" が作成され、その中に "foo" 以下のファイル・ディレクトリ再帰的にコピーされます。それに対して、以下のように "/" を付けた場合。

rsync -r foo/ remote.example.com:/tmp

この場合は "foo" ディレクトリが作成されず、 "/tmp" 直下に "foo" の中身が再帰的にコピーされます。というわけで、

ディレクトリそのものをコピーしたい場合 → "/" なし

ディレクトリ以下のツリーをコピーしたい場合 → "/" あり

2018-05-25

Rで等高線など3軸データのプロット

Rで等高線など3軸データのプロット

##

d<-data.frame(y=tmp2$LIFE_TIME,x1=tmp2$TINRYOU,x2=tmp2$TIKUNENSUU)
d2<-d%>% dplyr::filter(x2<=25 & x1<=10^5) %>% dplyr::group_by(x1=10000*round(x1/10000),x2=2*round(x2/2)) %>% dplyr:: summarise(y=mean(y)) %>% arrange(x2,x1)
p1<-ggplot(d2)
p1<-p1+geom_point(aes(x=x1,y=y,colour=(x2)))
print(p1)


p1<-ggplot(d2)
p1<-p1+geom_point(aes(x=x2,y=y,colour=paste(x1)))
print(p1)


###
d2<-d%>% dplyr::filter(x2<=25 & x1<=10^5) %>% dplyr::group_by(x1=10000*round(x1/10000),x2=2*round(x2/2)) %>% dplyr:: summarise(y=median(y)) %>% arrange(x2,x1)

d3<-d2 %>% tidyr::spread(key=x1,value=y)

image(x=d3[[1]], y=as.numeric(names(d3[-1])),z=as.matrix(d3[,-1]),col=terrain.colors(100))
#contour(x=as.numeric(rownames(d3[,1])),y=as.numeric(colnames(d3[1,])[-1]),as.matrix(d3),nlevel=10,add=T)
contour(x=d3[[1]],y=as.numeric(names(d3[-1])),z=as.matrix(d3[,-1]),nlevel=10,add=T)

abline(v=median(tmp2$TIKUNENSUU),lty=2,col=6,lwd=2)
abline(h=median(tmp2$TINRYOU),lty=2,col=6,lwd=2)