Hatena::ブログ(Diary)

arupaka-_-arupakaの日記

2009-10-20

gnuplotで日付を横軸に

日付を横軸に

2007-09-12の場合

グラフの横軸を年.月の形式に。

97.01

set xdata time

set timefmt "%Y-%m-%d"

set format x "%y.%m"

plot "file" using 1:2

設定の確認

show xdata

show format

設定を元に戻す。

unset xdata

unset timefmt

unset format

2009-09-09

gnuplotのigamma関数に関する注意

gnuplot

igamma関数




wikipeadiaで

定義されている

不完全ガンマ関数とは

異なる。




なので注意が必要。


この関数は、尺度母数1のガンマ分布の分布関数と同じもので、


 igamma(a,x)=¥frac{¥gamma(a,x)}{¥Gamma(a)}


で定義される。

ガンマ関数の定義は

wikipeadiaに従う。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%9E%E5%88%86%E5%B8%83


http://en.wikipedia.org/wiki/Incomplete_gamma_function

2009-09-08

ポアソン分布の累積分布関数(CDF)

この記事は間違っています!!!!

理由、

gnuplotでは、

igamma関数

wikiで定義されているような不完全ガンマ関数ではないからです。

igammaはガンマ分布の

密度関数です。



平均meanのポアソン分布の累積分関数(CDF)のgnuplotでの表現。


igamma(floor(x+1,mean))/gamma(floor(x+1))


参考:

http://en.wikipedia.org/wiki/Poisson_distribution

gnuplotカンマ区切りのファイルに対応

gnuplotカンマ区切りのファイルに対応

set datafile separator ","

2009-08-17

gnuplotべき乗

gnuplotべき乗は"**"で表現する。

例えば、xの5乗は、

plot x**5

とする。

gnuplot凡例などに記号を使う。

gnuplotで凡例などに記号を使う。

一つの方法は、

まず、

set term postscript enhanced color

でpostscriptをターミナルに指定。

次に、

式を書く。

上付きは"^"の記号は10^{32}。

下付きは"_"の記号は10_{32}。

記号は、{/text=\264}等記号で指定する(これは点)。

無限大は、{\Symbol=\245}。

ギリシャ文字はμは{/Symbol m}。




記号の番号一覧は(8進コード)

ps_guide.ps

http://wwwhep.s.kanazawa-u.ac.jp/kogi/gnuplot/ps_guide.pdf

を参考に。

例えば、

plot "meansalesmeanoutdegree.txt " using 2:3 ti "Firms in Japan" with point

1,(10**8.2)*x**1.3 ti "y=10^{8.2}{/text=\264}x^{1.3}"




すべてのプロットの例

set term postscript eps enhanced color "Helvetica" 30

#set term postscript plus

set format y "10^{%L}"

set format x "10^{%L}"

#set tics font "Helvetica,25"

set out "salesoutdegree.eps"

set logscale

set ylabel "Mean of the sales (yen)"

set xlabel "Mean of the outdegree"

set key left

#set key 300,80000

set pointsize 2

#set yrange [8:100000]

#set style points 3

plot "meansalesmeanoutdegree.txt " using 2:3 ti "Firms in Japan" with point

1,(10**8.2)*x**1.3 ti "y=10^{8.2}{/text=\264}x^{1.3}"

replot

gnuplotの凡例の移動とポイントサイズの変更

gnuplotでの凡例の場所変更と

ポイントサイズの変更方法。



凡例の移動は

set key left

set key 10,20

などを使う。




ポイントサイズの移動は、

set pointsize 2

などを使う。

set term postscript eps enhanced color "Helvetica" 30

set format y "10^{%L}"

set format x "10^{%L}"

#set tics font "Helvetica,25"

set out "tmp.eps"

set logscale

set xlabel "x"

11 set ylabel "y"

#set key left

set key 3000,8000

set pointsize 2

#set style points 3

plot "tmp.txt " using 2:3 ti "Name of Date" with poi

nt 1,0.12*x ti "y=0.2x"

replot

2009-08-11

gnuplotでの両対数プロット(目盛の表示を10のべき乗の形にする)

軸の10のべき乗は、

set formatを利用する。

set format y "10^{%L}"

set format x "10^{%L}"


例)syutuji.cdfのデータの1行目と2行目を両対数表示でepsに出力する。

set term postscript eps enhanced color "Helvetica" 30

set format y "10^{%L}"

set format x "10^{%L}"

 #メモリのフォントだけ変更する場合。

 #set tics font "Helvetica,25"

 set out "syutuji.eps"

set logscale

set xlabel "Indegree"

set ylabel "CDF"

plot "syutuji.cdf " using 1:2 ti "outdegree" with lines,3000000/x**1.3

replot

==========================================================================