アーカムなう。 (ミスカトニック大学留学日記) このページをアンテナに追加 RSSフィード


・このブログ内に登場する、マサチューセッツ州アーカム・ミスカトニック大学は、H.P.ラブクラフト(および他の作家)による、一般に「クトゥルー神話(クトゥルフ神話)」系と呼ばれている小説などに登場する架空の土地、大学であり、実在しません。また、ほかの架空の地名、 人物名、団体名などが言及されていることもあります。詳しくは[こちら]をお読みください。

・さいきん迷走してるような気もしますが、メインは「私」のミスカトニック大学留学記です。クトゥルー神話系の創作(二次創作?)も書いてます。主要/おすすめエントリのインデックスは[こちら]。創作作品はブクログのパブーでも公開しています。(http://p.booklog.jp/users/asahit)

・ご指摘、ご感想などいただけるとはげみになります。コメント欄、ウェブ拍手、またはメールでおねがいいたします。 [Web拍手を送る]
 (メールアドレスは[こちら]をご参照ください。)
 (コメントスパム対策のため、「はてなユーザーのみ」のコメント制限をかけさせていただきました。過去にいただいているコメントは、はてなユーザーのかたからがほとんどなので、影響はすくないとおもいますが……。はてなアカウントのないかたは、お手数ですがウェブ拍手、メール、Twitterからおねがいいたします。)

2013-08-14

宣伝です

| 22:32 | 宣伝です - アーカムなう。 (ミスカトニック大学留学日記) を含むブックマーク

「ミドリちゃん、大変なんだよー、起きて、起きて」

「葉初(はうい)、なんで、私の部屋の中にいるの!?」

「あー、それは。ドア、ノックしたけど起きそうになかったから。だいたいいつも、開けっぱなしでしょ」

「二階のベランダまで、よく登ったね……」

「恋の軽い翼で飛び越えました!」


***


「『しんきゅうしはいしゃオーディション』?」

「は、はい。そうなんです……」


***


「ナンバーワンになろうとする必要は、ないんじゃない? だって、もともと特別な、旧支配者(グレート・オールド・ワン)!」

「ちがうんです……。私たちは、オンリーワンでも、なんでもないんです。母は、私とおなじようなきょうだいたちを、私のほかに九百九十九体、生みました。私たちは、なにも特別じゃないんです。なにも、できないんです……」


***


『その事件は衆人環視の中で起こったものの、実際になにが起きたのかについての証言は証言者によって行き違い、なにひとつとして明らかになってはいない……』


***


というわけで、8月18日(日)開催のコミティア105で、『クトゥルフ神話アンソロジー・3「混沌」-ドラッグフェニールの絵画・4-』が発売になるそうです。この本に『丸子橋河原の恐怖』というタイトルで、こんなかんじの短編を1編書いております。足をはこばれるかたがいらっしゃいましたら、ご覧になってくださいませー。ほかの(すごい)参加者リストは、主催サークルさまの記事からどうぞ。→ http://higahisa.blog10.fc2.com/blog-entry-89.html


スペースは「に06ab」、サークル名「ふぇにどら!!」さまです。(参加サークル名、あってますでしょうか……)


既刊はこのへんです。『2』にも1編書いています。

クトゥルフ神話アンソロジー・2「深淵」-ドラッグフェニールの絵画・3-

クトゥルフ神話アンソロジー・2「深淵」-ドラッグフェニールの絵画・3-

2012-12-25

告知ー

| 01:19 | 告知ー - アーカムなう。 (ミスカトニック大学留学日記) を含むブックマーク

「おお」

「どうなされましたか、お嬢さま?」

「これじゃ。儂らが登場する譚が、こんどのコミックマーケットで発行されるアンソロジーに掲載されるそうじゃ」

「さようでございますか」

「『一日目 東Q-15b ふぇにどら!!』さんで頒布される、『吸血鬼譚』というアンソロジーじゃな」

「どのような話なのでございましょう」

「『Silver Shells - 銀の散弾』という題名の掌編じゃ。題名にあるとおり、お主と儂の『ショットガン・マリッジ』の話になっておるようだぞ」

「お嬢さま……」

「なんじゃ」

「……『ショットガン・マリッジ』という言葉の意味をわかって使っていらっしゃいますか?」

「『散弾銃がとりもつ縁』のようなことじゃろ?」

「ちっ、違います!!!」*1


……というわけで、コミックマーケット83の1日目 (12/29) で発売される同人アンソロジーに掌編を1本書きました。こんな感じのふたりが夫婦掛け合い漫才をする話です。


アンソロジー『吸血鬼譚』には総勢28人がイラスト・小説で参加、『吸血鬼譚-blue blood-』と『吸血鬼譚-crimson eyes-』の2分冊で発行されるそうです。ちなみに、『Silver Shells - 銀の散弾』が収録される『吸血鬼譚-crimson eyes-』のほうはR18指定となっています。(18歳未満のかたはお求めになれません。もう1冊は全年齢向けなので、まずはそっちを買っておいて、こっちは大人になってから買ってください。) ……なんですが、私の作品は、例によって (?) エロ分は高くありませんので、そちら方面の期待もしないでください (笑)。


もっと詳しい情報は、主催者さまのブログポストからどうぞ → http://higahisa.blog10.fc2.com/blog-entry-82.html


コミックマーケット1日目に参加されるかたがいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします!


(ちなみに、冬コミ発売ということで、タイトルにクリスマスネタを仕込んでみたのですが、よく考えたら冬コミってクリスマスというより年末だったなあ……)

*1:米俗語。未婚のカップルに子どもができてしまったとき、女性側の父親が男性方にショットガンを持って乗り込み結婚を迫るとされることからこのようにいう。つまり、日本でいうところの「できちゃった婚」のこと。

2012-12-06

宣伝ー

| 01:07 | 宣伝ー - アーカムなう。 (ミスカトニック大学留学日記) を含むブックマーク

11月18日に開催された第15回文学フリマとCOMITIA102で頒布された『団地少女』アンソロジーがAmazonから購入できるようになりました。私は「千の仔」というタイトルの掌編1編で参加しています。(詳しくは主催者様のサイトもご参照ください → http://higahisa.blog10.fc2.com/blog-entry-80.html)

よろしくお願いいたします!


2012-11-12

おしらせ

| 00:19 | おしらせ - アーカムなう。 (ミスカトニック大学留学日記) を含むブックマーク

この季節がふたたび巡ってきました。

11月18日(日)に開催される第15回文学フリマとCOMITIA102 (同日開催です) で頒布されるアンソロジーに掌編1編で参加しています。作品集のタイトル/テーマは『団地少女』。(たまにはクトゥルー以外の作品も書くのです。) 私の作品は『千の仔』と……クトゥルーものじゃ、ない……ですよ……? (だんだんちいさくなっていく声で)

スペース情報は以下のとおりです。

文学フリマ:「イ-61,62 ふぇにどら!!」

COMITIA:「J-36b JPR」


本の詳細は発行サークルさまのページでご確認ください。→ http://higahisa.blog10.fc2.com/blog-entry-80.html

文学フリマは東京流通センター 第2展示場、COMITIAは東京ビッグサイト西1・2ホールでの開催です。もっと詳しい各イベントの情報は、公式ページでご確認いただけます。

文学フリマ→ http://bunfree.net/

COMITIA→ http://www.comitia.co.jp/index.html


よろしくおねがいいたします!

2012-07-02

宣伝

| 23:39 | 宣伝 - アーカムなう。 (ミスカトニック大学留学日記) を含むブックマーク

5月6日の文学フリマで頒布した同人誌『yARn』、密林社さま経由でのAmazon通販がはじまりました! 私は短編1本で参加しています。内容紹介はこちらに詳しいので丸投げの術です。→ (yARn 1 [蟲] 通販開始! - とは云ふもの丶お前ではなし)


ちなみに、在庫状況が「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」になっていることが多いかもしれませんが、注文が入り次第、密林社(あるいは、うちの元締め)から納品されるかたちになっている……んじゃないかな? たぶん……ということで、ちゃんと商品はお手元に届きますので、安心してご注文ください。(刷ったぶんがなくなって本気で売り切れになるようなことがあったら、こちらでもお知らせいたします。)


(追記): しばらくAmazonで取り扱い不能になっていましたが、現在 (日本時間だと7月31日午後12時30分)、「在庫あり」になっている模様です。おそらく今回のぶんが売り切れたらサークルとしての手持ちも最後になるとおもわれます。


(2012年8月16日追記: Amazonでふたたび取り扱い不能になっているようです。これでおそらくサークルの通販用在庫もなくなったとおもわれます。再販はいまのところ未定です。お買い上げ、ありがとうございました!)



で、ついでに、いくつか宣伝をつづけさせていただくと……


5月5日のCOMITIA100、6日の文学フリマで頒布された『クトゥルフ神話アンソロジー・2「深淵」-ドラッグフェニールの絵画・3』も、Amazonから購入していただくことができます。上の『yARn』とおなじく、こちらにも短編1篇寄稿しました。詳しい内容は、主催者さまのブログでご確認いただけます。→ (http://higahisa.blog10.fc2.com/blog-entry-69.html)


クトゥルフ神話アンソロジー・2「深淵」-ドラッグフェニールの絵画・3-

クトゥルフ神話アンソロジー・2「深淵」-ドラッグフェニールの絵画・3-


それから……


800文字怪談、いわゆる「てのひら怪談」のコンテスト「bk1怪談大賞」(残念ながらbk1主催での開催は昨年で最後になってしまいましたが)傑作選の最新版『てのひら怪談 壬辰』が6月5日に発売になりました。怪談だかなんだかわからない投稿作品が1作品、収録されています。


([か]2-5)てのひら怪談 壬辰 (ポプラ文庫 か 2-5)

([か]2-5)てのひら怪談 壬辰 (ポプラ文庫 か 2-5)


最後に、これはAmazon取り扱いがないのですが、荒蝦夷発行の雑誌『仙台学』vol.10にも、「第1回みちのく怪談コンテスト」に投稿した作品がひとつ掲載されています。(これも800文字怪談です。)


http://honto.jp/netstore/pd-book_03359431.html


長々と宣伝してしまいましたが、どれも読みごたえのある本 (主に私の作品以外の部分で!) ですので、どうかひとつよろしくお願いいたします。