ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Strategic Choice

2017-03-24

[]ツァイガルニク効果

ツァイガルニク効果(Zeigarnik Effects)

どういうこと?

「中断された課題」「未完の課題」が、気持ちに引っ掛かり、何度も思い起こされやすい現象のことです。この効果は、強い動機をもって課題達成に取り組んでいる場合に、特に強まります。

どうして?

人間の無意識は、事物が閉合して完成に至ることを求めています。未完の事物は、完成に至るまで意識に残り続けます。したがって、「中断された課題」「未完の課題」は想起されやくなります。

逆に、達成済みの課題は、それ以上思い出す必要がなくなります。ウェイターは、処理中のオーダーのことは気に掛けますが、提供済みのオーダーのことを考えることはありません。

どうすれば?

人々の注意を引き付け、逸らさずにおきたいときは、ツァイガルニク効果が役立ちます。連続ドラマの「Continue...」は、興味をつなぎとめておくための有効な「装置」です。

たとえば?

f:id:asakichy:20160714194353j:image:w360

テトリスは、パズルのピースがいつまでも尽きることなく落ちてくるゲームです。そのため、テトリスのプレーヤーの多くは、夢の中でもブロックの回転・移動を繰り返すようになります。この症状は、テトリス効果と呼ばれます。

2017-03-23

[]黄の効果

黄の効果(Yellow Effects)

どういうこと?

黄色に接することで発動する、認知と行動に関する一連の効果のことです。

どうして?

黄はもっとも視認性の高い色です。これは、熟した果物を見つけるために視覚が進化した結果だと考えられます。

どうすれば?

注意を引き付けたいとき、エネルギーや潜在力を示したいとき、問題解決を促進したいときは、黄の効果が有用です。メモパッドや付簔に使用すると、集中力や問題解決力を高めると言われます。また、薬やサプリメントに使用すると、刺激性がありエネルギー源になると認識されます。

外見を魅力的に見せることが大切な場面では、黄色い衣類は避けるようにします。黄色い服は、男女を問わず、他のどんな色よりも着こなしづらいと言われています。

たとえば?

f:id:asakichy:20160714194325j:image:w640

消防車を赤ではなく黄でペイントすると、視認性に起因する事故のリスクが3分の1に減ったという報告があります。

2017-03-22

[]白の効果

白の効果(White Effects)

どういうこと?

白い色に接することで発動する、認知と行動に関する一連の効果のことです。白は、一般に「受動性」「降伏」「清潔さ」を象徴します。

どうして?

白は、普遍的に善や安全性を連想させます。これは、白が昼間を思わせ、捕食者や略奪者に襲われる危険性が少ないことから発展した印象だと考えられます。

どうすれば?

製品の知覚価値を高めたいときや、権威を感じさせたいときは、白を利用します。また、穏やかで平和な様子、争うつもりのない従順性などを伝えたいときも、白の効果が役立ちます。

たとえば?

f:id:asakichy:20160714194239j:image:w360

典型的なヒーローは大抵、善良さを表す白い服を着ています。また、そこには少量の黒が加えられることがあり、これは気概のある屈強な人物であることの表現となっています。

2017-03-21

[]最弱リンク

最弱リンク(Weakest Link)

どういうこと?

重要な要素に被害が及ぶことを防ぐために、真っ先に破損するよう設計された要素のことです。

最弱リンクの使い方は2通りあります。システムに不具合が発生したときに、システムを停止させる使い方(電力ヒューズなど)と、システムに不具合が発生したときに、被害軽減システムを作動させる使い方(消火装置など)です。

どうして?

最弱リンクは、障害が段階的に進行するシステムに組み込むと効果的です。ある種の事態が数珠つなぎで発生する場合に、それを断ち切ることができるようになります。

どうすれば?

障害が段階的に進行するシステムには、最弱リンクを組み込みます。必ず実験を行い、障害が発生した場合のみ適切に破壊されることを確認します。

たとえば?

f:id:asakichy:20160714194204j:image:w360

自動車の「クランブル・ゾーン」は、20世紀に考案されたもっとも重要な安全対策のひとつです。衝突事故の際は、車の前部と後部が潰れやすいよう設計されていて、それにより乗員スペースに及ぶ衝撃が弱まるようになっています。

2017-03-17

[]経路探索

経路探索(Way finding)

どういうこと?

空間と環境に関する情報を参考にして、目的地までの道のりを明らかにするプロセスのことです。

どうして?

未知な経路の案内をデザインするには、探索のメカニズムを知る必要があります。

どうすれば?

経路探索は、「方向付け」「経路決定」「経路モニタリング」「目的地認知」の段階で構成されます。

  • 方向付け
    • 「現在地」を明確に特定できる目印や標識を提示して対象者をサポートします。
  • 経路決定
    • 経路の選択肢を最小限に絞り込み、主要な分岐点で標識や手掛りを提供します。
  • 経路モニタリング
    • 主要な地点同士をつなぐ経路の出発点、中間点、到着点を明確に示します。
    • 進行中の経路が目的地まで続いていると確認できる目印を、一定間隔で配置するようにします。
  • 目的地認知
    • 目的地を柵で囲う方法や、通路を行き止まりにする方法などで、必要以上に移動しないようサポートします。
    • その地点が目的地であることを明確に伝えるようにします。

たとえば?

f:id:asakichy:20160714194012p:image:w640

2012年ロンドン・オリンピックで使用された「オリンピック・パーク」です。各種のランドマークや標識、無駄なくすっきりと整備された通路、目的地を特定する案内板などが、経路探索をうまくサポートしていました。