ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Strategic Choice

2013-07-30

[][]戦略編:リンク接合部

Problem

私のプロジェクトはオブジェクト指向ではありませんが、どうすれば安全に変更できるでしょうか?

Strategy

「リンク接合部」を適用します。

どんなとき?

手続き型言語は、レガシー環境において特に厄介です。コードを変更する前には、テストで保護することが重要ですが、単体テストを導入するために手続き型言語でできることは限られています。

このテストのジレンマは、手続き型のレガシーコードに蔓延しています。手続き型言語には、オブジェクト指向プログラミング言語に存在するような接合部がないからです。

とはいえ、経験豊富な開発者は、接合部がなくても、依存関係を注意深く管理して作業します。しかし、テストがなければ、段階的に検証しながら変更を進めることは困難で、混乱した状況に陥るのもまた容易です。

どうする?

「リンク接合部」を使用します。

ライブラリ内の関数の影響をまったく受けずにテストしたい場合には、リンク接合部を使って擬装関数を含むライブラリを作ります。擬装関数は元の関数と同じ名前を持ちますが、実際の動作は行いません。

関連

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証