徒然CURIOSISM このページをアンテナに追加

【当ブログにおけるポリシー的な何か】
・当ブログ「徒然CURIOSISM」は、サイト「CURIOSIST」の運営者、朝森久弥による雑文の集合体であり、不定期に更新されるはずです。リアルタイムな日々のつぶやきを見たい人は、Twitterをご覧ください。アカウントは「asamorihisaya」です。
・同人ゲーム制作サークル「CURIOSIST」に関する重要な告知もだいたいここで行います。
・コメントやトラックバックは大歓迎ですが、コメントに対するお返事は遅くなる可能性が高いです。また、朝森が「誰かを不快にさせる」と判断した場合、それらを削除する可能性があります。
・Web拍手で送って頂いたコメントには、基本的に返事しません。稀にしか見ないので……。返事を要する場合は、メールやTwitterなどでお願いします。

【次回同人イベントサークル参加情報】
コミックマーケット92(2017/8/11) 1日目「し37a」

2007-05-10 世界一周航空券は、どこで売ってる?

[][]意外と身近に売ってるそうです。

 「世界一周 大学生」でグーグル検索してみたら、14番目にこの「徒然CURIOSISM」がヒットして、そんなにこのブログメジャーだったっけ、と驚きを隠せない今日この頃です、こんばんは。

 先程「CURIOSIST」は、「久弥の法則」をひっそり更新しておきました。よろしければどうぞ。

 以下、世界一周関連の事を書き連ねる前に、よもやま話を少々…

 来週の週刊少年マガジンで、ついに瀬上あきら先生の新連載がスタートするそうです。タイトルは「キス☆クラ」だそうな。なるほど、先日の読みきりの反響がよかったからかな、と分析しつつ、ファンとして単純に喜ばしい限りです!来週水曜日が待ちきれないですね、はい。

 あ、私が瀬上あきら先生のファンである事については、ここ(http://curiosist.web.fc2.com/ture7.html)で言及している通りです。私の本棚には、「最終兵器彼女」のコミックスの隣に「KAGETORA」が並んでいるわけですね、はい。


 では、本題に入りましょう。

とりあえず世界一周に向けて本格的に始動。まずは、移動手段、つまり「世界一周航空券」を入手しなければならないわけです。

で、どこで入手できるかというと、やはり旅行代理店です。うちの近くのJTBに行ってみたら取り扱っております、と言われました。さらに、うちの大学生協内にある旅行代理店でも、取り扱えるとのこと。実は、私が一言カードで「世界一周航空券、取り扱ってくれませんか?」と半年くらい前に頼んでおいたら、しばらくして一言カードで「取り扱うようにします」と返事が来てました。

 他にも色んな所で取り扱ってくれそうですが、探しているとキリがないし、基本どこでも、「世界一周航空券」の値段は変わりません。というわけで、JTBか生協のいずれかで購入する事に決めました。

 ではどちらで購入するのか、ということで、次の項目を比較する事により決めようと考えました。

1.ビザ(今回はインドシリア)の申請代行料金はリーズナブルか。

2.海外旅行保険(50日くらい、世界各国を旅する場合)のコストパフォーマンスはどうか。

3.海外でも使えるキャッシュカードの使い勝手は良いか。

で、調査してみました。

1.→JTBは、1件につき、ビザ代+6300円が相場。インドのビザ代は1200円、シリアのビザ代は2600円なので、2つ合わせて16400円也。

生協は、「色々込みで、それぞれ12000円」との事で、合わせて24000円也。

…どちらにしろ、高いっすね。我が家から新幹線東京まで行ってやろうか、というくらいです。でもそんなお金はないので、自分で、しかも郵送でビザ申請できるかどうか模索してみることに。手始めにインド大使館のサイトへ行き、ビザについての説明(英文)を読解してみると、あと1600円くらい追加すれば、直接東京に行かなくてもよさげらしいです。

シリア大使館のサイトも探してみましたが、電話番号しか分かりません。電話で直接交渉するしかないのでしょうか…頑張ってみます。

2.どちらも15000円くらいかかるが、生協の方が若干安い。これが営利団体と非営利団体の違いか。

3.生協が推す「Travelex;キャッシュパスポート」とJTBが推す「JTBグローバルキャッシュ」との戦い。一応言っておくと、どちらも事前にカードに日本円を入金しておき、海外のATMでその分の外貨が引き出せる、というカード。

前者は「外貨を学割レートで!」と宣伝していたが、よく見るとうちの近くに「Travelex」の店舗が無い。さらに入金の際に1%の手数料、引き出し時手数料2米ドル

後者はJTBの店舗で入金すれば、振込み手数料はかからず。引き出し手数料は200円。

私としては、JTBの方が多少有利か。


まとめると、こんな感じだと思います。

保険は生協、キャッシュカードはJTB。ビザは出来るだけ自力で頑張る。そして保険は航空券などに付帯させないと契約できないので、必然的に世界一周航空券は生協で購入することに。

…今度は、長期の海外旅行に何かと役立つと言われている「クレジットカード」について考えてみる事にします。

あ、勿論具体的な旅行ルートも考えてますけどね。


今回はこんな所でしょうか。これを見た方に、この情報が役立つと言って頂けるかはかなり疑問です。けれども、他のサイトやブログを運営してる世界一周者みたく、こうした情報をできるだけ詳しく発信していきたいと思っていますので、どうぞお付き合いくださいな。


それでは。

michiyomichiyo 2007/05/29 23:35 はじめまして。
今日このブログを見つけ、面白くて過去の分も一気に読んでしまいました。
私も08年1月に世界一周に行くべく準備中です。JTBで世界一周チケットが購入できるとは知らなかったです。私もさっそく問い合わせてみたいとおもいます。
週末には一回目の予防接種です。hisayaさんも健康に気をつけて、いい旅を!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/asamorihisaya/20070510/1178732178