Hatena::ブログ(Diary)

asanonoの日記

2010-07-28

Windows2008に移行したらODBC接続が出来なくなった

状況について。

Windows Server 2000で動作していたASPWindows Web Server 2008 に移行したところ、ODBC接続でデータベースからデータを取得する箇所でエラーが発生。

ODBCデータソースアドミニストレータのシステムDSNに接続先のデータベースの設定を行い、接続テストも成功するのに何故だ!?

とか思いながら調べてみると、IISのエラーログに以下のエラーが吐き出されてました。

指定された DSN には、ドライバーとアプリケーションとのアーキテクチャの不一致が含まれています

よーく調べてみると、ODBCデータソースアドミニストレータってさ、32bit用と64bit用の2つあったんだよね。スタートボタンから起動させるODBCデータソースアドミニストレータってのは64bitの方だったらしく、こいつに登録したDSNを削除して『%systemdrive%\Windows\SysWoW64\Odbcad32.exe』から32bitのODBCデータソースアドミニストレータを起動して、DSNを登録してやったら上手いこと動作してくれました。

いやー、よかったよかった。

64bitマシンって触ったの初めてだったから、相当悩んだよ。IEも32bit用と64bit用があって64bitの方だとFlashが動かないとかって話も、現場の人に聞けました。


[ 参考URL ]

http://support.microsoft.com/kb/942976/ja

じゅんいちじゅんいち 2012/02/15 20:07 いやー助かりました!
ちょうど今、これではまってました。
asanonoさん、ありがとう!!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/asanono/20100728/1280311414