Hatena::ブログ(Diary)

アジア人権人道学会

2009-05-09 アジア人権人道学会結成へ・理念

アジア人権人道学会結成へ

 わたくしたちは、本学会が知識の集積の場を超え、日本からアジアへ向けた新たな人権人道についての価値と情報の共有の場を創造することに寄与し、未来をアジアと共に分かつため、アジア人権人道学会を結成することにしました。

 皆様のご協力、ご理解を頂き、ここにその結成を宣言いたします。 (2009年5月9日)

創立会員

 荒木和博  青木英實  海老原智治  岡田和典  小川晴久  小沼堅司  小沢木理

 加藤博   川島高峰  川人博    黒坂真   高英起   杉野正治  砂川昌順

 宋允復   田平啓剛  土田庄一   鄭大均   萩原遼   眞鍋貞樹  三浦小太郎

 村尾健児  山田文明  李英和

設立の理念

 アジア人権人道学会は、21世紀のアジア人権・人道問題への貢献を通じ、我が国の名誉ある地位を守ることを目指すものである。この目的達成のため、本学会は、四つの学際を掲げる。

 第一に、「媒体としての学術」として、人権NGO、関連省庁、国際機関、学術研究者報道機関などの間で人権人道についての価値と情報の共有の場を創造することを目指す。

 第二に、「人権人道をめぐる政治文化の比較分析」として、「中国とその隣接国」及び「中国の非隣接国」の比較に重点を置き、アジア地域における国際人権システムの確立を目指す。

 第三に、「人権人道のガバナンス」として、人間の安全保障と国家安全保障の双方が相互補完的に機能することで、人権人道をよりよく守ることができる条件とは何かを模索する。

 第四に、「21世紀の日本・アジア内地雑居文化」として、グローバル化を「国際人権の国内化」と「国内人権の国際化」がアジア全域で同時進行する時代と捉え、日本とアジアに共有・共感し得る新たな共同体規範や思想文化の場の創造に努める。

理 事

 荒木和博 海老原智治 小沼堅司 加藤博 川人博

 黒坂真 高英起 宋允復 鄭大均 三浦小太郎  

会 長 川島高峰

事務局

郵便番号 101-8301

 東京都千代田区神田駿河台1−1 明治大学研究棟512号室 

 明治大学情報コミュニケーション学部 准教授川島高峰研究室

 TEL/FAX 03-3296-2049

 mail glhuman@kisc.meiji.ac.jp

入会方法

 会員の二名の推薦を必要としますが、

 希望される方は、まずは事務局へお問い合わせください(メールでも、ファクスでも結構です)。

 その際、下記の項目をお伝えください。

 氏  名

 郵便番号

 住  所

 T E L

 F A X

 メールアドレス