The Politics of Life Itself: Biomedicine, Power, and Subjectivity in the Twenty-first Century (In-Formation)

The Politics of Life Itself: Biomedicine, Power, and Subjectivity in the Twenty-first Century (In-Formation)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 4,326 より
  • 購入1
  • クリック12
  • 言及数15ブログ
  • ブックマーク0users
「The Politics of Life Itself: Biomedicine, Power, a...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「The Politics of Life Itself: Biomedicine, Power, a...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 社会学, 読書・文献案内 生政治と生権力に関する文献メモ。北米では生政治論に対する関心が高いようですが、日本ではそれよりも生権力論の方が関心を持たれているような気がしますね。 【フーコー】 ミシェル・フーコー講義集成〈7〉安全・領土・人口 (コレージュ・ド・フランス講義1977-78)ミシェル・フーコー講義集成〈7〉安全・領土・人口 (コレージュ・ド・フランス講義1977-78)作者:... 続きを読む

     生政治と生権力 - 社会学徒の研究(?)日誌naokimed2013/06/207 users
  • 日本生殖再生医学会がiPS細胞に関する倫理委員会を設置した。iPS細胞の倫理委設置へ、年内にも提言 産婦人科医師や獣医師らで構成する日本生殖再生医学会(森崇英理事長)は、様々な細胞に変化する新型万能細胞(iPS細胞)に関する倫理委員会を設けることを決めた。 人のiPS細胞から精子や卵子を作製する研究が認められるよう、年内にも提言をまとめる方針。 文部科学省は今年2... 続きを読む

    消えゆく“批評” - みずもり亭日誌2.0KAYUKAWA2008/09/113 users

「The Politics of Life Itself: Biomedicine, Power, a...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す

「The Politics of Life Itself: Biomedicine, Power, a...」を含む人気エントリー