『荘子』―鶏となって時を告げよ (書物誕生―あたらしい古典入門)

『荘子』―鶏となって時を告げよ (書物誕生―あたらしい古典入門)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 3,760 より
  • 購入2
  • クリック49
  • 言及数17ブログ
  • ブックマーク1users
「『荘子』―鶏となって時を告げよ (書物誕生―あたらし...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「『荘子』―鶏となって時を告げよ (書物誕生―あたらし...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 田島正樹*1「暴力について」http://blog.livedoor.jp/easter1916/archives/52138956.html 内田樹氏の「自分の正しさを雄弁に主張する知性よりも、自分の愚かさを吟味できる知性の方が、私は好きだ」という言説に対して、しかし己れの愚かさを吟味することが、愚かな私にどうしてできるのだろうか? もしそれができるのなら、もはや私は、単に愚かではないことになろ 続きを読む

    何故対立しなければいけないのか - Living, Loving, Thinkingsumita-m2011/06/1015 users
  • 哲学 (ヒューマニティーズ)作者: 中島隆博出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2009/05メディア: 単行本権威書店による人文・社会科学の入門書シリーズの第一巻目だが、執筆者がちょっと曲者。一般にこうした入門書はその分野のオーソドックスな研究者、例えば,本書の場合であれば、哲学(つまり西洋哲学)の第一人者が執筆することが多い。ところが本書の著者は、哲学は哲学でも中国哲学... 続きを読む

    哲学と中国 - 恐妻家の献立表t-hirosaka2009/07/096 users
  • 今年は不景気のあおりで小遣いが乏しく、本の調達は古書店と図書館ばかりで、そんなに新刊書を読んでいない。小説をのぞけばせいぜい60冊程度である。だから客観的な基準があって言うわけでは当然ないのだが、これはと思う新刊に出会わなかったような気がする。あくまで貧しい中年男が通勤電車の中で読んだもののうち印象に残った本、ということで、以下の9冊+αを列挙する。1.スト... 続きを読む

    2009年・今年の10冊 - 恐妻家の献立表t-hirosaka2009/12/255 users

「『荘子』―鶏となって時を告げよ (書物誕生―あたらし...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す