クマのプーさん (岩波少年文庫 (008))

クマのプーさん (岩波少年文庫 (008))
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入5
  • クリック199
  • 言及数88ブログ
  • ブックマーク0users
「クマのプーさん (岩波少年文庫 (008))」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

【送料無料・プライム対象商品・クリーニング消毒済・袋に入れて発送(一部カテゴリーを除きます)】◆国内正規品。(若干の使用感がございますが全体的に綺麗な状態です。) ◆中古品の出品です。書き込みなど一切ありませ ん。※新品ではございませんので、商品によっては若干の使用感がある場合がございます。何卒ご了承下...

「クマのプーさん (岩波少年文庫 (008))」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • Boing Boing で知った Amazon.com: 100 Books To Read In A Lifetime だが、まさに「一生のうちに読むべき100冊」を選定している。「このリストは人生のあらゆる段階を網羅するのを目指したもので(だから児童書も入れてある)、宿題みたいにとってほしくない」とのことで、人気度だけでないちょっと意外なチョイスがある。Amazon といえば初期は人間によるレ 続きを読む

    米アマゾン選定「一生のうちに読むべき100冊」邦訳リスト - YAMDAS現更新履...yomoyomo2014/02/12959 users
  • 角征典さんのツイートで知った Amazon.co.uk: 100 Books To Read In A Lifetime だが、英アマゾンの編集者が選んだ「一生のうちに読むべき100冊」リストである。少し前に米アマゾン選定「一生のうちに読むべき100冊」邦訳リストを作ったが、こちらのほうが本のカテゴリ分けがされていて意図が見えるのが好感が持てる。というわけで、今回も邦訳リストを作ってみた。できるだ 続きを読む

    英アマゾン編集者選定「一生のうちに読むべき100冊」邦訳リスト - YAMDAS現...yomoyomo2014/05/11546 users
  • 森見登美彦氏の書いた『夜は短し歩けよ乙女』という小説の中に、「古本市の神様」らしい少年が登場する。彼は「すべての本はつながっている」と述べる。 登美彦氏の書いた本で、世界のどの本にもつながっていない本というものは存在しない。 『ペンギン・ハイウェイ』という本も、いろいろな本につながっている。 この本が生まれるのを助けてくれた本たちの一部を、以下に紹介する。 こ... 続きを読む

    2010-06-16 - この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよTomio2010/06/1712 users

「クマのプーさん (岩波少年文庫 (008))」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す