エーミールと探偵たち (岩波少年文庫 (018))

エーミールと探偵たち (岩波少年文庫 (018))
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 132 より
  • 購入6
  • クリック104
  • 言及数46ブログ
  • ブックマーク1users
「エーミールと探偵たち (岩波少年文庫 (018))」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「エーミールと探偵たち (岩波少年文庫 (018))」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 森見登美彦氏の書いた『夜は短し歩けよ乙女』という小説の中に、「古本市の神様」らしい少年が登場する。彼は「すべての本はつながっている」と述べる。 登美彦氏の書いた本で、世界のどの本にもつながっていない本というものは存在しない。 『ペンギン・ハイウェイ』という本も、いろいろな本につながっている。 この本が生まれるのを助けてくれた本たちの一部を、以下に紹介する。 これらの本を「参考資料」と呼ぶと何か 続きを読む

    2010-06-16 - この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよTomio2010/06/1712 users

「エーミールと探偵たち (岩波少年文庫 (018))」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す