モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 299 より
  • 購入41
  • クリック434
  • 言及数297ブログ
  • ブックマーク24users
「モモ (岩波少年文庫(127))」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

町はずれの円形劇場あとにまよいこんだ不思議な少女モモ。町の人たちはモモに話を聞いてもらうと、幸福な気もちになるのでした。そこへ、「時間どろぼう」の男たちの魔の手 ...

「モモ (岩波少年文庫(127))」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ブラジルの作家パウロ・コエーリョによって書かれた小説「アルケミスト」。最初に読んだのは、おそらく中学3年か高校1年の時でした。当時は、その物語に引き込まれて楽しんだ記憶がありましたが、30歳目前の今読み返してみると、自分が日々を歩んでいくことに大きな示唆があります。「自分の価値観にそって行動することの意味」「恐れを抱きしめ、それでも進んでいく鍵」がテキストの中に... 続きを読む

    どんなビジネス書より「アルケミスト」を読むべき理由 - 凹レンズ 〜まと...adgt2012/07/1387 users
  • モモ (岩波少年文庫(127)) 子どもの頃読んで、あまりピンと来なかったのです。時間泥棒と灰色の男たちのことは記憶していたけれど、本書のテーマは「時間」だと思っていました。エンデは「お金」をテーマにこの本を書いたらしいよって教えていただいて、再読しました。 感想。ものすごく困惑しています。正解の出ない問題を「考えろ」って、エンデに胸ぐら掴まれたような気持ちになりまし... 続きを読む

    「灰色の男たち」はもしかしたら僕らなんじゃなかろうか?――『モモ』ミヒ...hrkt01153112009/01/2539 users
  • 産業学, 書籍ミヒャエル・エンデの「モモ」に事寄せて近代資本主義やマネジメントを批判する人がたまにいますが、あれは見当違いです。「時間どろぼう」たちが唆すのは時間という資源の「大量投入」であって、折角のその成果を享受することが出来なければつらいのは近代でなくても当たり前。近代工業以前は、勤勉と節約が徳目とされていて、つまり価値生産のシステムに多くの時間を投入し... 続きを読む

    「モモ」は経営学者である - 福耳コラムfuku332008/01/0630 users

「モモ (岩波少年文庫(127))」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す