浮雲 (岩波文庫)

浮雲 (岩波文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入0
  • クリック39
  • 言及数22ブログ
  • ブックマーク0users
「浮雲 (岩波文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

真面目で優秀だが内気な文三と、教育ある美しいお勢は周囲も認める仲。しかし文三の免職によって事態は急変、お勢の心も世知に長けた昇へと傾いてゆく。明治文明社会に生き ...

「浮雲 (岩波文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 本 | 20:06 | 浮雲 (岩波文庫)作者: 二葉亭四迷, 十川信介出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2004/10メディア: 文庫私の記憶にあった岩波文庫『浮雲』は、もっと薄く、註もなくて読みにくいものだったが、今は活字も大きくなり、註も充実してずいぶん読みやすくなっている(のに今更気づいた)。作品の梗概や文学史的な解説などはいくらでもあるだろうから、とりあえず自らの備忘のために... 続きを読む

    魅力的な日本語の文体 - Untitled 読書メモcomc2007/11/268 users
  • 村上春樹を論じたものについて、少しだけ。 * 『羊をめぐる冒険』は1982年の発刊で、私はその1、2年後に『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』を含めて読んだ。そのころ、村上春樹の評論をまとめたある本で、私は、主人公の自閉性を強調した三浦雅士の解釈にハマった。「村上春樹とこの時代の倫理」という題名だったと思われる。また同書で、加藤典洋は「羊をめぐる冒険」に批判的で... 続きを読む

    羊をめぐる冒険/村上春樹(3) - 東京永久観光tokyocat2011/12/243 users

「浮雲 (岩波文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

「浮雲 (岩波文庫)」を含む人気エントリー