桜の森の満開の下・白痴 他十二篇 (岩波文庫)

桜の森の満開の下・白痴 他十二篇 (岩波文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 486 より
  • 購入6
  • クリック44
  • 言及数40ブログ
  • ブックマーク2users
「桜の森の満開の下・白痴 他十二篇 (岩波文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

桜の森の満開の下は怖ろしい。妖しいばかりに美しい残酷な女は掻き消えて花びらとなり、冷たい虚空がはりつめているばかり―。女性とは何者か。肉体と魂。男と女。安吾にと ...

「桜の森の満開の下・白痴 他十二篇 (岩波文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • マンガ 類型的な戦争観への疑問が出発点 『戦争と一人の女』は、第二次世界大戦の最末期、空襲にさいなまれる街の一軒家で、かつて水商売をしていて妾や女郎の経験もある「淫奔」な女と、それと同居する野村という男が生活をする話である。 坂口安吾の3つの小説を原作として、近藤ようこが一つにまとめてマンガ化した作品で、どれも戦争(第二次世界大戦)が終わってすぐに発表されたも... 続きを読む

    坂口安吾・近藤ようこ『戦争と一人の女』 - 紙屋研究所kamiyakenkyujo2012/12/2912 users
  • 諸氏よ、誰人かよく蛸を懲(こら)す勇士なきや。蛸博士を葬れ! 彼を平なる地上より抹殺せよ! 坂口安吾 『風博士』 世の中に面白い小説は数多いけれど、面白すぎて何度も読み返してしまう作品というのはそんなに多くはないだろう。『風博士』(昭和6年発表) はそういう意味で稀少な小説の一つである。 とにかく滅茶苦茶だ。わけがわからない。辻褄が合わない。やたらと風呂敷を広げた... 続きを読む

    坂口安吾 『風博士』 - 蟹亭奇譚kanimaster2010/10/163 users

「桜の森の満開の下・白痴 他十二篇 (岩波文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています