君たちはどう生きるか (岩波文庫)

君たちはどう生きるか (岩波文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1,326 より
  • 購入54
  • クリック631
  • 言及数157ブログ
  • ブックマーク46users
「君たちはどう生きるか (岩波文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

著者がコペル君の精神的成長に託して語り伝えようとしたものは何か。それは、人生いかに生くべきかと問うとき、常にその問いが社会科学的認識とは何かという問題と切り離す ...

「君たちはどう生きるか (岩波文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 雑記塩尻公明さんの悲劇岩波文庫版ジョン・スチュアート・ミル著『自由論』(原題:"On Liberty")のあとがきに、吉野源三郎がこんなことを書いている。 一九三八年ごろ、三木清、栗田賢三両氏と私とで相談して、岩波文庫に収録すべき哲学関係の文献のリストを作ったことがある。ミルの『自由論』もその中に入っていた。そして、その訳者としては河合栄治郎氏が最も適任だということは、... 続きを読む

    翻訳者「25年前に頼まれた翻訳オワタ\(^o^)/」出版社「え」 - R is for R...islecape2010/08/23118 users
  • 本, 映画, 社会『君たちはどう生きるか』のエリーティズム最近、4年前に書かれた『グロテスクな教養』(高田理惠子、ちくま新書)の書評のブログ記事をたまたま見かけた。私がこの本を読んだのもやはり4年ほど前だったが、第一章の「教養、あるいは「男の子、いかに生くべきか」」の中で、戦前の教養主義の一典型として、吉野源三郎著の『君たちはどう生きるか』が何度か言及されていた... 続きを読む

    コペル君と豊田正子 - 1930年代の教養主義と格差 - Ohnoblog 2ohnosakiko2009/11/2845 users
  • 民主青年新聞(2017年 11月 20日付)に吉野源三郎『君たちはどう生きるか』のマンガ版(マンガ:羽賀翔一)についてのコメントを寄せました。 戦前(1937年)に子どもに向けて書かれた本で、「コペル君」というあだ名の主人公が叔父さんとノートを使って交流しながら、いじめ、勇気、貧乏、偉人、社会とのつながりなど、自分にあった出来事の意味をいろいろ考えていくという筋書きです。 ... 続きを読む

    『君たちはどう生きるか』 - 紙屋研究所kamiyakenkyujo2017/11/1931 users

「君たちはどう生きるか (岩波文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています