意識と本質―精神的東洋を索めて (岩波文庫)

意識と本質―精神的東洋を索めて (岩波文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 626 より
  • 購入9
  • クリック101
  • 言及数75ブログ
  • ブックマーク6users
「意識と本質―精神的東洋を索めて (岩波文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「意識と本質―精神的東洋を索めて (岩波文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 本意識と本質―精神的東洋を索めて (岩波文庫)posted with amazlet at 10.12.18井筒 俊彦 岩波書店 売り上げランキング: 12104 Amazon.co.jp で詳細を見る 歴史を紐解いてみるとダヴィンチ(いろいろできすぎ)であるとか、ノイマン(20世紀の科学に影響を与えすぎ)であるとか、世のなかにはすごい天才がいたもんだよなぁ、と感心してしまうことがあるけれど、日本 続きを読む

    井筒俊彦『意識と本質 精神的東洋を求めて』 - 「石版!」Geheimagent2010/12/1815 users
  • 学術研究都市な大学にいる後輩のid:sakstyleくんからバトンが周ってきました。 はてなでバトンに答えるのって初めてじゃないかな。 一般受けしないネタではありますが、プロフィールに貼っておくと便利そうなので、真面目に答えてみようと思います。 5年後にはここで語られたものの1割くらいを乗り越えられていればいいのですが。それすら傲慢か。▽1.あなたの専門・専攻・得意教科は?... 続きを読む

    GOD AND GOLEM, Inc. -annex A- - 学問バトンgginc2007/07/2711 users
  • 徳間書店 2000年6月 小室直樹氏は“文明開化の人”だと思う。変な言いかたかもしれないが、学問の神髄は西洋にあるので、学問を志すものは徹底的に西洋に、それも一流の西洋に学ばなくてはいけないとする人とでもいうような意味である。 だから経済学でいえば、ケインズやサミュエルソン、社会学でいえばマックス・ヴェーバー、デュルケイム、パーソンズといった人々を徹底的に学... 続きを読む

    小室直樹「日本人のための宗教原論」 - 日々平安録jmiyaza2009/09/2711 users

「意識と本質―精神的東洋を索めて (岩波文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています