饗宴 (岩波文庫)

饗宴 (岩波文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入4
  • クリック88
  • 言及数96ブログ
  • ブックマーク3users
「饗宴 (岩波文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

原題の「シンポシオン」とは「一緒に飲む」というほどの意味。一堂に会した人々がワインの杯を重ねつつ次々にエロス(愛)讃美の演説を試みる。最後に立ったソクラテスが、エ ...

「饗宴 (岩波文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 性・恋愛70年代の終わり頃、18歳の私は初めて男の人と付き合い、半年経って別れた。同じ頃、『話の特集』という雑誌を購読するようになり、そこで中山千夏を知った。ウーマン・リブという言葉がまだリアルなものとして生きていた時代である。フェミニズム系の本には親しんでいなかった私だが、中山千夏の言葉遣いには興味を引かれ、『からだノート』という本を買った。 1ページに一つず... 続きを読む

    愛の起源 - Ohnoblog 2ohnosakiko2010/03/3128 users
  • 読書書評:プラトン『饗宴』 -プラトニック・ラブとは-(書評)非常に適確な書評で、これこそ若者の読書離れ(古典離れ、哲学離れ)を阻止する優れたイントロダクションだと思ったので、まるまる転載します。こんな書評がかけるような大人になりたいです。 まず,男達が飲み会をしている。話のネタに困ってきたので,「じゃぁ,『古今東西ゲーム』みたいに,時計回りに順番に『エロスを讃... 続きを読む

    秀逸な書評、プラトン著『饗宴』(転載) - 女教師ブログterracao2009/10/023 users

「饗宴 (岩波文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す