生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)

生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 507 より
  • 購入5
  • クリック39
  • 言及数87ブログ
  • ブックマーク12users
「生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 世の中には、 思い通りに人生を切り開ける人 流されていく人という二種類の人が居ると思うんです。例えば天才プログラマA氏やひげぽん氏は、前者のタイプだと思うんですよね。比較的距離のある所に明確な目標があって、そこに向かって着実に進んでいける。一方、自分は後者、流されていくタイプなんですよ。セネカ (ASIN:4003360710) に言わせれば (id:ryocotan:20090603:p1)、人 続きを読む

    将来の事を考えても仕方ない - 将来が不安ryocotan2010/01/076 users
  • たけくま先生のエントリーを見て最近読んだモリー先生との火曜日を思い出した。 昨年暮れ、2度目の脳梗塞を発症して開頭手術を行い、意識を取り戻して、最初に思ったことが「まだ最悪ではない」という言葉だった。なぜかといえば、とりあえずはまず、生きているということ。これだけでもう最悪ではない。そして病気は俺から歩行の自由を奪い発語もやや不自由になったが、それでも他人と... 続きを読む

    用賀駅前日記 - モリー先生との火曜日jazzanova2007/01/313 users
  • 抜き書き どんな人でも自分の地所をとられて黙っている者はないし、また領地の境界について、たとえ小さなもめ事が生じても直ちに投石や武器に訴える。だが、自己の生活のなかに他人が進入することは許している。いや、それどころか、今に自分の生活を乗っ取るような者でさえも引き入れる。自分の銭を分けてやりたがる者は見当たらないが、生活となると誰も彼もが、なんと多くの人々に分... 続きを読む

    諸君は永久に生きられるかのように生きている - 創価王道sokaodo2009/03/233 users

「生の短さについて 他2篇 (岩波文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す