方法序説 (岩波文庫)

方法序説 (岩波文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 196 より
  • 購入31
  • クリック344
  • 言及数202ブログ
  • ブックマーク30users
「方法序説 (岩波文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

すべての人が真理を見いだすための方法を求めて、思索を重ねたデカルト(1596‐1650)。「われ思う、ゆえにわれあり」は、その彼がいっさいの外的権威を否定して到達した、思想 ...

「方法序説 (岩波文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ブックリスト1 知的欲望に満ちた社会人へ 立花隆選生命科学『二重らせん (講談社文庫)』ジェームス・D・ワトソン『細胞の分子生物学』ブルース・アルバーツ 『数値でみる生物学』R・フリント 『パワーズ オブ テン―宇宙・人間・素粒子をめぐる大きさの旅』P・モリソン 物質科学『ファインマン物理学 (1)』ファインマン 『ファインマン物理学 (2)』 『ファインマン物理学 (3)』 『ファイ... 続きを読む

    ぼくらの頭脳の鍛え方 - 立花隆 佐藤優 - 鬼海眞如: 金融危機来るとも知ら...gnostikoi2010/06/1915 users
  • 近代というデジタル化 最近のネオリベラルや、動物化をめぐる議論は、アナログとデジタルの関係で語るとわかりやすいのではないだろうか。アナログとはこの世界の連続性であり、決して反復されることがない。たとえば放り上げたボールの軌道を古典力学で計算できても、現象は空気や熱などの環境に左右され、あくまで近似的なものでしかない。では、そのような環境も含めて計算すればと思... 続きを読む

    高速欲望 - なぜネオリベラリズムを批判することは難しいのかpikarrr2007/08/2315 users
  • 晩秋がそろそろ初冬に変わろうとする2010年の東京。会社員Sはさしあたり読書家と呼ばれている男である。その彼が渋谷区東に所在する、くにのもといをきわむるところの若木タワーにT教授を訪ねた。 S「先生、ごぶさたしてます」T「おお、佐伯元気だったか」S「ええ、まあ、いろいろありましたけど、この10年」T「そうか。そりゃいろいろあるよな」S「ところで、先生の『知性の限界』 拝読... 続きを読む

    高橋昌一郎『知性の限界』から読む哲学入門?本当は恐ろしい知性について - ...utubo2010/11/2014 users

「方法序説 (岩波文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す