ツァラトゥストラはこう言った 上 (岩波文庫 青 639-2)

ツァラトゥストラはこう言った 上 (岩波文庫 青 639-2)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 70 より
  • 購入19
  • クリック166
  • 言及数160ブログ
  • ブックマーク9users
「ツァラトゥストラはこう言った 上 (岩波文庫 青 639-2...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「ツァラトゥストラはこう言った 上 (岩波文庫 青 639-2...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 創造と労働 人間の生産活動の二重化 創造と労働の違いとはなんだろうか。創造とは他者との差異により見いだされる自己、だれとも異なるオリジナリティ(独創性)を見いだすことにある。創造が破壊的であるのは従来の他者の価値を破ることから生まれるからだ。労働は社会的な貢献という大儀をもつが、行為そのものは「末端」である。それがすぐに社会の変容につながるわけではなく、日常の... 続きを読む

    なぜ資本主義は「創造」を強迫するのか - pikarrr のブログpikarrr2008/06/2913 users
  • ここでいわれていることは比較的単純なことであると同時に本書の根となる主張でもある。「今日の近代化された社会は、同時に西洋化された社会でもある」という一見自明とも思える論である。その主張の裏にあるのは、「これから将来、中国やインドが世界の覇者になることがあるかもしれないが、それは西洋とは異質な中国やインドの文明が西欧を凌駕して世界を征するということではなく、西... 続きを読む

    渡辺京二「近代の呪い」(3)第2話「西洋化としての近代」 - 日々平安録jmiyaza2014/01/146 users
  • 最後の「結論」なのであるが、これが肩すかしをくった感じがする、きわめて淡泊なものである。3つある。 結論1) ああしなければいけないとか、こうしなければとか思い煩うことはない。 結論は本を読んできて最後に読むものであるから、読者は今までこの本を読んでいたことによって暇と退屈について新しい見方を獲得したはずである。自分を悩ませるものについて新しい認識を得た人間は... 続きを読む

    國分功一郎「暇と退屈の倫理学」(5) - 日々平安録jmiyaza2012/03/203 users

「ツァラトゥストラはこう言った 上 (岩波文庫 青 639-2...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す