生物から見た世界 (岩波文庫)

生物から見た世界 (岩波文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 159 より
  • 購入23
  • クリック209
  • 言及数132ブログ
  • ブックマーク29users
「生物から見た世界 (岩波文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「生物から見た世界 (岩波文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • よく聞くけど、あまり知られていないハイデガーの『現存在』(『世界内存在』)なる概念。 木田元先生による、とても素晴らしい解説、そして大変説得的かつ示唆に富む人間観の仮説なので転載引用します。木田先生の解釈は、かの気鋭の哲学者・國分功一郎さんの話題作『暇と退屈の倫理学』の議論にも影響を与えているように思う。 −−− たとえば人間以外の動物は、そこに多少の幅、多... 続きを読む

    ハイデガーの『現存在』の意味 - 長文スペースdokai32013/01/23108 users
  • 大学図書館でレポートの書き方を教えるというのはどこから出てくる話なのか? - 発声練習大学図書館の論文データベース講習のようなものを10年前に受講し、また開催の手伝いのようなものも行った。それは自館で購読してるものに関して宣伝の意味も含め紹介した。購読しているというのはWeb of Science(現Web of Knowledgeか)のようなサービスだ。確かにこれは、検索キーの入力など含め... 続きを読む

    大学図書館は知識の生態系の全体像を伝えなさい! - 殺シ屋鬼司令extinx0109y2013/07/0137 users
  • まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか作者: ナシーム・ニコラス・タレブ,望月衛出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2008/02/01メディア: 単行本購入: 16人 クリック: 441回この商品を含むブログ (155件) を見る有名な『ブラック・スワン』の著者が『ブラック・スワン』以前に書いた本です。私自身が『ブラック・スワン』を読んでいないので紹介するのは避けました。表裏... 続きを読む

    読んでおかないといけない科学の本を、あらためて考えた - 殺シ屋鬼司令extinx0109y2011/03/3130 users

「生物から見た世界 (岩波文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す