アメリカのデモクラシー (第1巻上) (岩波文庫)

アメリカのデモクラシー (第1巻上) (岩波文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 473 より
  • 購入4
  • クリック50
  • 言及数82ブログ
  • ブックマーク2users
「アメリカのデモクラシー (第1巻上) (岩波文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

19世紀フランスの政治思想家 アレクシ=シャルル=アンリ・クレレル・ド・トクヴィル(1805.7.29〜1859.4.16)。裁判官や国会議員、外務大臣など三権をそれぞれ経験した政治家でもあるが、1831年4月から1832年の2月まで、ジャクソン大統領時代のアメリカ合州国の諸地方を旅して実地に取材し、アメリカ社会全般の透徹した分...

「アメリカのデモクラシー (第1巻上) (岩波文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 明日は日曜だから官僚の俺が独り言を書いてみるなどを読んでいて。官僚氏、なかなか熱い。いろいろと理想を持ちながら、そもそも「官僚が国を動かす」ということ自体が間違っていることに気づいて政治志向になっていく様子がよくわかります。この人いずれやめそうだなぁ。例によってアメリカとの比較がいろいろ出てくるんですが、クリントン政権の全閣僚31人のうち、20人は弁護士、6... 続きを読む

    アメリカの閣僚が優秀な本当の理由 - 赤の女王とお茶をsivad2008/02/26131 users
  • 政治, 思想 こんにちは。いきなりで申し訳ありませんが、これから民主主義の意味について話すことにします。決して短くはありませんが、あなたが民主主義について知りたいのなら、役に立てるはずです。ただし、ここでは10代のみなさんに向けて話すことにしますから、どうしても、とてもやさしく、ゆったりとした口調になります。それを小馬鹿にされているように感じるとか、まだるっこし... 続きを読む

    10代のための「民主主義とは何か」 - on the groundkihamu2009/03/0252 users
  • ●Tyler Cowen, “Public choice: what to read”(Marginal Revolution, January 20, 2011) Jonathan G がこんな質問を投げかけている。公共選択論の概念のうちでリベラルな人々があまり馴染みのない概念としてはどんなものがあるだろうか? よかったら(そういった概念を学ぶ上で)何かお勧めの本なり論文なりを紹介してもらえない 続きを読む

    公共選択論を学ぶ上で何を読んだらいいか;推薦文献リスト - Irregular Eco...Hicksian2011/01/2223 users

「アメリカのデモクラシー (第1巻上) (岩波文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す

「アメリカのデモクラシー (第1巻上) (岩波文庫)」を含む新着ブログ(82) RSSフィード この商品についてブログを書く