権利のための闘争 (岩波文庫)

権利のための闘争 (岩波文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入5
  • クリック42
  • 言及数30ブログ
  • ブックマーク6users
「権利のための闘争 (岩波文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「権利のための闘争 (岩波文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 論考, 政治, 思想 この記事は、「テキスト『財産権の理論』森村進」の着想の一部を生かして執筆したものです。 ロック労働混入説の解釈 たとえ地とすべての下級の被造物が万人の共有のものであっても、しかも人は誰でも自分自身の一身については所有権をもっている。これには彼以外の何人も、なんらの権利を有しないものである。彼の身体の労働、彼の手の働きは、まさしく彼のものである... 続きを読む

    Re:on the ground - 所有論ノート(2)―私的所有権と自己所有権kihamu2007/06/274 users
  • 実用書「権利のための闘争は権利者の自分自身に対する義務である。と同時に、権利のための闘争は国家共同体に対する義務である」。えーと、ちょっと何言ってるかわかんないです。権利ってことは「権利を行使しない自由」も含めて権利なんじゃないの? 権利を主張しなくてはいけない義務って観念できるの? ……そう考えていた時期が僕にもありました。イェーリングは国家の領域侵害と、個... 続きを読む

    権利のための闘争 / イェーリング - 誰が得するんだよこの書評daen0_02011/05/303 users
  • 権利のための闘争 (岩波文庫)作者: イェーリング, Rudolf Von Jhering, 村上淳一出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1982/01メディア: 文庫近現代の法律の底流をなすのは権利であり、いかに権利というものが重要なものであるかを、法学者ルドルフ・フォン・イェーリングはこの代表的な著書の中で主張する。そもそもドイツ語においては「権利」(right)と「法」(law)は同じ単語 続きを読む

    Where Sweetness and Light Failed - 権利のための闘争ryoto2007/02/063 users

「権利のための闘争 (岩波文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す