雇用、利子および貨幣の一般理論〈上〉 (岩波文庫)

雇用、利子および貨幣の一般理論〈上〉 (岩波文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 473 より
  • 購入8
  • クリック296
  • 言及数54ブログ
  • ブックマーク9users
「雇用、利子および貨幣の一般理論〈上〉 (岩波文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「雇用、利子および貨幣の一般理論〈上〉 (岩波文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • ブックリスト1 知的欲望に満ちた社会人へ 立花隆選生命科学『二重らせん (講談社文庫)』ジェームス・D・ワトソン『細胞の分子生物学』ブルース・アルバーツ 『数値でみる生物学』R・フリント 『パワーズ オブ テン―宇宙・人間・素粒子をめぐる大きさの旅』P・モリソン 物質科学『ファインマン物理学 (1)』ファインマン 『ファインマン物理学 (2)』 『ファインマン物理学 (3)』 『ファイ... 続きを読む

    ぼくらの頭脳の鍛え方 - 立花隆 佐藤優 - 鬼海眞如: 金融危機来るとも知ら...gnostikoi2010/06/1914 users
  • 読書・文献案内 諸学では「理論」という言葉をよく用いますが、この概念の意味する内容にコンセンサスがあるわけではありません。時代や研究分野によって異なる人文社会科学における理論観について、調べています。社会学についてはある程度調べ、その部分的成果は博士論文の中に取り込みました。社会学においても理論の定義についてコンセンサスがあるわけではありませんが、文学理論や... 続きを読む

     「理論」とは何か - 社会学徒の研究(?)日誌naokimed2012/10/227 users
  • 小島寛之さんの『容疑者ケインズ』に影響を与えているのが、宇沢弘文先生のケインズ解釈でした。その宇沢先生の『ケインズ『一般理論』を読む』が文庫になったようですね。文庫版の方は持ってませんが、たまたま部屋に著作集版があったのでそれをペラペラ見てましたらちょっと驚きました。 以下は、宇沢先生の本からの引用。「貨幣に対する需要は、流動性選好をみたすという動機にもとづ... 続きを読む

    ケインズ自身の「流動性の罠」からの脱出法tanakahidetomi2008/09/237 users

「雇用、利子および貨幣の一般理論〈上〉 (岩波文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す