職業としての学問 (岩波文庫)

職業としての学問 (岩波文庫)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 75 より
  • 購入14
  • クリック106
  • 言及数147ブログ
  • ブックマーク8users
「職業としての学問 (岩波文庫)」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

第1次大戦後の混迷のドイツ。青年たちは事実のかわりに世界観を、認識のかわりに体験を、教師のかわりに指導者を欲した。学問と政策の峻別を説くこの名高い講演で、ウェー ...

「職業としての学問 (岩波文庫)」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 高学歴社会の大学―エリートからマスへ作者: マーチン・トロウ, 天野郁夫, 喜多村和之出版社/メーカー: 東京大学出版会発売日: 1976/01メディア: ?以前書いた読後録のリサイクル。大学が大衆化するにつれて起る変化を、エリート型大学、マス型大学、ユニバーサル型大学という三つの段階に分けて検証している。この本が出版されたのは1976年だが、その時点で既に大学のマス型化、ユニバー... 続きを読む

    雑記帳 - 高学歴社会の大学―エリートからマスへced2006/12/30118 users
  • 理系の修士1年生(M1)は、学部から大学院に進学して1年が経とうというしているこの季節、就職活動まっただ中である。大学院入学直後は、希望に満ちた顔で「博士過程に進学する予定です!」と言っていた学生も、アカデミックポスト(アカポス:大学の教員、公的研究機関の研究職)を得る困難さの噂を聞いて断念したのか、現実路線(?)に戻り、目の色を変えて就職戦線へ旅立っていく。... 続きを読む

    「8割は准教授にさえなれません」と「7割は課長にさえなれません」、、、...tenure2013/03/1953 users
  • 橋本努*1「原発に責任、持てますか? トップをめぐる「政治」と「科学」」http://synodos.livedoor.biz/archives/1750944.html 少し前に読んだのだが、これは所謂「御用学者」*2や「技術官僚」に関する知識社会学的な考察といえるだろう。「御用学者」としては、小佐古敏荘*3や班目春樹*4という人名も登場する。ウルリッヒ・ベック(例えば『危険社会』)のいう「サブ 続きを読む

    「御用学者」と「責任倫理」(メモ) - Living, Loving, Thinkingsumita-m2011/06/2615 users

「職業としての学問 (岩波文庫)」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す