戒厳令下チリ潜入記―ある映画監督の冒険 (岩波新書 黄版 359)

戒厳令下チリ潜入記―ある映画監督の冒険 (岩波新書 黄版 359)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入2
  • クリック12
  • 言及数24ブログ
  • ブックマーク2users
「戒厳令下チリ潜入記―ある映画監督の冒険 (岩波新書 ...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

商品の紹介

ヨーロッパ亡命中のチリ反政府派の映画監督ミゲル・リティンは,一九八五年,変装して戒厳令下の祖国に潜入,『チリに関する全記録』の撮影に成功した.スラム街や大統領府内の模様,武装ゲリラ幹部との地下会見,母や旧友との劇的な再会…….死の危険を遂にくぐりぬけるまでの奇跡の六週間が,ノーベル賞作家によって見事...

「戒厳令下チリ潜入記―ある映画監督の冒険 (岩波新書 ...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 橋下知事の政策、困ったもんだなあ、という感じが段々強まってきた。 橋下だけではなくて、「橋下現象」みたいなものが。 橋下という人を見てると、可視性とか透明性とか、光を当てることに対する強迫観念みたいなものがあると思う。 これは、ネオリベ的なものに共通した特徴だということは、『戒厳令下チリ潜入記』とかにも書いてるらしい。 物は光と影があってはじめて見えてるわけだから、過剰に光を当てたいというのは、や 続きを読む

    ハシズム大困惑 - ArisanのノートArisan2008/09/1213 users

「戒厳令下チリ潜入記―ある映画監督の冒険 (岩波新書 ...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

他の商品を探す

「戒厳令下チリ潜入記―ある映画監督の冒険 (岩波新書 ...」を含む人気エントリー