「尊厳死」に尊厳はあるか―ある呼吸器外し事件から (岩波新書)

「尊厳死」に尊厳はあるか―ある呼吸器外し事件から (岩波新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 1 より
  • 購入1
  • クリック43
  • 言及数17ブログ
  • ブックマーク1users
「「尊厳死」に尊厳はあるか―ある呼吸器外し事件から (...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「「尊厳死」に尊厳はあるか―ある呼吸器外し事件から (...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 続いて私の場合(必ずしもお勧め本ばかりではありませんので注意)。(1)樫村愛子『ネオリベラリズムの精神分析』ネオリベラリズムの精神分析―なぜ伝統や文化が求められるのか (光文社新書 314)作者: 樫村愛子出版社/メーカー: 光文社発売日: 2007/08メディア: 新書今年出たネオリベ批評系の本としては、秀逸だと感じた。もっとも、タイトルから連想されるような「現代社会分析」はうしろのほうに少しあ 続きを読む

    2007年の3冊 - G★RDIASgordias2007/12/104 users

「「尊厳死」に尊厳はあるか―ある呼吸器外し事件から (...」が好きな人は、こんな商品も購入しています

「「尊厳死」に尊厳はあるか―ある呼吸器外し事件から (...」を含む人気エントリー