生きて帰ってきた男――ある日本兵の戦争と戦後 (岩波新書)

生きて帰ってきた男――ある日本兵の戦争と戦後 (岩波新書)
お得情報
  • Amazonマーケットプレイス
    ¥ 259 より
「生きて帰ってきた男――ある日本兵の戦争と戦後 (岩波...」をAmazonで購入する
amazon.co.jp 詳細ページへ

「生きて帰ってきた男――ある日本兵の戦争と戦後 (岩波...」を含むはてなダイアリーの人気ブログ この商品についてブログを書く

  • 小熊英二『生きて帰ってきた男』(岩波新書)を読む。副題が「ある日本兵の戦争と戦後」。戦後シベリアに抑留されたある日本兵、実は著者の父小熊謙二の歴史を息子英二が聞き書きでつづったもの。これがとても良かった。原武史が朝日新聞に書評を書いている(2015年8月16日)。それを一部引用する。 小熊謙二は1925年に生まれ、戦争末期に召集されて旧満州で終戦を迎えた。戦後はシベリアで抑留生活を送り、帰国してか 続きを読む

    小熊英二『生きて帰ってきた男』を読む - mmpoloの日記mmpolo2015/10/215 users

「生きて帰ってきた男――ある日本兵の戦争と戦後 (岩波...」が好きな人は、こんな商品も購入しています